« 駐車場付きの飲食店を規制すべきか? | トップページ | 募金活動と批判 »

9 24, 2006

学校では思想信条を持ち出せば自由だぁ!

う~む、地裁レベルではとんでもない判決が間々見られるが、今回の判決ももはやお笑いレベルのものだった。



卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。(毎日新聞)

要するに、思想信条の自由を持ち出せば、学校の言うことだろうが、教師の教えだろうが、従う必要がないと藤波裁判長は判断したわけですが、これで学校教育をどうやって行っていくのでしょうね。

まあ私も、国旗・国家に関しては過去にもやって来た。

http://papa.air-nifty.com/neboke/2004/03/post.html
国歌斉唱の拒否(2004/03/10)

http://papa.air-nifty.com/neboke/2005/03/post_2.html
君が代問題での権利と義務、自由と責任(2005/03/11)

http://papa.air-nifty.com/neboke/2005/04/post.html
朝日新聞はやはり面白い(2005/04/03)

(まだまだあります、探してください)


何度も同じような事を書いてきたが、訴える教師側もどうかしていると思っていたが、今度は地裁とは言え、裁判長が学校教育の否定をするとは、どう理解したら良いのだろうか。

判決文の中に、日の丸や君が代が国民の間で中立的な価値が認められたとは言えないなどと言ったそうだが、純粋に国歌、国旗論として扱わず、国旗は日の丸、国歌は君が代と置き換え、日の丸・君が代論として扱う時点で、すでに政治的に物事を扱っているからこそ、中立性がなくなっているのが気づかない時点で、裁判官としては失格だと思うのは私だけだろうか?

もっとも、判決では却下しておきながら、傍論部分で違憲を出して靖国問題を扱ったりする裁判官もいますし、無断でマンションに入り込み、ビラを配っていても「政治目的のビラ配りなら無断侵入でもOK」とか、住民のプライバシーなど全く考えない判決が出たりと、裁判官と世間の常識のズレが、裁判員制度の話として出て来ているのでしょうから、裁判官の信頼度も地に落ちたってなところでしょうか。


 
さて、この国旗国歌に関する話題だが、こんな判決を支持するヤツって、教職員関係者以外でどれだけいるのでしょうね。
皆無とは言わないが、教員が学校行事における国旗掲揚、国歌斉唱の教育を拒否して、思想信条の自由だと叫ぶ滑稽さを、まじめに賛成する奴は、教職員関係者以外にどれだけいるのか、非常に興味があるところです。


 
今回はバトルトーク(TBSラジオ 22:00~23:30アクセス)で扱われるアンケートを紹介したいと思います。
https://tbs954.jp/CGI/ac/btt/btt_talk.cgi

2006年09月22日(金)のバトルテーマ
「国歌斉唱や国旗に向かっての起立を
 教員に強制するのは違憲」
あなたは、今回の東京地裁の判決を支持しますか?


支持する  234
支持しない 424
-     68

 
先ほども言いましたが、この支持するとした人で、教職員関係者以外はどれだけいるのでしょうねぇ。
その数字次第では、如何に教職員の感覚、常識が世俗とかけ離れているのか分かるんですけど。

まあ極端な話、官僚の中では「天下り」が何故悪いのか分からない、と真剣に答えた人もいるらしいので、その閉じた世界で暮らしてきた人達にとっては、外の世界が思う常識が通用せず、その世界の中の常識で判断するので、何が悪いのか分からない、と言った奇妙な現象が、時として発生する場合もありますからねぇ。


とりあえず、賛成する人の意見を何点か紹介します。


 ・何で強制せないかんの?? 強制せんと誰も規律せーへんの? 
  敬意を強制するのは愚考で、それでも「形」は整えたいと思うのは不遜とちゃう?

 ・「強制するのは違憲」その通りです。
   国旗、国歌それ自体の質が良いか悪いかでは無く、それを強制する国家権力に対して、忌まわしい過去のトラウマス蘇ってしまう、そういう人達の苦痛も理解しなければならないでしょう。


こういった意見が多いです、国旗国歌に関してはいろんな考えはあっても、「強制」が良くない、と言った意見も含めて、「強制」に目が向いている人です。

その人達は、強制の中身をはき違えているとしか思えないんですな。
そもそも、学校現場における指導、教育には、ある程度の「強制」が付き物で、生徒や教師が勝手に好きに何でも出来るわけではありません。
オレは宿題を出さない主義だとか、私は近代史しか教えたくない、それ以外の歴史を教えないのが思想信条だ、と言って通用するわけがなく、ある程度の強制は当たり前なのだ。

しかし、ここでは誰も、教員などの個人の思想を変える事を強制はしていません。
日の丸や君が代に対してどう思うか、それは個人の自由であり、思想そのものを変える事は強要されていない。
だから、「強制する」事に目を奪われてしまい、自由とは何か、と言ったところまで本当に考えているのか、疑問がある。


あと、国旗・国歌を制定するときに、強制しないとした言った事に反する、と言った意見も多かった。
通常の式典や行事で強制的に起立して、歌えと国民に「強制」していたら大問題だが、今回の場合、あくまでも教育現場で指導する場合の話であり、指導する立場の教職員に対し、その指導を怠った教員に対する制裁なのですから、全く意味が違う事を理解しなければならないでしょうね。


 

 ・国歌斉唱を強制することは思想の自由を無視している。学校の中だけで国歌斉唱が強制され、従わない教員は処罰されていく現状は異常だ。
   プロ野球の開幕の時などにも「国歌斉唱」ということがイベント化していますが、この時、もし起立して国歌を歌わなかったからといって何も問題にはなりませんよね。問題にする方がおかしいのです。歌うか歌わないかは本人の自由ですから。行動を強制させない自由は憲法でも保障されています。それを教育の場に持ち込んだ途端に「国歌斉唱に従わないのは許せない」となってしまう。教育の場が狂っているとしか思えません。
  「日本人なのだから国歌斉唱は当然だ」と考える人もいるけど、それは屁理屈ですね。
  「国歌斉唱をしたくないなら教職員になるな」と反論されたことがあります。その仕事に就いたが故に自分の意に反してある行為を強制されることがあってはならない。完全に人権無視・憲法違反です。今回の東京地裁の判決は、賢い裁判官が「法の番人」として下した素晴らしい判決であり、不可解な点は1つもありません。

これも相当な電波を発しているが、要するに、教育の現場で行事や式典などで国旗掲揚、国歌斉唱をする時には、その国旗に対する敬意を持つことを教え、国歌を歌うことで国を称える事を「教える」現場と、スポーツなどの社会での出来事がゴッチャになっている。
敬意や称えるのは、確かにこの場合は「日本国」だが、ひいては他国に行った場合は、その国に対する儀礼にも通じる、だから教育現場なのだ。

スポーツの場で、国歌斉唱で起立していなくても確かに問題にならないが、例えば、他国に行って、その国の国旗か掲揚され国歌が演奏されている最中に、座ったままでいる事は、その国に対しての礼儀を、どれほど欠いた行為であるか。
だからこそ、教育現場で教えておく事なのだ、スポーツでは問題ないのに、学校では問題になるのがおかしい、などと稚拙な屁理屈を本気で言う生徒を作らないためにも。


また、「その仕事に就いたが故に自分の意に反してある行為を強制されることがあってはならない」と書いてあるが、まさに温室育ちの世間知らずの意見そのもの。
世間一般では、社則がどんなに自分の意に反していようとも、強制されることは多々ある。
だからこそ、あまりにも自分の意に反する行為を強制される場合には、その仕事を辞めると言う選択肢があるのだ。
今回の判決は、そんな閉塞された社会に生きてきた教職員に取っては、「不可解な点は1つもない」のかも知れませんが、世間一般の常識から見れば、ものすごい不可解だらけの判決なのですが、恐らく彼には分からないのでしょう。


 

 ・正しくは、「国旗や国歌を強制しないと愛せない国にした政府が違憲」だが。
   愛とは、強制されて身につくものではない。愛国心は確かに必要だが、それは愛すべき国となる事によって醸成されるものであり、そこに於いてこそ、シンボルとしての国旗や国歌は敬愛されるのである。逆はまた真ならず、だ。

 ・当たり前の判決だ。強制することで愛国心は生まれない。
   ある将棋士が教育長に就任したので、園遊会に出席したさい、君が代の斉唱を強制しようとの旨の発言をしたら、今上天皇は「強制はいけない。」と言ってました。肝に銘じましょう。


あと多かったのが、天皇陛下も強制するなと言っているのに、と言う意見。
こんな時だけは天皇陛下の言葉は絶対なのかね。(笑)
そもそも、あの時の発言に関しては専門家でも解釈が分かれている。「望ましい」とは、強制しない方が良いに決まっているけど・・・、と言う意味にも取れるし、当時の小渕発言に追従しただけ、と言う解釈もあり、これは何もこの判決を支持する人だけに見られるわけではないが、都合の良い発言だけを切り出して、都合の良い解釈を持ち出して評するのは、おかしい。


あと、今回の判決に「愛国教育」に結びつけている人が多かった。
愛国心という抽象的な表現には、それこそいろんな意見があろうが、まずは、国旗と国歌に対してどう教育するのかと言う問題。
行事というイベントに、国旗に敬意を表し、国歌を斉唱し称えると言う事を教える事を放棄してどうなるのか。

確かに、愛国心は教育などで教え込まれて、それでどーなるとも私は思えないが、ただ、国旗や国歌に対して純粋に正面を向いて、どういう意味を持つものなのか教える、考えさせる教育は決してムダだとは思えない点で、あるべきだと思っています。

だから、愛国心という単語にアレルギー反応を出すのではなく、むしろそう言った偏見など持たずに、国旗国歌と向き合えるためにもどうなんだろうか、と言う観点が欲しい。


 
ともかく、何個か支持する意見を紹介したが、どう読んでも支持している人の8割ぐらいは、学校関係者と思われる人からの意見に思える。

現場は教師が一番良く知るとは言うものの、その教師が今は一番信頼を失っている事に気づかないのだろう。
過去にも、このブログにも教員と思われる方からコメントを頂いたが、恐ろしいほどまで概念が固定されており、世間の常識と乖離が激しく、自分が正しいと思うことは、何をやっても良いと言う思想の持ち主で、世間の方が狂っていると言わんばかりだったが、この手の教員が自分の権利だけを主張しても、全く信用できないのは言うまでもない。


今回の判決も、高裁で逆転されることを信じています。
と言うか、裁判所の高裁レベルに、その程度の常識を期待しても大丈夫だよね?


|

« 駐車場付きの飲食店を規制すべきか? | トップページ | 募金活動と批判 »

コメント

>>バトルトーク

あの投票はウヨクが2chで投票を呼びかけるコピペ貼っていたのでまともに受け取らない方が良いですよ

というか堂々と貼ってる人始めてみますたw
批判している人は裁判で何が争点であったか
判ってない人多いですね

投稿: 2chからきました | 9 28, 2006 16:17

挨拶もせずに、茶化すだけか、ここはブログで2chじゃねぇ、その違いも分からんとは、さぞ立派な大人なんだな。


偉そうに言うなら、何が争点だったか言ってみ?

バトルトークは、賛否両論の意見を掲載してあって、双方の意見が読めるまともな場所だから紹介しただけ。(まあ賛成派の意見は笑えるのが多かったけど)

単に賛否の数のアンケートなら、もっと違う場所を紹介するし、そんなの意味がないからね。

まあ、他人の意見を、頭から「ウヨク」とレッテルを貼って拒否するヤツに、この裁判を批判する資格があるとは思えんが。

投稿: akinopapa | 9 29, 2006 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/12015391

この記事へのトラックバック一覧です: 学校では思想信条を持ち出せば自由だぁ!:

« 駐車場付きの飲食店を規制すべきか? | トップページ | 募金活動と批判 »