« 募金活動と批判 | トップページ | 負けたのは●●のせい »

10 10, 2006

北の挑戦と状況判断


2週間ぶりでしょうか、なかなか記事を更新しなくてすみません。

北朝鮮が、7月のミサイル(テポドン)に続き、ついに核実験を行ったようですね。
もちろん、核実験を行ったと言う事実はまだ不明ですが、北朝鮮本人が「やった」と言っている以上、ある程度の覚悟と対応は、国際社会の一員である以上は必要な事は、言うまでもないでしょう。


 
今更、私がここで熱く北朝鮮の対応を書く気はないが、制裁と国連安保の国連憲章7条を包括した決議案への移行は、強く望みたいですね。
もっとも、小泉さんから流れている最近の外交姿勢には、私は日本もやっとまともな外交感覚になって来た、と賛成している立場なので、このまま任せて様子を見ても、悪いようにはならないだろうと安心していますが。

これが、今の民主党とか昔の村山-河野に外交を任せていたら・・・何をしでかすか、不安でしょうがないですけどね。
さすがに、今回だけは、民主党も言葉や表明だけは、どなたも北朝鮮を非難しておりますな。
しかしながら、非難するだけなら、中国や韓国もやっていることだし、民主党の北朝鮮への非難とは、あくまでもその程度のレベルだと思っていますけど。(笑)


 
ところで、北のミサイルと核実験のニュースを聞いても、なお頭のネジがどこか抜けている、平和ボケ状態から抜け出せないでいる団体があるようですが・・・

市民団体ら座り込み PAC3陸揚げできず

 弾道ミサイルを迎撃するアメリカ軍の最新型パトリオットミサイル「PAC3」の嘉手納基地への配備に向け、ミサイル24発を載せた輸送船が9日朝、沖縄県に到着した。

 しかし、反対する市民団体ら約150人が座り込むなどしていて陸揚げできない状態が続いている。


[9日16時9分更新]
社会ニュース(NNN)一覧

まあ、この抗議活動そのものは、前日の夜から行われていたそうなので、「北朝鮮の核実験を知った上で」の行為でない事は分かるが、それにしても、核実験の話は、9日の座り込みの途中で、ニュースで流れたと思うが、それを聞いてどう思ったのだろうか?
まあ、私から見れば、北朝鮮が実際に核実験を行う以前に、そのような危険性を常に考慮すれば、迎撃ミサイルの配備など当然だと思うが、抗議する集団に取っては、北が核実験を行うよりも、迎撃ミサイル配備の方が問題らしい。
この抗議する団体は、一体何処の国の団体なのか、まさかスパイ活動しているのではないか、と疑いたくなる。


そもそも、今回の配備は「攻撃のための兵器」ではなく、「迎撃のための兵器」である。
基地強化と騒ぐ前に、今回のニュースを聞いて、米軍基地ではなく朝鮮総連などに抗議に行くのが、本当の平和を求める活動だと思うのだが、この手の問題は、国や自衛隊、米軍には向かう物の、朝鮮総連などに向かったなどの話は全く聞かない。

まあ、この市民団体とやらは沖縄平和運動センターらしいのですが、議長は社民党みたいです。(笑)
一応、党代表の福島瑞穂は、今回の実権での北朝鮮への非難をしておりましたが、非難すればミサイルは飛んでこないと思っているのでしょうかね。(笑)


 
まあ、パトリオット配備に反対する理由については「基地機能の強化」や「新たな負担増」を挙げる自治体が圧倒的多数を占めたほか「沖縄が軍事的な標的にされる」との恐れや「基地が永続使用される」「県民感情が許さない」「地元との合意が図られていない」などだそうです。

まあ、沖縄だけに軍事を押しつけるな、って事は主張する趣旨は理解出来ますが、北朝鮮は国連が警告しても、ミサイルの実験は行い、核実験まで行いましたが、その狂気の国から身を守るには、実際にどうしたら良いとか、きちんとした対案をその市民団体とやらは持っていらっしゃるんでしょうか?

ケンカ腰のお隣さんが、ピストルを買ったようだ、試し撃ちをしたようだと言う状況で、自分の家に例えば防弾服を購入しようとしているのに、軍事強化に繋がるから購入反対と叫んでいるようなもので、ならば、防弾服を着用せずに、相手がズドンと撃って来たら、どうやって身を守れば良いのか、きちんと説明して欲しいものですな。

以前、社会党の福島党首が、ミサイルから身をも守ろうと軍事力を強化するから、相手も意地になって軍事力を強化する悪連鎖になっている。
本当の防衛とは、話し合いによってミサイルを撃たせないように説得するのが、本当の外交で、軍事力を増加させるのは間違った方向性だと、朝生で言っていたそうですが、ミサイルを撃たないように努力するのは「外交」であって、なおかつ、国民の生命や財産を守るために努力するのが「防衛」なんですが、この両者の違いが分かっていないようでした。


北朝鮮が六カ国協議に戻らず、ミサイル実験を行ったのは、日中、日韓関係がギクシャクさせた日本のせい、と言ったのも社民党の何阿部知子だったでしょうか、なんでも日本のせいにするのが社民党ですから。


 
政治思想を自由に持つこともいいし、抗議活動も違法でないものは自由だろう。
しかし、今、日本人(本当は韓国も)の生命が危険に晒されている、北朝鮮という独裁国家で国際的に孤立している国家が、日本にも届く兵器を開発し、しかも核実験まで行った・・・
この重大なニュースに際してもなお、自分達の主義主張を貫く事の方が大事だと思っているような団体に、誰が賛同するのだろうか。
いや、状況判断すら出来ない平和ボケを早く脱却してください、そう願うばかりです。

 

|

« 募金活動と批判 | トップページ | 負けたのは●●のせい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/12221300

この記事へのトラックバック一覧です: 北の挑戦と状況判断:

« 募金活動と批判 | トップページ | 負けたのは●●のせい »