« 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ | トップページ | 親不孝 »

7 24, 2006

秋田県高野連は何を勘違いしているのか?

何とか今週も記事を更新します。
今回も、昭和天皇の靖国参拝メモの話や、福田氏の総裁立候補断念の話、小沢の与太話など、面白い話題もあったのですが、今日は、多くの人も書いていますが、この話題。

【秋田】試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会  秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。  問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面だった。  県高野連によると、12―1でリードしていた本荘の尾留川徹監督が、1死二塁の攻撃で、打者を呼んで空振りを指示した。打者は三振し、走者も無気力走塁でわざとアウトになった、としている。試合はそのまま7回裏で本荘が12―1のコールド勝ち。  これらの行為を審議するため、高野連は緊急常任理事会を開催。「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」「相手チームに失礼」などと判断。斉藤尚史部長を呼び、これらの審議結果を伝えた。始末書の提出は、校長、部長、監督の連名で求める。  試合後のインタビューに、尾留川監督は「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」と答えた。  秋田の佐藤幸彦監督は「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」と話した。


(2006年07月22日22時21分 朝日新聞社)
(朝日新聞) - 7月23日8時15分更新

さすがに、この記事をよんで、「秋田県の高野連は何を考えているの?」と怒りに近い感想を持たざるを得ませんでしたが、ネット上ではこれまた多くの人が扱い、同様の意見を載せているところを見ると、要するに「常軌を逸していた」のはどっちか、と言うのは明白な結論がそこにあるような気がする。


個人的には、私は明徳の松井に対する全打席敬遠には、疑問を持っている。
ただし、それでも「フェアプレーに反する」という点ではなく、高校野球でランナーもいない条件で、プロでも滅多に見られない勝負を避ける姿勢を、高校球児に教える事に対しての疑問はあった。

ところが、今回の三振は全く異質なもので、相手をバカにしたり、勝負を避ける為のものではなく、雨天でノーゲームと言うルールに対する対抗策で行われた、立派な戦術だろう。


 
そもそも、故意の四球は良くて、故意の三振は良くないと言う明確な理由を、秋田高野連は回答を出せるのだろうか?
アウトになる事が分かっていて、バンドをしたり、右狙いでランナーを進める行為は、「わざとアウトになっている、フェアプレーじゃない」と言っていることと、明確な理論で違いが彼らは言えるのか?


私は、今年のWBCの話題の時にも書いたが、野球は、ただ早いボールを投げる投手がいて、ボンボンホームランを打てる選手を並べただけで勝てる競技じゃなく、日本の場合特に、パワーでは劣る部分を緻密な戦術と戦略で補う為にも、いろんな戦術を身につけるべきで、実際、それが野球の醍醐味なのだ。
ただ、早い球を投げる投手がいるチームだけが強いなら、これほど面白くない勝負事はない。

ベースボールではない「野球」を日本は作り上げ、この間はせれが世界一になったのだ。
そのことを秋田高野連の連中は分かっていない。


例えば、良い投手を打ち崩す為には、どんな方法があるだろうか。
いろんな方法はある、球数を投げさせるのも1つの手だろうが、面白い話では、序盤ではわざと三振をするという話を聞いたことがある。
実際にやった人がいるのかどうかは疑問だが、話の内容として面白かったのは、速球投手は昔から「ポカ」が多い。
しかも、調子に乗れば乗るほど、1試合にたまに数球、調子に乗って甘い球が来るようになる、だから江川とか昔の速球はは、奪三振も多いが、被本塁打も多い、一発病で負けることがあるという話になる。

だから、序盤は打てないと思ったら、わざと三振をして相手投手を「オレは今日は調子いいぞ」と勘違いさせて、調子よく投げてもらって、甘い球も誘い、後半にここぞという時にたたみ込むと言う戦法もあると聞いたことがある。

いろんな方法があるだろう。


 
今回のケースでは、言い換えれば、雨が激しくなってきたとすれば、7回で1-12で負けていれば、わざとファーボールを出せとか、雨がヒドイのでタオルで手を拭くフリをして、タイムを多く取り、時間延ばしをして、雨天順延の再試合を狙うのは、これは当たり前の作戦じゃないのか?
それに対し、わざと三振するのも、わざとアウトになるのも、同じ目的を持った戦術だと思うのだが。


つまり、秋田県高野連ってのは、実際の野球を良く知らない連中の集まりではないか、と思うわけで。

 
他の掲示板など読むと、昔から秋田では市内のチームと、それ以外のチームでは判定で差があった、市内のチームに対する贔屓があったとか、そんな声も耳にする。
まあ、こちらは、正しいかどうかは私は分からないが、そんな噂まで出るのは、普段の状況がどんなものか、と言う話。


 
ともかく、ルールに則ったスポーツの世界で、フェーアじゃない、と片方のチームだけにペナルティを与える事は、上のような市内と市外で扱いに差がある、と言ううわさ話に墨付きを与えているようなものだと私は思うのだが。

また、フェアじゃないと言うのであれば、敬遠なども大いに議論するべきではないか?
まさか、秋田高野連ってのは、高校野球を勘違いしているんじゃないよね?


|

« 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ | トップページ | 親不孝 »

コメント

まったく、その通りです!
本庄の監督にではなく、秋田高野連に始末書を書いて欲しいです!!!
秋田高校の監督も、あんなコメントを出す前に
部員のもっと鍛えるできです。

投稿: | 7 27, 2006 19:54

まったく、その通りです!
本庄の監督にではなく、秋田高野連に始末書を書いて欲しいです!!!
秋田高校の監督も、あんなコメントを出す前に部員をもっと鍛えるできです。

投稿: | 7 27, 2006 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/11077587

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田県高野連は何を勘違いしているのか? :

» 夏のコイ [ブログに書きたい気になること]
最近、TVのCMで「苦い濃いより、甘いブログ濃い」ってありましね。 「濃い」を「恋」にかけているという・・・ でも、このコイはどうだか。 試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会... [続きを読む]

受信: 7 26, 2006 21:34

« 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ | トップページ | 親不孝 »