« 民主党の会見次第ですね、注目しましょう | トップページ | やはり、不思議な負けなし »

3 02, 2006

今年もやっぱり盧武鉉だった(笑)

3月1日は、三・一独立運動として、日本統治下で起こった独立運動を記念する日だそうだ。
まあ、独立運動をどうのこうのと言うつもりはないが、未だに支配国だった国を名指しで批判する事で、自分の国の独立運動を曰く事が出来ないのは、世界でも韓国ぐらいではなかろうか。
言いたくはないが、搾取目的だった欧米的植民化政策でヒドイ目にあった国々や、短い時間に2度も世界大戦の中心的な国の被害者である国も、戦後60年経ってここまでネチネチ言っている国は他にあるのだろうか?


韓国に至っては、ストレートに物事を言わせてもらうが、所詮韓国とは自国に誇れる歴史が少ない。
古くは中国の属国として、19世紀以降は日本の支配を受けた国として、日本を叩くことだけが、自国の誇りと満足を得られない寂しい国だという事情を汲んだとしても、もはや病気としか思えない韓国の言動には、後ろ向きの姿勢だけしか見えず、暗いイメージしか私には残らない。



「ドイツ見習え」 盧大統領が日本の指導者に苦言

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日、第87回3.1節(独立記念日)記念式で韓日関係について言及した。


 盧大統領は「この1年間、神社参拝、歴史教科書の歪曲、そして独島(竹島)問題まで、ほとんど何も変わっていない。指導層の神社参拝は続き、侵略戦争で独島を強奪した日を記念日にまでしている」と述べた。


 盧大統領は特に、「国の指導者の行為は、人類普遍の良心と歴史の経験に照らし適当であるのかということを基準に評価すべき」と語った。


 盧大統領は「“周辺国が抱いている疑惑は根拠がない”と言うだけではなく、疑惑を持たれる恐れのある行動を慎むべきだ」とし、「既にドイツのような世界の国々が実践している例がその基準になるだろう」と述べた。



朝鮮日報  記事入力 : 2006/03/01 11:31


まだドイツに見習えって言っているよ。(笑)
ドイツが周囲の国と外交が成立しているのは、偏にドイツの態度だけではなく、欧州の歴史と風土と民族、そして何より周囲の国の度量に寄ることも多い。
つまり、ドイツが周囲と付き合って行けるのは、あれだけのことをしても、許せる国が周囲にあるからこそで、60年経った今でも、ブチブチ叩かなければ自分の地位が危ない、どこかの国が隣国に無かったからだ、と言う事実も是非知っておかなければね。>ノムヒョン君

まあ、もちろん、ドイツが全く戦後をムダに歩んできたとは思えないが、結局はヒトラー個人とナチスに責任をかぶせて、国家間では謝罪も賠償もしていない、それも1つの外交の道だが、それを見習えと言うのはまさに自分の歴史的無知をさらけ出しているようなもの。
日本も、トージョー一人の責任にして、国家間の謝罪や賠償をなくしておけば良かったんでしょうな。
日本には、「隣の花は赤い」と言うことわざがあって、戒めている部分がありますが、韓国には無いのかな?


ともかく、韓国は、日本に正しい歴史認識を持つように盛んに言っているが、自分達が冷静な目で、自分達の歴史を振り返ることが出来ないのに、他人の事だけに口を突っ込むのは、「お前は小学生かっ!」ってツッコミを入れたくなり、笑ってしまう。(笑)

 
まあ好意的に見れば、確かにこの日は独立運動の記念日だ、国民を鼓舞したような演説は欲しいところだろう。
しかし、この盧武鉉は反日として、日本を叩くことでその国民の士気、支持、人気を得ようとしている・・・と言うか、それしか出来ないのは、政治家としてあまりにも小さい。

日本でも野党は、与党の失敗や、批判や反対だけで、肝心の政策論議が出来ない政党があるが、そこは政党としての能力の限界を、ただ露呈しているだけで、個人的には何の価値もないつまらん政治家だと思うが、それと同じような印象を受ける。

日本は少なくとも、韓国に対してあれほど露骨に、一方的に批判や内政干渉などした覚えはない。
ならば、もっと前向きな意見でもって国民に訴え、お互い歴史の出来事を乗り越えて行くことを考える政治家なら、韓国であっても応援したくなるが、世界の中の韓国を見ているのではなく、半島の中の韓国の小さな満足を目指す人に、どれだけの好感、支持があるだろうか。

ま、日本の政治家も同じようなものだが、少なくとも、韓国や中国に対して、彼が日本に対して発信するほどの悪意を持った演説や発表をしないだけも、まだマシだと思える。


 


盧大統領、日本に「謝罪に相応しい行動」を求める


 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日、第87回3.1節(独立記念日)記念式で韓日関係について言及した。


 盧大統領は「日本は既に謝罪した」とし、「我々は何度も謝罪を求めない。謝罪に相応しい行動を求めているのであり、謝罪を覆すような行動に反対しているということだ」と話した。


 盧大統領は「私は、多くの日本国民の意思もこれと違わないと思う」とし「我々は日本国民の良心と歴史の大義を信じ、根気よく説得し要求する」と力説した。



朝鮮日報 記事入力 : 2006/03/01 11:35

なるほど、「謝罪を求めない」この言葉だけは受け取っておきましょう。
問題は、「補償、賠償も求めない」のかどうか知りたいですよね。(笑)

彼らは、謝罪など求めないと言っていますが、明らかに彼ら自身が心から謝罪など必要としていないのは、見ていて分かりますよね。
私は、今まで韓国は日本に対して、「謝罪はいらん『誠意』を見せんかい!」と言ってきたと思っています。(笑)
要は、謝罪などの言葉や態度では、腹も欲も膨れん、問題は誠意や、と言う事でしょうか。

「誠意を見せんかい!」って、伊丹十三監督の作品で「ミンボーの女」でヤクザが持ち出す、常套句でしたよね。


謝罪はいらん、靖国神社など参拝するな、歴史教科書をもっと韓国よりの歴史に変えろ、オレの言うことを聞かないと、首脳会談など開かないぞ、竹島の領有権を主張するな、日本海ではなく韓国海だろうが、在日外国人に参政権を与えろ、靖国に変わる慰霊施設に予算を組み込め・・・まだまだある、韓国のワガママを謝罪はいらないから、受け容れろ、ってなモンでしょうか。

我々は、日本には謝罪に相応しい行動を求めている、つまり、これらの要求を呑まない限り、謝罪に相応しい行動とは言えない、ってな事を本音で思っているけど、言葉に出して言えないので、「謝罪はええから、誠意を見せんかい」と言っているわけですね。(笑)

 
韓国ってのは、中国と違って明らかに態度、考え、姿勢全てがおかしいですね。
だから、オバカな事を言っても、中国ほど取り上げてこなかったんですが、昨年もそうでしたけど、今年も年に一度の「憂さ晴らし演説」で笑ってあげるのも、せっかく日本にメッセージを届けようとして頑張っているノムヒョン君に、敬意を示す意味でも、そのぐらいはしてあげてもいいかなと。(笑)

以前は、日韓WCの頃は韓国が嫌いになりましたけど、今は、超越した存在となっており、どうでも良い存在となっている気がします。(笑)
恐らく、今夜は日本中のブログで、今回のノムヒョン君の演説をサカナに、盛り上がっている諸子が多いことでしょうな。

|

« 民主党の会見次第ですね、注目しましょう | トップページ | やはり、不思議な負けなし »

コメント

まぁ、今回の発言は流石に多くの日本人に
とっても“想定の範囲内”だったかと思い
ます(笑)。小泉首相的に言えば今回の発言
は、「国内向け」ということなのでしょう
けど・・。

世界の潮流に逆行した『大きな政府』作り
に加え自分のお気に入りを次々と政府要職
につける恣意的な人材配置。経済では格差
のない社会が良いと公言し金持ちや企業を
散々批判しておきながら、実際自らの政策
で彼らをより富ませ格差を広げ、あろうこ
とか自らが常日頃批判している金融市場で
個人的には大儲け。北朝鮮問題では世界中
で批判されているかの国をいつまでも擁護
する無神経ぶりを発揮し、一方日韓関係で
は『外交戦争』とかデカイ口を叩きながら
やってる事と言えば小泉首相とのタイマン
勝負からは逃げ回り他国でこそこそ日本の
悪口を言いふらす陰険ぶりと自国で虚勢を
はってるだけ。一時期、得意になって周囲
に吹聴していた『バランサー』論も、今と
なっては(韓国)国内からも“口先だけ”
と揶揄される始末・・。

とまぁ韓国“三大”マスコミの朝鮮日報・
中央日報・東亜日報の日本語サイトの記事
を読むだけでも、彼が完全に八方ふさがり
の状態であることは明白です。となれば、
今回の発言は起死回生を図る為、あるいは
単なるやけっぱちでこういった類の発言を
することは必然なのでしょうねぇ(笑)。

以前から主張していることですが、一応の
批判をした後は“完全無視”ということで
良いでしょう。要は、誰も彼の言うことに
耳を傾けなきゃいいわけですからね(笑)。
先に挙げた韓国マスコミでも、この発言に
乗っかって中央日報がお馬鹿な社説を掲載
していますけど、保守系の朝鮮日報はもと
より東亜日報ですら必要以上に大きく取り
上げようという意識は私の見る限りかなり
希薄です(笑)。正直、もう“見限って”る
んだろうなぁ・・。

彼はネットで例えれば、所詮“荒らし”の
ような存在でしかない。無意味で非建設的
な発言ばかりで、実際はなんの力も持って
いない。とことん無視することで、自らの
無力さをわからせてあげましょ(笑)。中国
の風下についた以上、中国の属国あるいは
付録に自らなり下がったことも実感させて
あげましょう(爆)。

投稿: 雷電 | 3 02, 2006 20:27

雷電さん、ご無沙汰です。

現在、仕事で韓国の人と一緒に仕事をしています。
私のサポートとして頑張ってくれていますが、いわゆる一般的な「韓国人」と違って、大人しく(火病は見たこと無い(^^;)、優しく真面目な人なです。(笑)

もちろん、竹島だの靖国だの、相手も意識はしているのでしょうが、飲みに行っても話題にすらなりませんし、お互いが相手の国の事をいろいろ聞いているような感じです。

つまり、所詮は私はいつもここで、ノムヒョンとか、半島の過激な人達を批判をしていますが、それも一部の韓国人であり、私の仕事パートナーも一部の韓国人であるという事なんでしょうな。

日本人の中にも、日本を批判する事でしか自己主張が出来ない人が多いが、国民が自分達の指導者、政治家を選ぶときは、如何にまともなバランス感覚をもった人間を選べるか、そこが大事なんでしょうな。

ノムヒョンが国民を扇動して、日本を非難するばかりで、前向きな姿勢を持てないのも、かれを応援する国民が多いと言う理由もあるのでしょう。
やはり国民がまずはまともな感覚を持つことが大事ですか。

日本も、山崎やカトーなどの、ある国しか見えていない政治家、もしくはある政党のように、日本を何かにつけて悪く扱わなければ、自分の存在価値を作れないような政治家、そんな後ばかり見ている政治家を、決して国民は選んでは行けない、「韓国のようになるな」肝に銘じたい言葉ですな。(笑)

投稿: akinopapa | 3 04, 2006 01:19

また例によって長いコメントですが、勘弁
して下さいませ。


>いわゆる一般的な「韓国人」と違って、大
>人しく(火病は見たこと無い(^^;)、優し
>く真面目な人なです。(笑)


 ・・・イメージの韓国人と実際に接する
韓国人とは違うと思いますよ(笑)。私が短
期間、別の職場で勤務していた時に隣の席
にいた韓国人もとても良い感じの人でした。
まぁ、だいたい日本で仕事をしてるという
ことは、一般的な韓国人よりは日本および
日本人にある程度は好意的な感情を持って
いる(若しくは悪い感情を持っていない)
からでしょうし、多分・・。


ノ氏の人気があることは確かですが、仮に
本人にその気があったとして2期目という
選択が可能だとしても、再選される見込み
はあまりないと思います。“反日”に関し
て言うと、韓国国民が本音では「もういい
加減、反省・謝罪・賠償の連呼はやめよう
よ」と思っていても、長年の教育やそれに
伴う韓国社会の雰囲気ではそれを公にする
ことは現在においても出来ないのが現状で
しょう。でも、内政が全然メタメタです。
どこの国でも政権の肝は結局は外交や国際
関係一般ではなくあくまで内政なかんずく
経済ですから・・。


しかしながら、改めてノ氏の発言を検証し
てみると、生活指導担当の教師が悪ガキに
説教してるみたいで、いかにも上から見下
ろしているという感がアリアリですよね?。
こういう物言いをしがちな人というのは、
ほぼ例外なくなんらかのコンプレックスを
持っています。内政・外交とも何の成果も
なく、その一方隣で自分の歴史認識に逆い
続ける(笑)小泉首相が改革を徐々にである
が着実に成果を挙げつつあるばかりか選挙
では歴史的大勝を収める成功ぶり。ここで
断言しますが、ノ氏は小泉首相にあらゆる
面で“敗北感”を味わっており、必要以上
にコンプレックスを持っています。ノ氏の
任期がいつまでなのか知らないのですが、
任期最後の3.1にはもっと過激なことを
発言するに違いありません(爆)。


繰り返しですが、日本の側では相手にしな
いのがベスト。正直、産経あたりは社説で
触れるのかと思ったけど、それすらなかっ
たですね(笑)。朝日・毎日あたりの意図は
図りかねますが、今回のマスコミの扱いの
“小ささ”ぶりは個人的にはとてもグッド
です。


P・S

お忙しいようですね。あまり無理をしない
で下さいませ。

投稿: 雷電 | 3 05, 2006 00:34

 自己レスです。

>正直、産経あたりは社説で触れるのかと
>思ったけど、それすらなかったですね

 ・・あ~あ、産経やっちゃったねぇ。
相手にすんなっちゅーに(笑)。内容は
そのとおりだけど、反応しなくていいん
だよ。‘荒らし’はレスがあるとつけ上
がるんだから・・。もう少し、産経新聞
も“肩の力を抜いてはどうか”?。

投稿: 雷電 | 3 05, 2006 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/8903237

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑):

« 民主党の会見次第ですね、注目しましょう | トップページ | やはり、不思議な負けなし »