« ビジネスホテル | トップページ | 民主党は何をやっているのだろうか・・・ »

2 12, 2006

侵略を否定すれば解任された時代が正常なの?

社民党大会が開かれ、時代錯誤で過去の遺産を夢見る旧態依然の党体質が、改めて表面に出たようです。

やはり、一番滑稽に思えたのは、「自衛隊は違憲である」との認識の復活と、「憲法9条改革反対」の矛盾ですね。
自衛隊とは、国を守るだけの戦力と規模と組織を持って、初めて国防を担う自衛隊というものの存在価値がある。
それ以外では、国防軍とは言えないわな。
ともかく、自衛隊の存在は違憲で、憲法を改正反対という主張では、当然ながら「国防可能な組織の解体・廃止」に「非武装組織への変更」に流れるのは社民党が訴えるまでもないが、ならば、それはもう自衛隊とは呼べず、単なる消防庁や海上保安庁のようなものでしょ。

国境警備と書いてあるが、彼らの国境警備の戦力とはどの程度を想定しているんだろうね。
中国の潜水艦が、領海侵犯したけど、国境を守るわけですから、当然、無断で許可無く侵入して来る戦闘艦は、潜水艦だろうがイージス艦だろうが、彼らを排除(撃沈)出来る程度の戦力を持った艦を持つことは、想定されているのだろうか、自衛隊が違憲の存在なら、当然そんな考えも無いと思うけど。(笑)
空も同じですね、高々度で高速で侵犯する外国の空軍機を排除するための迎撃機の存在、もしくは戦力も認めないのでしょうな?

そりゃまあ、中国様からお褒めの言葉をもらいますな。(笑)


社民党とは、もはや笑いを取るためだけの存在しかない、そんな気がしますね。
彼らを支援する人達ってのが、なおさら胡散臭い、市民団体とかピースボードとか、ちょっと名前を聞いただけで敬遠しちゃう人が増えているのも道理ですな。
自分達の事を、早く気づかないと、そのうち党大会をやっても、マスコミを始め、誰も見向きもされ無くなっちゃうと思うが。
ま、余計なお世話なんだろうけど。


 

ところで、20年前の1985年と言えば、中曽根首相時代で、親中派の金丸、野中が自民党の実権を握っていたころかね。
そうそう、社民党の前身の社会党も、土井たか子議員が憲政史上初の女性党首になり、その後の「山が動いた」の舞台に移る頃ですね。

天皇制や憲法めぐり集会 「建国記念の日」で
「建国記念の日」の11日、祝賀行事や反対派の集会が東京都内で開かれ、それぞれ天皇制や憲法をめぐる講演や討論が行われた。祝賀派は「皇位継承制度の改変を見過ごすことはできない」、反対派は「平和の象徴である日本国憲法を守れ」などと主張を展開した。
 神社本庁や日本会議でつくる「日本の建国を祝う会」は、渋谷区の明治神宮会館で「奉祝中央式典」を開催し、主催者発表で約1500人が参加。
 女性、女系天皇を容認する皇室典範改正への動きに反発する発言が相次ぎ「万世一系の皇統を守り抜くため、皇室の歴史と伝統に基づいた慎重な検討を強く求める」との決議を採択。
 一方、市民団体「フォーラム平和・人権・環境」は千代田区の自治労会館で「『建国記念の日』を考える2・11集会」を開き、2百数十人が参加。
 朱建栄・東洋学園大教授が講演し「来日した20年前に比べると、今日の日本は憂慮の念がわく。当時は侵略戦争を否定する発言をした閣僚は解任されたが、今は個人の責任で済まされる」と指摘した。

神戸新聞 2006/02/11 18:31


 
ここで、取り上げたいのは、一番最後の


朱建栄・東洋学園大教授が講演し「来日した20年前に比べると、今日の日本は憂慮の念がわく。当時は侵略戦争を否定する発言をした閣僚は解任されたが、今は個人の責任で済まされる」と指摘した。

と言う記事ね。
なかなか中国人の視点から書かれていて、まさに本音が見えて面白いでしょ。


 
この中国の朱建栄と言う東洋学園大教授ですが、このブログでも1度取り上げました。
2004年の11月に、報道2001と言う日曜朝の番組において、ジャーナリストの櫻井よしこさんと「靖国参拝」に関しての討論の中で、中国を代表として出てきたオジサンである。

>>>>>2004年11月30日
報道2001での櫻井女史
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

まあ、この朱建栄氏は、中国万歳一辺倒の人物ではなさそうなことは、彼の講演内容や、書籍な内容からは伺えるが、やはり立場はどうしても中国人視点であり、それはそれでかまわないのだが、どことなく世界を中国の政府、社会を基準に評価しがちな部分があるんではなかろうか、そう思うわけです。


前述の報道2001での靖国問題でも、確かに中国人はこう思っているんだ、こんなキモチなんだと代弁はする。
しかし、それが前提として、中国政府の反日教育の結果であり、果たしてその中国人が日本人に対する感情というのは、正しい社会の中で育ったものかどうか、と言う視点が全く欠落している。

つまり、ある一定の洗脳を受けた人達から発する言葉に、どれだけの正当性があるのか、と言う面がある。
もちろんそれは、日本も同じ事が言えるが、少なくとも日本は表面上は自由に物が言える社会であり、民主主義国家を謳っている国であり、独裁支配による自由がない中国などとは、全く同じ条件にもならない。

eikyou_BBC

この図は、英BBC放送が実施した世論調査で、世界に影響を及ぼす国と言うタイトルがある。

このグラフの青が、日本が他国に対して「良い影響を与えている」と判断した人の割合で、左の赤が、他国に対して「悪い影響を与えている」と回答した人の割合だ。

一目瞭然で、何かと国際社会に首を突っ込んでは、かき回しているアメリカはどこの国の評価も良くない。
このグラフを紹介した記事によれば、国際社会に一番悪い影響を与えている国がの1位がイランで、2位がアメリカだそうだ。
イランが、核査察を受け容れ、核兵器開発を止めれば、恐らくアメリカがダントツの1位になるのは間違いない。(笑)


それよりも、このグラフでは下の2つに注目して欲しい。
アンケートを採った33カ国のうち、日本が悪い影響を与えているが良い影響を与えているよりも上回ったのは、たったの2カ国しかいない。
このたったの2カ国しかない、を聞いて、「ああ、あの国とあの国だろうな」と想像するのは、難しくはないですね。


その中でも、韓国はまあ一応はそれなりに、冷静な目で物事を判断している人も多いですね、思ったよりは数字は拮抗しています。
ところが、中国の数字はどうでしょうか。
同じアジアでも、インドネシア、フィリピンなどに比べて、数字が逆ですね。
まさに、中国人が日本に対してものを見る時は、何らかの外的要因が存在すると判断しても差し支えないでしょうな。


これを見ても分かるように、中国はまさに日本をフラットに捉えられない「特別な存在」であるわけで、物事を客観的に捉えるなら、この事実を考慮しなければ、それは単なる相手への嫌がらせにしかならない。

その辺の視線、思慮がこの朱享受には無いので、あまり日本では受け容れられない意見だと思いますが。

 
 
話は逸れたが、つまり日本は20年前は、先の大戦について、「肯定」しなければ失脚するのが当たり前で、自由に物が言えなかった時代であったと語っているのだ。
そして、現代を憂慮している以上、侵略戦争を否定すれば辞めさせられる社会の方が良かった、と言っているのだ。
まさに、中国視線。(爆笑)
確かに、中国ではそんな言葉を公式/非公式にかかわらず口に出せば、失脚物だろう、自由に意見が言えない社会なのだから。
でも、日本は個人が自由な考えを持ち、自由に物を話せる国なのだ。
自分の意見を自由に言えない社会が正しいなど、独裁政権を前提に物事を見ていなければ出ないでしょうな。


 
仮に、日本政府の見解と反対の言葉を述べたとしても、軽々しく発言する事に関しては問題があるが、侵略戦争だと否定すれば失脚する社会こそ、異常な社会だったわけで、最近になってやっとこさ、まともになってきたと言う程度の話である。

まあ言外に、靖国参拝にしても、中国が反対したら、20年前なら日本政府は中国政府に遠慮してくれたのに(中曽根は止めた)、小泉は中国政府に遠慮してくれない、反抗してくる、非常に憂慮な流れだ、とでも言いたいのが見え見えですな。
辻元が、イスラムの風刺画事件を例に持ち出して、国会で小泉に迫ったそうだが、相変わらず他国を「煽る」行為だけは活発にするけど、日本の国民の為の活動は全くしないオバサンであるな。

靖国参拝で、韓国や中国が、イスラム社会がデンマークに見せたような暴動を期待しているんだろうな。
まあ、辻元って、1昨年のアジア杯での中国の暴動でも、それをさせた日本が悪い、と言う立場なんだろうね。(笑)

 
何度も言うが、国民はもう中国一辺倒のマスコミ報道には騙されない。
中国は、自分に都合の良い記事を書く朝日を褒めているが、気に入らない記事を書く産経は罵る。
一国の政府が、他国の民間の新聞社を名指して差別、ひいきする事が、まさに普通の国家でない事を物語っている。

また、小泉以前の政府では、野中や山崎拓、加藤コーイチのような半端な政治家が多く、何事も特定アジアに配慮する事が、外交だなどと勘違いした人間も多く、まさに、麻生や安倍のような政治家は、叩かれ出て来れなかっただろう。
それを思うと、あまりにも偏るのは問題だが、世間は正常に変移していると私は思う。


 
ちなみに、こう書けば、小泉信奉者だからと色眼鏡で見る人も多かろうが、私は小泉の政策を全部賛成しているわけではない。
皇室典範改正やノーピザ問題では、大反対の立場であり、中国に対するモノの見方、判断は、小泉より民主党の前原氏を支持する。
ただ、どんな人間でも、正しい事を言っている、やった事には、正当な評価を与えるべきだと思っているだけです。
人間、色眼鏡で物事見るようになれば、もはや客観的な判断は不可能でしょうから。


 

|

« ビジネスホテル | トップページ | 民主党は何をやっているのだろうか・・・ »

コメント

今日の内容は正鵠です。しかし小泉政権には用心しましょうと言いたいですねー。必ず代替法案を要してる欺瞞と詐欺で国民を愚弄します。
議員年金廃止法案可決。代替えで議員恩給復活で改悪。国会答弁で外交人労働者は当分見合わせる。しかし3月に韓国人ノービザ解禁です。ウォン高、国内求人倍率1,8倍の名古屋より催促されて観光よりオーバーステイする方を増やすのです。献金が多いから素早い反応する政権です。株で損させた人はマスコミのせいで自己責任は良いけれど監督官庁の公務員の人員削減は対策にならない。人員刷新して増員か転籍させ強化させるのが解決でしょう。

投稿: ようちゃん | 2 12, 2006 09:24

どうもご自身の色眼鏡に気づいていないがのが痛いなぁと、保守親父系ブログを見ていて常に思うね

投稿: aya | 2 12, 2006 11:32

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060212-00000201-yom-soci川崎市に本社がある大手精密測定機器メーカーが、核兵器製造に必要な機器としても転用できる「三次元測定機」を中国国内などに不正に輸出していた疑いが強まり、警視庁公安部は週明けにも、外為法違反(無許可輸出)の疑いで、このメーカーの本社などの関係先を捜索する方針を固めた。 会社はミツトモ(阿修羅より)金が儲かれば売国行為が許される。リビア経由で中国・北朝鮮へ行き中国は日本に照準合わせて核ミサイル24基、北は12基。回り回って自分の首を〆るが?そうですねー、亡命してるのよねー、金は英領ケイマンなどのタックス・ヘブンでね。

投稿: ようちゃん | 2 13, 2006 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/8616903

この記事へのトラックバック一覧です: 侵略を否定すれば解任された時代が正常なの?:

» 「皇位継承は男系男子」の原則を貫くべきだ追補 [悪の教典楽天市場店]
 今日は旧暦一月十八日、初観音、明暦の大火(振袖火事)。睦月、魚氷をいずる。 昨日は「女系」と「男系」の違いを説明した。「女系」とは「男系」と対をなす物と言う考え方に立つと「女系」「男系」以外に「母方か父方のどちらかを遡さかのぼると神武天皇に行き着く方...... [続きを読む]

受信: 2 18, 2006 15:38

« ビジネスホテル | トップページ | 民主党は何をやっているのだろうか・・・ »