« 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) | トップページ | まだ次があるのが救い »

3 05, 2006

やはり、不思議な負けなし

WBCのアジア一次予選で、日本は韓国に負けましたね。
他のブログや、掲示板などのネットを見たりすれば、みんな驚いている人が大勢いますが、私はそれほど驚いたりしていません。

ちょっと、本当は今日、日本が韓国に勝てば、堂々と書こうと思っていたけど、負けたので書けば結果論で書いていると思われるのがイヤなんだけど、ただ、野球に関しては過去にも書いてきたので、それほど誤解も受けないだろうと思って書きます。


 
私は、以前から勝負事に「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」と言ってきただけに(このブログでも何度も書いた)、今回の敗戦も当然、戦術的な面でも戦略的な面でも、その要素はあったのだろう。
そして、私の場合団体球技の場合は、選手個人よりも指導者、監督にその矛先を向けることは多い。
なぜなら、団体球技は基本的には個人だけが勝負しているのでもなければ、勝敗を付けることも不可能。
ぶっちゃけた話し、スポーツだけでなく、戦争そのものも同じだと思っていますから。


「一頭のライオンに率いられた百匹の羊の群れは、一匹の羊に率いられた百頭のライオンの群れに勝る」

まあ、このことわざ通りですね。


さらに、実力差が存在するのは、誰しも理解している事なのに、同時に勝敗事に絶対はない、と言う、一見矛盾に満ちた言葉も誰もが理解している。
つまり、実力差というのは、勝負事の勝敗に必要条件ではあるが、絶対条件にならない。
実力差等というものは、万全の態勢を引いて、全力で戦ってこそ、その意味、価値を持つ物だろう。


 
さて、今回のWBCにぴて、どうしても以前から不思議だったのは、王貞治氏が監督をしている事。
まあ、ホークスファンも大勢いるので、あまり言えませんが(笑)、アテネ五輪の教訓が、この王貞治だとすれば、日本野球界の首脳は、何も反省していない、学習していないって事になると思っています。
確かに、王貞治と言えば世界のホームラン王で、日本のプロ野球界の重鎮であり、カリスマも高くまとめる力はあるのは間違いない、あのイチローも王監督の存在を認めている。

ただ、WBCってのは、有名な人が率いて、後は勝手にやらせておけば、勝てるものではあるまい。
そんなこと、アテネ五輪で情けないほど味わったはずだ。

長嶋さんは、途中病で倒れ、結局は監督としての指揮、采配を見せずして終わってしまったが、中畑という何も野球を知らないバカが監督した結果、惨めな結果に終わった事は、誰の記憶にも残っているはずだろう。
つまり、監督とは選手を選抜して、並べて「さあ、投げて、打って、走って、捕って、試合に勝とう!!」と言う事が仕事ではないと言うことだ。

戦略が当然必要だし、戦術だって重要なファクターであることは、本当に十分にアテネ五輪でお釣りがくるぐらいに学習したはずなのに。。。である。


 
王監督の手腕には、もちろん疑問は無い。
王監督の率いるソフトバンクホークスは、間違いなく3年間で実力的には1位だと個人的には思っているし、実際パリーグはシーズン3年連続で1位で通過している。
ところが、ここ2年は日本一どころか、パリーグの覇者にもなれていない。
それは何故か、理由は明確である、プレーオフのせいである。

プレーオフそのものは、このブログでも取り上げたか賛否両論はある、しかし、短期決戦としてやらねばならない以上、現場は神経をすり減らして努力しているはずだが、結果的に短期決戦に王監督は敗れている。

WBCは、まさに短期決戦なのであり、日本の監督はやはり短期決戦が強い人がなるべきで、むしろ「苦手」な人がなるものではない、私はそう思っている。
例えば、この日の韓国戦は、相手ピッチャーの調子が良く、1,2戦であれほど打ちまくった日本打線を抑えた、と言う話しに見えるが、短期決戦の場合は1試合、1試合に、次の試合への伏線もあり、因果関係があり、結果に繋がるものだ。
それは技術的なものから、精神的な面まで、あらゆるものが関連していると思うが、短期決戦に強いというのは、1試合1試合を点ではなく、線で捉えて結果を求める要素が強いものだ。

その面からみれば、果たして単純に日本の打線が、韓国の投手陣に押さえ込まれた・・・とだけ総括して良いものだろうか。
私は違うと思う、1戦、2戦の打線好調さに対し、3戦目に「打線は好調だから」と何も指示を与えていないか、反対に好調だから「指示を与えた」かで、結果はともかく、勝率は全く変わって来るもので、相対的なものだからこそ、相手の投手の力量にも素直に脱帽はするが、それ以前に日本が自身で打てなくなっても仕方がないような態度、気分で臨んでいなかったか、と言う点が大きく気になる。

現に、王監督のコメントを見ると「韓国の投手が良かった」と言っているが、「1戦、2戦の反省点を活かせていなかった」とか「監督として有効な指示をしていなかった」とか、反省の弁が無かった事に注目したい。

2次予選でも対戦する敵に、本当の事を言えるか! と言う感じで、褒め殺しをしているおであれば、大したものだが、個人的には王監督はそんな表裏の性格を使い分け出来る人じゃないと思うので、真面目に単に韓国戦だけしか総括していないのかと思ってしまう。(笑)


 
あと、よく、高校野球じゃあるまいし、プロ野球なんだか選手に任せる、と言った話が聞かれる。
でも、それはものすごく甘い話しである事は、日本は学習したと思っているんだが。
実力が伯仲している、もしくは拮抗している場合など、選手と言うより、チームとしてどのように勝負するのか徹底した戦術が必要である事は言うまでもない。

万夫不当と呼ばれた、呂布や項羽がいても、軍隊という組織と戦えば、個はその中で沈んでしまう事は、歴史だって何度も繰り返し教えてくれているはず。
つまり、どんなドリームチームを作っても、野球の場合は個で試合をやっても勝てない、強烈な個性を持つ点同士を如何に線と成すかが重要な事なのである。
その意味置いては、プロ選手だからこそ、反対にきっちり使ってやらねばならないと思う。


 
ちょっと話が逸れたが、結局ペナントレースは、1つの勝敗には拘らない、長いシーズンの中ではやはり選手による成長、成長のための後退など必要で、ペナントとはある意味どこで負けても良い試合をどれだけ作れるか、と言う勝負にも似ている。
しかし、短期決戦は違う。
まずは負けてはならない、そして、選手の成長は二の次で、チームとしての成長や完成度を優先すべき点において、難しい面があると思う。


 
日本が負けてしまった為に、私のこの発言も、結果論ありきのような印象を受けてしまうので、少し痛い面はある。
だが、これは私の持論であり、残念ながら王監督はカリスマ性はあるので、日本選手団の団長としてのまとめ役は向いているが、現場で胃に穴が開いても仕方がないほどの繊細な短期決戦を乗り切るためには、もっと相応の監督を選ぶべきだったと思っている。

要は「負けに不思議な負けなし」の、負ける要素は既に日本はしょっているのを忘れないで欲しい。
ただ、勝負とは時の運とも言う、たった1つの要素で全ては決まらない、1つの欠点を覆い、なおかつお釣りが来るような事があれば、十分に頂点に立つことは可能だ。


 
負けた今でも、現時点で日本と韓国の野球では、実力差はまだ日本が上であるのは間違いないと思っている。
ただ、勝負事に絶対はない事と、その実力差が、慢心、油断、指導者不足、戦術性欠落、情報不足などで簡単に逆転してしまう事は、何度もこの目で見てきた。

何度も言うが、日本の野球は、アテネ五輪でその高い代償を払ったはずなのである、WBCではまだ予選であるのが幸いしたと思って、万全を喫して本戦臨んで欲しい。
今更、王監督を変えるわけにはいくまい。
だったら、今回もそうだったが、2次予選もリーグ戦形式なので、1つは負けても可能性は残るのだがら、それをカバーする戦い方を行えば、勝ち抜ける可能性があり、そこが通常の短期決戦と違うところで、苦手であっても突破出来る可能性もあり、僅かでも期待はしたい。


 

|

« 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) | トップページ | まだ次があるのが救い »

コメント

 最近、コメントしてるの私だけのような
気が・・(苦笑)。


 久しぶりに野球をほぼ最初からみていた
のですが、本日の試合を一言でいえば「互
角のチーム同士の対戦だったな。」という
こと。私も、国家単位でいうところの全体
的な野球のレベルということであれば確か
にまだ日本のほうが上だと思います。でも
正直言って、米国と日本の差が仮に10だ
としたら、日本と韓国との差は2程度しか
ないと思いますね。監督やコーチなど首脳
陣の責任は勿論ですが、今回に限って言え
ば選手たちも結構安易に勝てると考えてた
節が見受けられたのも、やや残念でした。


>1戦、2戦の打線好調さに対し、3戦目
>に「打線は好調だから」と何も指示を与
>えていないか、


 ・・・スカパーでの中継における実況の
話だと、王監督は「打線は選手達に任せて
いる」と言ってたとのことです。
akinopapaさんの懸念通りということなの
でしょうね・・。


>王監督のコメントを見ると「韓国の投手が
>良かった」と言っているが、「1戦、2戦
>の反省点を活かせていなかった」とか「監
>督として有効な指示をしていなかった」と
>か、反省の弁が無かった事に注目したい。


 ・・・別のネタで申し訳ないんですけど
先に行われたラグビー日本選手権で早稲田
大学に惜敗したトヨタ自動車の朽木監督の
敗戦の弁とピッタリ重なるんですよねぇ。
相手を褒める、それ自体はスポーツマンと
してある意味尊敬出来ることなんですけど
も、評論家じゃないんだから監督としての
準備や采配でどういったことが上手くいか
なかったのから負けたのかをまずは簡潔に
コメントすべきですよね?。


 2次リーグではどうなることやら・・。

P・S

以前からそうだったんだろうけど、韓国の
選手って身体大きいですよねぇ?。日本の
選手がみんな高校生みたいにみえるもん。
スポーツは、やはり身体が基本であり資本
でもありますから、正直あの体格の良さは
単純に羨ましいと思いました。

投稿: 雷電 | 3 06, 2006 00:04

どもども雷電さん

コメントは、例の如く熱く成りすぎて長くなったので(笑)、記事に書きますね。
よろしく。

投稿: akinopapa | 3 06, 2006 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/8960706

この記事へのトラックバック一覧です: やはり、不思議な負けなし:

« 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) | トップページ | まだ次があるのが救い »