« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・ | トップページ | 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 »

5 04, 2007

還暦を迎えた日本国憲法


今日は憲法記念日で、そう言えば駅前では演説をやっていましたな。
もちろん、こんな日に奇声を上げるのは、社民党とか共産党だろうと思っていましたが、案の定社民党の議員さんでした。

まあ、休みの日に、駅前で自説を演説し理解してもらおうとする姿勢は買いますけど。
内容がねぇ・・・
選挙カーの壇上で語っていたけど、暇だったら、ヤジでも飛ばしてみたい気分でした。(笑)


 
と思って、外出先から帰って来たら、こんなニュースがネットで流れておりました。
何というか、社民党はどこでも同じというか、福島瑞穂(以後敬称略じゃ)は相変わらずだよねぇ・・・





改憲阻止に全力=護憲派集会であいさつ-志位、福島氏

 共産党の志位和夫委員長と社民党の福島瑞穂党首は3日午後、都内で開かれた護憲団体による「5・3憲法集会」であいさつし、憲法改正を目指す安倍晋三首相の姿勢を厳しく批判するとともに、改憲阻止に全力を挙げる考えを強調した。
 志位氏は「安倍内閣で憲法改悪への暴走が始まっている。こうした暴走を食い止めるため全力を挙げる」と述べた。また、首相が有識者懇談会を設置して集団的自衛権行使に関する具体的な検討に着手したことについて「研究とは名ばかりで結論ありきだ。絶対に許すわけにはいかない」と批判した。
 福島氏は「(施行後60年間)誰一人戦争で殺していないし、殺されていないのが(現行憲法の)最大の功績」と指摘した上で、「今回の憲法記念日は憲法の危機の下で開かれている。変えるべきものは憲法でなく(憲法を改正しようとする)一部の政治家だ」と訴えた。


2007/05/03-16:29 時事通信

まあ、「『戦争』で死んだものがいない」ってのが、彼女にとって重要なんだろうね。

戦後60年、世界各国ではどこかで戦争はあったわけですが、確かにいくら殺し合いをしていても、日本は見ても見ぬ振りして、関わらないようにしてきたわけですから、そりゃ戦争で死んだ人はいないでしょうね。
日本は戦後、自衛隊という世界でも有数の軍事力を保持しておきながら、「戦争」と言う単語によるイデオロギーで、実際に戦争で困っている地域には、決して助けようともしなかったし、手を差し伸べようともしなかったですよね。
それで戦争はしなかったから優秀な憲法だ、と言っているんですけど、国際的に見ればそりゃヘンだよね。


 
我が家の家訓は、暴力は絶対に反対です、争い事も御法度です。
それが確かに正しい家訓だけど、実際に、隣でケンカしている人がいても、争い事はゴメンだから仲裁も何もしないで、見ぬ振りをしていたり、暴力を振るわれて困っている人を見かけても、私は暴力は反対なので、助けられても無視します、って態度でどこに誇ろうとしているんだろうね。

臭い物には蓋をするような、または現実逃避で、何も関わろうとしなかった故の結果なのに、平気で、我が家の家訓は素晴らしい、暴力反対を各家庭に普及させるべきだ、なんて寝言を公然と言っているようなもんですから。(笑)

「暴力反対」、「暴力では何も解決しない」、「暴力をしないと宣言すべき」だと主張するのは、それは正しい。
そして、これは多くの人の支持は得られるとは思いますが、それが、本当の意味で暴力の解決を阻害しているのであれば、言っている内容は正しくとも、表現を変えざるを得ないよね。
それは、周囲を見渡しても、結局は暴力は無くなっていないし、助けられても見て見ぬ振りするのが正しいわけがない、ってのは、ある程度常識だと思うので、現実をもっと直視して欲しいとは思う。


 
また、福島瑞穂が「戦争で」を拘ったのは、恐らく北朝鮮による拉致で、無くなったと言われている人達は、これは戦争ではなく単なる事件で亡くなったとか、竹島の領土問題で、韓国に殺された漁師達は、単なる紛争の不幸な事故で亡くなったので、決して戦争だったわけじゃないと、あくまでも戦争をしていない、と言うことを強調し、切り離したいんでしょうな。


 
我々から見れば、戦争をしたことは無いが、竹島では侵略を受け、未だに占領され続けているし、尖閣諸島での中国軍の動きは、立派な領土問題として侵略されている、との考え方や、海底ガス田なんかも侵略されていることになる。
こんな状態で、戦争していないから立派だと、どこまで言えるのだろうか。
恐らく福島瑞穂は、日本がどんどん侵略されて、略奪されても、戦争さえしていなければ「ほら、9条のおかげで日本は戦争をしていない平和な国でしょ」と真剣に言うつもりだろうか。


 
よく最近は、「無防備都市宣言」を出すバカな自治体が増えてきたが、これも突き詰めれば、日本がどうなってもかまいません、隣の市が攻め込まれても気にしません、ともかく、自分達の町さえ戦争が無ければそれで良いのです、と宣言しているようなものなんですが、結局は先の福島瑞穂の「戦争は無かった」と同じ精神に通じるんでしょうな。
「自分さえ良ければ、他人の事は知ったこっちゃないで」という自分本位な、その上、ただ周囲からの現実から目を覆っただけで、「ウチだけは平和だ」というごまかしているだけなんだよね。


 
あと、ちょっと普通の人間から見れば、戦後の日本が大きな紛争や戦争に巻き込まれなかったのは、日米安保条約も大きな役割を果たしていたと、理解しているでしょうね。
憲法9条があったから戦争が無かった、なんていう戯言を、真剣に信じる国民が未だにいる事自体が、不思議な気がする。
いや、もちろん全否定はしません、9条が貢献していた事も私は認めていますが、あくまでも必要条件で十分条件では無いよと言うことです。
私にとって、まずは国を守るには、戦力の保持が十分条件だと思っていますので、自衛隊+日米安保は非常に強力なタッグであり、それが最大の要因と考えて間違いないよね。


 

今日の社民党議員は演説の中で、改憲=軍事力増強と強引な論旨展開で話を進めていた。
まあ強引と好意的には言ったものの、つまりはズレているんですな。
論点をすり替えながら、強引に話をするしか無いんですよ。

集団自衛権の話もしていましたが、集団自衛権=アメリカと一緒に戦争をする、こう決めつけているんですな。
彼らの頭の中には、その集団自衛権が認められていない事で、どんな弊害が起きているのか、知ろうともしないのでしょうね。
もちろん、アメリカと戦争を一緒にする事が可能になる、と言った点では間違いでは無いでしょうが、そこを国民がコントロールして行く、その他の弊害は、憲法で対応していく、と言った普通の考えに至らないのです。


 
あと、こう言っては自衛隊の方に失礼かも知れませんが、社民党の議員らは日本の海の防衛に関して、自衛隊ではなく、海上保安庁が「最前線」で戦っていることに気づいていないんでしょうね。


もちろん、国防という意味においては、命の危険性を省みずに日本を守る、と言う意味においては、海上自衛隊も海上保安庁も同じ使命感を持って仕事に励んでくださっているだろうとは思いますが、この間の不審船で銃撃を受けたのはどこでしたか。
中国の潜水艦が領海侵犯した時も、まずは海上保安庁だけで対応させられました。
つまり、軍船であり強力な兵器を持つ相手に、ほとんど武器を持たない海上保安庁が対応させられるのは、何かおかしいでしょ。

宣戦布告という小説の中で、北朝鮮と思われる潜水艦が、日本海の海岸線で座礁しているのが発見され、武装した北朝鮮兵が日本に上陸していることを知りながら、左派議員は「警察と海上保安庁で何とかならんのか」というセリフがありました。
軍事訓練を受け、重火器装備をした兵士に対し、所詮はヤクザ程度の対応しか出来ない、ピストルだけ腰にぶら下げた警官で、取り囲んで抑えろと言うのですから、どこまで真剣に言っているのやら。
それで、もちろん日本側に被害者を出すのはもってのほか、とか言うのです。
まさに、今日の演説を少し聴いているだけで、そんな笑えないセリフが、小説の世界だけでなく、本当に出てきそうな気がします。


 
ともかく、憲法も60歳の還暦を迎えたのです。
いい加減に、真面目に論議して、今の時代に即した憲法に変化させるべきです。
変化を嫌う勢力がいるのは、世の常ですが、もちろん9条は重要ですが、それだけに止まらず、国民のみんなが考えていきたいよね。


|

« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・ | トップページ | 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/14944001

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦を迎えた日本国憲法:

» 暴力を許すな [野分権六の時事評論]
暴力から国民を守ることは、国家の重要な仕事である。国民が安心して暮らせるには、国 [続きを読む]

受信: 5 26, 2007 05:34

« 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・ | トップページ | 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2 »