« 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 | トップページ | 新興宗教、「南無阿弥陀仏」の代わりに「無防備地域」を! »

11月 06, 2005

「問題提起」以前にやることがあるだろうに

2chを覗いたら、エライ話題になっておりましたが、この記事の話は知りませんでした。

本当に小学生のような理屈ですな。
太田大阪府知事は、相撲の土俵に上がりたいと問題提起を致しました。
それはOK、個人的には反対だけど、問題提起として議論を交える意味では、理解できます。
だけど、太田府知事は、「問題提起」を理由に、強行に土俵に上がったりはしない、どうしてでしょうね。
物事を分別できれば、当たり前の話です。

問題提起をするコトと、強引にそれまでの慣習、文化、宗教の歴史や、それを守る人達の意見を無視して、個人の考えで勝手に破る行為は別問題ですよね、「問題提起」をしたかったら、何をやっても許されるなど思う事自体、どんな思考回路、教育を受けて生きたのか、疑っちゃいますな。



女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行 




女人禁制が1300年間続く修験道の聖地、奈良県天川村の大峰山への登山を目指すと公表していた性同一性障害を持つ人ら35人のグループが3日、現地を訪れた。女性の立ち入りを禁じる結界門(けっかいもん)の手前で地元住民約100人と議論した結果、改めて話し合いの場を設けることで合意して解散したが、その後にメンバーの女性ら3人が登山を強行した。

住民側が結界門前で待ち構える中、午前9時50分ごろにグループが到着。地元・洞川(どろがわ)地区の桝谷源逸(げんいち)区長(59)は「先人から受け継いだ伝統や生活がある。地元の心情を理解してほしい」と登山中止を求めた。グループ側は今後も話し合いを続けてほしいと要望した。しかし、午後0時半ごろ、3人が結界門をくぐって山に入った。その1人は「問題提起をしたかった」と説明した。




asahi.com 2005年11月04日








それにしてもすげえなぁ、1300年という歴史の重みなど、彼女たちの前では、紙くずみたいな感覚なんでしょうかね?
1つの文化、慣習を1300年も守ってきた事実を、どう考えているんだろうね。
少なくとも、地元住民が反対しているのに、全く関係ない場所からやって来た人が、「問題提起」のためだけに、1300年の歴史をぶっ壊すってのが、スゴイっす。

1300年前ったら、江戸時代、安土桃山(戦国)時代、室町時代、鎌倉時代、さらには平安時代をも遡って、平城京時代ですな、ものすごく気が遠くなるような時間の流れと、日本の文化の重みをそれだけでも感じちゃいます。
それをまあ、話し合いや説得という基本的な行為を吹っ飛ばして、「問題提起」で壊しちゃうその感覚、常人には理解できないって言うか、開いた口が塞がらないと言うか。


 
どうして、ああいった運動家の人達は、自分達の都合や主義だけを他人に勝手に押しつけちゃうんでしょうね。
私は、別に運動など反対するものではありませんが、グリンピースもそうですが、自分達がやっていることが正しい、だから何をやっても許される、と言うような人をバカにした尊大な考え方が大嫌いです。

自分達の意志を社会に広く伝えるために、多くの人は長い時間をかけて地道に説得をして、社会に訴えているものですが、彼女たちから見れば、そんな粘り強い説得や交渉は、じれったいんでしょうか、実力行使でやっても反感を買ってマイナスにこそなれ、プラスにはならないはずなんですが、どうして短絡的で、ワガママで、傲慢な考えが生まれるのでしょう。


 
不思議なのは、男女差別と男女区別、きちんと切り分けられないのかと毎回思います。
思春期を迎えた男女が、別々の部屋で着替えるのが差別だと思う発想が、いわゆる「差別(不当な扱いを受けると言う意味合い)」を生んでいるのだと思いますね。
多くの人は、男女には区別があって当然なので、別々に着替えるのは当たり前だと思うのですが、何を意識するのか、それが「差別」だと思う見窄らしい考え方そのものが、まさしく歪んだ差別観だと思っています。

 
ジェンダフリーもいいですが、何事も常識と適度を持って改革を進めて欲しいですね。
私は、それほどジェンダーフリーに関しては詳しくないですが、それでも検索するだけで、それこそ問題提起をしているページなど大量に出てきますので、個人的に興味があれば見ても良いでしょう。


その中で、特に笑えたのが、この歪んだ性教育かな。

まず、このURLにある絵は、現在の全国の性教育現場の多くで使われている、「スージーとフレッド」だそうです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/tokyouisetumei/sujihureddo_1.jpg

ある議員が、国会で小泉首相に、過激性教育に対する質問をしようとこの人形を持ってきたところ、NHKが「先生、生中継です、そんな卑猥なもの放送出来ませんよ」と言ったそうだ。
NHKでお茶の間に流せないほど卑猥なものを、小学校の低学年の授業で使っていると言う、この矛盾した教育を笑わずにいられません。
これって、もともとは米国で性的虐待を受けた子供の証言のために作られた人形であり、何故か日本では、それが児童の性教育で使われているんですね、全く不思議な話し。


あと、今回の事で検索したページに載っていた、産経新聞の記事ですが、とても日本の社会の話とは思えない事が書かれています。


都立の養護学校、過激性教育 校内文書で判明

歪んだ性教育がもたらす、1つの無責任な結果がここに書かれてあります。
一番ショッキングなのは、

なかには皆が集まった集会室でいきなり自慰行為を始めたので注意すると「学校で自慰行為は恥ずかしいことじゃないと教わったよ」と答えた男子生徒などの報告も。

自慰行為が出来る年齢で(まさか現代じゃ、小学校低学年でも出来るのか?)、「恥ずかしい事じゃない」という言葉の意味、分別がまだ理解出来ないと言う事に驚くが、この男子生徒が屁理屈で言ったのではないとすると、教育とは何か、まずはきちんと再考してから、真面目に取り組んで欲しいものだ。

今回の登山した女性グループが出した、質問状を見たが、セックス(性交渉)に関する記述が何カ所かある。
05年10月20日 大峰山に登ろうに質問状があります。

女人禁制というキーワードで、ここまで質問状に書ける感覚は、やはり普通の人とは違う。
この質問状、最初の「大峰山」に女性が入山してはいけない理由をお聞かせください。を「相撲の土俵」に置き換えて読んで下さい。

ある意味、これが日本国内の問題で良かった、海外でこれをやられた日には・・・


 
話が途中から変わってしまいましたが、主義主張を訴えるのはかまわないけど、もっと常識を持って、先のことを考えて、そして先祖に感謝し行動して下さい、ってな事ですかね。


 

|

« 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 | トップページ | 新興宗教、「南無阿弥陀仏」の代わりに「無防備地域」を! »

コメント

これを海外でやったら大変な「日本の恥」「日本人のイメージダウン」になることは間違いありません。

投稿: 安保 仁 | 11月 12, 2005 11:45

安保さん、コメントありがとうございます。

ギリシャにも、女人禁制のヤマがあるとか。
そんなところで、「問題提起だ」という理由だけでやられた日には・・・
ゾッとしますよね。(笑)

投稿: akinopapa | 11月 14, 2005 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「問題提起」以前にやることがあるだろうに:

» 女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行 [不細工な不ログ]
女人禁制が1300年間続く修験道の聖地、奈良県天川村の大峰山への登山を目指すと公表していた性同一性障害を持つ人ら35人のグループが3日、現地を訪れた。女性の立ち入りを禁じる結界門(けっかいもん)の手前で地元住民約100人と議論した結果、改めて話し合いの場... [続きを読む]

受信: 11月 06, 2005 03:21

» 女人禁制と参加型開発 [TENERE]
修験道の聖地で「女人禁制」の奈良県の大峰山に無理やり入山した性同一性障害を持つ3... [続きを読む]

受信: 11月 06, 2005 07:41

» 僕が「ジェンダーフリー論」をかざす人間が嫌いなのはこういう輩の存在があるからだ。 [冒険少年News-Blog]
Akinopapaのあくびさんからトラックバック。 女人禁制の大峰山で女性ら3人 [続きを読む]

受信: 11月 13, 2005 12:35

» 区別と差別 [性・宗教・メディア・倫理]
 今回の大峰山の件に限らず、ジェンダー・フリーに関係した内容を含むブログの中に、「差別ではなく区別だ」という言葉を見ることがあります。  「差別ではなく区別だ」という言葉が、何らかの差異的な取り扱いを肯定する理由に使われているのです。  そこで、引っ掛かりを覚えるのが、「差別ではなく区別だ」との言葉を用いられているのに、差別と区別の関係が示されておらず、何をもって差別と区別を判断しているのかがわからない点です。  正直、それを言えば済むと思い込んでいるようにも感じ取れる用い方をしている方もいら... [続きを読む]

受信: 11月 13, 2005 21:13

« 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 | トップページ | 新興宗教、「南無阿弥陀仏」の代わりに「無防備地域」を! »