« 国民投票法案の行方 | トップページ | 還暦を迎えた日本国憲法 »

4 29, 2007

何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・

安倍首相が訪米する前に、一部のアメリカマスコミの取材で、慰安婦に関して「謝罪した」事も気に入らないのだが、その上、米下院議長だかに釈明したとか、もはや最低の外交戦略で、呆れるばかり。

自身の首相就任後、初の訪米で外交を成功させたい、その為に慰安婦問題は頭痛のネタだったというのは理解するが、沈静化を図るに謝罪という形に終始し、こちらが引くことで丸く収めようとする考えは、もはや誤った戦略だといつになったら気づくのであろうか。
私は小泉氏を応援していた1つの理由に、頑固なまでに主張を貫く、中国や韓国が何を言っても動じない、ブレない1本の政治理念を国民に示していたからこそであり、はっきり言って今の安倍には、外交上魅力は何もない。


前にも言ったが、日本の首相として、曖昧なと指摘されている部分を、きっちりと説明し、時にはアメリカのマスコミとディベートをきちんと行えるだけの外交官を連れて行くとか、ともかく「何かあればスグに謝罪する日本」「困った事があれば沈黙するだけの日本」から、「自分の立場をきちんと自分の言葉で説明する日本」「理不尽な対応にはきちんと反論する日本」と言った、主張する国家元首を期待したいですな。


 


http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2007042701148
2007/04/27-19:16 安倍首相「謝罪せず」と報道=韓国


 【ソウル27日時事】訪米した安倍晋三首相が米議会指導者との会談で、従軍慰安婦問題に関し「申し訳ないという気持ちでいっぱいだ」と表明したことについて、韓国の通信社・聯合ニュースは27日、安倍首相の用いた表現が謝罪のレベルに至っていないと批判的に報道した。
 聯合ニュースは米議会筋の話として、安倍首相が「sense of apology」を表明したと指摘。さらに、ワシントンの外交筋を引用し、この表現は英語には存在しないとした上で、「謝罪にははるかに至らないレベル」の発言だと伝えた。

まあ、予想された反応ですな。

マイクホンダも、全く謝罪など受け容れるつもりは無いようですし。
結局は、日本は首相が謝罪する事で、低姿勢になった事を示しただけで、余計に上から目線を正当化させただけで、今回の一連の慰安婦問題に関する謝罪は、ヘタすれば河野談話以上に情けない「事実」になるかも知れない。


 

分かり切った事ですが、韓国や中国ってのは、本当に謝罪なんて望んでいません

もし本気で謝罪など求めているならば、日本が歩み寄った時点で何らかの外交の成果が出ているはずですが、何もありません。
世界各国で問題や紛争などあり、様々な外交がありますが、歴史的にも外交上、片方が態度を示している時に何も変化が起きずに、さらにヒートアップする事など、私は今回の日本と中国・韓国のケース以外、知りません。

 

つまり彼らは、日本の首根っこを押さえつけて叱り、憂さ晴らしたいだけで、早い話、「謝罪しろ、反省しろ、歴史を捏造するな」と、叫んでいれば、それで満足なんです。

まあ、そう叫ぶことで、日本が謝罪したり、賠償金を出せば、さらに彼らの欲求はさらに満たされ、満足するでしょうが、今や彼らの目的は、お決まりの言葉を叫んで上から目線で日本を抑え、不満や鬱憤を晴らしたいだけですから、むしろ解決する事を望んでいない気がします。(笑)


 
その上で、「問題を沈静化させるのは、日本が下手に出て謝罪しておけば、嵐は過ぎる、その場は取り繕える」的な外交がいつまでも続くのが、政府と外務省の大きな国民に対する背任行為だと思いますね。

外交協定は、二国間の話とは言え、浪花節だけでは通用しません。

河野談話は、ある意味韓国政府や慰安婦の方に譲歩した形で、政治的な決着を計りに行ったものだったはずです。
ところが、ひとたび言葉が流れてしまうと、その言葉の裏にある「配慮、遠慮、譲歩」など全く意味を持ちません、
むしろ、この河野談話が意までは慰安婦問題の大きな根拠となってしまっております。

日本は、過去に何度が同じような事で煮え湯を外交で飲まされてきたはずだ、なのに、何も進歩していない。


 
中国の毒ガス回収もそうですね、うやむやのうちに、人道的立場で日本がお金を出して回収してやれば、今度は中国からの請求は天井知らずで増えていき、相変わらず毒ガスは日本軍が残したもの、と言う誤った情報が消えない。
そのうち、日本が資金を出して回収している行為が、その日本が自分で罪を認めている証拠だと言われても不思議じゃないでしょう。

友人や親子兄弟の間なら、人情や浪花節で助けてやる事もいいでしょう。
でも、一度他人に対し言葉を発してしまうと、いくら好意的な理由で発した言葉であっても、第三者や他人に取って見れば、その言葉に意味が出てしまうものです。

どうしても頼むから、迷惑を掛けないと言う約束で、保証人がいないと会社が潰れると言うので、保証人になっただけや、といくら後から叫んでも、保証人になってしまうと、そんな戯言意味がありません、ただ保証人になったと言う事実だけで、どんな同情的な理由があろうとも、裁判所も国も「あんたが支払え」と言うだけです。


一連の慰安婦問題など、これと同じです。
一度、政治的な判断で謝罪してしまえば、どんなに正論を吐いても、どんなに相手のメンツを考えた政治的な判断だと説明しても、「謝罪した」という事実は一人歩きして、最初に口に出した人の意志には全く関係ありません。

櫻井よしこさんも仰っていますが、どこかで悪循環の連鎖を断ち切らなければならないのに、相変わらず臭い物には蓋をするだけの、小手先でその場限りの外交をしているから、何時までも問題が解決しない上に、さらに泥沼化していくだけだと、私も思いますね。
今の安倍さんは、最低の外交戦術を繰り返しているだけだと思うけど・・・実は誰も気づかない、百年の計を実行しているのであれば素直に私は謝りますが、どうでしょうかねー。


こんな事態なのに、民主党はまだ小沢が党首しているんですかね?
日本が、国民が大変な時期なのに、いつまでも政局をおもちゃにする人を、党首に据えているんでしょうねぇ・・・
民主党は、本気で政権を握る二大政党を目指しているんでしょうか?
こっちも、安倍ちゃんの外交以上に、何度も同じ過ちを繰り返すだけですね。(笑)

|

« 国民投票法案の行方 | トップページ | 還暦を迎えた日本国憲法 »

コメント

はじめまして、よろしくお願いします。

 この慰安婦問題もそうですが、日本ほど過去が常につきまとう国もないでしょう。日本は韓国や中国に何回も謝罪しているのに、向こうは「今後も謝罪しろ」と言って日本に苦言を言う。
 日本以上に過去がつきまとうドイツですが、戦後60年以上が経つのに未だナチスという呪縛を背負っている。確かにナチスは周辺国やユダヤ人に多大な苦痛を与えました。でも戦後ドイツ(一時期は西ドイツ)はナチスを反省にたって周辺国やユダヤ人に一貫した謝罪をし、補償した。その結果ドイツは文句を言われない。
 日本ですが、河野談話や村山談話に拘ってその後曖昧な姿勢を続けたことで韓国や中国から抗議を受けている。さきの安倍総理の慰安婦に対し反省しましたが、これはどう見ても奴隷貿易に対し反省したのに謝罪しなかったブレア首相と同じような姿勢だと思いました。
 日本が何回も謝罪しているのにまだまだ謝罪を要求する韓国、跪いて謝罪したことでドイツを許し、その後ドイツと良好な関係になったポーランドとではまったく違うでしょうか?
 前述のブレア首相が絡みますが、歴史認識で揺れるのは日本やドイツだけでなく、イギリスも奴隷貿易や植民地支配に対する認識で大きく岐路に立たされてますが。まあ韓国や中国とアフリカでもまったく違うと思いますが。

投稿: フレディ | 5 07, 2007 11:25

はじめまして、フレディさん

同じ敗戦国であってもやはり日本とドイツでは、背景も事情も因果関係も全く違いますよね。
その中で、ドイツは常に「ナチス」と言うキーワードで戦後処理を行い、「ヒットラー」に全ての責任を押しつけているかのような形に私は見えますね。
つまり、あれはドイツではなく、ヒットラーという狂信者がナチスを使って暴走したもので、ドイツ国民も悲しく思うと言うスタンスですね。(つまりあれはナチスによる犯罪だったんだ、と言う事ですな、第三者目線でオウムの麻原を見ているかのような)

だから、ユダヤ人には補償を徹底的に行う反面、国家間の平和条約に関しては東西に別れてしまった事も原因だけど、あまり結べていないのが現状です。そして、国家間の補償問題に関してはドイツは終わっていません。
ポーランドとドイツが仲がよく見えるのは、それは表面上だけの話で、ユダヤ人以外の国民に対する個人補償や、国家への賠償問題は未解決のままです。
ただこれは、数千年に渡り大陸では繰り返されてきた戦争の歴史の経験の分、アジア諸国よりは冷静な国家間の付き合いが出来ている、また仲直りのきっかけがキリスト教で、日本では共通する宗教がない、ただそれだけの差です。

それに対し日本は、サンフランシスコ条約でほとんどの連合国と平和条約を結び、賠償問題は終了しています。(終わっていないのは、北朝鮮ぐらいですが、これも韓国にすでに北朝鮮分も渡していますね)
また、ベルサイユ条約でドイツが逆ギレした事を踏まえ、戦時中の国家間・個人補償の放棄も同時に終わらせているのは、当時としてはごく当たり前の流れだったと思います。(だからドイツは結べていない)

つまり、個人補償(ユダヤ限定)を済ましたドイツ、国家間の平和条約で賠償問題を終わらせた日本、本当は比較できるものではないんですよ。

ただ、日本の周囲にいる国家が、アジアで覇権を目指す共産党一党独裁国家の中国、独裁者国家北朝鮮、弟が兄を越えるなど失礼だと思っている韓国、これが戦後60年経過してなお、日本がいつまでも過去を引きずる原因となっているのは間違いないのです。
フランスとイギリスなど、歴史上何度戦争したか分かりませんよね、でも今の関係があります。
中国や韓国、そして日本の一部の市民団体という胡散臭い人達は、戦後日本が裕福になったので、個人補償も支払えるようになったので支払うべきだと言っていますが、戦後荒廃した日本を必死で立ち直らせたには、日本人の努力の結果です。
別に、個人補償や戦争賠償金を負けてもらって、それでズルして裕福になったわけではありません。
彼らは、金持ちになったんだから、昔の事を掘り返して金をむしり取ろうと言うだけの気もします。


まあいろんな見方はあると思いますが、奴隷貿易の話もニュース程度でしか知りませんが、植民地政策にしても、過去に謝罪をしたのは日本だけで、イギリスやフランス、スペインやポルトガル、アメリカなどなど、大国と呼ばれている国々は謝罪した事は一度もありませんので、イギリスが正式に謝罪をするのは難しいと思いますね。

日本がこう言い切るのはどうかとも思うけど、歴史認識とは、過去にあった戦争や事件を忘れずに、次の時代、世代を平和に過ごせるような努力をするための知識として価値を持たせるべきで、謝罪や賠償などいつまも後を振り返ることを要求するために、持ち出すものではないと、私は考えますけどね。

えっと、最後はとりとめのない、駄文になってしまいました、すみません。(笑)
また遊びに来てください。

投稿: akinopapa | 5 08, 2007 01:22

改めましてよろしくお願いします。

前回日本とドイツでは戦後処理及び歴史認識が違うと言うことを改めて思いました。

>だから、ユダヤ人には補償を徹底的に行う反面、国家間の平和条約に関しては東西に別れてしまった事も原因だけど、あまり結べていないのが現状です。そして、国家間の補償問題に関してはドイツは終わっていません。
 確かにそうかも知れませんね。知っての通りドイツは戦後東西に分かれて独立しました。すぐナチス犯罪を謝罪したのは西ドイツであり、逆に東ドイツは自分たちはナチスと戦った共産主義者だとして長くナチス犯罪を謝罪しませんでした。その為か旧東西ドイツ間でナチス犯罪に対する認識の違いもあるからかそうなんでしょうね。

 さて前のコメントでも少し触れましたが、慰安婦問題で日本を非難する韓国や中国を見てそうですが、かつてTBSで放送されていた「ここがヘンだよ日本人」の中で西アフリカのベナン出身のゾマホン・ルフィン氏が言っていたことが絡みますが、歴史認識問題で怒れる中国や韓国に対し、怒れないアフリカ諸国の違いであります。

「人間の歴史の中で素晴らしいことをしたのは日本ですよ。日本は韓国に対して35年、それに対しヨーロッパは400年の奴隷貿易と300年の植民地政策をしたが、一度も謝ったことがない」
と日本が韓国に過去の植民地支配を謝罪したことを褒めてました。また、ヨーロッパがアフリカに対し植民地政策を謝罪どころか反省しないことと比較し日本は素晴らしいと褒め、中国人や韓国人と激論しました。
 確かにアフリカ人からすれば歴史の中で植民地支配した国家で唯一謝罪した日本は素晴らしいと思ったのでしょう。今年3月イギリスのブレア首相が奴隷貿易廃止200年になる節目にアフリカやカリブ海諸国に対し「深い悔恨の念」を示しましたが、謝罪には応じませんでした。ガーナの大統領と会談したときに奴隷貿易に対する謝罪を要求されましたが、曖昧な返事だった為教会関係者や人権団体から反発を浴びました。
 曖昧な返事で向こうをかえって怒らせる結果になるのはイギリスも日本同様だなと私は思いました。中国や韓国は国力があるから怒れますが、アフリカ諸国は未だに植民地政策の負の遺産を引きずって進展せず経済がほぼ破綻し国力が無いに等しいからでしょうね。
 2005年に中国で大規模な反日デモが起こったときイギリスのあるメディアは「日本は過去の歴史と向き合うべきだ」と社説を出しましたが。私からすれば「どの面下げて言ってんだ。あなたたちイギリスはインドやアフリカを植民地支配し、それらの国々に一度も謝罪も補償も反省もしてないじゃないか。それらをひた隠して他国を非難する資格をイギリスにはない!(フランスやアメリカも同じ)」と思いました。

 つまり、中国や韓国とアフリカ諸国とでは比較にならない程の温度差があるんでしょうね。
 日本が謝罪する相手は韓国や中国、フィリピンなどですが、イギリスは前述のインドやアフリカ諸国(イギリスが植民地支配した国家はガーナ、ナイジェリア、ケニア、南アフリカなど)、カリブ海諸国、さらには隣国であるアイルランドなどと多いですね(イギリスがアイルランドに対して行ったことは日本の韓国併合と同じかも知れませんが)。

>イギリスやフランス、スペインやポルトガル、アメリカなどなど、大国と呼ばれている国々は謝罪した事は一度もありませんので、イギリスが正式に謝罪をするのは難しいと思いますね。
 そうかも知れません。イギリス国内でも奴隷貿易に対する認識及び謝罪の是非も世論は大きく分かれてますからね。

 私からすれば歴史認識問題と言うのは日本だけのものではないと言うことです。日本と中国、韓国、アジア諸国、ドイツとポーランド、イスラエル、イギリス、フランスとアフリカ諸国と言うように歴史認識問題はどの国にもあるわけです。

 最後になりますが、当初のテーマから大きく反れてしまいました。どうもすみません。ただ結論からすればどの国にも歴史認識問題はあると言うことですね。

投稿: フレディ | 5 19, 2007 15:50

フレディさん、ようこそ、こんにちは。

レスポンスが長くなりましたので、5/20付けのこのブログの記事で書きました。

まあ過去にも、ネタが無かった時には、記事の方にまわさせてもらった事もありますので、今回も折角書きましたので、記事の方で扱わせて頂きましたので、読んでみて下さい。

投稿: akinopapa | 5 20, 2007 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/14879944

この記事へのトラックバック一覧です: 何度、同じ過ちを繰り返せば気づくのか・・・:

» 中国にだまされるな [野分権六の時事評論]
今日、中国の温家宝首相が来日する。 安倍首相は、この際、遠慮せず、はっきりと、温 [続きを読む]

受信: 4 30, 2007 10:52

« 国民投票法案の行方 | トップページ | 還暦を迎えた日本国憲法 »