« 民主党は何をやっているのだろうか・・・ | トップページ | 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) »

2 28, 2006

民主党の会見次第ですね、注目しましょう


1週間以上ご無沙汰で申し訳ない。

ともかく、明日はこの10日間国会を揺るがした、永田議員を始め、民主党の会見があるらしい。

私は先週の記事で、民主党の姿勢を嘆いたが、永田議員が「若気の至り」で暴走してしまったのなら、まだ挽回できる余地はあったと思うが、民主党がその軽率な行動の尻馬に乗ったのか、庇いたかった、過ちを認めたくなかったのか、どのみちどんな理由であっても、執行部が調子にのってしまったのが、さらに火に油を注いだ結果になっていますね。

そもそも、メールの真偽が初めから疑わしく(国会で永田議員が取り上げて、翌日にはもう偽物だと言われていた代物)、多くの人が呆れていた時に、私はブログで記事に書いた。
ところが、あれから1週間も経過しているが、まだ収拾していないのは、偏に民主党執行部のお粗末な結果です。
鳩山が一任されているそうですが、彼なんか情勢がつかめず、最初は3月4日まで調査するなど悠長な話をするばかり。
それが多くの反発を呼んで、慌てて明日の会見に早まった。

こんな事は、先週私がここで取り上げた時点で、偽造が濃厚なら、早めに「ごめんなさい」すればある程度済んだ問題だと思っていた。
ところが、引き際を見誤った上に、差出人と受取人が実は同じだったとか、もうボロボロウソがどんどん判明してくる。


2大政党というのは、与党が暴走したり、国民不在の政治を始めたら、浄化の意味を込めて、もう一方の政党に期待して政権をお願いするものだ。
その1つが、この体たらくでは、本当に日国民本にとって不幸この上ない。
自民党など全然任せきれる政党じゃないでしょ。
天下りは無くならないし、いろんな改革は結局は後回しだし、道路なども結局は作るハメになっている。

今年度の4点セットも、責め立てるだけではなく、政権交代のために、民主党独自の政策を打ち立て、小泉後、政権を握るチャンスだったのが、これの状態では、全く国民も泣くに泣けない。


私も、自民党に変わる政党で民主党を期待していただけに、ショックもある。
まさか、共産党や社民党に入れるわけにもいかず、益々政治不信になってしまうだろう。

それだけ、民主党執行部、特に前原代表は、一時期気に入っていただけに、大いに失望するし野田も所詮は、この程度の人間だったか、と言う感じですな。


ともかく、明日(時間的には今日になるが)、民主党の会見次第では、首の皮一枚残すことになるでしょうから、注目しております。
他にも、書きたい記事がないわけではありませんが、毎日が少し忙しく時間が無いので、とりあえずはこの話題を取り上げます。


|

« 民主党は何をやっているのだろうか・・・ | トップページ | 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/8870696

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の会見次第ですね、注目しましょう:

« 民主党は何をやっているのだろうか・・・ | トップページ | 今年もやっぱり盧武鉉だった(笑) »