« 疲れが倍増・・・ | トップページ | 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ »

6 24, 2006

火に油を注ぐ


火に油を注ぐ・・・勢いの盛んなものにさらに勢いを加えるようなことをするたとえ。薪(たきぎ)に油を添える。「あまり問題をつつくと―・ぐ結果になる」 (大辞泉 )

この言葉、小泉首相の靖国参拝に対して持ち出す人は多い。
要するに、冷え切った日中関係において、靖国神社に参拝する事は、火に油を注ぐ結果となり、相手を刺激するだけで、何ら得る物がない、と言う理屈だっけ。
つい先日も、公明党の委員長だったか、この言葉を持ちだして、首相の靖国参拝の自粛を求めていたはず。

だが、私はこう言った人達にこそ、この「火に油を注ぐ」という言葉を贈りたい。



小沢氏、7月訪中へ・中国大使と会談し応諾
 民主党の小沢一郎代表は23日午前、党本部で王毅駐日中国大使と会談した。王毅大使は小沢氏に対し、7月中の訪中を要請。小沢氏も「お招きにあずかったのでぜひ伺いたい」と応じた。具体的な日程などは今後詰めるが、7月上旬から中旬に訪中する見通しだ。

 小沢氏の代表就任後、初の外遊となる。小泉純一郎首相の靖国神社参拝で日中関係が冷え込む中、自民党内の亀裂にくさびを打ち込む狙いがあるとみられる。

 会談には民主党側から山岡賢次副代表が同席。王毅大使は「来月にぜひ、中国に来ていただきたい」と伝えた。小沢氏によると、靖国神社問題や北朝鮮問題などは議題に上っていないとしているが、小沢氏はこれまで首相の靖国神社参拝を批判し、アジア重視の姿勢を鮮明にしている。

 小沢氏が王毅大使と会談するのは4月の代表就任後、初めて。同党の羽田孜最高顧問が5月に訪中した際、中国側が小沢氏の訪中を非公式に要請していた。

(12:41) (日経新聞)


小沢は、もはや政治をゲーム、政権獲得の為には、国益だろうが、国民だろうが、利用するものは何でも利用する単なる道具・・・と言う露骨な考えを隠そうともしなくなって久しいが、靖国参拝をも政治的道具として中国に追従する姿勢には、もはや何とも言えす、どうも好きになれない。



中国、「ポスト小泉」にらみ揺さぶり・首相の靖国参拝をけん制
 中国がポスト小泉を選ぶ9月の自民党総裁選を見据え、日本の与野党に秋波を送るとともに揺さぶりをかけている。小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判する民主党の小沢一郎代表の訪中のほか、1984年の日本の3000人訪中団メンバーの再訪も招請した。最高裁が靖国参拝の憲法判断を避けるなか、焦点は8月15日の首相参拝。中国にはこれをけん制、次期首相との新たな関係も瀬踏みする狙いがあり、両国の駆け引きが続く。

【北京=飯野克彦】中国指導部が民主党の小沢一郎代表に早期訪中を求めたのは、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題が障害となって政府間交流が停滞するなかで、日本の野党とのパイプを利用する形で対日関係を重視する姿勢を改めて内外に示すためだ。特に、小泉首相の9月退陣をにらんで日本の世論や政界に働きかける狙いがある。

(07:01) 日経新聞

この程度の認識は、当然ながらとうの小沢本人にも十分理解している事だろう。
だからこそ、小沢が利用しているのは明白で、靖国という問題を自分の政局を有利にさせる為の材料としか見ていない事は、言うまでもないことだろう。

もっとも、そこまでアクの強い人間だからこそ、両翼併せ持つ集合政党でも、グイグイ引っ張って行けるのだろうが、民主党にはまともな考えを持った好きな政治家も多数いるおだが、彼らがその小沢を見て政治家として育って行くと、結局は角栄-竹下時代の、政治ゲームを如何に勝ち抜くか、しか考えない政治家にならないか心配だ。


旧社会党ってのは、ある意味、政権政党というよりも、野党第一党としての立場に慣れ親しみ、与党とのじゃれ合いだけに終始してきたゲーム感覚を昔から持った政党なので、これも昔に戻っている、と言う感じか。


 
小泉首相の後継者争いでも話題になるが、靖国神社参拝問題は、取り上げて争点にしたりする事自体が、問題を大きくしていると言う事に気づくべきでしょう。

誰も、現在の日中関係で良いとは思っていないでしょう。
誰もがもっと日中関係を良くしたいと思っているはずです、これは何も福田の18番でも何でもなく、安倍だって小泉だって同じ。
問題は、その外交の中身でしょう。

土下座外交を復活させましょう、ではお話にならないし、外交関係を修復だけに偏重し、表面上いくら取り繕うとも、問題の本質や根本的な解決が無ければ、結局はその時の妥協はマイナスにしかならないわけで、これを日本は30年以上も続けてきているのに、まだ昔の「表面上の外交」に拘るのは、まさに愚策以外の何物でもないでしょう。

ですから、外交関係修復にしても、靖国参拝を控える代わりに、中国からは何を引き出すのか? と言う点をこれからの政治家述べてもらいたい。
中国自身が言っていることなので、靖国参拝をやめれば、日中首脳会談の再開されるであろうし、表面上の外交は小泉以前に修復はされるだろうが、それはあくまでも、相手がイチャモンを付けて来たことに、日本が配慮するだけで、外交であるなら「止める」事で何か大きなものを中国から得るものがなければならないのは、日本国移民の財産を預かる政治家としては当然の考えだと、私は思っている。


小沢にしろ、福田にしろ、靖国参拝問題を扱うのであれば、参拝中止に伴い、中国側に何を譲歩させるのか、そこを明白にしなければ、多くの支持を得ることは無い、私はそう考えています。


 

|

« 疲れが倍増・・・ | トップページ | 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/10657668

この記事へのトラックバック一覧です: 火に油を注ぐ:

» 10年後の日本 [最新本にコメント!批評n比較]
いきなりTBごめんなさい。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 6 24, 2006 15:17

» 正義と論理の勝利☆首相の靖国神社参拝に最高裁判決下る [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3 昨日、平成18年6月23日、一つの最高裁判決が下された。小泉首相の靖国神社参拝の是非が争われている上告審の一つ。それは政教分離を巡る憲法判断を行わず(=首相の靖国神社参拝が公的行為か私的行為かの判断も行わず)、いわば原告には訴訟を争える立場にないとする、いわば「訴訟の入り口論」において原告・上告人の訴えを退けたもの。蓋し、妥当で穏当な判決と私には思われた(判決文は下記PDF参照)。 http://www.courts.go.jp/hanrei/pd..... [続きを読む]

受信: 6 25, 2006 10:09

« 疲れが倍増・・・ | トップページ | 僕があなた(民主党)から離れていく・・・ »