« 負けたのは●●のせい | トップページ | 履修不足と、出口が見えない民主党 »

10 29, 2006

安易な救済は新たな不公平を産むだけ

ここ数日新聞など賑わせている、高校の履修不足問題ですが、驚くことに安倍首相の口から救済処置の検討に入ったと言う話まで飛びだし、混乱している様子がうかがえる。

<履修不足>政府の救済措置検討、難しい対応迫られる

政府が28日、高校の履修不足問題で救済措置の検討に入ったのは、文部行政のルールを重視する文部科学省に対し、自民党などが「このままでは国民の教育への信頼を損なう」と柔軟対応を求める圧力を強めたためだ。文科省には「安易な措置は学ぶ内容を定めた学習指導要領の形がい化につながりかねない」との懸念も根強くあり、難しい対応を迫られそうだ。
 救済措置については、履修不足問題の広がりとともに、与党幹部らが次々に言及。文部行政に強い影響力を持つ森喜朗元首相は27日、名古屋市内での講演で「追試や授業の必要はない。世界史の本を読んで論文でも出してもらえばよい」と、あからさまに特例措置を要求した。
 同日、初会合を開いた与党教育再生協議会でも、公明党の北側一雄幹事長が(1)生徒の負担軽減(2)原因究明(3)学習指導要領の見直し――の3点を検討課題に挙げ、「一刻も早い是正措置が必要」との認識で一致。協議会の実務を仕切る大島理森元文相は「子どもは受験を控えており至急対応すべきだ。その上で冷静になって本質を議論すればいい」と文科省に例外を認めるよう促した。
 もともと文科省は「履修不足は数十コマ」との想定で、卒業期限の来年3月末までに補習を実施すれば指導要領通りの卒業は可能とみていた。ところが27日、岩手県で350コマに及ぶ履修不足が発覚。消化は到底不可能で「卒業式を調整するとか、知恵を出してほしい」(伊吹文明文科相)との指示も吹き飛んだ。
 結局、文科省も行政上の例外を設けざるを得ないとの認識に傾いており、同省幹部は28日「履修不足は教育委員会と学校の責任。卒業にストップをかけるのは現実的ではない」と語った。卒業を認める権限は法令上、校長にあり、同省は特例で校長裁量を拡大する一方、教委や学校現場の責任を明確化する方向で検討に入っている。
 とはいえ、補習で指導要領に沿った卒業を目指す高校もある中、履修不足が大きい学校を特別扱いすれば新たな「不公平」を生みかねない。「私立学校の指導要領破りは公然の秘密」(教育関係者)との指摘もあり、指導要領見直しや教委制度など抜本改革論に発展する可能性もある。【竹島一登】

(毎日新聞) - 10月28日23時21分更新


私は、普段は文部省なんかは全く信用のならない、本当に子供の教育、日本の将来をどう考えているのか見えない、役立たずの省庁だと思っていましたけど、今回の見解だけは全く同意しております。
基本的には、絶対に救済処置はやらなくても良い、ですが、まあ仮に取ったとしても、それは「免除、軽減」ではなく、履行していない教科を、その後必ず「履行する」約束で卒業させ、約束が1年で守られない場合は、卒業取り消しなどで対応すべきだと考えいおります。



自民党などが「このままでは国民の教育への信頼を損なう」と柔軟対応を求める圧力を強めた

全く、現実が見えていないですね、ピントがズレまくっていますな。
信頼を損なう。。。ではなく、もう既に損なっているんです、現実が見えない政治家は多いですが、与党内で本当にそんな意見が飛び交っているなら、与党の認識の甘さを批判するには、民主党は大チャンスですね。

現実の信頼を損なっている段階で、場当たり的な対応をするのであれば、どこをどう調整しても、公平さなど保てません。
例えば、今回の場合は履行不足を軽減であっても例外を認めると、真面目に履行してきた生徒との間には、不公平な差が出来ます。
むしろ、全国で10万人を越えるような勢いで履行不足者が増えておりますが、結局はその他の何百万人(2百万程度?)の高校生はきちんと履行しているわけですから、その10万人を優遇する結果には変わりません。


 


森喜朗元首相は27日、名古屋市内での講演で「追試や授業の必要はない。世界史の本を読んで論文でも出してもらえばよい」と、あからさまに特例措置を要求した。

まあ、このおっさんは、小泉人気(国民支持)がどこから来ているのかも分からずに、昔から旧自民党体質を維持させようとして来た、頭が固い人でした。
今回も、追試や授業をせず、レポートだけで良い、と言う考えがまかり通れば、じゃ世界の勉強はどうして必須なのか、受験勉強をしながらまじめに世界史を勉強した人は、バカを見た事になると、どうしてそこまで考えが及ばないのか。

昔の旧体質の自民党には、脊髄反射的に、場当たりな愛想の良い意見を、な~んも考えずに喋る人も多いが、今回の森元首相などもその典型例で、国が決めた事でも、ズルしても集団だったら、救済してくれるという考えが、今でも世間には蔓延しているのに、そのお墨付きを政府が与えたら、どうやって今後の政治を行って行けばよいのか、こんな当たり前のばかばかしい事に気づかない、今回の発言を見ても、わかるようなものです。

野中と言い、森と言い、さっさと引退して表に出てこないで欲しいですな。


 

もともと文科省は「履修不足は数十コマ」との想定で、卒業期限の来年3月末までに補習を実施すれば指導要領通りの卒業は可能とみていた。ところが27日、岩手県で350コマに及ぶ履修不足が発覚。消化は到底不可能で

実際、数十時間でカタが付く学校は、何とか講習などで切り抜けられるはずだが、それはどうするのか、その程度も見逃すのか。
また、もう実際に講習など行い履行不足対応をしている学校もあると聞いているが、その学校の素早い対応は褒められ、推奨すべきじゃないのか?
政府がやろうとしている事は、真面目に勉強したもの、素直に補習など行い履行不足を補おうと努力指定している学校を、貶める結果になるだけのような気がするが。

350時間というのは、確かに無理だろうとは思うが、それこそレポートで済ませてはならない。
救済処置も、350時間もある学校には、例外(あくまでも特別)として、卒業式には「仮卒業」を認め、受験も仮卒業でOKにし、不足している授業時間は、3月から半年の間の土日で、きちんと講習をして履行させる事を必須とする、半年以内に履行しなければ、卒業取り消しを条件にするなど、救済であっても授業時間に関しては妥協してはならない。


 
言っておくが、受験が終わってからと言っている時点で、私は十分な救済処置だと思っている。
他の何百万もの高校三年生は、世界史を履行しているのに対し、その時間を受験勉強をして来たわけで、本来はそれだけでも十分に不公平なのだが、生徒に直接の罪は無いとの寛大な処置を理由にすれば、それも今回に限りやむなし、だと思っています。
最初から、免除、軽減など論外でしょう。


 

とはいえ、補習で指導要領に沿った卒業を目指す高校もある中、履修不足が大きい学校を特別扱いすれば新たな「不公平」を生みかねない。「私立学校の指導要領破りは公然の秘密」(教育関係者)との指摘もあり
この部分が全てだと思っています。

今回のケースでは、救済処置をとる事=不公平を作るという構図からは、どうやっても逃れられません。
確かに、生徒には直接責任は無いのかも知れない。
でも、学校のやった事は明らかに社会ルールに違反し、違法行為で行われたものに、参加させられた事になる。
通常なら、違法行為に参加したら、その事(違反)を知っていようがいまいが、処罰の対象になるのは、これはもうしょうがない話で、本来なら生徒に罪はなくとも、学校には責任があり、その学校に通っている生徒は、違反による行為で利益を得た場合はその利益は取り消されても文句は言えないはずなのだ。


本当は、高校生にもなればその点は説明しなくとも、社会の不条理と感じるかも知れないが、社会に出れば当然いろんな場面で関わってくる可能性はあるので、過度の救済など必要はないはずだ。
何度も言うが、救済とは不公平を作る行為なので、過度の救済は、過度の不公平感を産むだけで、益々教育への信頼を失わせてしまう事を、理解して最低限の救済をとるべきだろう。

同時に、既に履行しているもの、真面目に授業をやった物に対しても、何らかのフォローなど無ければ、表面的な救済処置だと断言せざるを得ないでしょうね。


 
先ほども書きましたが、民主党は盛り返すチャンスだと思うんだけどな。

|

« 負けたのは●●のせい | トップページ | 履修不足と、出口が見えない民主党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/12469104

この記事へのトラックバック一覧です: 安易な救済は新たな不公平を産むだけ:

« 負けたのは●●のせい | トップページ | 履修不足と、出口が見えない民主党 »