« 新聞社の靖国反対大合唱・・・ | トップページ | トルコ訪問にも靖国問題を持ち出すマスコミ »

1 11, 2006

報道を指導しろと言う国際感覚

中国が、今度はマスメディアに噛みついたそうだ。


中国外務省、日本メディアに異例の批判

 中国外務省の孔泉(コン・チュワン)報道局長は10日の定例会見で、「日本の一部メディアは中日関係の報道で、遺憾な方法をとることがある」と述べ、昨年の日中首脳会談など具体例を挙げて批判した。中国政府が、日本メディアの具体的な報道内容について言及し、注文をつけるのは異例だ。

 孔局長は「一部メディアは、中日関係に現れた摩擦と問題について派手にさわぐことに夢中だ」と批判。一方、王毅(ワン・イー)駐日大使の談話や、昨年4月の日中首脳会談で胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席が示した、歴史認識や台湾問題での約束を実際の行動で示すことなどを求めた「五つの主張」についての「報道が大変少ない」と指摘した。


朝日新聞 2006年01月10日21時41分

爆笑ですな。

日本では、朝日や毎日などの大新聞社や、地方新聞のほとんどが、日本の新聞社のクセに、中国ばかりに顔を向けた記事を書いていると、国内では批判されている(もちろん、全員からとは言わないけど)のに、それで満足できず、もっと好意的に書けだって。

おまけに、朝日新聞記事によれば、「中国では日本に対し、良い報道がなされるようにメディアを指導している、日本も指導すべきだ」と言ったとか。


やはり、中国ってのは報道規制の国だねぇ、あれだけ中国を持ち上げているのに、この程度の表現では納得行かないらしい。
自由に記者が記事を書く内容に慣れていないんだろうね。
それに、国民が自由に考えを出せる環境など、想像も出来ないんだろうね。



本 当 に、こ ん な 国 で


 オ リ ン ピ ッ ク


開 く の か? 開 け る の か?

今からでも遅くない、止めるべきだろう。

|

« 新聞社の靖国反対大合唱・・・ | トップページ | トルコ訪問にも靖国問題を持ち出すマスコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/8103895

この記事へのトラックバック一覧です: 報道を指導しろと言う国際感覚:

» 恐るべき支那の傲慢 [閣下の憂鬱 ]
およそ文明的な国家であるならば、他国に対してこんな傲慢な 要求はしないものでしょうね。しかし、支那は所謂文明的な国家 ではありませんから、何の痛痒もなくこんな要求をしてくる訳です。 中国、日本に「報道規制」を要求・マイナス面の報道多い 以下、記事引用。 中..... [続きを読む]

受信: 1 11, 2006 23:11

« 新聞社の靖国反対大合唱・・・ | トップページ | トルコ訪問にも靖国問題を持ち出すマスコミ »