« 「私に会いたければ、ある行為を止めなさい」と言う外交 | トップページ | あくまでも、住居侵入罪で問われている »

12 06, 2005

想像通りの結果になったようで・・・

4日に書いた記事の通りの結果になったようで。
まあ、私が言うまでもなく、多くの方も同じ思いだったようで。



欧州議会も靖国参拝認めない」との韓国外相発言は「事実とは違う」


シュテンゼル欧州議員、本紙に明らかにする
 【ウィーン5日小川敏】欧州議会朝鮮半島議員外交団のウルズラ・シュテンゼル議員は5日、本紙の電話取材の応じ、「欧州議会も小泉首相の靖国神社参拝を批判した」という潘基文・韓国外交通商相の発言について、「韓国の潘外相との会談は非公式な性格のものだった。日本首相の靖国神社参拝が議題であったわけでもない。1人の記者が質問したので、欧州議員の誰かが答えただけに過ぎない。欧州議会が小泉首相の靖国神社訪問を正式に批判したという発言は過剰な表現であり、事実とは異なっている」と述べた。


 韓国通信社の報道によれば、潘基文外相は欧州議員との会談後、「第2次世界大戦参戦国として日本軍の犠牲となった経験をもつ欧州の国民の視点から見ると、靖国神社参拝は受け入れられないという意見が多かった」と報告、「靖国参拝を問題化するのは韓国と中国だけ」といった麻生外相の発言に対して反論したという。欧州議員の証言から、韓国外相の発言が政治的意図を含んだ発言であることが明らかになったわけだ。


 なお、シュテンゼル議員(オーストリア国民党・欧州議会議員)は今年7月、北朝鮮を公式訪問した欧州連合(EU)の欧州議会朝鮮半島外交協議団団長として北朝鮮を公式訪問している。



世界日報  2005/12/5 22:16

記者の取材だけで、もう露見しちゃうとは、あまりにも稚拙な話やなー。
出来れば、相手は韓国政府の外相が発言した、国際的な意見なんだから、日本政府として調査して反論して欲しかったな。

それにしても、何度も言うけど、韓国が靖国を外交カードに使うのは、ムリがありすぎるのにね、自らの価値を貶めているだけに過ぎないのに、それに気づかないのは滑稽と言うよりも、哀れみに近い感情を感じる。


 


靖国は外交カードにならない」 中韓の反発に首相

 小泉純一郎首相は30日午後、自民党本部で講演し、靖国神社参拝に中国と韓国が反発していることに触れ「靖国問題は外交カードにはならない。今の時期、多少ぎくしゃくした問題があっても、長い目でみれば理解されるだろう」と述べ、これまでの姿勢を変える考えがないことを強調した。


 靖国参拝については「まさに精神の自由だ。日本人が批判するのも分からない。中国、韓国が批判するのも分からない」と重ねて反論。日本の外交方針に関して「日米同盟をしっかり築き、そして世界の各国と仲良くしていく方針を当分変えてはいけない」と述べ、対米関係を優先する意向を示した。


 首相はこの後、中国外務省高官が東アジアサミットでの日中首脳会談に応じない考えを示したことに対し「わたしは日中友好論者だ。友好は大事だと思っている」と記者団に強調。中国側が靖国参拝を会談拒否の理由に挙げていることに関しては「中国はそう思っているようだが、わたしはそう思っていない」と述べた。


 講演で首相は圧勝した衆院選を振り返り、「投票する人の圧倒的多数は党員でもないし支持団体の会員にもなっていない。そういう国民全体の支持を得ないと、これから政権担当できるような議席を獲得することはできない」と指摘した。


 この日の講演は、立党50年を記念して行っている歴代総裁、官房長官の連続講演の一環。(共同)



sankei (11/30 18:28)

さすがは小泉首相ですな。
やはり、自民党は変わったと思うのは、この辺りも大きい。

今までは、加藤や野中などが自民党を牛耳っていた多くの考えで、中国や韓国に対してあまりにも卑屈な態度だった。
言って欲しい内容を、政治家が政府レベルで発言してくれるような社会になった、と言う点だけでも、昔を知る私から見れば大きな変化を感じますね。

ただ、自民党内の講演だけに止まらず、無いことも「ある、事実だ」と何年も言い続けていけば、ウソも誠になるだろう。
現に、アジアの隅っこの日本など興味も無かった人達が、歴史を詳しく知っているわけもなく、そんな欧州の人達が中国や韓国の態度を見て、日本が悪いと思っている人も多いのだ。
実際、ドイツやフランスの新聞でも記事になっているし、全く何も知らない欧州の国民が、そのようなウソの記事を信じ込んで、日本を非難するようになっては、マイナスにしかならない。


 
堂々と、日本の首脳が中国に対し「NO」と言えるようになっただけでも大きな前進だが、そろそろ次の世代も睨んで、国際戦略も大事に成ってくると思われる。
国連改革に失敗したのも、中国の横やりがそれだけ功を奏しているからだろうが、その辺りも含めれば、外務省が冷静に諸外国に向かって自分の主張を行って欲しいものだ。

中韓から遊就館について批判があれば、すぐに麻生は「ありのままを伝えているだけ」と切り返す。
小泉首相の参拝が、アジアで孤立していると言った意見には、「騒いでいるのは中国と韓国だけ」とバッサリ。
この辺に危うい麻生の良さがあるのだろうが、少なくとも、1つの批判には、きちんと日本政府として反論する、こういった態度は危うくとも、見習いたいし、麻生を評価出来るポイントにはなる。


小泉の任期が切れる来年を、中国も韓国もずっと待っているのだろうが、その後の首相がどんな人物になるのか。
まあ日本の1つの分岐点でしょうね。
まあ、麻生も安倍も致命的なミスをしなきゃいいけどね。(笑)


|

« 「私に会いたければ、ある行為を止めなさい」と言う外交 | トップページ | あくまでも、住居侵入罪で問われている »

コメント

韓国のホラ吹き外相のことは、取り敢えず放って
おいて・・(笑)。中国関係だけレスします。

時事通信によれば

“小泉純一郎首相が「もう靖国(神社参拝問題)
は外交カードにならない」と発言したことについ
て、「われわれは日本の指導者が実際の行動で
『歴史を反省し、おわびを表明する』とした自ら
の約束を早期に履行するよう求める」と不快感を
示した。”

とのこと。なんだか中国“弱っ”て感じですよね
ぇ?(笑)。不快感?これって、一連の問題に関す
る発言としてはどう贔屓目にみても“弱い表現”
としか言いようがないです。流石にボキャブラリ
が尽きてきたということなのか???。

小泉首相は意外と外交には長けているなぁ、とは
思っていたけど、最近はそうじゃあなくて“喧嘩
の仕方を心得ているんだなぁ”と思うようになり
ました(笑)。特に口喧嘩だと、屁理屈こねて相手
を煙に巻くとか・・。中国のようなヒネた相手に
はちょうどイイ感じですね。もう、韓国なんかは
小泉首相の喧嘩相手にすら最近はなってないし。

今後も暫くは政治(外交)が楽しい予感がします
わ、不謹慎ですけどね。

投稿: 雷電 | 12 07, 2005 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/7485881

この記事へのトラックバック一覧です: 想像通りの結果になったようで・・・:

» 結局、何して欲しいの?中韓【妻】 [鬱々夫婦の日記]
中国と韓国は、靖国、靖国って、何を譲歩して欲しいの? 日本は、いつまで土下座外交しなければならないの? 戦争を知らない世代になっても戦争の謝罪をし続けなければならないの? 中国人や韓国人が日本で犯罪を犯し、治安が悪くなっても、日本人は我慢しなくてはいけないの?... [続きを読む]

受信: 12 06, 2005 06:52

» 特亜好きの麻生大臣(ボケとツッコミ) [戯言と音楽]
外務省首脳が日韓の外相会談は向こう(北半球的下半島)が望むのなら会ってやってもいいって発言。日本は先の麻生外務大臣の「靖国靖国と騒ぐのは特亜だけ」っていう見事に日本国内の韓流ブームに水をさす発言をしたばかり。これではいけません。ここまで発展した韓流ブームを無くすような発言は日本政府としては慎むべきなのです。まあ民間ではそんな日本政府の発言とは裏腹に凄まじいまでの韓流の風が吹き荒れてます。 でもよくよく考えたら外務省首脳の発言や麻生外相の発言って実は半島のファビョリ具合を引き上げてもっともっと面白ニュ... [続きを読む]

受信: 12 08, 2005 20:45

« 「私に会いたければ、ある行為を止めなさい」と言う外交 | トップページ | あくまでも、住居侵入罪で問われている »