« 履修不足と、出口が見えない民主党 | トップページ | 支持率・・・ »

11 13, 2006

防衛省論議の放棄


それにしても、ついに読売新聞にもはっきり「民主党は旧社会党と変わらない」などの社説を書かれるようになってしまった。

[防衛「省」審議]「国防問題で排すべき党利党略」

社民党はともかく、民主党までもが、国の防衛に関する重要法案に審議拒否戦術をとるのは、どうしたことか。

 防衛庁の「省」昇格関連法案の実質審議が、ようやく衆院安全保障委員会で始まった。民主、社民両党は防衛施設庁発注工事を巡る官製談合事件の審議が不十分として欠席した。

 衆院本会議で、先月27日に法案の趣旨説明が行われてから、すでに2週間も経過している。

 民主党は委員会での審議入りの条件として、官製談合事件の集中審議を要求した。安全保障委員会では、3日間、12時間にわたって談合事件に関する集中審議が行われている。このこと自体が法案の審議入りの引き延ばしだ。

 省昇格と官製談合事件の追及とはまったく別の問題である。

 民主党の小沢代表は、防衛庁の省昇格に繰り返し賛意を示してきた。民主党内には「国防省設置を早期に実現する議員連盟」もあり、省昇格に賛成する議員は、少なくない。

 にもかかわらず民主党は、省昇格関連法案への賛否を決めていない。政権交代を目指す野党第一党が、今になってもなお、こうした重要法案への賛否を決められないのは、おかしなことだ。

 背景には、沖縄県知事選で、野党統一候補を擁立していることがある。今回の審議拒否にも、19日の投票日までは法案に反対の共産、社民両党と足並みをそろえたいとの思惑があるのだろう。

 これでは、55年体制下の旧社会党と何ら変わりがない。責任政党とは、ほど遠い姿である。

 防衛庁は、日本の平和と安全を守る任務のため、陸・海・空の自衛隊という実力組織を有している。安全保障政策にも責任を負っている。

 内閣府の一外局に位置づけている現状では、防衛長官は直接、防衛に関する重要案件を決める閣議を請求できないし、財務相に予算要求もできない。

 近隣諸国はじめ、諸外国で国防を担当する官庁は、すべて「省」であるのに、日本だけが「庁」ということが、そもそもおかしい。

 北朝鮮の核武装によって深刻な脅威にさらされ、日本の安全保障環境は著しく悪化している。防衛庁を「省」にすることで、責任と権限を明確にし、有事は無論、安全保障環境の変化にも迅速に対応できる体制を整えることが急務だ。

 党利党略を超えて国家的視点に立ち、真摯(しんし)に法案を審議することが大事だ。小沢氏には、法案賛成の方向で党内の意見集約に指導力を発揮してもらいたい。


(2006年11月10日1時55分 読売新聞)

私個人のブログでは、もう随分前から民主党に対し、旧社会党と同じになったと嘆く批判記事を書いてきた。
また特に、小沢が代表になって、政局を単なる政権取りゲームの道具にしかしていない時点で、もはや愛想を尽かしてしまった私に取っては、今回のこの読売の社説も頷くばかりだが、同時に「今頃遅いよ」という感も否めない。

ただ、日本の販売部数トップを誇る大新聞会社が、ついに現民主党=旧社会党と認めた事の意味は大きいと思う。

アメリカでは中間選挙は、共和党が敗れ民主党が勝った。
だが、日本の場合自民党が暴走しても、旧社会党である民主党には入れたくない人は多かろう。
むしろ、いろんな方面で、自民党も失敗しているが、それ以上に民主党が壊れてしまっているので、何だかんだと言っても、政府批判を行うのだが、結局はその対抗としての人材を野党から求めるのではなく、同じ自民党内の別の人物が一番マシ、と言った状況になっているのは、これまた何度もここで書いたが、日本人に取っての最大の不幸。


 
民主党の何が最大の問題点か、それは言うまでもなく、向いている方向が国民の為ではない、と言う点。
もちろん、自民党は国民の方に向かって政治をしているなど、口が裂けても言えないが(笑)、民主党は野党であり、国民の支持を得なければならない立場なのは言うまでもない。
しかし、旧社会党は当時自民党に対する時に、「国民の支持を得る=政府に何でも反対する、政府の失敗の揚げ足を取る、政府をともかく批判する」という形でしか考えつかなかったようだが、また民主党が同じような事をしているのではないか。

 
元々、与党というのは「政治」を行わなければならない。
となれば、国民に取っては有り難くない政策も時にはやらねばならないし、国民の批判を受ける政策も選択する事も、そしていろんな政治判断が誤る事もあろう。
それが政策を握る上での、当然行わなければならないリスクのようなもので、政府のやっている事に何でも「はんたーい」と叫んでいればそれで存在意義を持つ野党とは、立場で大きく違うのも当たり前だ。
だからこそ、政権を交代する、自ら政権を運営しようと思うなら、従来の何でも「はんたーい」だけではなく、自らリスクある意見を持つことも重要だと思っている。

しかし、今回の記事の防衛省の話でも、国家の安全保障、外交、国防に関わる重大な意味合いを持つ議論なのに、この政策論議さえ、党利党略を優先させバーターに使うなど、「与党に取って変わった時、どのように政治を行うのか、と言う自覚に著しく欠けている」という事を、自ら証明していまっている事が多すぎる。


 
前原の時代は、そうでも無かったのだが、自民党攻撃と言う観点でしかない意味のないメール問題で、大きく傾いた事を見ても分かるように、政策論議だけに集中していれば、少なくとも悪い方向に行かないと思うのだが、政権を意識しすぎて暴走してしまえば、結局はこうなる見本だと思うのだが。
特に小沢になって、自滅という意味では傾向が顕著になった。


小沢は、徳島での講演会で、『ほんとうの世直しをするためには政権交代が必要だ』だと熱演したそうだが、彼の場合は「政権交代が」目的であって、その手段は「何でも良い」となっているのが、違和感を強く感じる。
政権交代は、あくまでも選挙の結果であり、その結果を導くために、どのような政党になるべきか、と言う論点がズッポシ抜けているのだと思う。

昨年の郵政解散選挙で、民主党が惨敗した時に、小沢さんに期待したんですよね。
彼の強引な手法とカリスマで、民主党内をまずは左派、保守など振り分けて、旧社会党のガチガチの人間を一掃してもらい、民主党をまさにぶっ壊して、そこで、若い前原なりに政権を譲って、民主党を時間を掛けて再生してもらいたかった。
自民党は、何だかんだで小泉が一度はぶっ壊し、亀井や橋本派などの古い政治家を追い出し、野中や中曽根などの老害を引退に追い込んだり、与党が変わって、追いかけなきゃ行けない民主党が党内改革が出来ずに、遅れては、ますます政権交代など夢のまた夢だと思っていただけにね・・・
追いかける方がね、昔に戻っちゃそりゃ追いつかないでしょ。


個人的には、世直しをするためには、政権交代はいきなり無理なので、まずは党首交代が必要、そう思っていますけど。(笑)


|

« 履修不足と、出口が見えない民主党 | トップページ | 支持率・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/12665402

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省論議の放棄:

» 羽田孜元首相・・・・小沢民主党はこれでいく [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
TBさせていただきます。民主党・羽田孜元総理にお話をきいてきました。 [続きを読む]

受信: 11 14, 2006 16:02

» 【新風政策研究】 国軍創設 [KAZUHIRO.SWIM]
今回のエントリーでは、日本の国防について、最近の問題も含め自衛隊のありかたと新風の政策である国軍創設を考えてみたいと思います。長くなりましたので、お時間のないかたは、3・維新政党・新風の政策:国軍創設からお読みください。... [続きを読む]

受信: 11 15, 2006 00:29

« 履修不足と、出口が見えない民主党 | トップページ | 支持率・・・ »