« 国家の品格を問う前に | トップページ | 国民投票法案の行方 »

4 08, 2007

都知事選 投票開始数時間前

選挙期間中は、敢えて話題にしなかったが、記事も随分と更新しておらず、前夜・・・と言っても、後数時間で投票開始なので、そろそろ話題にしても良いでしょう。
どうせ、このブログで何を書こうが、そんなに影響は無いけどね。


基本的には、浅野氏は都知事選立候補してから、私の内部では彼に対する評価は、下がりっぱなしで、最近ではストップ安で買い戻す気配など全くゼロで、今やアウトオブ眼中の存在ですね。
そもそも、彼の支援団体、市民団体からして、私から見れば「浅野を応援するとヒドイ目に遭う」と言っているようなもので、少なくとも社民党と組んだ時点で、私の頭の中からはキレイに消えました。(笑)
今回立候補していなければ、きっと今後もそれなりに彼の意見に耳を傾ける事もあったでしょうが、まあ森永卓郎レベルのように、彼が口を開いても、私には何も響くことがないでしょうね。


 
オリンピック誘致は、私は別に賛成でも反対でも無いんですが、要は確かに今回は国政ではなく、地方選挙ですけど、日本の首都東京の知事ですからね、日本国民の事を考えた政治をまずはして欲しいわけで、その点で力不足でした。

石原都知事も、2期都知事を務め、スキャンダルなどあってもなお、そこそこ支持率もある人のあとを受け継ぐのですから、個人的には与党第一党推薦ならば、その石原都政を基盤に、如何に改革をして行くかを期待するのですが、社民党や民主党のお歴々の方の話を聞いていると、石原都政を真っ向から反対し、何か病気に掛かったいるかのように騒いでいるだけで、浅野氏の評価もそうですけど、民主党の評価も、個人的には相変わらず安値更新中って感じです。

自分が当選するため、相手の足をひっぱう意味で、批判のための批判ってのは、私の内部では唾棄すべき行為で、まずは前任者に敬意を表し、評価すべきことは評価し、その上で改めてさらに良い環境にするなら、こうする、と言ったマニュフェストが良かったんですが、他人を素直に評価出来ない人間が、他人を批判する資格なぞあるのか、って気がしますね。


 
正直な話、浅野氏に投票するぐらいなら、共産党の吉田万三氏の方がマシですね。
筋は通っているし、ブレが無いし、主張ははっきりしている。
まあ、それが共産党の良さとも言えるけど。


 
今年の参院選は全く暗い気分で投票する事になりそうです・・・
これまた正直に言えば、今の安倍さんに魅力はほとんどありません。
今の安倍さんが相手では、自民党に投票する価値があるのかどうか、個人的には計りかねてはいます。
ただし、もっと悲惨なのは、そんな自民党を見捨てた場合、どこを応援すればよいのか・・・見渡した場合、どこもない・・・


本来なら、民主党が自民党に取って代わるのを期待していました。
だからこそ、口を酸っぱくして、このブログでも民主党を厳しく扱って、何とか二大政党の一翼を担うまでに成長して欲しかった、期待していました。
一時期は、相手があの小泉さんであっても、将来の二大政党のために、民主党に投票させてもらった事もありました。
しかし・・・・・・・・・・・

私が恐れていた事が現実になっている。
今の自民党なら、他の方がマシだ、と思いたくなる時もあるのに、その他がいない。
もっと悲しい現実に、民主党にいれるぐらいなら、共産党の方がマシかもしんないよな? って時々思うことがある。

自民党に投票する価値が見えない、でも、他の党に投票するぐらいなら、自民党しかない、ってのが現状。
これは本当に悲しい現実です、多くの日本人が私と同じ思いをしているなら、やはり日本国民は不幸なんでしょうね。


 
よく、今の自民党政権を変えるために、ともかく自民党以外に政権を執らせなければならない、何も政治をやらせないうちに、否定してはダメだ、政治をともかく変えよう、民主党に入れよう! って叫ぶ人達がいるってこと。

ため息が出ます。
まあ、分からないでもない、私も若い頃は同じ考えで、ともかく20代から30代は反自民党にばかり投票していました。
少々、公約がとんでもなくとも、当時の自民党政治に吐き気がして、自民党以外に変えるのが先決だ、と思いこんでいた時期がありましたからねぇ・・・真面目に、社会党や共産党にも入れた。(笑)

ところが、変化しだしたのは、日本新党から新進党の時代と、村山内閣が発足し、社会党が解体されるのを見てきたからかな。
特に、社会党ってのはキャビネット内閣(影の内閣)も作っていましたし、与党批判だけは立派なものですから、土井たか子のマドンナ旋風もあったり、信頼して投票した人もいたでしょうが、その結果が、村山内閣発足したとたんに、社会党が崩壊しました。

そこから、個人的には批判するだけなら誰にでも出来る、批判するなら代案を持ってこい、と言う考えが主流になってきたと思いますね。
批判のための批判って言葉も関係しますが、批判するには何が問題で、どんな解決がよりベターなのかを明確にするためにも、代案が必要だと言う意見は増えたと思います。


もっとも、忘れましたが、誰かが(国会議員)「代案が無ければ批判出来ないのは、強者の口封じだ、弱者でもおかしいことにはすぐに批判していいはずだ」と言った人も居ましたっけ。

責任のない一般人はそれでも良いですよ、あと、議論する前段階で討論会とかは。
でも、政治家が国会で堂々と政策論を批判するのであれば、きちんと問題点を指摘し、解決する他の手段を出せなくて、どうして政治家が務まるのでしょうね。
早い話が、「福祉は大切だ」という大テーマに異存は誰もないだろうが、でも実際には福祉に湯水のように予算を注ぎ込むことは出来ないのは当たり前で、ならば何を犠牲にするのか、その犠牲はどのような観点で妥当か、と言う議論を経て、代案を持って反対すべきで、単に「ハンターイ」で叫んでいればおしまいの政治はいらない、ってのは当たり前だろう。


 
話は戻りますが、私個人の中では、村山内閣と河野官房長官は歴代最悪コンビで、今回のアメリカ下院での従軍慰安婦問題も、彼らが政権に居なかったら、今回こんな事もなかったし、外交面において出来れば消したい汚点となって、10年以上経過した今でも苦しめているんです。
それを考えると、「誰もが最初は経験不足、まずはやらせてみよう」よか「ともかく変革が必要だ」という意見は、その交代する選手に、それだけの資格とレベルが無ければ、将来にまで禍根を残す結果になる、って事を気づかない、ちょっと危険な考えだと思っています。


 
ともかく、あと数時間で投票が始まる都知事選挙は、誰になるんでしょうね、浅野氏でないことを願っています。(笑)


|

« 国家の品格を問う前に | トップページ | 国民投票法案の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/14598067

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選 投票開始数時間前:

« 国家の品格を問う前に | トップページ | 国民投票法案の行方 »