« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 | トップページ | NHKスペシャル憲法9条 討論番組 »

7 30, 2007

民主党躍進、自民党大敗


ご無沙汰しています・・・・
パソコンが壊れて、環境がすっかり変化して、書き込む機会がなかなかありませんでした、すみません。

さて、7月29日に行われた参議院選挙は、民主党が大幅に議席を伸ばし、自民党は議席を大きく減らしました。
予想されていたとはいえ、自民党はかなりの惨敗ですな。

<参院選>自民惨敗 民主第1党に
 第21回参院選は29日午後8時で投票を締め切り即日開票された。開票はまだ続いているが、自民党は岡山選挙区で党幹部の片山虎之助参院幹事長が落選するなど、自民党の惨敗は確実になった。しかし安倍晋三首相は同夜、首相公邸で記者団に対し、選挙結果にかかわらず続投する意向を表明した。しかし、参院では野党が過半数を確保するばかりか、民主党が参院第1党になるのも確実な情勢だ。安倍首相は内閣改造などで人心一新を図り、挙党態勢を改めて整える考えだが、参院の国会運営の主導権を失ったままでの政権運営には困難も予想され、今後の政局は不透明になるのは必至だ。  自民党は選挙区では焦点になっている29のうち1人区で群馬、和歌山、山口選挙区の3選挙区で勝ったものの、すでに岩手、三重選挙区など17選挙区で敗北。複数区や比例代表を合わせた全体では、橋本政権下の98年参院選の44議席を下回るばかりか、40議席に届かない可能性も出ており、歴史的な大敗になるのは確実だ。  一方民主党は小沢一郎代表が、参院選の勝敗を分ける選挙区として重点をあてた1人区で自民党を圧倒、比例代表でも過去最高の20議席をうかがう勢いで、参院第1党になるのは確実。  与党の公明党も、自民党の不振にひきずられた格好で、大阪以外の愛知、埼玉、神奈川選挙区などで議席確保を目指して苦しい戦いを続けており、比例代表と合わせて目標だった13議席に届くかどうか依然微妙な情勢だ。


7月29日22時41分配信 毎日新聞

民主党は、大躍進というだけでなく、第一党となるようです。

個人的には、民主党は内部改革をしてから、きちんと旧社会党の方たちと分裂した上で、今回の選挙を迎えたなら喜んで民主党に入れたんですが、難しい選挙になりました。

でまあ、前から言っていましたが、民主党がきちんと生まれ変わってまっとうな政党に成長してくれなければ、日本国民にとって不幸だ、と言い続けていましたが、まさに今回の選挙はその通りになった、とわたしゃ感じております。


民主党が勝つのは、それ自体は悪いことではない。
ただ、今の民主党は旧社会党とほぼ変わらない、私はそう思っている。
もちろん、民主党の若手議員には彼らの意見に頷けるものも多く、私は一部の人たちを支持はできますけど、小沢が陣頭指揮をとっている以上、魅力も少ないです。
確かに私も、民主党が二大政党になってほしいがために、激励のために小泉自民党より民主党に投票したこともありました。
ところが、その結果民主党がどう変わったか・・・単に増長して、ますます魅力ない政党に代わってしまった。
反対に小泉は、私があれほど嫌いだった自民党の旧体質の老害連中をどんどん切り離した。
橋本、亀井、野中など、古い自民党の代表を次々と降ろして、完璧とは言わないが自民党の内部の改革を成し遂げた。

追いかける民主党に、本当は小泉のようなナタをふるって大改革を期待したのだが、選挙で勝つとすぐに有頂天になって成長しない民主党には、あれから私は冷めた目で見ている。


 
今回、民主党は第一党となったそうだ。
ここまで来たら、グチグチ言っても仕方がないので、私は素直に民主党に期待しよう。
第一党ということは、それだけ責任を持つということ、今までのように何でも「ハンターイ」と叫ぶのではなく、議会をボイコットすることなく、正面から向かって行かなければならず、少し変わってくれることを期待したい。
それだけ、国民の期待も高く、気合いを入れてほしいですな。


正直、また増長するだけで、数年後に「そらみたことか」という事にならないか不安はあるが、どうせ裏切られるなら、民主党も政治を担えるだけの一面を見せるだけの責任政党になることを期待するほうが、遙かに健全だろう。
それに、自民党のNOといった国民が、民主党に期待した結果、裏切られてしまっては、日本の国民はだれも選挙に行かなくなるかもしれない、そちらがとても怖い、その最悪のシナリオだけは避けてほしい。
私が、民主党が成長しなければ、日本国民にとって不幸だと言ったのは、このような未来を迎える可能性もあり、一番懸念していることなのだ。


 
今回の自民党大敗は、安部政権というよりもここに来て明るみに出た、年金問題とそのあとに続くスキャンダル、問題発言が大きくクローズアップされ、それに多くの有権者が反応した結果だろう。
その点が、非常に残念で仕方がない。

国内にはいろんな問題があるが、教育、少子化、年金、格差など多くの懸案事項もかたずける必要から、自民党は安部政権の続投は仕方がないと思うが、ただスキャンダルや問題発言に関しては、首相自らの人事の問題でもある。
まあ、問題発言ってのは、発言者の意図とは違う方に切り取られ、大げさに扱われた人もいるかと思うが、そもそも選挙を控える敏感な時期にその発言をしてしまうことそのものが、自覚が足らない。


死んだ人に鞭を打つ気はないが、そもそも松岡元農水大臣だが、彼はあの亀井派だった人物で、熊本(地元)に新幹線を引けとか、公共工事で地元に高速道路がほしいとか言っていた、昔のタイプの政治家であまり好きじゃない。
確か、あの荒井とともに、郵政民営化には反対の立場で、反小泉だった人だったはずだが、それが乗り換えた点で信用がおけない。
そんな人物を、安部は大臣に据えた。

仲が良いのか、論功行賞のつもりなのか知らないが、政治のための人事ではない点で、大きく小泉とは違うし、この点だけでも私は安部を評価していない。
まあ、今回その人事の代償が大きかったことで、学習してくれたと、こちらも期待したいですな。


 
ともかく、自民も民主も、今回の選挙で国民が訴えた声に耳を傾け、きちんとした政治を是非とも期待したい。

ただなぁ、岡崎トミ子がどうーして当選するのか・・・彼女に関してだけ、当選させてしまう人たちの気持ちが、全くわからない。
もっとも、なぜ、あんなのが社民党ではなく民主党にいるのか、それも凄く不思議ですけどね。

|

« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 | トップページ | NHKスペシャル憲法9条 討論番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/15944549

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党躍進、自民党大敗:

» 岡山選挙区 自民党 [気になるメモ]
今日は「岡山選挙区 自民党」が気になりました。 [続きを読む]

受信: 7 30, 2007 06:52

» 外国人労働者を減らそう [野分権六の時事評論]
現在、日本国内で、多数の外国人労働者が働いている。ほとんどが劣悪な環境の中で、低 [続きを読む]

受信: 8 02, 2007 06:36

» 米国をどう見るか [野分権六の時事評論]
米国を、私は嫌ってはいない。いや、世界の国の中では、米国は私の好きな国のひとつで [続きを読む]

受信: 8 09, 2007 09:34

« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 | トップページ | NHKスペシャル憲法9条 討論番組 »