« 正しい歴史認識って何?(3) | トップページ | 本当の野球を忘れたアメリカ »

3 17, 2006

バカバカしくて怒る気にもなれん

WBC、またまた日本は負けましたな。
しかも、韓国に2度目の敗戦で、もはや準決勝は絶望的。

今日も先ほど帰ったばかりで、明日も仕事だし、ちょこっとだけ書くつもりだが、スポーツの話し、特に自分の力を発揮できずにダラダラと負けるような展開には、むかっ腹が立つばかりで、いくらでも書けそうなので、案外、丁度良いかも知れない。(笑)


 
ともかく、アメリカ戦は不運もあったが、韓国戦に至っては2試合で3点だけ、しかもそのうち2点はソロであり、連打で点を上げたのは1次予選の1回ウラの攻撃だけなので、17イニングスは全く打線が繋がなかったわけだ。
おまけに、試合の前半はそこそこ安打も出たけど、決定打が無くて後半に相手に点を取られて、どちらもヒット数は日本が韓国を上回っているのに、特に今日は韓国はたったの3安打で、日本は6安打で相手はタイムリーの2点で、日本はソロだけ。

1次予選と、2次予選、全く展開が同じで、ヒット数が多いのも日本、でも最後は負けてしまう辺り、こんなの選手の責任ではなく、完全にチームとして機能していない以上は、やはり私は指揮官の責任が重大だと思っている。

そりゃ、日本は松井や城島など、本当の意味での全日本ではなかったが、んなもん、野球は一人でやるもんじゃないし、ある程度のメンバーを集めたんでしょうから、それで負ける言い訳にはならない、んなこと当たり前。


 
パリーグのプレーオフ導入の時から何度も書いたが、短期決戦はペナントのような戦い方とは全く異質なものだ。
実質、3年間は日本一の戦力を持ちながら、プレーオフに勝てなくて日本シリーズにも出られない、それが王監督だったわけだが、ここまで短期決戦が弱いとなると、笑い事じゃない気がする。

もちろん日中は仕事なので、試合は見ていないが、ニュースで見ているだけで、王監督が短期決戦に弱いのが分かる気がする。
そもそも、「すばらしいピッチャーとあたると得点するのは難しい。」と言ったそうだが、そんなものWBCの二次予選で、相手は大リーグ級を並べているんだから当たり前だ。

ペナントなら、王監督のコメントも分かる、良い投手に良いピッチングされればお手上げだ、で負けるにしてもこちらも次に何か繋がる負け方をすれば良いのであり、130試合もあれば、そんな試合(相手の投手の出来が素晴らしい)もあるさ、で片づく話で、むしろ長期戦を忘れて、いろいろこねくりまわして、ムリして戦えば、後々まで影響を引きずる事もあり、流れに身を任せるのが正しい事もあろう。

しかし、ここは短期決戦。
「相手の投手の出来がええなぁ、今日は打てそうもないなぁ」で終わってはダメな試合なのも当たり前。
相手の投手の最高の出来を予想して、ムリしてでも何とかして点を取りに行く戦法、戦術を考えるのが短期決戦であるはずで、点を取るのが難しいのは最初から承知で臨んでいるはずであり、敗戦の弁で「良い投手から点は取るのは難しい」と言っている時点で、お前は何しにそこにいるんだ? と強く問いたいですな。


それに、一次予選の韓国戦は、百歩譲って、こちらも油断していた等で、反省すべき点を学んで、次回に活かそうとする敗戦であれば、まだ収穫があったとは思う。
でも、今回は1度負けている相手であり、油断も舐める事もないであろうし、実力的にはこちらが上であり、しかも日本は勝たなければ次に薦めない崖っぷちの戦いであり、このような好条件が揃っていても、1次予選と同じような展開で、同じような負け方しか出来ないのは学習能力が無い事もあるが、結局は何も作戦や意志、目的を持って試合に臨んでいない事を暴露しちゃったようなものです。

 
つまり、これだけの選手をそろえているんだから、油断せずに、真剣に戦えば負けないだろう、などの期待論をアテにしたり、執念などの精神論頼りで戦うから、「こちらの勝とうとする執念よりも、相手の気力が上回ったと考えるしかない」などのバカなコメントしか出せないわけだ。
確かに、最後の一歩、最後の一握りの差は、執念や気力、精神力の差によるだろうが、今日の場合はソロによる1点だけしか取れず、そんなレベルで無いことは明白でしょ。
相手の執念が上回ったとか言う前に、もっと楽に勝てる展開を用意、準備するのが指揮官の仕事でしょ。

また試合中に何か作戦を持って相手と戦った上で、相手が1枚上回り、どうしても崩せなかったのであれば「いい試合をしたが、もてる力は発揮できたと思う。」など言えるだろうが、本気でそう考えているのか?
9回1死1塁で、代打が新井だ。
何を期待しての代打だろうか、新井は昨年の本塁打王だったか・・・
記憶にあるのは、長打率はあるが、三振もやや多く、長打は期待できるが、小技には向いていない選手・・・と言うイメージか。
王監督が期待したのは、まさかホームランか長打?
そんなコンセプトのチームだったか?

なら、1塁の青木に盗塁させて、そこで自由に打たせるのかと思えば・・・

繋ぐ野球を目指したチーム編成だったのなら、順序的には、最多安打の青木が代打だったんじゃないのか、カウントによっては少なくともいろんな事が出来たかと思うが。
結果は、知っているとおりにブンブン振り回して三振するのだが、長打を狙っての起用なら当然あり得るわな。

要するに、こんな選手采配でこんな戦術で、「力を出し切った」とまるで自分を納得させたいかのように宣っているんだから、むなしさを感じますね。

 
王監督の采配は、常識的で堅実で、「勝つ」と言うより「負けない」戦いが得意な、良将タイプでしょうな。
このタイプは長期戦のペナント向きですね、こちらの方が戦力が上なので、じっくりと戦う方が強い。
例えば、戦闘においても、こちらが4万人で相手が2万人程度なら、堂々と正面から着実に相手の戦力を剥ぐようにして戦えば、負けることはまずない。

ところが、目先の損失や派手なパフォーマンスに走り、こちらの方が戦力が多いのに、奇襲や小手先の作戦で反対にしっぺ返しをもらい、敗れるケースもあるが、王監督は少なくとも、そっちに走って惨敗するような事はしないだろう、と言う感じですね。

しかし、言い換えれば、コチラの戦力が不利なとき、相手を攪乱したり、奇襲や伏兵などあらゆる手段を持って戦う、臨機応変な作戦を組み立てたり、時間がない場合は、多少の冒険などもしなけならない場合があっても、それには対応が出来ない。
短期決戦には、無謀であっても、時には臨機応変に対応できる指揮官ってのが、向いているんだと思うんですが。
これはまあ完全に余談ですな。


 
まあともかく、日本の醜態はバカバカしくて、首脳陣はアメリカに旅行に行っただけか、と皮肉りたいだけです。(笑)
と同時に、今夜のニュースでもその傾向がありましたが、はっきり言って、日本は比較すれば韓国に2連敗するような戦力でも無いですし、ベスト4に残って当然のチームなのに、ここまで負けが込むのを、「選手は立派だった」とか「惜しかった」とか「選手は責められない」とか、美談で終わらせようとしたり、褒め称えようとする傾向があるが、そんなのは、選手のためにも、指揮官のためににも、引いては日本のプロ野球の為にもならん、と思っている。

批判べき事は批判をきちんとしなければ、やはり国民が納得行かないだろう。
不利な戦力、実力以上の対戦相手に勝って、予選で敗退したとしても、それはカーリング女子のように、同じ予選敗退でも賞賛すべきところは賞賛し、次に期待したいと思える。
ところが、WBCの日本は、こんなところで負けるチームでも、韓国に2連敗するような戦力でもなく、実力がありながらその実力を出し切れずに帰って来る場合は、やはり批判すべきだろう、彼らは少なくとも億単位の年俸をもらっているのだから。


 

|

« 正しい歴史認識って何?(3) | トップページ | 本当の野球を忘れたアメリカ »

コメント

 まぁ、少なくても運だけは韓国以上であることは分かりました(苦笑)->日本。


 御指摘のように、王監督はペナントレース的な感覚で、つまりはチームの総合力
が上であれば勝つというような漠然とした考えでこのWBCに臨んでいるのは確実
ですね。


 私は朝鮮日報などで韓国首脳陣のコメントも読んでいますけど、内容が王監督の
それより常に具体的ですし、またWBCでの対戦成績がそのまま日本と韓国の(地力
としての)力の差では決して無い!等とも発言していることなどから見ても、明らか
に韓国首脳陣のほうが分析や判断という面で優れていると思えます、というかそう
としか言いようが無い・・。


>「こちらの勝とうとする執念よりも、相手の気力が上回ったと考えるしかない」
>などのバカなコメントしか出せないわけだ。


 ・・・全くですね。確か試合前には「この試合が最後のつもりで臨む。」と言っ
てた筈ですよね?。それが負けたら、一転してこのセリフ・・?。つまり、試合前
のあの威勢のイイ言葉は結局ウソだったってことなんですよねぇ、多分・・。悪い
けど、やはりペナントの1試合程度のノリで臨んでいるとしか思えない。


 まぁ、そういうことでしたら個人的にはそれでも別に結構ですので、せめて韓国
との“天王山”3試合の最後(準決勝)ぐらいは文句の付けようもないくらい快勝
していただきたいものです->王ジャパン。まぁ、運も実力のうち!とも言います
し、イチローの『同じ相手に3回も負けるのは許されない。』との発言が選手全員
の気持ちとイコールであることを信じていますので・・。

投稿: 雷電 | 3 17, 2006 23:36

雷電さん、こんばんは。

確かに、一度は捨てた命が戻ってきたようなものですね。

ただまあ、王監督本人は喜んでいますが、素直にアメリカが勝っていた方が良かった、とか後で思うような結果にならなきゃいいんですが。(笑)


正直な話し、今度勝っても王監督の評価が劇的に上がるわけでもないし、負ければ反対にもはや立ち直れないだろうし、行くも地獄、引くも地獄のような立場だと思うんだけどね。
まあ、だからこそ、ここで開き直って思い切った采配すれば良いと思うけどね。

まあ、二度あることは3度あるのか、3度目の正直なのか、どちらでしょうね。

投稿: akinopapa | 3 18, 2006 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/9126158

この記事へのトラックバック一覧です: バカバカしくて怒る気にもなれん:

» No.277:茫然自失 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。USENがライブドアと業務提携すると発表されました。 ?  有線放送最大手のUSENは16日、ライブドアとインターネット事業で業務提携したうえで、USENの宇野康秀社長(42)が個人で、フジテレビジョンが保有するライブドア株12・74%... [続きを読む]

受信: 3 17, 2006 09:20

« 正しい歴史認識って何?(3) | トップページ | 本当の野球を忘れたアメリカ »