« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

10 29, 2006

安易な救済は新たな不公平を産むだけ

ここ数日新聞など賑わせている、高校の履修不足問題ですが、驚くことに安倍首相の口から救済処置の検討に入ったと言う話まで飛びだし、混乱している様子がうかがえる。

<履修不足>政府の救済措置検討、難しい対応迫られる

政府が28日、高校の履修不足問題で救済措置の検討に入ったのは、文部行政のルールを重視する文部科学省に対し、自民党などが「このままでは国民の教育への信頼を損なう」と柔軟対応を求める圧力を強めたためだ。文科省には「安易な措置は学ぶ内容を定めた学習指導要領の形がい化につながりかねない」との懸念も根強くあり、難しい対応を迫られそうだ。
 救済措置については、履修不足問題の広がりとともに、与党幹部らが次々に言及。文部行政に強い影響力を持つ森喜朗元首相は27日、名古屋市内での講演で「追試や授業の必要はない。世界史の本を読んで論文でも出してもらえばよい」と、あからさまに特例措置を要求した。
 同日、初会合を開いた与党教育再生協議会でも、公明党の北側一雄幹事長が(1)生徒の負担軽減(2)原因究明(3)学習指導要領の見直し――の3点を検討課題に挙げ、「一刻も早い是正措置が必要」との認識で一致。協議会の実務を仕切る大島理森元文相は「子どもは受験を控えており至急対応すべきだ。その上で冷静になって本質を議論すればいい」と文科省に例外を認めるよう促した。
 もともと文科省は「履修不足は数十コマ」との想定で、卒業期限の来年3月末までに補習を実施すれば指導要領通りの卒業は可能とみていた。ところが27日、岩手県で350コマに及ぶ履修不足が発覚。消化は到底不可能で「卒業式を調整するとか、知恵を出してほしい」(伊吹文明文科相)との指示も吹き飛んだ。
 結局、文科省も行政上の例外を設けざるを得ないとの認識に傾いており、同省幹部は28日「履修不足は教育委員会と学校の責任。卒業にストップをかけるのは現実的ではない」と語った。卒業を認める権限は法令上、校長にあり、同省は特例で校長裁量を拡大する一方、教委や学校現場の責任を明確化する方向で検討に入っている。
 とはいえ、補習で指導要領に沿った卒業を目指す高校もある中、履修不足が大きい学校を特別扱いすれば新たな「不公平」を生みかねない。「私立学校の指導要領破りは公然の秘密」(教育関係者)との指摘もあり、指導要領見直しや教委制度など抜本改革論に発展する可能性もある。【竹島一登】

(毎日新聞) - 10月28日23時21分更新


私は、普段は文部省なんかは全く信用のならない、本当に子供の教育、日本の将来をどう考えているのか見えない、役立たずの省庁だと思っていましたけど、今回の見解だけは全く同意しております。
基本的には、絶対に救済処置はやらなくても良い、ですが、まあ仮に取ったとしても、それは「免除、軽減」ではなく、履行していない教科を、その後必ず「履行する」約束で卒業させ、約束が1年で守られない場合は、卒業取り消しなどで対応すべきだと考えいおります。



自民党などが「このままでは国民の教育への信頼を損なう」と柔軟対応を求める圧力を強めた

全く、現実が見えていないですね、ピントがズレまくっていますな。
信頼を損なう。。。ではなく、もう既に損なっているんです、現実が見えない政治家は多いですが、与党内で本当にそんな意見が飛び交っているなら、与党の認識の甘さを批判するには、民主党は大チャンスですね。

現実の信頼を損なっている段階で、場当たり的な対応をするのであれば、どこをどう調整しても、公平さなど保てません。
例えば、今回の場合は履行不足を軽減であっても例外を認めると、真面目に履行してきた生徒との間には、不公平な差が出来ます。
むしろ、全国で10万人を越えるような勢いで履行不足者が増えておりますが、結局はその他の何百万人(2百万程度?)の高校生はきちんと履行しているわけですから、その10万人を優遇する結果には変わりません。


 


森喜朗元首相は27日、名古屋市内での講演で「追試や授業の必要はない。世界史の本を読んで論文でも出してもらえばよい」と、あからさまに特例措置を要求した。

まあ、このおっさんは、小泉人気(国民支持)がどこから来ているのかも分からずに、昔から旧自民党体質を維持させようとして来た、頭が固い人でした。
今回も、追試や授業をせず、レポートだけで良い、と言う考えがまかり通れば、じゃ世界の勉強はどうして必須なのか、受験勉強をしながらまじめに世界史を勉強した人は、バカを見た事になると、どうしてそこまで考えが及ばないのか。

昔の旧体質の自民党には、脊髄反射的に、場当たりな愛想の良い意見を、な~んも考えずに喋る人も多いが、今回の森元首相などもその典型例で、国が決めた事でも、ズルしても集団だったら、救済してくれるという考えが、今でも世間には蔓延しているのに、そのお墨付きを政府が与えたら、どうやって今後の政治を行って行けばよいのか、こんな当たり前のばかばかしい事に気づかない、今回の発言を見ても、わかるようなものです。

野中と言い、森と言い、さっさと引退して表に出てこないで欲しいですな。


 

もともと文科省は「履修不足は数十コマ」との想定で、卒業期限の来年3月末までに補習を実施すれば指導要領通りの卒業は可能とみていた。ところが27日、岩手県で350コマに及ぶ履修不足が発覚。消化は到底不可能で

実際、数十時間でカタが付く学校は、何とか講習などで切り抜けられるはずだが、それはどうするのか、その程度も見逃すのか。
また、もう実際に講習など行い履行不足対応をしている学校もあると聞いているが、その学校の素早い対応は褒められ、推奨すべきじゃないのか?
政府がやろうとしている事は、真面目に勉強したもの、素直に補習など行い履行不足を補おうと努力指定している学校を、貶める結果になるだけのような気がするが。

350時間というのは、確かに無理だろうとは思うが、それこそレポートで済ませてはならない。
救済処置も、350時間もある学校には、例外(あくまでも特別)として、卒業式には「仮卒業」を認め、受験も仮卒業でOKにし、不足している授業時間は、3月から半年の間の土日で、きちんと講習をして履行させる事を必須とする、半年以内に履行しなければ、卒業取り消しを条件にするなど、救済であっても授業時間に関しては妥協してはならない。


 
言っておくが、受験が終わってからと言っている時点で、私は十分な救済処置だと思っている。
他の何百万もの高校三年生は、世界史を履行しているのに対し、その時間を受験勉強をして来たわけで、本来はそれだけでも十分に不公平なのだが、生徒に直接の罪は無いとの寛大な処置を理由にすれば、それも今回に限りやむなし、だと思っています。
最初から、免除、軽減など論外でしょう。


 

とはいえ、補習で指導要領に沿った卒業を目指す高校もある中、履修不足が大きい学校を特別扱いすれば新たな「不公平」を生みかねない。「私立学校の指導要領破りは公然の秘密」(教育関係者)との指摘もあり
この部分が全てだと思っています。

今回のケースでは、救済処置をとる事=不公平を作るという構図からは、どうやっても逃れられません。
確かに、生徒には直接責任は無いのかも知れない。
でも、学校のやった事は明らかに社会ルールに違反し、違法行為で行われたものに、参加させられた事になる。
通常なら、違法行為に参加したら、その事(違反)を知っていようがいまいが、処罰の対象になるのは、これはもうしょうがない話で、本来なら生徒に罪はなくとも、学校には責任があり、その学校に通っている生徒は、違反による行為で利益を得た場合はその利益は取り消されても文句は言えないはずなのだ。


本当は、高校生にもなればその点は説明しなくとも、社会の不条理と感じるかも知れないが、社会に出れば当然いろんな場面で関わってくる可能性はあるので、過度の救済など必要はないはずだ。
何度も言うが、救済とは不公平を作る行為なので、過度の救済は、過度の不公平感を産むだけで、益々教育への信頼を失わせてしまう事を、理解して最低限の救済をとるべきだろう。

同時に、既に履行しているもの、真面目に授業をやった物に対しても、何らかのフォローなど無ければ、表面的な救済処置だと断言せざるを得ないでしょうね。


 
先ほども書きましたが、民主党は盛り返すチャンスだと思うんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10 24, 2006

負けたのは●●のせい


10月22日に行われた、衆院統一補選(神奈川16区、大阪9区)は自民党が2連勝し、民主党は敗れた。
この件に関して、いろんな分析は確かに出来るだろう。

ただ、私から見れば、今回の補欠選挙は自民党が勝った! と言うよりも、民主党が勝手に転けた! と言う印象がある。
不倫とか、小沢の入院とかいろいろ言われてはいるが、私の場合はそんな事よりも、反対の為に反対する野党に成り下がった民主党に、何の魅力も感じなくなった時点で、自民党を追いかける政権交代を目指す事に無理があると思っている。


そもそも、4月の千葉県で行われた補欠選挙で、小泉元首相の自民党に、小沢の民主党が勝ったが、その勝因を冷静に分析したかどうか、それが今回の選挙の結果となったと思っている。
世間やマスコミ、民主党内でも、小泉の長期政権に対し、小沢の民主党に国民の期待が集まった、小沢なら民主党は選挙に強い、などのくだらない意見があったが、まさか本気で民主党が自民党に勝った、と判断したのではあるまい。


素人の私から見ても、4月の千葉補選では、民主党が勝ったのではなく、長期政権から来る反動+小沢への期待感(要はサービスポイント)がほとんどで、民主党の政策や理念に賛同した人が多かったわけじゃない、その程度の事は見えていた。

そうなれば、重要なのは、小沢への期待感を国民が持っているうちに、それを確固たる支持に繋げるような政策、理念、行動が大事だったと思うのだが、この半年間、小沢民主党がやった事と言えば、昔の社会党のように、反対のための反対、与党(自民党)との差別化を強調するあまり、政策や理念ではなく、脊髄反射的な対決姿勢を貫いて来ただけで、小泉や安倍がいくら失点しても、それ以上に火だるまで失点を重ねていく民主党に、何の魅力が感じられようか。


 
北朝鮮の核実験も、自民党には追い風になったとか民主党は分析している。
では、なぜ追い風になったのか。
それは外交面において、小泉-安倍ラインにおけるブレない姿勢が国民に強い支持を受けているからであり、毅然とした態度で臨むその姿勢に賛する国民が多いと言うことが分かる。

ところが、民主党はどうだろうか。
旧社会党が党内にいる事もあるのか、毅然とした外交にはほど遠く、ここでも自民党に対抗するような姿勢しか出せなかった。
前原前党首が、ごく当たり前の事を言ったと思ったら、民主党内にいると言うだけで、彼がものすごく立派な人間に見えた、と言うのもマイナス要素だったはず。
つまり、自民党がライバルだろうが、外に向かって国益や国民を守るためには、与党にも賛成するし、与党だからこそ二の足を踏むような事も、野党なら言えたはずで、それを当たり前のように言えた前原が本当は当たり前なのだが、こんな事態でも反与党の姿勢だけは守った小沢との差がくっきり出てしまった。


核実験をして、国連で臨検の話が出ているのに、民主党は共産、社民と同じく「周辺事態と呼べない」などとして反対している。
まあ、山崎とかも同じだが、インドやパキスタンでも持っているが有事とは呼ばないなどと、日本に敵意を持つ国が、周辺国の制止を無視して勝手にミサイル実験を行い、今度は核実験までしている現状と、その後の危険性と可能性と、インドとパキスタンが同じ土俵に上ると思っているらしい点で、平和ボケ・・・と言うのもおこがましい、想像力も危機感も全く何も感じない役立たずの政治家と民主党は同じになってしまった。

言って置くが、前党首の前原の言っていることが、当たり前のことで、決して右よりな発言でも、特別な内容でもない。
ただ、彼の発言がとても傑出して思えてしまうことが、現在の民主党の凋落ぶりを表している。


 
さて、今回の補選での敗退を受けて、民主党の敗因を書いた記事をチェックしたが・・・

まあ、民主党や菅、鳩山、小沢がどの程度分析しているのか知らないが、例の「民主党中堅議員の話」とか「民主党関係者はこう漏らす」などに出てくる、お決まりの(存在すら怪しいもの)人達は、『北朝鮮の核実験で民主党への興味が離れた』『細野議員の不倫問題で顰蹙を買った』『小沢代表が入院をしてマイナスイメージになった』『前原が党執行部批判を行い、お家騒動が勃発したと見られた』などなど、一杯あります。


で、気づいた人も多いでしょうが、上の敗因の分析での言葉、全て「●●のせい」と人のせいにしているんですな。
まあ、選挙なんですから、その一面もあるかも知れませんが、自分の反省ではなく、自分以外に責任を求める辺り、私はしらけちゃいますな。
前原批判など、もっての他で、確かに執行部批判は気に入らないだろうが、それだけに執行部の北朝鮮に対する考えが、ズレていると自戒しなければ、次に活かせないだろう。


 
こんな時でも、小沢は、今度中国に行って、靖国参拝を取り上げるとか。
中国も、何とか日本と外交を復活させ、そのために「灰色」で妥協しているのに、自分達にとって自民党が中国と仲直りするのはフリだからと、火種をわざわざ落としに行く、それが小沢流の政治ゲームなんだろうね。

昔は小沢が好きだったんですが、今ではそれも不思議なぐらい、自分でも信じられません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10 10, 2006

北の挑戦と状況判断


2週間ぶりでしょうか、なかなか記事を更新しなくてすみません。

北朝鮮が、7月のミサイル(テポドン)に続き、ついに核実験を行ったようですね。
もちろん、核実験を行ったと言う事実はまだ不明ですが、北朝鮮本人が「やった」と言っている以上、ある程度の覚悟と対応は、国際社会の一員である以上は必要な事は、言うまでもないでしょう。


 
今更、私がここで熱く北朝鮮の対応を書く気はないが、制裁と国連安保の国連憲章7条を包括した決議案への移行は、強く望みたいですね。
もっとも、小泉さんから流れている最近の外交姿勢には、私は日本もやっとまともな外交感覚になって来た、と賛成している立場なので、このまま任せて様子を見ても、悪いようにはならないだろうと安心していますが。

これが、今の民主党とか昔の村山-河野に外交を任せていたら・・・何をしでかすか、不安でしょうがないですけどね。
さすがに、今回だけは、民主党も言葉や表明だけは、どなたも北朝鮮を非難しておりますな。
しかしながら、非難するだけなら、中国や韓国もやっていることだし、民主党の北朝鮮への非難とは、あくまでもその程度のレベルだと思っていますけど。(笑)


 
ところで、北のミサイルと核実験のニュースを聞いても、なお頭のネジがどこか抜けている、平和ボケ状態から抜け出せないでいる団体があるようですが・・・

市民団体ら座り込み PAC3陸揚げできず

 弾道ミサイルを迎撃するアメリカ軍の最新型パトリオットミサイル「PAC3」の嘉手納基地への配備に向け、ミサイル24発を載せた輸送船が9日朝、沖縄県に到着した。

 しかし、反対する市民団体ら約150人が座り込むなどしていて陸揚げできない状態が続いている。


[9日16時9分更新]
社会ニュース(NNN)一覧

まあ、この抗議活動そのものは、前日の夜から行われていたそうなので、「北朝鮮の核実験を知った上で」の行為でない事は分かるが、それにしても、核実験の話は、9日の座り込みの途中で、ニュースで流れたと思うが、それを聞いてどう思ったのだろうか?
まあ、私から見れば、北朝鮮が実際に核実験を行う以前に、そのような危険性を常に考慮すれば、迎撃ミサイルの配備など当然だと思うが、抗議する集団に取っては、北が核実験を行うよりも、迎撃ミサイル配備の方が問題らしい。
この抗議する団体は、一体何処の国の団体なのか、まさかスパイ活動しているのではないか、と疑いたくなる。


そもそも、今回の配備は「攻撃のための兵器」ではなく、「迎撃のための兵器」である。
基地強化と騒ぐ前に、今回のニュースを聞いて、米軍基地ではなく朝鮮総連などに抗議に行くのが、本当の平和を求める活動だと思うのだが、この手の問題は、国や自衛隊、米軍には向かう物の、朝鮮総連などに向かったなどの話は全く聞かない。

まあ、この市民団体とやらは沖縄平和運動センターらしいのですが、議長は社民党みたいです。(笑)
一応、党代表の福島瑞穂は、今回の実権での北朝鮮への非難をしておりましたが、非難すればミサイルは飛んでこないと思っているのでしょうかね。(笑)


 
まあ、パトリオット配備に反対する理由については「基地機能の強化」や「新たな負担増」を挙げる自治体が圧倒的多数を占めたほか「沖縄が軍事的な標的にされる」との恐れや「基地が永続使用される」「県民感情が許さない」「地元との合意が図られていない」などだそうです。

まあ、沖縄だけに軍事を押しつけるな、って事は主張する趣旨は理解出来ますが、北朝鮮は国連が警告しても、ミサイルの実験は行い、核実験まで行いましたが、その狂気の国から身を守るには、実際にどうしたら良いとか、きちんとした対案をその市民団体とやらは持っていらっしゃるんでしょうか?

ケンカ腰のお隣さんが、ピストルを買ったようだ、試し撃ちをしたようだと言う状況で、自分の家に例えば防弾服を購入しようとしているのに、軍事強化に繋がるから購入反対と叫んでいるようなもので、ならば、防弾服を着用せずに、相手がズドンと撃って来たら、どうやって身を守れば良いのか、きちんと説明して欲しいものですな。

以前、社会党の福島党首が、ミサイルから身をも守ろうと軍事力を強化するから、相手も意地になって軍事力を強化する悪連鎖になっている。
本当の防衛とは、話し合いによってミサイルを撃たせないように説得するのが、本当の外交で、軍事力を増加させるのは間違った方向性だと、朝生で言っていたそうですが、ミサイルを撃たないように努力するのは「外交」であって、なおかつ、国民の生命や財産を守るために努力するのが「防衛」なんですが、この両者の違いが分かっていないようでした。


北朝鮮が六カ国協議に戻らず、ミサイル実験を行ったのは、日中、日韓関係がギクシャクさせた日本のせい、と言ったのも社民党の何阿部知子だったでしょうか、なんでも日本のせいにするのが社民党ですから。


 
政治思想を自由に持つこともいいし、抗議活動も違法でないものは自由だろう。
しかし、今、日本人(本当は韓国も)の生命が危険に晒されている、北朝鮮という独裁国家で国際的に孤立している国家が、日本にも届く兵器を開発し、しかも核実験まで行った・・・
この重大なニュースに際してもなお、自分達の主義主張を貫く事の方が大事だと思っているような団体に、誰が賛同するのだろうか。
いや、状況判断すら出来ない平和ボケを早く脱却してください、そう願うばかりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »