« 国際社会では国際社会のやり方が当然 | トップページ | 奴隷の平和は選ばない! »

5 26, 2006

アナン

前回、アナン国連事務総長が、意外に中国よりの発言を繰り返した事を批判したが、ここまで来たら「中国寄り」という以前に、中国と親密な関係があると思わざるを得ないですな。

中国狙い撃ち再考を 分担率見直しで国連総長

 【ニューヨーク25日共同】国連予算分担率の見直し交渉で、米国に次いで2番目に多い分担金を負担している日本が中国やロシアの分担率引き上げを求めていることについて、アジア歴訪中のアナン国連事務総長が日本滞在中の17日、中国を狙い撃ちにするような主張は得策ではないとの見解を示していたことが25日分かった。複数の関係筋が明らかにした。
 分担率約19・5%の日本は3月、安全保障理事会常任理事国の中国(同2・1%)やロシア(同1・1%)を念頭に、常任理事国に3%または5%の下限分担率を設定するよう提案したが中ロの反発を受けたため、再考を促した形。小泉純一郎首相の靖国神社参拝で悪化した日中関係が国連の多国間外交にも悪影響を及ぼし始めたとの懸念もあるとみられる。


(共同通信) - 5月25日17時6分更新


全く腑に落ちない発言なのだが、日本の分担金19.5%と中国の分担金2.1%が、不公平だと言う考えを理解出来ないのだから、その人物は中国と何かウラがある、と疑われても仕方がないでしょうな。

そもそも、常任理事国とは単なる既得権益になっている現状を、アナンはどう考えているのだろうか。
中国をねらい打ちと言うが、分担金を見直すと言うことは、分担金の負担を待遇や国際的立場や経済力から見て、不当に低い国に注目が集まるのは当たり前だろう、中国にねらい打ちするな、と言う意見は、分担金見直しを求めるなと言っているのに等しい。

靖国で中国の肩を持ち、分担金で中国の肩を持ち、そこまでアナンは日本に期待していないのら、さっさと分担金を滞納すべきでしょうな。
本音は、戦勝クラブの集まりでしかならない国連なんか、さっさと脱退して、本当の意味での国際連合を目指すべきだが、それを日本がやれば、また騒ぎ出す人間が特定アジアや、日本国内でも多く出そうだし、日本は軍事力の関係で決して国際社会ではイニシアティブを取れないので、そこまでやる必要を私は感じませんが。

となれば、身分相応の分担金しか払わない事でしょう。


そもそも、中国は手を変え品を変え、脅迫や恫喝を繰り返し、国際社会ではアメとムチで日本を国際的に孤立化させようとしているのに、アナンがそんな中国を批判するなと言う以上は、日本も暴れん坊で交渉すべきでしょうな。
アナンが中国と仲がよいのか、中国よりは日本の方を舐めて、日本を批判して中国を刺激させないようしているのか、よく分からないけど、どちらであっても、日本にとってはあまり嬉しくない話ですな。


ともかく、アナンは早く退場して頂き、中国が日本の常任理事国入りに猛反対して、活動を行ったように、日本も、次期事務総長は、決して韓国から選ばれないように活動すべきじゃないか?
アナンでさえこれだと、韓国の外相がなるようになれば、日本は益々ソンすることが見えている気がするけどね。


|

« 国際社会では国際社会のやり方が当然 | トップページ | 奴隷の平和は選ばない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/10241898

この記事へのトラックバック一覧です: アナン:

« 国際社会では国際社会のやり方が当然 | トップページ | 奴隷の平和は選ばない! »