« 奴隷の平和は選ばない! | トップページ | 火に油を注ぐ »

6 13, 2006

疲れが倍増・・・


サッカー日本代表は、本当に惨めな試合を、世界中にさらけ出しました、恥ずかしい。
オーストラリアの戦術は、後半の最後に疲れの出る日本に対して、逆転を狙うその1点のみ。
まさに、オーストラリアはその通りに実行し、理想的な展開を行い、これまた漫画以上の理想の展開を献上した日本、何を考えてるいるんだが、笑うしかない。

例えば、もう相手は伏兵か奇襲しか、戦う術が無い、その誰もが分かる状況で、何故か伏兵や奇襲で総大将の首を取られてしまった、まるでそんな感じ。 要するに、「お前はバカか?」ということ。
相手の狙いが分かっていて、その結果小説でも書けないような、残り5分からの3失点を演出するのは、並の神経では出来ませんな。
相手の手のひらで戦いながら、それを知りつつ、最後に相手にお釣りや花まで持たせてしまう辺り、「戦い」を見ていて、本当に情けなかったですな。


試合に関してはほとんど見ていません、帰りが遅かったので。
でも、焦ったオーストラリアのミスを誘い、高原、柳沢と相手のディフェンダー一人の、2対1になった場面で、高原が走り込む柳沢の後にパスをして、チャンスが潰れた場面が見た。

同じような光景を見たな・・・と思ったら、昨日は息子の少年サッカーの試合を見に行った時、2年生の子が同じように味方選手の後にパスを出してしまい、勝ち越せず引き分けた試合、そのまま同じだった。
小学2年生とプロが同じレベルとは、しかも大舞台のワールドカップで・・・

こんなのは技術の問題ではなく(2年生のパスミスは、単に技量が未熟だったのだが)、もはや、試合への集中力、得点を取ると言うハングリー精神、気迫の問題であり、プロ選手としての技量云々の前に、大事な何かが欠如しているのだろう。

他のプレイは知らない、1失点目も3失点目も、「やるべき仕事」を理解し、気迫でボールを止めに行っていれば防げたとは思う。
精神力が足らないんですな。
私は、スポーツの世界に、精神論はあまり使いたくない。
ど根性や精神だけで、自分のポテンシャルが延びるわけがない、理論的な練習と訓練だけが、自分の技量を高める方法であることは、間違いないでしょう。
しかし、試合で自分の出せる技術を、120%にする為には、反対に精神論が重要だと思っている。

当たり前の話に、「諦めた時点で終わり」なのである、ボールを追いかけるのを止めた時点で、絶対にボールは取れないし、追いかけるのを諦めていない人だけが、そのボールを手にする資格があるんです。
それが私は精神論だと思っています。

見ていて、日本代表の反骨精神というか、ハングリー精神というか、ディフェンスに比べて、オフェンスでは全く感じられなかった。
何も、攻めろとは言わない、メリハリを付けるべきでしょ。
私はバスケットをしていたが、同じリズムで攻撃していては、絶対に得点が延びません。
チェンジオブペースってのが大事で、ゆっくりと守っているんだけど、いざ、速攻になれば思いっきり走る。
反対に、早い展開の時にわざとゆっくりと動き、相手が緊張を解いた瞬間に、また素早く動くなど、別に改まって言うまでもなく、そう言った駆け引きはあると思うが、今夜の最後の10分間の日本代表には、メリハリが無かった。


 
それから、私を良く知る人はご存じでしょうか、私は試合は選手よりも指揮官の責任を重く問うタイプです。
野球のWBCでも言ったかと思いますが、「1頭の獅子に率いられた100匹の羊の群は、1匹の羊に率いられた100頭の獅子の群にまさる」の言葉通りに、どんなに選手が弱くても、指揮官がまともであれば、決してそのチームは弱くないし、指揮官がダメなら、どんなチームを率いても弱いと言う考えを持っております。

その意味では、今夜の試合は、選手がどうのこうのより、監督の差が歴然としていましたな。
後半のその時を目指して、選手を入れ替え、戦い方を徹底させ、ついには残り6分で壁を破ったわけですから、ヒディングは戦術、戦法は素晴らしかった。
それに対し、ジーコは残り10分、「守って勝つ」つもりなのか、攻めて攻めて、相手に攻撃をさせないで、勝つつもりだったのか、さっぱり分からなかった。
そもそも、ヤナギに変えて、小野が出てきたのがよく分からない。

FWを変えて、守りを厚くしたと言う話なら、妥当な選択にも思えるが、結局は中田を上げて、その背後にスペースを作らせてしまった。
と言うか、残り10分、死んでも守るぞ! と言う意図も無い采配であれば、選手にもその気迫が感じられなかった。
川口は、私は見ていた短い時間であっても、スーパーセーブをしていたので、個人レベルでは相当に気合いもあっただろうが、チーム全体としての方向性が全く見えなかった。

方や、相手が作れてくるのを待って攻め続けて、穴をこじ開ける戦術が見事にはまり、方や、守るのか、攻めるのか、それとも90分同じテンポで試合をするのか、その辺が全く見えなかったのが痛い。


 
まあ、ジーコには弱いチームの監督は無理だわ。
強いチームなら、彼の強力なカリスマで引っ張って行けるけど、弱いチームには綿密な戦術と、多大な戦略が必要なんですけど、向いていないんじゃないですかね。

もっとも、WBCの時にも、采配や戦略はダメだと思われた「王監督」の、思わぬ強運により優勝した、と言う事実もあるので、もしかすれば、ジーコにも采配や戦略はダメだけど、それを凌駕する「強運の持ち主」かも知れず、結果を見てから、監督は判断しても良いでしょうな。

まあ、「強運」もしくはそれに準ずる驚きの何かを持っている事を願いますけど。(笑)

ともかく、疲れて帰ってきて、ほんの数分で3失点で逆転負け・・・勝ち点を取る戦い方もせず、一方的に無様に負けた試合を見せられて、余計に疲れがドッと出てしまった。

|

« 奴隷の平和は選ばない! | トップページ | 火に油を注ぐ »

コメント

長くなるので、この部分にだけコメントします。

>もしかすれば、ジーコにも采配や戦略はダメだけど、それを凌駕する「強運の持ち主」かも知れず、結果を見てから、監督は判断しても良いでしょうな。

 ・・・う~ん?。彼の選手時代のことを思うと、正直なところ強運に恵まれているとは到底考えられないですね。“白いペレ”だの“黄金のカルテット”だのと散々持てはやされ期待されたものの結局彼の現役時代にはブラジル代表は1度も優勝してないですからねぇ・・。

話は変わりますが、先の日本VS豪州を観たクロアチア代表の主将だか誰かが「日本代表はやる気が無いように見えた」だの「決勝トーナメント進出は無理だ」などと言ってるようなので、イチローの『30年発言』に奮起した野球の韓国代表の如く、ちっとはやる気出してクロアチアに一泡吹かせるような試合をして欲しいものです->サムライブルーの戦士達。

投稿: | 6 14, 2006 00:38

名前入れるの忘れました(笑)。先のコメントの投稿者は雷電です。

投稿: 雷電 | 6 14, 2006 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/10502910

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れが倍増・・・:

» 日本。負けた〜。気持ち切り替えクロアチア戦へ。 [サッカーワールドカップ2006-FIFAワールドカップ・ドイツ大会特集- ]
痛い、痛い、痛い、1敗。勝ち点なし。絶対勝てると思ってた。いや勝ってた試合だった。集中力、油断、力の差じゃないよね。気持ち?とにかく残念。しかし、気持ちを切り替えて、5日あけたクロアチア戦。勝つ以外に(トーナメントにすすむ道は)ないわけですが、果たして勝てるだろうか。。。... [続きを読む]

受信: 6 13, 2006 03:14

» 教育を受けさせる義務 [七田式で右脳開発!!]
親が子供に教育を受けさせる義務というのは、おそらく戦前、家庭の都合で学校に行くより働かされた子供がいたからだと思う。いまでも、世界中でざらにあることで、しかし、悲しいことでもある。ところで現代の日本。の我が家。... [続きを読む]

受信: 6 23, 2006 09:25

« 奴隷の平和は選ばない! | トップページ | 火に油を注ぐ »