« バカバカしくて怒る気にもなれん | トップページ | 1%の可能性を実現した優勝 »

3 20, 2006

本当の野球を忘れたアメリカ


またもやWBCネタで申し訳ない。

まあ私はスポーツ全般は、大抵は好きなのだが、年齢的に、私は王、長嶋巨人時代で育った事もあって、野球は特に思い出深いと言うか、親しみがある。
また、神戸に住んでいた事もあり、高校野球を見に(外野席はタダ)甲子園に何度か足を運んだ事もあり、高校野球も好きという意味においては、洗練されたプロではない、泥臭い野球の面白さも好きなタイプですな。

それだけに、各チームの4番打者を揃えただけの戦略性を感じない、アテネ五輪の日本代表や、今回のアメリカの惨敗、ドミニカの準決勝敗退には、一言は言いたいですね。


 
アメリカでは、アメリカやドミニカが大リーグ選手が多く、優勝候補筆頭だと見ていたようだが、確かに、個人の素質、戦力だけを見れば間違いなく、この2カ国は、現在の世界のトップ2である事は間違いないでしょうね。
どれほどイ・ヨンスプがWBCでホームランを打とうとも、多彩で高レベルでの大リーグで、年間50HRや100打点など打てる保証にはならないだろうし、その意味では、レベルの高い大リーグであれだけの成績を残す選手を揃えたのは、スキルだけは相当なもので、優勝候補と言われた事も不思議ではなかったでしょう。


しかし、何度も私はここで言って来ましたが、野球ってのは個人競技ではなく、集団競技であり、個々の力が組織力としてまとまって発揮できなければ、それは単なる寄せ集めにしか過ぎないのです。
アメリカの南アフリカ戦のように、ツボにはまれば怖い打線も、打線が繋がらなければ意味が無く、本人達も言っていましたが、ただでさえ、レベルの高い投手から打つのは困難なのに、ましてや初めて見る投手から、そう簡単に打てるはずがない、と言う言葉通り、いくらトッププロを並べても、烏合の衆であっては実力が発揮できないのは、ある意味スポーツの世界だけではないでしょうな。

で、それを証明したのが、今回のWBCだと思っています。
個々の選手のスキルに頼った選手構成は、世界大会レベル、特に短期決戦を行う試合形式には、それほど重要でない事を、世界に向けて再確認させたようなものです。
選手を寄せ集め、それをまとめる指揮官が存在で、チームの戦術性の欠落し、組織力を高める為の練習の少なさなど、まさにこれで勝ったら、野球のレベル、底が知れてしまう・・・そんな見本市のようなものです。


 
ただ、各チームのトップレベルの選手を集めれば、世界でトップリーグで活躍しているんだから、負けるはずがない、と言う安易な発想を持っていたのは、野球関係者だけでないんですな。
NBAのバスケットも、現在同じ境遇に陥っています。

バスケットの場合、さらに致命的なのは、1992年だったか、バルセロナ五輪で初代ドリームチーム、M.ジョーダンやM.ジョンソンなど一流選手を集めて、圧倒的な強さで金メダルを奪った事があります。
これが原因で、トッププロさえ集めれば、あとは彼らが自分達で優勝を運んでくれるものなんだ、と言う誤解が関係者には芽生えてしまったのかも知れません。
時代が流れて多くの選手の意識も変わり、環境も変わった事のに、未だに同じ事を続け、アメリカはついに優勝どころか、準決勝にも残れないほど遅れてしまっています。

本気で勝つ気があるなら、選手のスキルだけに頼らず、コンビネーションなど多用する、本来のバスケットを見せてくれるような組織力を作るしかないんですが、今年はどうでしょうか・・・
アメリカのプロは、オーナー達は選手を、国家のために(選手はアメリカ人だけとは限らない)、高い報酬を出しているのに、シーズンを休ませて、そんな大会に出させるのを嫌う人は多いですからね。
選手は選手で、ケガを怖がりますし。


余談ですが、正直今回のヤンキース松井などの態度は、気に入らないし、幻滅しています。
サッカーがあれほど世界で盛り上がっているのに対し、野球は五輪競技からも外されてしまい、世界の野球人気や、興味そのものに危機感を持っていたはずです。
サッカーの場合、ワールドカップで国代表に選出されて、シーズンを理由に辞退する話など聞いたことがない。
将来、日本にいる子供達が世界の野球環境に恵まれるように、WBCにどんな不平不満があろうと、参加すべきだった、と私は思っています。

まあ、辞退するからには、個人のいろんな理由があるんでしょうけどね、同時にアメリカでオープン戦出場している彼らを見ると、どうも、日本代表として頑張っている選手に比べ、こいつらは一体何を思っているのかと、嫌いにはなりましたな。


 
ま、ともかく。
日本は、アテネ五輪で今回のアメリカのような失敗をやった、だから、少しは変われた。
もっとも、指揮官に関しては、能力重視よりもカリスマ重視にしている点で、少し気に入らないけど、まあ韓国戦の連敗を、メキシコが救ってくれた点と、その強運に恵まれた指揮官と言うことで、第1回は決勝まで行けたのだから、結果オーライでヨシとしてもいいでしょう。

でも、次回はもう少し考えて欲しいですな。
アメリカだって、これで懲りたら少し本気モードに入る気がします。
今回のように、チンタラやっているようでは、勝ち上がれません。
さらに、韓国は6勝1敗で決勝に進めないのに、日本は5勝3敗で、しかも韓国に2敗しているのに決勝に行くのはおかしい、と一部では叩かれております。
システム上、何ら恥じることは無いのですが、実際、メキシコがアメリカに2点取って勝つなど、誰も確信していなかった状況があったこその、そのおかしなシステムになっているのであって、次回は正々堂々、陰口をたたかれないような成績で、勝ち上がって欲しいものです。


 

|

« バカバカしくて怒る気にもなれん | トップページ | 1%の可能性を実現した優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/9167537

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の野球を忘れたアメリカ:

« バカバカしくて怒る気にもなれん | トップページ | 1%の可能性を実現した優勝 »