« 【千葉補選】民主党はこれからが大事 | トップページ | 国際社会では国際社会のやり方が当然 »

5 02, 2006

なんだかあたま悪そーな考え

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060430-00000040-kyt-l26
「九条」守るのは私たちの責任 舞鶴で憲法施行60年記念集会

記事の本文はいらないでしょ、もうタイトルだけで中が分かっちゃう。(笑)

また、数日前にはこんな話もあった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20060427ddlk28040560000c.html
「9条の心~軍隊がなければ戦争は防げる」と題して講演する

この記事も、肝心の講演内容が書かれていないので、本文はパスします。
どのような講演内容だったのかな、興味あるけど、題が軍隊が無ければ、戦争が防げるだもんなぁ。


ちなみに、9条って言葉は侵略者にも通じると思っているのでしょうか?
日本に侵略して来た軍隊に向かって、「日本国憲法第9条!!」と叫べば、撤退してくれるとでも考えているのでしょうか。
小学生でもそんな事は言わないわな。(笑)
要するに、彼等はチベットとか現実に起きている社会に目をそむけ、誰もが当然持つ疑問、憲法9条を唱えれば侵略者が撤退するのか、などの当然の想定すら、自らの都合の良い解釈に、希望的観測、結果を積み重ねて、白昼夢を見ているだけなんでしょうな。


 
関係があるよな、ないよな話をグダグダと書きます。


 
うちの娘が小学生の時、アフリカの貧しい国の話を取り上げたテレビ番組を見たようで、私に質問して来たんですな。

「そこの国は、雨も降らず水不足で、国民の多くが病気になったり、飢えたりしているのに、政府は戦車や機関銃などの兵器ばかり買って、ますます国民がひもじい思いをしている」といった内容。
「どうして、お国の偉い人は、国民をほったらかしにして、戦争ばっかりするんだろ?」

そこで、私は「じゃ、どうしたら良いと思う?」と、娘が聞いて欲しがっている事を聞いてやると、自慢げに「戦車や武器など買うお金があったら、水や薬を買って病人を治してあげたり、食料を買って飢えている人に食べさせてあげる」


さて、この回答者はやっと国際社会にはこれほど貧しい国もあれば、ひどい目にあっている人たちがいるんだ、と気づいた小学生の女の子です。
これから、いろんな経験を積み、自分の事、国のこと、国際社会のことを考える入り口に立ったばかりの小学生です。
そこから考えれば、この回答は、私は満点だと思っている。
多少、親バカが入っているかも知れないが(笑)、他人への慈愛の精神を養うとも言いますか、困っている人の為にどうすれば良いのか、足りない経験や知識を総動員させて、考える事は小学生には大事だと思っているからです。


 
しかし、義務教育とは言え、中学生にもなって、同じような考え方では困るので、中学生にはもうひとつ質問を追加するでしょうね。
「でも、買って与えるだけでは、いつまでたっても国は貧しいだけで、根本的な解決になっていないし、それに国民全員に与えるだけのお金が、国には無いはずだけど、どうしたら良いと思う?」
中学生ともなれば、直接施しをするだけでなく、根本的な解決、水不足なら貯水施設を作る、農作物の収穫率を高める、病気になりにくいように、衛生環境を改める、インフラを整備するなど、そちらにお金を使う事が、国の役目だと言うことに気づくはず。
同時に、可愛そうだけど、本当に困っている人以外は見捨てるような事もしなきゃならない、それが政治だと言うことも理解できるはず。

困っている人も全て助け、貯水装置をつくり、農作物の収穫率も上げ、インフラまで整備して・・・全て出来るのであれば問題ないが、魔法使いじゃあるまいし、そんなことが出来るわけがない。
何かを犠牲にして、何かを求め、何かを達成させるか、それが大事なんですな。
まあ、世の中には税金を下げて、福祉に力を入れて、補助や援助を増やし、みんなが平等に暮らせるような社会を訴えている人もいるような・・・気がしますが(笑)、それが可能なのは夢の中だけですね、まずは中学生ともなれば、その辺りに自分で気づいて欲しいです。


 
根本的な解決を行う話はそれとして、じゃ、次のステップは何か。
国が貧しくなると、治安が悪くなり、それがまたいろんな悪影響を及ぼし、税収をはじめ、国への収入が減る要因となり、ますます国が苦しむ事になる。
では、どうしたらよいか。
警察を強化、整備して治安回復を図りますか?

それも悪くない、もちろん重要なことの1つでしょう。
でも国が使えるお金は決まっている、あれもこれも同時に出来ない、ではインフラ整備も後回しにして、警察など強化して治安回復をしますか?
警察権が強化されれば、国民は不満だけが募り、暴動になる危険性も想像できますね。
だから、治安だけを強化してはバランスの欠いた国となります。
それでは、インフラ整備もやって、病院など整備して、同時に警察など治安も予算に入れる・・・それぞれ少なくなるので、効果が薄くなるけど、仕方が無いよねと言う話になるはず。


 
ところが、仮にインフラ整備などするにしても、外国から設備など購入するだけでは、お金がいくらあっても足らないですね、理想は自分の国でも作りたいのが本音。
同時に、機械だけあっても、それを使いこなせる技術者がいないのでは、意味がありません。
では、自分の国でも作れたり、操作出来るほどの技術を身につける為に大事なのは何でしょうか?
そうです、教育ですよね。
まずは識字率を上げるために、教育も充実化せねばなりません。
自分の国の将来を担う子供達の教育も、大事な話で、学校などの教育機関にも投資したいはずです。
となると・・・また他の予算を削って、教育にもお金をかけなきゃならないのか、教育は後回しなのか・・・


 
さらに不幸なことに、自国の貴重な資源、国民の財産を狙って、その地を他国が占領しに来るケースもあります。
また貧しい故、経済的、政治的、宗教的な対立から、反政府の勢力がゲリラ活動をしてきます。
そう言った、争いに巻き込まれるのは、一番弱い国民になりますね。

では、彼らを国は守る必要があるはずですが、自国を守るにも自分達の国にも軍隊がいなければ、自分の国すら守れません。
そうなれば、小学生の娘が最初に質問してきた、「どうして、お国の偉い人は、国民をほったらかしにして、戦争ばっかりするんだろ?」に繋がります。


 
こんなこと考えれば、出口の無い迷宮に迷い込んだ錯覚に陥るようなものです。
正解などありやしない、でも、国民のために何かを考え、何かをしなければなりません。
せっかくインフラを整備し、学校を作り、病院を作っても、戦争で破壊されれば意味がありません。
だからと言って、軍隊や武器ばかりに予算をまわしても、国民は幸福にはなれない。

ここまで考えて、初めて、日本の国が如何に平和で恵まれているか、本当の政治とはどれほど大変な事なのか、理解出来るのではないでしょうか。


 
そもそも、軍隊を放棄すれば、確かに戦争なんか起きません。
しかし、国家や政治のプロセスを無視した考えが出るのは、恐らく上のような状態を考えたこともなく、如何に国を興して守ることが大変か、想像すら出来ない人が多いのではないか、そう思うのです。

また、戦争さえ起きなければ平和なんでしょうか? 国民は幸福なのでしょうか?
指をくわえて自国の資源を他国に奪われ、自由を奪われ、財産を奪われそれでも、戦争しなかった事で、国民は平和になるのでしょうか?
北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのご両親の前で、拉致されても、戦争が無かったから幸せですよね、と言える人間がいるのだろうか。

その辺の正常な感覚が欠落していなければ、当たり前の想像力を巡らせれば、こんな頭がわるそーな考えにならないと思うんですが。

そう言えばその娘も、今年から高校生だ。
思い出したので、今日は娘に同じ質問をしてやろうかと思う、どんな回答が返って来るのか楽しみ。


|

« 【千葉補選】民主党はこれからが大事 | トップページ | 国際社会では国際社会のやり方が当然 »

コメント

>北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのご両親の前で、拉致されても、戦争が無かったから幸せですよね、と言える人間がいるのだろうか。

憲法本で、「自衛隊や在日米軍があっても拉致は防げなかった、軍隊は国民を守らない証拠だ」
といっていたのがありました。

投稿: Chic Stone | 5 02, 2006 19:57

Chic Stoneさん、コメントありがとうございました。

>>自衛隊や在日米軍があっても拉致は防げなかった

いるいる、そんな事を言う人。
このブログにも来ましたよ、日本軍が満州や沖縄を守れたのか? フセインがイラクを守れたのか? 軍隊があっても身を守る事は出来ない、軍隊への幻想を断ち切るべきだとかね。(笑)

今回の件に関してですが・・・
警察がいても強盗や泥棒を完全に防げない、では、誰が警察は国民を犯罪から守れないとか、警察を無くせと言うのでしょうかね。
何故か自衛隊だけは無意味な方向に結論を持って行きたがる。(笑)

そもそも、日本は自衛隊があっても、憲法で彼らの行動を制約し、国民の間違った感情で彼らの活動を阻害してきた歴史があります。

このブログでも以前書きましたが、国防を真剣に考えるなら、軍隊だけその国にあったても何も役に立たないの当たり前です。

有事が発生した場合、軍隊があり、それを指揮する有能な指揮官が存在し、彼らを政策でバックアップする政治が行われ、彼らを応戦する国民がいてこそ、本当の国防が可能なんです。
自衛隊があっても、彼らがその自衛隊を縛っておきながら、ほら軍隊があっても無意味でしょ、等という白々しい事を言う姿勢には、呆れかえるばかりです。

あと、今回は拉致を持ち出したのは、別の意味で持ち出したのですが。
要するに、自由を奪われ、相手国の言いなりになるのは、娘を北朝鮮に拉致された事と同じなのに、戦争に成らずに良かった、と本気で言えるのか、と言う問いかけに使ったので、気にしない出下さい。

投稿: akinopapa | 5 03, 2006 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/9855691

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかあたま悪そーな考え:

« 【千葉補選】民主党はこれからが大事 | トップページ | 国際社会では国際社会のやり方が当然 »