« 安易な救済は新たな不公平を産むだけ | トップページ | 防衛省論議の放棄 »

11 05, 2006

履修不足と、出口が見えない民主党


【履修不足問題】

前回は、高校の履修不足について安易な救援策は反対だ、と書いたのだが、結局は政府は・・・自民党と公明党は、国民の人気取りのために安易な救済処置を決めたようだ。

確かに、高校生には罪はないし、この時期に履修不足が発覚して大変なのは分かる。
だが、「履修不足である事実」は変わらないのである。
「生徒に罪はない」と叫べば、「学習していない」と言う事実が消えるわけでもない、ここが大事だろう。
卒業とは、一種の資格だと思うのだが、どんな事情があろうとも、履修していないものに「履修した事にして資格をあげる」とする事は、多岐に渡って不平等に繋がる。
極論を言えば、受験生には罪はないので、試験を受けていないが国家試験を合格させる、とかなるともうムチャクチャになるのは、誰でも容易に想像出来るが、実際に今回政府がやろうとしているのは、スケールは小さいが、同じことをやろうとしているんだと気づいて欲しいですな。


授業数を減らしたり、レポート提出でごまかすのなら、大検(平成17年からは高等学校卒業程度認定試験と言うそうだが)の世界史(履行不足科目)を受験させ、合格したものには、すでにその科目の知識を習得している、と言う理屈になるので、授業数+レポート免除をすると言うシステムなら、問題ないだろう。 
授業を受けなくとも、高等学校卒業程度認定試験を受験させるとか、卒業まで間に合わないケースは、仮の卒業資格を与え、半年以内に履修する事を条件としてあげる、特別ルールでも立派な救済だろう。
授業数の免除などは、安易な救済以外の何物でもあるまい。


ちなみに、救済策を検討しているときに、伊吹氏は「(学習指導要領に沿った授業を受けた生徒と)無条件で同じにするのはおかしい」とした上で、「受験に大きな重荷にならないようバランスを考え、過剰な負担や不安を与えないようにしたい」と語ったそうだが、真面目に履修した9割の高校生から見れば、自分達が授業を受けている間、受験勉強をしていたんだと思うと、当然、不満や不安は残るはずで、この救済策でどこがその不安を配慮した事になるのか?
また、無条件で同じにするのはおかしい、と述べていたが、無条件で授業数を減らして同じにしているんだが、この舌の根が乾かぬうちに言ったことを翻すのは、政治家としては当たり前なのかも知れないが、人間として信用出来ないですな。
さらに、今回の救済策は「履修不足の生徒」を対象にしたものは良く聞かれるんですが、「履修を真面目にした生徒」に対する救済はなんら聞こえてこないのは、どうしてなんでしょうね。

個人的には、今回の件で、自民党と公明党のポイントはかなり下がりました。
まあ、民主党がその失策を鋭く批判する、つなり救済策を批判せず(何故か、9割の学校は真面目に履修しているのに、彼らを守ろうとする意見が野党にも無いのが不思議)、相変わらず政府批判だけを繰り返すので、全然ポイントが延びないので、悲しいかな2大政党は遠のくばかりですけど・・・


 
【民主党の凋落は続く・・・】

民主党が、自民党の失点でも自分のポイントにならない、と言った話で思い出したけど・・・
確かに、民主党の支援団体に、日教組や労働組合があるので、旧社会党が持つ側面から抜けきれないのは理解していますが、それにしても意味のない政府批判、精髄反射的な与党批判を繰り返してきた、旧社会党がどうなったのか知らぬ分けでもあるまい・・・
それ以前に、口では政権交代だの、打倒自民とか言っているけど、本気で2大政党を目指しているように見えないのが、最大の問題点だな。



http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20061104AT3S0400P04112006.html
外相らの更迭要求、核論議容認発言めぐり共産や社民

 共産党の志位和夫委員長は4日、都内で講演し、核保有論議を容認する麻生太郎外相や自民党の中川昭一政調会長の発言について「内外から厳しい批判があっても発言を繰り返している。どうにも止まらないのなら辞めてもらうしかない」と述べ、外相らの更迭を求めていく考えを示した。

 社民党の福島瑞穂党首も札幌市内で記者会見し「外相が辞めるか安倍晋三首相が罷免させない場合には、不信任案を出す段階だ」と強調した。外相罷免は民主党の鳩山由紀夫幹事長も要求している。

日経ネット(19:16)

共産党や社民党が、言論の自由を奪うような事を言うのも、まあ、ハナから相手にされていないの別にかまわないのですが、気になるのは民主党の鳩山が同じ事を言っていること。

日本が核兵器を持つことは許されない、と言った話が出てくるのは当然としても、どうして持つことが許されないのか。
日本は、核兵器を持てるが「持たない」というメッセージを世界に示すべきだ、と言う意見もあるし、一口に核兵器武装論にしてもいろんな意見があるのは当然なのに、鳩山は「大臣が口にするのは許されない」と語る。

しかも、彼は「>世界中から核をなくす運動のトップリーダーとして動かなければ いけない日本の外相が、こういう発言をしたことに心から怒りを持っている」と語っている。
つまり、理論として大臣が核武装議論を持ち出すことの是非を述べているのではなく、単に怒りを持つ=感情論で不信任をしようとしている事が空恐ろしい。


 
どの新聞報道を見ても、最低限の事、つまり麻生や中川氏の言っていることは「核武装論議」であって、「核武装」の話ではない。
核武装論議を行うことを、許さない、つまり議論すら封じ込めようとしている。
どうして、核武装論議が行けないのか、まともに討論出来ないので、感情論で反対するところなど、鳩山は何を考えているんだろうか、ここまで来ると、社民党や共産党と区別がつかない。(笑)

どうして議論そのものがいけないのだろうか、核武装による弊害も、危険性も、世界に対する影響も、全てきちんと議論した上で、核武装など愚策以外の何物でもない、と言う結論に至らせるのが、本来の民主政治ではないのか?
議論もせずに、単に感情や脊髄反射で許せないなど、そちらの方が、政治に対する冒涜だと思うぞ。


それに、そもそも鳩山は、西村真悟が核武装論を展開して話題になった時、鳩山は「核武装してもいいかどうかを国会で検討したらどうかと言った瞬間に クビを切られるとなると、 国会で核をもつべきかどうかなんて議論がなされなくなる。 議題に乗せることすらしてはいけないという発想もいかがなものか」と述べている。

見事なまでの二枚舌であり、今回の件も自身の信条でもなく、単に自民党の大臣が言ったから、感情的に許せなく不信任を出すと言ったまさに軽薄な政治理念しか持たない事を露呈してしまった。


自民党が失策をしても、民主党がそれを上回る勢いで失点を重ねてしまっている。
アメリカでも、共和党と民主党がバランス良く存在しているのに、日本では・・・・国民にとって、これ以上の不幸は無いな。

|

« 安易な救済は新たな不公平を産むだけ | トップページ | 防衛省論議の放棄 »

コメント

履修問題はあっと言う間に 全国で調査を行った。 しかし 裏金問題は 大阪 岐阜 北海道警等
ばれた所だけが槍玉に上がっている。 これはどうして? 中央省庁でもやっている裏金隠し 地方の市町村 警察 税務署で全てがやっていると思うのが普通ではないですか? 特定の所が槍玉に上がっているいる間に 他のやっている所は 証拠隠し右往左往しているのでは無いかと思いますが おかしいでしょうか? 全国において 税金の無駄使いについて調査する必要があります。 警察が協力金を隠すのに 他人名義でから伝票を切っている等とんでもない話。
 日本は 公務員の処罰が甘いのでは これなら不正をやっても ばれなきゃ良いと思うのは当然ではありませんか? 

投稿: ノセ タダシ | 11 23, 2006 17:43

こんにちは、ノセさん、コメントありがとうございます。

レスが遅れてすみません、パソコンのLANカードが壊れて、1週間ほどアクセス出来ませんでした。

さて、コメントの内容ですが、履修不足問題と違って一刀両断が出来ない問題を含んでいると思っております。

確かに税金の無駄遣いの調査や、公務員への処罰(身内に対する甘さ)など、問題にすべきものは多いのは同感です。

ただ、ムダでは無い税金の使い方とは一体何か、と問われると明確に答えるのが難しい事に気づきます。
公共事業にしても、「本当に必要な物だけに限る」とは良く聞くフレーズですが、では本当に必要な事業って? となれば、それこそ人によって、立場によって考え方は変わります。

また、裏金は確かに私服を肥やす事に使われるイメージがありますが、要は、使途不明金の使われ方次第の面もあるんではないかと思っています。

要するに、公務員には国民の為に尽くす一方で、ある程度不平不満を受けながらも、真面目に仕事をするケースもあり、その仕事に対し信じてあげたい気持ちが私にはあります。
しかし、公務員や官僚も人間です。
政治家など、もっときな臭い人間です。
私欲の為にズルを行い、平気で不正をする人も絶対に出てきます。

そんな時は、隠し事をせずに、きちんと反省し処罰するべきで、国民もいろんな面で見る、考える力を養って行きたいと、私は考えます。

投稿: akinopapa | 11 28, 2006 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/12557950

この記事へのトラックバック一覧です: 履修不足と、出口が見えない民主党:

» 必要?日教組:約3億円も1年間に使っちゃう。 [お金ちゃんねる-喜怒哀楽-]
三億円ですか!?広告費と運動の宿泊費・飲食代・交通費。んー。もちろん、息のかかったところへお金が流れているのね。しかし、平日からデモって、先生・・ヒマなのね。 [続きを読む]

受信: 11 25, 2006 15:03

« 安易な救済は新たな不公平を産むだけ | トップページ | 防衛省論議の放棄 »