« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

5 20, 2007

何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・2


4月29日のこのブログ記事で、

何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・を書いたが、フレディさんと仰る方からコメントを頂きました。

大変面白い話で、つい長い返事となりましたので、折角なのでこちらでコメントをお返しします。



改めましてよろしくお願いします。

前回日本とドイツでは戦後処理及び歴史認識が違うと言うことを改めて思いました。

>だから、ユダヤ人には補償を徹底的に行う反面、国家間の平和条約に関しては東西に別れてしまった事も原因だけど、あまり結べていないのが現状です。そして、国家間の補償問題に関してはドイツは終わっていません。
 確かにそうかも知れませんね。知っての通りドイツは戦後東西に分かれて独立しました。すぐナチス犯罪を謝罪したのは西ドイツであり、逆に東ドイツは自分たちはナチスと戦った共産主義者だとして長くナチス犯罪を謝罪しませんでした。その為か旧東西ドイツ間でナチス犯罪に対する認識の違いもあるからかそうなんでしょうね。

 さて前のコメントでも少し触れましたが、慰安婦問題で日本を非難する韓国や中国を見てそうですが、かつてTBSで放送されていた「ここがヘンだよ日本人」の中で西アフリカのベナン出身のゾマホン・ルフィン氏が言っていたことが絡みますが、歴史認識問題で怒れる中国や韓国に対し、怒れないアフリカ諸国の違いであります。

「人間の歴史の中で素晴らしいことをしたのは日本ですよ。日本は韓国に対して35年、それに対しヨーロッパは400年の奴隷貿易と300年の植民地政策をしたが、一度も謝ったことがない」
と日本が韓国に過去の植民地支配を謝罪したことを褒めてました。また、ヨーロッパがアフリカに対し植民地政策を謝罪どころか反省しないことと比較し日本は素晴らしいと褒め、中国人や韓国人と激論しました。
 確かにアフリカ人からすれば歴史の中で植民地支配した国家で唯一謝罪した日本は素晴らしいと思ったのでしょう。今年3月イギリスのブレア首相が奴隷貿易廃止200年になる節目にアフリカやカリブ海諸国に対し「深い悔恨の念」を示しましたが、謝罪には応じませんでした。ガーナの大統領と会談したときに奴隷貿易に対する謝罪を要求されましたが、曖昧な返事だった為教会関係者や人権団体から反発を浴びました。
 曖昧な返事で向こうをかえって怒らせる結果になるのはイギリスも日本同様だなと私は思いました。中国や韓国は国力があるから怒れますが、アフリカ諸国は未だに植民地政策の負の遺産を引きずって進展せず経済がほぼ破綻し国力が無いに等しいからでしょうね。
 2005年に中国で大規模な反日デモが起こったときイギリスのあるメディアは「日本は過去の歴史と向き合うべきだ」と社説を出しましたが。私からすれば「どの面下げて言ってんだ。あなたたちイギリスはインドやアフリカを植民地支配し、それらの国々に一度も謝罪も補償も反省もしてないじゃないか。それらをひた隠して他国を非難する資格をイギリスにはない!(フランスやアメリカも同じ)」と思いました。

 つまり、中国や韓国とアフリカ諸国とでは比較にならない程の温度差があるんでしょうね。
 日本が謝罪する相手は韓国や中国、フィリピンなどですが、イギリスは前述のインドやアフリカ諸国(イギリスが植民地支配した国家はガーナ、ナイジェリア、ケニア、南アフリカなど)、カリブ海諸国、さらには隣国であるアイルランドなどと多いですね(イギリスがアイルランドに対して行ったことは日本の韓国併合と同じかも知れませんが)。

>イギリスやフランス、スペインやポルトガル、アメリカなどなど、大国と呼ばれている国々は謝罪した事は一度もありませんので、イギリスが正式に謝罪をするのは難しいと思いますね。
 そうかも知れません。イギリス国内でも奴隷貿易に対する認識及び謝罪の是非も世論は大きく分かれてますからね。

 私からすれば歴史認識問題と言うのは日本だけのものではないと言うことです。日本と中国、韓国、アジア諸国、ドイツとポーランド、イスラエル、イギリス、フランスとアフリカ諸国と言うように歴史認識問題はどの国にもあるわけです。

 最後になりますが、当初のテーマから大きく反れてしまいました。どうもすみません。ただ結論からすればどの国にも歴史認識問題はあると言うことですね。


投稿 フレディ | 5 19, 2007 15:50



>>かつてTBSで放送されていた「ここがヘンだよ日本人」の中で

ええ、これは3年ほど前にこのブログでも取り上げました。

中韓が求める謝罪はなに?

彼らは、日本は一貫した歴史認識を持たないとか、内閣が替われば言葉も変わるとか言っているけど・・・

中国は、共産党しか知らない世代が多く、各種多様化された政治家の存在、同じ党に属していてもみんなが同じ考えを持っていない事が理解出来ないのでしょうか。
いや、4千年に渡る彼らの国の歴史そのものが、立場によって歴史認識は多様化する事を証明しているのですから、それはあり得ません。
ですから要は、中国政府は日本に対する外交上、経済面などあらゆる立場で牽制と圧力を掛けてきているだけであり、中国国民は政府に感情をコントロールされているだけなんですよね。

また、韓国も基本的に同じですが、あそこはさらに激しい感情が、国や国民をも支配している気がしますね。
この間も、個人の財産を没収する親日法案みたいなのが平然とまかり通る国であり、事後法と言う言葉すら通じない国は、民主国家では珍しいですね。

まあ、彼らに対しては、あまり意識しても仕方がないってのが、このブログでの私の結論なんですけど。(笑)


 

>>インドやアフリカを植民地支配し、それらの国々に一度も謝罪も補償も反省もしてないじゃないか。それらをひた隠して他国を非難する資格をイギリスにはない!(フランスやアメリカも同じ)」と思いました。

まあ、マスコミやメディアってのは自分の都合の悪いことは無視するのに、他人の行為に関して厳しいのは、何も日本だけではないですからね。(笑)
それに、歴史認識を統一すべきとは思わないけど、隣接国なら表面上のものから水面下のものまで含めれば、それこそ数え切れないほどのいろんな事情が存在するはずなのに、二国間のもめ事を記事にするのに、あまりにも勉強不足というか、安易に片方に立った意見になってしまうのは、これはもはやマスコミの報道姿勢の問題だと思いますね。


これは単に、イギリスやフランスが、奢りのようなものが、結局はマスコミの間にもあるって話かも知れません。
そもそも、イギリスやフランスなど、歴史上で過去にどれほどの交錯を積み重ねて来たのか、想像に難くありませんが、それをアジアの1国が、表層的な部分で知ったつもりになり、片方の立場に立って批判すれば、自分達ならばどう思うでしょうね、烈火の如く怒ると思いますけど、彼らはそんな事すら想像できないほど、自己中心なんですな。


 

>>つまり、中国や韓国とアフリカ諸国とでは比較にならない程の温度差があるんでしょうね。

奴隷貿易なども含めて、過去の植民地時代には負の遺産と言うか、歴史的に振り返れば、数多くの問題は存在しますね。

難しい話だと思うのですが、そもそも歴史や過去ってのは精算出来るものなんでしょうか?
私は、過去はどんなに謝罪の言葉を並べても、どんなにお金を積んでも、結局は被害を受けた側と加害した側が存在する限り、解決する事は無いと思っております。
また、人間の恨みと言うものも、人間自身が持つ本能がある限り、精算は難しいと考えております。
海を隔てた、日中、日朝の間でも数多くの歴史上の問題が存在しますが、その1つ1つに対し、お互いが言い合っては健全な外交など結べませんよね。


仰るように、先ほどの「ここがヘンだよ日本人」でのゾマホンの発言でも分かりますが、温度差はあります。
確かに、植民地にされ奴隷にされたアフリカには当時は、どの国も謝罪すら無かったのに対し、日本はアジアに対し謝罪もしていればいろんな形で経済支援も行っていますので、それを見て「何と羨ましい」と思った故の発言だったのかも知れません。

しかし、結局はこれは人間の性を表していて、人間というものは本来、1つの事が解決し、現状に慣れてくると次のステップを要求する動物です。
これは、重いテーマだけでなく、身近な恋人同士でも、例えば毎日花束を買ってくれる彼氏には、最初は感激するかも知れない、だけど、そのうち慣れてくると花束だけでなく、他の物が欲しくなるものではないですかね?
また話は逸れますが、いつも優しい人より、たまに優しいひとの方が、感激されるとか。(笑)


話を戻して、つまりゾマホンも今は、日本は欧米諸国に比べて立派だと感じていても、もし欧米が謝罪など行えば、最初は満足でも何れは不満が出てくる気はしますけど。


謝罪するのは簡単だと思いますが、謝罪するだけで解決は出来ませんし、本当の意味では被害者は謝罪など求めてはいないのかも知れない、そんな気はします。
これは例えば、身内を殺された被害者が、犯人から謝罪されたからと、すぐに気持ちを整理出来たり、許したり出来ないのと同じ事かも知れません。・・・もっとも、だからと言って犯人の謝罪は不要だとは思いませんけどね

まあ、こんな事を言いきってしまうのも何ですが、時間でしか解決できないものはあります、また時間で修復した関係を継続させるためには、お互いがをお互いを尊重し合うことでしか、成立しないと考えます。
ちょっと自分の言いたいことが上手く言えませんが。


 

>>私からすれば歴史認識問題と言うのは日本だけのものではないと言うことです。

仰るとおりですね。
もっとミクロで見ても、先ほども少し言いましたが、国や地域や立場で、同じ歴史の事件でも、受け止め方がそもそも違います。
日本国内も、つい最近になってやっと萩と、会津若松が仲直りしたとか、数年前に織田信長の子孫と明智光秀の子孫が、420年以上経過してお互いに握手したとか、そんな話はゴロゴロあります。


 
もっとも、やはりアジア・・・特に東アジアは歴史認識に関しては、他国と違って少し異常ですよね。
韓国や中国の教科書を見ても分かるように、歴史の教科書は国定教科書でたった1つのみで、彼らは歴史認識も1つしかないと言う立場であり、韓国などは日本に対し、歴史認識を統一しようと口出しして来る始末です。
日韓の歴史認識をすりあわせて、お互いの歴史観を調べることには意義があるとは思いますが、彼らにとって歴史は1つしかないのであれば、日本の立場で見た歴史認識はそれは捏造に見えるはずです。
(日本でも、市民団体と称する怪しいグループが、作る会の教科書をバッシングしておりますが、彼らもまた多様化した価値観を許さない、中国や韓国のような思想の持ち主だと分かりますね)


私もテーマが大きく逸脱してしまい、最後は自分で何が言いたかったのか、上手くまとめることが出来ませんでした。(笑)

これに懲りずにまた遊びに来てください。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

5 04, 2007

還暦を迎えた日本国憲法


今日は憲法記念日で、そう言えば駅前では演説をやっていましたな。
もちろん、こんな日に奇声を上げるのは、社民党とか共産党だろうと思っていましたが、案の定社民党の議員さんでした。

まあ、休みの日に、駅前で自説を演説し理解してもらおうとする姿勢は買いますけど。
内容がねぇ・・・
選挙カーの壇上で語っていたけど、暇だったら、ヤジでも飛ばしてみたい気分でした。(笑)


 
と思って、外出先から帰って来たら、こんなニュースがネットで流れておりました。
何というか、社民党はどこでも同じというか、福島瑞穂(以後敬称略じゃ)は相変わらずだよねぇ・・・





改憲阻止に全力=護憲派集会であいさつ-志位、福島氏

 共産党の志位和夫委員長と社民党の福島瑞穂党首は3日午後、都内で開かれた護憲団体による「5・3憲法集会」であいさつし、憲法改正を目指す安倍晋三首相の姿勢を厳しく批判するとともに、改憲阻止に全力を挙げる考えを強調した。
 志位氏は「安倍内閣で憲法改悪への暴走が始まっている。こうした暴走を食い止めるため全力を挙げる」と述べた。また、首相が有識者懇談会を設置して集団的自衛権行使に関する具体的な検討に着手したことについて「研究とは名ばかりで結論ありきだ。絶対に許すわけにはいかない」と批判した。
 福島氏は「(施行後60年間)誰一人戦争で殺していないし、殺されていないのが(現行憲法の)最大の功績」と指摘した上で、「今回の憲法記念日は憲法の危機の下で開かれている。変えるべきものは憲法でなく(憲法を改正しようとする)一部の政治家だ」と訴えた。


2007/05/03-16:29 時事通信

まあ、「『戦争』で死んだものがいない」ってのが、彼女にとって重要なんだろうね。

戦後60年、世界各国ではどこかで戦争はあったわけですが、確かにいくら殺し合いをしていても、日本は見ても見ぬ振りして、関わらないようにしてきたわけですから、そりゃ戦争で死んだ人はいないでしょうね。
日本は戦後、自衛隊という世界でも有数の軍事力を保持しておきながら、「戦争」と言う単語によるイデオロギーで、実際に戦争で困っている地域には、決して助けようともしなかったし、手を差し伸べようともしなかったですよね。
それで戦争はしなかったから優秀な憲法だ、と言っているんですけど、国際的に見ればそりゃヘンだよね。


 
我が家の家訓は、暴力は絶対に反対です、争い事も御法度です。
それが確かに正しい家訓だけど、実際に、隣でケンカしている人がいても、争い事はゴメンだから仲裁も何もしないで、見ぬ振りをしていたり、暴力を振るわれて困っている人を見かけても、私は暴力は反対なので、助けられても無視します、って態度でどこに誇ろうとしているんだろうね。

臭い物には蓋をするような、または現実逃避で、何も関わろうとしなかった故の結果なのに、平気で、我が家の家訓は素晴らしい、暴力反対を各家庭に普及させるべきだ、なんて寝言を公然と言っているようなもんですから。(笑)

「暴力反対」、「暴力では何も解決しない」、「暴力をしないと宣言すべき」だと主張するのは、それは正しい。
そして、これは多くの人の支持は得られるとは思いますが、それが、本当の意味で暴力の解決を阻害しているのであれば、言っている内容は正しくとも、表現を変えざるを得ないよね。
それは、周囲を見渡しても、結局は暴力は無くなっていないし、助けられても見て見ぬ振りするのが正しいわけがない、ってのは、ある程度常識だと思うので、現実をもっと直視して欲しいとは思う。


 
また、福島瑞穂が「戦争で」を拘ったのは、恐らく北朝鮮による拉致で、無くなったと言われている人達は、これは戦争ではなく単なる事件で亡くなったとか、竹島の領土問題で、韓国に殺された漁師達は、単なる紛争の不幸な事故で亡くなったので、決して戦争だったわけじゃないと、あくまでも戦争をしていない、と言うことを強調し、切り離したいんでしょうな。


 
我々から見れば、戦争をしたことは無いが、竹島では侵略を受け、未だに占領され続けているし、尖閣諸島での中国軍の動きは、立派な領土問題として侵略されている、との考え方や、海底ガス田なんかも侵略されていることになる。
こんな状態で、戦争していないから立派だと、どこまで言えるのだろうか。
恐らく福島瑞穂は、日本がどんどん侵略されて、略奪されても、戦争さえしていなければ「ほら、9条のおかげで日本は戦争をしていない平和な国でしょ」と真剣に言うつもりだろうか。


 
よく最近は、「無防備都市宣言」を出すバカな自治体が増えてきたが、これも突き詰めれば、日本がどうなってもかまいません、隣の市が攻め込まれても気にしません、ともかく、自分達の町さえ戦争が無ければそれで良いのです、と宣言しているようなものなんですが、結局は先の福島瑞穂の「戦争は無かった」と同じ精神に通じるんでしょうな。
「自分さえ良ければ、他人の事は知ったこっちゃないで」という自分本位な、その上、ただ周囲からの現実から目を覆っただけで、「ウチだけは平和だ」というごまかしているだけなんだよね。


 
あと、ちょっと普通の人間から見れば、戦後の日本が大きな紛争や戦争に巻き込まれなかったのは、日米安保条約も大きな役割を果たしていたと、理解しているでしょうね。
憲法9条があったから戦争が無かった、なんていう戯言を、真剣に信じる国民が未だにいる事自体が、不思議な気がする。
いや、もちろん全否定はしません、9条が貢献していた事も私は認めていますが、あくまでも必要条件で十分条件では無いよと言うことです。
私にとって、まずは国を守るには、戦力の保持が十分条件だと思っていますので、自衛隊+日米安保は非常に強力なタッグであり、それが最大の要因と考えて間違いないよね。


 

今日の社民党議員は演説の中で、改憲=軍事力増強と強引な論旨展開で話を進めていた。
まあ強引と好意的には言ったものの、つまりはズレているんですな。
論点をすり替えながら、強引に話をするしか無いんですよ。

集団自衛権の話もしていましたが、集団自衛権=アメリカと一緒に戦争をする、こう決めつけているんですな。
彼らの頭の中には、その集団自衛権が認められていない事で、どんな弊害が起きているのか、知ろうともしないのでしょうね。
もちろん、アメリカと戦争を一緒にする事が可能になる、と言った点では間違いでは無いでしょうが、そこを国民がコントロールして行く、その他の弊害は、憲法で対応していく、と言った普通の考えに至らないのです。


 
あと、こう言っては自衛隊の方に失礼かも知れませんが、社民党の議員らは日本の海の防衛に関して、自衛隊ではなく、海上保安庁が「最前線」で戦っていることに気づいていないんでしょうね。


もちろん、国防という意味においては、命の危険性を省みずに日本を守る、と言う意味においては、海上自衛隊も海上保安庁も同じ使命感を持って仕事に励んでくださっているだろうとは思いますが、この間の不審船で銃撃を受けたのはどこでしたか。
中国の潜水艦が領海侵犯した時も、まずは海上保安庁だけで対応させられました。
つまり、軍船であり強力な兵器を持つ相手に、ほとんど武器を持たない海上保安庁が対応させられるのは、何かおかしいでしょ。

宣戦布告という小説の中で、北朝鮮と思われる潜水艦が、日本海の海岸線で座礁しているのが発見され、武装した北朝鮮兵が日本に上陸していることを知りながら、左派議員は「警察と海上保安庁で何とかならんのか」というセリフがありました。
軍事訓練を受け、重火器装備をした兵士に対し、所詮はヤクザ程度の対応しか出来ない、ピストルだけ腰にぶら下げた警官で、取り囲んで抑えろと言うのですから、どこまで真剣に言っているのやら。
それで、もちろん日本側に被害者を出すのはもってのほか、とか言うのです。
まさに、今日の演説を少し聴いているだけで、そんな笑えないセリフが、小説の世界だけでなく、本当に出てきそうな気がします。


 
ともかく、憲法も60歳の還暦を迎えたのです。
いい加減に、真面目に論議して、今の時代に即した憲法に変化させるべきです。
変化を嫌う勢力がいるのは、世の常ですが、もちろん9条は重要ですが、それだけに止まらず、国民のみんなが考えていきたいよね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »