« そりゃ、親バカを通り越して、バカ親だ! | トップページ | 【千葉補選】民主党はこれからが大事 »

4 21, 2006

韓国という国はなんとかならんか?

本来は、私は記事引用だけで、自分のコメントを入れないのはキライで、あまりやったことがないが、今日だけは別。
言葉に出して反論するのも、疲れるほどヒドイ意見だ。

まずは、お決まりの朝日新聞。
いい加減、ここの新聞を取る人間は真剣に考えて欲しいものだ、このような考え方をする新聞社を、どうして支持出来るのだろうか。
私の中では、以前は「赤旗読んでいます」でその人を見る目が変わったが、今では「朝日新聞を購読しています」でその人を見る目が変わったりする気がします。(笑)
まあ、半分は冗談ですが、でも、このまま続けば近い将来、本当にそんな日が来ると思いますね。

あっと、長くなるので前半は省略します、前半はまともなので読んで頂いてもOKです。
ただ、後半が朝日たる所以の本領発揮です。



竹島周辺調査 お互いに頭を冷やせ

<<まともな文章の為(笑)、前半省略 >>

 一方で日本は、なぜ韓国があんなに反発するのか考えてみる必要もある。
 1905年に日本は竹島を島根県に編入し、領土であることを内外に示した。だが、それは朝鮮半島を植民地化していく時期でもあった。
 だから韓国の人たちは自然と、日本が竹島にからむ行動をとるとそういう被害の歴史につなげて見てしまいがちだ。それだけ心に深く根ざした問題なのだ。

 かつて周辺で操業する日本漁船を多数、拿捕したこともある。日本の領有権はもとより、それを主張することさえ認めようとしないかたくなな態度できた。
 今度の強硬な姿勢も、来月に地方選挙を控えた政権の人気取りといった次元だけでとらえるのは間違いだろう。

 日本は、自国のEEZ内だから韓国と関係なく調査できるという立場だ。海上保安庁は調査についてホームページに公表し、韓国などには郵送もした。
 だが、ただでさえ複雑な背景を抱える海域である。それに加えて、いまの日韓関係は小泉首相の靖国神社参拝などでかつてなくささくれだっている。郵送だけですまさず、なぜ今なのかも含めて丁寧に説明すべきだ。

 その間、調査はEEZが重なり合わないところでまず進め、重複海域への立ち入りを見合わせるのも手ではないか。
 漁業の面では、竹島の帰属問題は棚上げにして互いに操業を認める暫定水域を設定した。測量調査でも、そんな知恵を編み出せないか。

 北朝鮮の問題に限らず、東アジアの将来のために日韓は手を携えていかねばならない。そんなときに「調査強行」「拿捕」なんて時代錯誤というほかない。


朝日新聞 【社説】2006年04月20日(木曜日)付


まあ、よくある手法で、「それは私もそう思うよ、でもね、こうとも思うんだ」というヤツですな。
こんな場合、前半よりも後半の文章の方がここでは特に主張したい言葉なんですね。
朝日は、韓国も冷静になろうと呼びかけているんだけど、今回は日本が自国のEEZに調査船を出すのがおかしいと、特に言いたいわけだ。

戦後60年、日本は竹島に関しては寛大な態度で接して来たわけだが、それこ今回の朝日の主張通りに、常に韓国に配慮してきた。
では、その結果はどうだ?
韓国は益々つけ上がり、日本の言葉に耳を貸そうともしない、暴走国家となってしまった。
その事実を朝日は何と心得ているのだろうか。
いい加減に目を覚ませ・・・と言いたいところだが、朝日は根が反日なので、こちらも歯止めが掛からない。

冒頭でも言ったが、こんな朝日新聞を購読する人達、いい加減に目を覚まして欲しいですな。


 

次は、今の政権を担う自民党の総務会長の言葉。

竹島問題:外交交渉怠った政府の対応批判 自民総務会長

 自民党の久間章生総務会長は20日、海上保安庁が竹島周辺で海洋調査を計画し、韓国が反発している問題について「(竹島の)実効支配を(韓国に)許している。了解なしに勝手にやるのは、尖閣諸島に中国が来てごそごそやるのと同じ。(韓国が)黙っているかというとそうはいかないと思う」と述べ、韓国側と事前の外交交渉をしていなかった政府の対応を批判した。党本部で記者団に語った。

 久間氏はまた「(韓国が)武力を使ってでもとなった時には、かなり緊迫した状態になる。日本が船を出して向こうが拿捕(だほ)するとか、銃撃戦になるかどうか。けんかは最後だ」と述べ、日韓双方に冷静な対応を求めた。

 これに関連して民主党の菅直人代表代行は同日、千葉県流山市で記者会見し、「平和的な話し合いの中で一定の方向が出ることを政府に望みたい」と述べた。海洋調査自体に関しては「竹島がわが国の領土という認識は政府と同じ。海洋調査はわが国のごく普通の作業だ」と述べ、支持する考えを示した。


毎日新聞 2006年4月20日 20時33分

 
まあ、記事が毎日なので、少し本人の真意をねじ曲げられて報道されている可能性もあるが、どうだろうか。
好意的に意見を捉えるなら、竹島の実行支配を許している国、外務省に対して喝を入れる意味があるのかも知れない・・・と言えないこともない。(笑)

ただ、この方の発言には、ネットで騒がれているほど、私は悪くは見ていない。

 
言い方が悪いが、今回のこれまで経緯で、外務省の段取りというか、やり方のまずさを批判している点では、私は同感なのだ。


まあ実際思うのは、調査船を用意してここまで盛り上げておきながら、韓国が強気で反発しているからと弱腰になって、スゴスゴと引き上げてしまうと、それこそ韓国を益々つけ上がらせるし、日本の国民も恥ずかしい限りで、ここまで来たなら行くしかないんですよ。
さらに現在、水面下で裏取引などしようとしているようだが、はっきり言って、今度の国際会議で韓国が付けた名称を提出しないなら、などの交渉条件など、今更何を言っているのか、と思うばかり。
では、韓国が国際会議で提案しようとしなければ、日本は自国のEEZで調査すら出来ないのか?

個人的には、現在行っている取引は、それこそ久間氏が言っているように、事前に韓国に対し「取り下げなきゃ、日本は調査せざるを得ませんよ、いいですか?」と交渉すべきもので、一端拳を振り上げてから持ち出すような取引とはとても思ってはいません。


韓国が、事前の交渉で取り下げないし、日本の調査は許さないなどの、ふざけた事を抜かせば、そこで初めて実際に調査船を用意して調査を行うべきで、相変わらず日本の外交センスはトンチンカンだと思っている。


ただし、もう拳を振り上げてしまった以上は、いまさら「国際会議で取り下げろ」程度では、全く意味がない取引だと思っている。
仮に、本当に韓国が、今回は取り下げたらどうするんだろうか。
今後、日本が調査するのに、そのような口実が必要になるだけで、自国のEEZの調査すら簡単に出来ない事を、前例を作ってしまっているわけで、「何を考えているんですか」と言った印象を私は受けています。
要するに、何らかの口実がなければ、日本はまたいつものように、韓国に竹島の実行支配を続けさせ、指をくわえて見ているだけの状態に逆戻りです。
事前の外交交渉が決裂した上で、今回の時代であるなら、まだ分かるんですけどね。


 
ともかく、先に挙げた朝日のように、「波風断たせるな」的な、いつまで経っても遠慮する結果、今の日韓のツケを支払っていると言う現実を見ない胸くそ悪い意見や、もし仮に調査船を出して実際に拿捕された場合、韓国が拿捕も辞さないと分かっていて、実際に調査させた事に対して、小泉などに責任を負わせようとする国民、マスコミが必ず出てくると思うが、そんな展開にはさせてはならない、私はそう思っております。

願わくば、ここまで来てしまった以上は、調査を開始して、怯むことなく続けて欲しい。
本当に拿捕すれば、それはいずれ国際社会で問題になると信じているし、調査船は日本政府のフネであり、それを武力で拿捕するのは国際的には許されない行為である事を踏まえた上で、相手緒挑発に乗ることなく、冷静に調査を行って欲しいと願うばかりです。

|

« そりゃ、親バカを通り越して、バカ親だ! | トップページ | 【千葉補選】民主党はこれからが大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/9688982

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国という国はなんとかならんか?:

« そりゃ、親バカを通り越して、バカ親だ! | トップページ | 【千葉補選】民主党はこれからが大事 »