« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

8 30, 2006

親不孝3


改めて書きますと、親不孝というタイトルは、わたしの母親が持っている考えに対し、私が反論というか、つい言い返してしまった事に対する言葉です。

親を大切にするなら、適当に相づちを打っておけば良かったのか・・・と反省もしたり。


ともかく、ボチボチ続きを書きます。


(6)原爆を落とされて、日本国民は助かった

原爆を落とされて喜んだ、と言うわけではないでしょうが、「原爆をアメリカが落としてくれたから国民は生き残った、助かった」という発言には、少なからず驚きました。
つまり、母の目で見れば、日本は戦争に負けていたのに降伏をしなかった。
沖縄でも軍の命令で集団自決をさせられて、それでも降伏をしなかった。
東京を始め、日本中に空襲があって大勢の人が亡くなっているのに、降伏しなかった。
アメリカが原爆を落としてくれたから、日本はやっと戦争を諦めて降伏してくれた、原爆が落とされていなかったら、私も殺されていたはずで、助かった。
このような論理展開でした。

まあ、終戦時に生きていた人間の実感なのか、と言う考えないわけでもありませんが・・・


ただ・・・母は、昭和9年生まれですので、終戦時は11歳の小学生。
しかも、疎開先ではなく、生まれも育ちも岡山県の小豆島が見える、瀬戸内海に面した田舎に住んでおりました。
戦争がイヤだったのも、親戚が出兵して中には亡くなった方もいて、悲しい思いをしたり、苦しい時代を経験したのも事実でしょう。
しかし、空襲を経験したこともなく、まだ小学生で、本当の終戦、降伏の意味を知っていたのでしょうか・・・


そもそも、原爆を落とされて云々は、広島や長崎の人を思うと、とても言えないものだが、母は本当に「助かった」と思ったのだろうか。
母の論で行けば、大空襲をしてくれてありがとう、空襲によって多くの国民が死んだから、日本も降伏を選べました・・・とか、おじいちゃん達兵隊を多く殺してくれてありがとう、大勢の兵隊さんが戦死してくれたおかげで、国は降伏をしましたし、私は生き残れました、と言う考えも否定できないのではないか?

どう考えても、感謝するとすれば、その対象者が違います、ズレています。
原爆や空爆で亡くなった大勢の方の冥福を祈り、あなた方が犠牲になったおかげで、今の日本は再生されましたとか、国を守って死んでくれたおじいちゃん達、国の犠牲になって亡くなった人達の上に、今の自分がいると考えると、感謝すべき相手は、原爆を落としてくれた、空襲をしてくれた「アメリカ」ではない事は、誰でも気づくはずです。

ところが、亡くなった方への感謝の言葉が出てこない、これも靖国参拝を軽視する姿勢の1つのような気がしますね。
いろんな問題はあるにしろ、たった14人のA級戦犯に拘るあまり、残り200万人からの日本の祖先への感謝の気持ち、慰霊の気持ちが疎かになっていないでしょうか。


 
私は、どうも戦後、母の中でいろんな思い出が増幅され、あること無いことが、また時には悲惨な映像を見て、それが自分も経験したと事と勘違いしゴッチャになり、妄想と言うと失礼だけど、母の中である種の思い込みが増えて、そのような意見になったのではないか、と言う気がしています。

特に、アメリカは京都を空爆しなかった事を見ても、非常に親切だった、と言うような話もしており、ちょっとピントがズレているとしか言いようのない主張だったのを覚えています。


だから母親に、原爆は単なる戦後の主導権を睨んだ卑劣な人体実験であり、ロシアが参戦して来るまでに戦争を終わらせたかった、アメリカの政治的な理由であり、決してアメリカは母が思っている国じゃないよ、と諭したんですが・・・


この辺に、母親の不思議な感性があります。
中国や韓国を賛同し、日本に対して卑屈な意見を持っているかと思えば(そう言った人達は、比較的反米でもあるのですが)、原爆ありがとう、京都を空襲しなくてありがとう、日本は真珠湾で酷いことをした、まるで親米信者のような考えも持ち合わせております。
おっともう1時半を回りました。
今日もこの辺で寝ます。

続きはまた明日以降に書きます、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8 29, 2006

親不孝2

昨夜の続きをボチボチ書いてみます。

もっともその前に、1つ断って置きますが、私は何も東條英機を好きなわけでも、支持をしているわけでもありません。
東條は確かに責任を負う者の一人ですが、ただ母親のように、東條が悪いのか、A級戦犯が全員が悪いのか、もっとはきりしてくれぇ、とは思いますけどね。

A級戦犯は何名なのか・・・ここに来て読んで下さっている人の多くは、その程度のことはご存じなのでしょうが、実に一般の多くの方がこれに答えられません。
まあ、私も数年前まで人数までは覚えておりませんでしたけどね。

ではもっと言えば、A級戦犯が合祀されているから悪い! と叫ぶ人の中で、何名の方が28名全員の名前を言えるのでしょうか?
「東條が悪い、彼が合祀されているから参拝に反対なんだ!」と言うのは自由なんだけど、靖国反対を叫んでいる人の中には、東條達だけが悪いんだが、A級戦犯全員を糾弾しているのか、よく分からない人もいますからね。


あと、個人的には歴史とは流れであり、人は歴史のうねりの中ではその歯車の一つにしかならないと思っているので、点で歴史を評価はしたくないってのがあります。


 
では少しだけ続きを行きます。


(5)日本は、靖国問題、戦後補償、謝罪に関して世界中から笑われている

まあ私も正直な話し、海外にそれほど出たことはないので、実際はどうかは分からない。
しかし、インドにたった1度だけ海外旅行に出かけた母は、自信をもって「いや、インドもみんなそうよ」と言う。
ヒンドゥー語はもちろん、英語も分からない母親が、インドに行って何を聞いてきたのか分からないけど(笑)、根拠のない自信に、何かに影響を受けた(非常に分かりやすい(笑))のでしょうな、「世界中」という言葉をやたら使っていました。


まあ日本でもいろんな意見があるのですから、普通は靖国参拝でも、戦後補償でも人によって違う意見を持つことは当然ですが、国が公式に批判するのは、言うまでもなくアジア3カ国だけで、他の国でそんな反対に笑われるような事を言う国なんてないよ、と言っても、近隣の国とうまくお付き合いできない国が、何を言っているのか、と言う感じでしたね。


少なくても、過去に植民地にしていた国に対して謝罪した国は無いんですけど、日本だけが本心からかどうかは別として、国として謝罪をしているんですけど、きっと母親は知らないのかも知れないですね。
ともかく「日本は戦争したのに、謝罪していない悪い国」という、どこかのお決まり文句を信じて疑うことを知らないようですから。
それが十数年前の、多くの日本人の姿をそこにあるんでしょうね。


もう1時になりますので、今日もここまでにします。
また明日、書けたら続きを書きます。


| | コメント (0) | トラックバック (4)

8 28, 2006

親不孝

非常にご無沙汰しています。
仕事のサイクルが忙しくなった事と、最近はどうも書くのが疲れる、記事を書く事への意欲、情熱が以前ほど無いなど、個人的な理由ですね。
そろそろ、出来るだけ、復活していきたいと思いますだ。

今年の夏は、帰省したときに、小泉首相が靖国参拝をした事をきっかけに、母と靖国問題で話をしました。
母は昭和9年生まれで、小学生の頃に終戦を迎えたはずです。
母の主張をまとめてみると・・・

(1)靖国問題はA級戦犯がいるので反対である
(2)東条や陸軍が日本をヒドイ戦争を行った張本人であり、処罰されて当然
(3)日本が先の戦争の総括をしていない
(4)日本はドイツ見習うべきだ
(5)日本は、靖国問題、戦後補償、謝罪に関して世界中から笑われている
(6)原爆を落とされて、日本国民は助かった
(7)アメリカと戦争したのは、一部の軍人のせいである

こんな感じでしょうか・・・・
見事に、洗脳されているというか、非常に絵に描いたような左翼思想と言うべきか。
息子としては、母親の考えを素直に受け容れ、賛同すべきなのでしょうが、私は納得できずに、いろいろ母親に対して質問したり、反論したりしてしまいました・・・親不孝者ですね・・・



(1)靖国問題はA級戦犯がいるので反対である

母は、A級戦犯=戦争を起こした張本人であり、そんな人を祀るその考えがおかしいと考える立場です。
そして、その人がいる靖国に参拝するのは(小泉さんは)「ほんまアホや」となるようです。

まあ、確かにA級戦犯で裁かれた人は、それぞれ当時の政府の要人だった事は間違いないでしょう。
ただ、戦争の責任を特定の個人のみに科すのはどうでしょうか。

私が、当時の世界情勢、アメリカやロシア、欧州や中国の思惑やの外交政治な理由など話しても、細かい部分では見事と言って良いほど、歴史を知りません。
私も学者や専門家ではありませんので、詳しくない部類に入るでしょうが、そんな漫画や小説じゃあるまいし、一部の軍人だけが「己の欲望を満たす」だけの為に戦争を無理に起こして、国民を殺したなどとは思えません。
かのインドのパール判事は、ハルノートの突きつけられれば、どんな小国だってアメリカと戦争をしただろう、と述べております通り、最終的には戦争してしまった日本に問題があっても、それまでイジメ、挑発を繰り返した側の存在も知らなければならないはずです。
母は、その辺の事実を知りませんでした・・・と言うか、語るほどの知識はありませんでした。
だけど、戦争は一部の軍人(それが母の中ではA級戦犯)が己の考えだけで、無謀な戦争を引き起こし、多くの国民を殺した、そう考えていました。
「どうして戦争になってしまったのか」という部分の知識を知らないので、一部のものだけが悪い、同じA級戦犯でも戦後外務大臣となった重光や法相の賀屋の名誉は回復されて、どうして一部の者だけが未だに処罰を受けなければならないのか、その差が自分でも理解出来ていないのです。


(2)東条や陸軍が日本をヒドイ戦争を行った張本人であり、処罰されて当然

上に書いたことに続きますが、要するに母の頭の中では、東条などのA級戦犯が好きこのんで戦争を起こして、国民を殺したとしか思っていません。
確かに、敗戦の責任はあるでしょう。
国家の元首として、やはりどんな事情があれ、国民を戦争に巻き込み、殺してしまった以上は、敗戦の責任は取るべきだと私も思っていますが、母の中では敗戦責任と戦争責任が混同され、戦争を起こした事が重要な問題だと思っています。

ですから、では日露戦争を引き起こした小村や山県と言った主戦論者は、どうして問題にしないのか、と言う質問にも答えられません。
母に取っては、日露戦争で多くの人が戦死・負傷した事実をそれほど知りません、バルチック艦隊に勝ったとか、そんな断片的な事実は知っているのですが、「多くの国民を殺した=戦争責任」を問うのであれば、当然東条以外にも問題にしなければならない人間がいるはずですが、母の内部では明確な基準を持っていない。
つまり、母も実は敗戦責任を問うているのに、感情的な部分で敗戦責任=戦争責任と混同してしまっているのです。

まあ、その辺を指摘をしてやると、言葉に詰まるのですが、その場合は「私はもう70歳のおばあちゃんやもん、そんな難しい理屈なんかわからへん。」というような名言(?)で逃げます。(笑)
「でも、悪いモンは悪いんとちゃう?」と母が言うので、私は「いや、悪いもんは悪いでええけど、勝った戦争の指導者は悪いとは言えヘンのに、負けた人だけ叫ぶのは卑怯ちゃうの?」と言うと、「誰が悪いというてへんの、日露戦争を起こした人も悪いがな。 でも、私は生まれてへんから、その人の名前まではしらんだけや」とかなります。(^^;



(3)日本が先の戦争の総括をしていない

ここは省略します、その通りだし、異論はありませんから。
ただ、日本が総括をしていないのは、日本国内の問題であり、それ以外の何物でもないと私は思っているのですが、母は中国や韓国に対してのけじめと捉えている部分があります。

まあどちらかと言えば、私もけじめと言った考えは、キライではありません。
しかし、初めからケジメだとか、総括していないから日本は先の戦争を肯定する発言が出たり、謝罪が出来ないのだ、と言った展開になると、「総括=初めから決まったシナリオ、結末」がそこには期待されており、それ以外の「日本としての総括」が入り込む隙間がなく、本当の意味での総括にならず意味がないと思っています。
例えば、日本として総括したとしても、中国や韓国が納得するものが出来るはずが無く、では彼らが納得出来ないものだと、それでは総括にならん! と言った理屈になるのが目に見えているからですね。



(4)日本はドイツ見習うべきだ

これも母だけではありません、良く聞く話です。
例の如く、国家間の平和条約を結んでいる日本と、ナチスの犯罪に対する謝罪だけで、戦争に対する謝罪、国家間の平和条約を結んでいないドイツとの差がそこにはあります。

母は、その辺りを知らずに、見事に洗脳されているのか、ドイツのように個人補償を行う姿勢を学べと言っています。
国家間の平和条約を日本はきちんと結んで、国家間賠償を支払っている事は知らないのに、ドイツがナチスの犯罪の尻ぬぐいに6兆円ものお金をつぎ込んでいるのは知っていたりします。

つまり、ここがおかしな話で、仮に個人賠償もすべきだという考えに至ったのであれば、母も何かの資料を読んだのでしょうが、その資料には日本とドイツの比較がきちんと書かれているべきで、母がどんな考えを持ったとしても、日本が行った戦後の賠償の話も知っていたはずです。
しかし、実際には日本の事は知らない、でもドイツの事は知っている、これが母など一般の国民が目にする資料の中身なんでしょう、明らかに意図的な誘導がそこにはあると思わざるをえません。。


私は、この部分を気にしています。
母は毎日新聞を購読しているので、得られる知識とはその辺りでしょうか。(もちろん、パソコンなど使えません)
あとは雑誌をたまに買っているようです。
つまり、パソコン通信からインターネットが世の中に出てくるまでの、一般的な情報収集源と同じ状況です。

つまり、片方の都合の悪い事実しか大きく扱わない、毎日や朝日などの『思惑』の乗って偏った考えになっているのではないか、と言う点ですね。
私は、このブログでも何度も書きましたが、以前は朝日などの偏向記事でしか知識を得られない時代では、従軍慰安婦も南京事件も朝日が望むような思想になっていたのが、インターネットで事実を知ることで、いろんな考えを持てつようになりましたが、母はまだその状態ではありません。
そして、現在の母の状態が、数十年前の日本の一般的な状態であったわけでしょう。

この1つをとっても、若い子に右傾化が見られると、新聞社は叩きますが、実際は新聞社の思惑に乗せられない人が増えた、と言う点にしか過ぎません。
今までの日本が、国際社会的にに見て非常に左よりだったので、丁度良いバランスに変わっている気がします。

同じ「ドイツを見習え」という意見も、きちんと日本とドイツの違いを知った上で、そのような意見に至ったのであれば、私は1つの意見として尊重をします。
(もっとも、国家補償もカンペキに行い、同時の個人補償もドイツ並みに行うと言うのであれば論外でしょう。)


長くなりそうなので、残りの話題は明日以降に書けたら書きます。
とりあえず本日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »