« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2 26, 2007

マイク・ホンダ

25日のフジテレビの「報道2001」は、なかなかバカバカしくて面白かった。
出来れば、日本の議員との討論と言った形でお願いしたかったが、まあ今日のホンダ氏の話を聞いて、結局彼は何の根拠もなく、ただ慰安婦問題を取り上げていたのが明白になったので、仮にやったとしても討論にはならないですね。

慰安婦決議案、「河野談話が根拠」 ホンダ議員

米下院に慰安婦問題をめぐる対日非難決議案を提出したマイク・ホンダ議員(民主)が25日、フジテレビの「報道2001」に中継で出演し、決議案が「日本軍による強制的な性奴隷化」などと軍による強制連行を一方的に断定している根拠について、「官房長官談話が出て、首相が謝っている。実際に(強制連行が)なければどうしてそういうことが起こるのか」と述べ、平成5年の河野洋平官房長官談話を挙げた。

 これに対し、日本側の出演者は「日本政府に謝罪を求めながら、強制連行の根拠を『日本の首相が謝罪しているからだ』というのは論理矛盾だ」(山本一太参院議員)などと反論。日本政府の対応にも注文が相次いだ。

 ホンダ氏は、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が河野談話の修正を求めていることについて、「議員が声明の内容を変えようとしている。本当は心から謝っていないのではないか」と非難。レーガン政権が1988年、第2次世界大戦中に強制収容した日系人に謝罪と補償をした例を挙げ、日本政府がこれに習うよう訴えた。また、決議案が日米関係に及ぼす影響について「日米関係をさらに強固にする」と述べた。

 河野談話をめぐっては、安倍晋三首相が昨年10月の国会答弁で「狭義の強制性(強制連行)を裏付けるものは出てきていない」と強調。首相サイドでは部分修正を模索する動きも出ている。


産経WEB(2007/02/25 19:00)


みなくるビデオ
http://video.mina-kuru.jp/soft_detail.html?softsq=1042

 
圧巻だったというか、一番の盛り上がりは、何と言っても、従軍慰安婦問題の根拠を何度も求められても、「官房長官談話が出て、首相が謝っている」としか答えられなかった点かな。

んなもの、本当に根拠になると思っているのだろうか。
ならば、日本政府として「官房長官談話は外交上の便宜辞令であり、軍の関与を認めた謝罪ではありません」と正式に出されたら、もう根拠が無くなってしまう、と言うことですよね。(笑)
ものすごく脆い根拠やのー


 
まあ、司会者が田原だったらどうだったかなー。
田「ホンダさん、そんな事を聞いているんじゃないですよ、根拠はあるのか無いのかどっち?」
ホ「根拠は、河野外相が謝罪し、歴代の首相が謝罪してきている、事実だからこそ謝罪していると思う」
田「いや、そんなの関係ない。 では、謝罪以外に麻生大臣が指摘した、客観的証拠、根拠があるのかないのか、そこだけ答えてください」
ホ「そんな一方的に・・・」
田「分かりました、マイケルさんは客観的な根拠を持っていない、と言うことですね、ではCMどうぞ」

ってなもんだっただろうに。(笑)


 
それにしも、河野談話は、本当につくづく浅慮だったよなぁ。
櫻井女史の話によれば、客観的な証拠は無くとも、韓国政府と慰安婦のメンツの為にも、謝罪しておけばそれで「終わり」と思ったらしいけど。
でも、結局は、その談話をいつまでも引用されるし、今回のようにホンダ氏には、「河野談話」がその事実の根拠となってしまっている現実は、本当に正常な判断が出来ない「甘ちゃん」だったんですよね。
人間は、日本人でも欲が深く、1つ相手が要求を呑めば、次から次へと要求が拡大していくもの。
ましてや、相手は外国人で、そんな常識など通用しないのは、冷静に考えればすぐに分かるのに、早まって河野談話を出してしまった事も、まさに汚点ですね。

早急に、河野談話を見直し、もしくは補足すべきでしょうね。


 
日本政府は、慰安婦の存在は否定しておらず、日本軍が彼女らを利用した事実も否定していない。
だから、河野談話の謝罪は、慰安婦を排除出来なかった事への謝罪でいいんじゃない?
軍の関与を示す証拠が無いのだから、軍の関与に関しては一切認めない方針で行けばね。

それにしても、恐ろしいのはマスコミの力ですね。
朝日新聞が仕掛けた捏造が、この時代でもまだ大きな影響力を残し、日本を苦しめているんですから。
朝鮮、韓国、中国が、戦略で日本を窮地に貶める手段を、長年仕掛けて来るのは、まあ隣国の外交なんですから、しょうがないとは思いますけど(隣国とは仲良くしようと本気で叫んでいるのは、平和ボケした日本の市民団体ぐらいじゃないか)、日本の場合は国内でも日本の足を引っ張る人達が、何と多いことか。


でまあ、こんな事を書くと、間違いなく私は「右翼」と言われるんですけど。(笑)
日本での右翼って、結局は国際社会での左翼ぐらいか?(笑)
戦争、軍隊、武器という、あるキーワードだけに強い拒絶反応を示す人達が、日本の場合はサヨクらしいので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2 02, 2007

鬼の首を取ったかのような

気づいたら、また書くのをサボっている。(笑)
最近は仕事も忙しいし、どうもリズムがなぁ。


ところで、久しぶりに書きますが、旬はこのネタかな?

衆院予算委 柳沢発言で野党欠席 与党単独質疑の異例事態


衆院予算委員会は1日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、災害対策費などを盛り込んだ06年度補正予算案に対する基本的質疑を始めた。しかし、柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言を受け、厚労相の罷免を求めている野党4党は委員会を欠席し、与党単独で質疑に入る異例の事態となった。
 柳沢厚労相は「不適切な言葉遣いをし、国民、女性の方々の一番大事な部分を傷つけた。心からおわびする」と改めて陳謝した。野田毅氏(自民)の質問に答えた。
 与党は共産党が「丁寧な委員会運営」を求めたことにも配慮、午前9時予定だった開会時間を2度延期。質疑は午前11時過ぎにスタートした。
 これに先立ち、自民党の二階俊博、公明党の漆原良夫両国対委員長は国会内で河野洋平衆院議長を訪ね、厚労相の辞任を求めず、予算案の質疑を始める考えを伝えた。議長は「丁寧な審議を心掛けてほしい」と応じた。 一方、民主、社民、国民新3党は1日昼、愛知県知事選の投票を4日に控えた名古屋市で厚労相発言に抗議する街頭演説会を開き、民主党の小沢一郎代表と社民党の福島瑞穂党首がそろい踏み。小沢氏は「安倍内閣そのものの問題。女性べっ視だけでなく、復古主義的な思想が背景にある」と批判した。


2月1日17時2分配信 毎日新聞 【谷川貴史】

全く、国会をなんだと思っているんだろうね。

確かに、柳沢の「女性は産む機械」発言は、さすがに失言だと思うよ、でもただそれだけじゃないの?
残念ながらオレは男性なので、女性の心理までは読めないが、女性全員が目尻を上げて彼を非難しているかと言えば、そうとも思えない。
そもそも、柳沢発言の趣旨を理解すれば、単に人権侵害とか、女性蔑視だとはとても思えない。

少子化と年金問題は、子供の人口比率は避けて通れない問題であり、発言が行き過ぎたとは言え、彼の発言内容は今の日本社会にはもっと子供が必要だ、だから産んでくれ、と言うようなものでしょ、男性は埋めないんだからさ。
発言が適切ではなかった、失言でしたと謝罪は必要でしょうけど、それを政局争いに利用している現在の風潮にはウンザリです。


 
社民党は、まあアウトオブ眼中なので、しゃーないかな。
辻元と言い、福島と言い、結局はその程度でしか今の政治に参加出来ないほど、ズレた感覚の持ち主で、元々、政策論議で政治には参加出来る人達じゃないだけに、自分の存在価値はここでしかないとばかり乗ってくるのは、惨めだと本人が思わなければ、別に私は気にならない。


やはり怒るのは、民主党。
安倍内閣の支持率は続落傾向だし、残業代カット政策も、造反議員の出戻りも、本来なら民主党に追い風なだけでしょうに。

今回の件で、鳩山などが「女性のため」などと口に出す事がおぞましい。
ましてや小沢も尻馬に乗って、相変わらず辞任を求め国会に参加せず政治を行わず、政局遊びしかしない。

柳沢発言は失言だったか、それが政治を空転させる正当な理由になるのか?
野党第一党ですよ、自民党が傾いたら民主党が政局を運営しなきゃならんのに、相変わらず政治には参加せずに、相手の失策をさらに大きくして政局を遊んでいるだけ。

落ち目の安倍内閣相手に、どうして正面から政策論議でぶつかって存在感をアピールしないのかね。

日本の政治がいつまでも3流なのは、相手の失策ばかり揚げ足とって、非難するだけで、自分から政治を正論で奪い取ろうとしないからじゃないか。
相手の失敗を、鬼の首を取ったかのように騒いで、やれ辞任だ、やれ審議には参加拒否だの、政治を行わず相手とケンカする事ばかり考えていては、本当に情けない。

サラリーマンが出世争いで、他人の揚げ足を取って蹴落として、昇進しているのを見ているようなもの。
他人の失敗がどうのこうのより、自分の功績で出世する姿を見る方が、そりゃその人を応援したくなるに決まっている。


 
基本的には、私もWEの事もあり、柳沢は好きじゃないし、別に大臣の器だとは思っていないが、それと政治を空転させる事は別だと思っているし、本当に女性を蔑視するだけのツマラン人間なら、ほっといても次の選挙で落っこちる、そんな腹づもりで、抗議や謝罪は求めても、百歩譲って辞任を求めても、それを理由に政治拒否をするのは、「女性の人権侵害」だと騒ぐよりも、もっと大事な何か忘れていると思うのは、私だけでしょうか。


ほんとに、今年の参議院選挙、投票行くのやめよかな・・・


| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »