« 貧困を訴えて、利益を得る、美味しい商売やのぉ | トップページ | 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 »

10月 28, 2005

国民は失望している

韓国の潘基文外交通商相が来日しているが、町村外相にそう言ったらしい。
失望しているのは、韓国の国民だけでなく、相変わらずそのような態度しか取れない韓国に、日本の国民も失望しています。

韓国外相、首相の靖国参拝に抗議…日韓外相会談

 町村外相は27日、東京・麻布台の外務省飯倉公館で、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相と会談した。潘外相は、17日の小泉首相の靖国神社参拝について「(韓国)国民は失望している。国民の気持ちを踏みにじるもので、国際的な理解も得られていない」と抗議した。

 また、新たな戦没者追悼施設建設の予算計上を要求した。12月に予定されている盧武鉉韓国大統領の来日については、「現状では厳しい雰囲気である」と述べた。

 首相の靖国参拝について、町村外相は「追悼や不戦の誓いのため」と説明し、理解を求めたが、議論は平行線をたどった。追悼施設については「国民世論を考えて対応する。(韓国側の)希望は首相に伝える」と述べた。

 町村外相は、11月中旬に韓国・釜山で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際に、日韓の首脳会談と外相会談を行うことを提案した。潘外相は、外相会談には応じる考えを示したが、首脳会談は「大統領に伝える」と述べるにとどまった。
 一方、両外相は、日本と韓国の歴史研究者らでつくる日韓歴史共同研究委員会について、新しいメンバーを加えて、年内に初会合を開く方向で準備作業を進めることで一致した。
 また、青少年の交流活発化などを盛り込んだ「日韓交流5か年計画」を来年から実施することを決めた。

(読売新聞) - 10月27日21時24分更新

そもそも、素朴な疑問として、韓国は何故靖国に反対するのだろう?
韓国併合は1910年で、A級戦犯が裁かれたのは第二次世界大戦に対しての話であり、韓国併合は全く関係ないですよね。
そして、靖国には当時日本だった事もあり、多くの朝鮮の方の御霊も祀られているのですが、彼らに対しても慰霊を行っているんですけどね。(当時日本だったが故に、B、C級戦犯の中にも朝鮮人もいらっしゃるんですよね。)


 
正しい歴史認識を持てば、靖国に参拝はしないはずだとも語ったそうだが、正しい歴史認識を持たない韓国がそう言っても、全く説得力がないし、反対に、韓国が靖国参拝に反対するのは、正しい歴史認識を持っていないからで、彼らこそ正しい理解を得れば、失望するコトも無いだろう、ってのが率直な感想です。


 

何よりも、新たな戦没者追悼施設建設の予算計上を要求したッテのが意味不明なんだが、他国の予算に口出しするのは、どんな了見なんでしょうね?
図々しい、ワガママ、自己中心、火病などなど、韓国特有の性格に、いい加減して欲しいのだが。

追悼施設が出来ればA級戦犯を一緒にしても、韓国は文句を言わないのか?
A級戦犯を仮に分祀したとして、B、C級には文句は無いんだろうか?

無宗教にするかどうかは、韓国には関係ない話しであろうが、単に追悼施設という言葉で譲歩だけを求め、結局は難癖を付けるであろう事は予想出来るんで、個人的には韓国の望む追悼施設には反対ですね。


 
まあ国内でも、靖国参拝に関しては賛否両論があるが、特定アジアが反対するから参拝を中止せよと言う意見は、どうかな、日本国内でも少数な様な気がするけど。

ともかく、一番気がかりなのは、潘基文がこれだけ会談の冒頭で、日本の総理に対して批判したんだから、町村はガツーンと言ってやったんだろうね、って事だね。
「追悼や不戦の誓いのため」ってのは、もう何度も言っているけど、相手が認めないわけでしょ?
でもって、韓国の外相が「韓国国民は失望している」と切り出しているんだから、マチムラも「理解して貰えない事に、日本国民も苛立ちを感じている」などと切り返して欲しいものだが・・・


 
ただ、これまた正直な話し、今更韓国が何を言っても、あまり気にならなくなっているのはありますね。
この国は毎度だし、言っていることがムチャクチャだし、付き合いきれないと言う感覚に、ガキにまともに付き合っても仕方がない、と言う感じですしね。

それに対して、こっちはどう?
まともな日本人なら、ムカムカきちゃう話ですよね、日本の外務省はどうして堂々と反論してくれないのか?

中国、侵略戦争への反省を実際行動に移すよう日本に要求

中国外務省の孔泉スポークスマンは27日北京での記者会見で、「中国側は、日本側が侵略戦争への反省という承諾を真に実際行動に移し、中国人民の感情を傷つけることをこれ以上しないよう要求する」と述べました。

 孔泉スポークスマンはその際、「当面の中日関係には困難な状態が見られるが、その責任は中国側にはなく、日本国内にはいつも一部の右翼勢力が日本軍国主義が発動した侵略戦争を極力美化し、その侵略の罪を認めようとしない。
日本の小泉首相が第二次世界大戦のA級戦犯を祀ってある靖国神社を連年参拝したことは、中日関係の政治的基盤を損ない、中日関係の正常な発展に深刻な障害をもたらしている。
日本側は事態の深刻性を確実に認識し、侵略戦争の反省という承諾を実際行動に移し、アジアの隣国と国際社会からの信頼を得るべきだ」と述べました。


要するに、国際社会では声を出さない、誠実にしていれば「分かってくれる」などの、日本式ではダメなんですよ。 ムチャクチャでもいいから、自分達の主張を張り上げること、そして批判されたら、堂々と相手に反論すること、これが大事であり、相手が言いがかりを付けているので、無視するなどするのは、国際社会では何の意味も持たない、国民に対する罪でしょうな。

現に、欧米でも「靖国参拝が日中関係を阻害する」などの無知な論文が出てくるのも、彼が中国の外交筋の発表しか耳に入らない、日本から反論が無いので、それが正しいと思ってしまうからだろう。
そもそも、朝日支局が書いたニューヨークタイムス記事は、朝日新聞が書かせた内容とは言え、国際的に、その偏った記事が載っても何もおかしいと感じるアメリカ人が少ない、と言う点に問題がある。

日本がきちんと国際社会で反論をして、自分の主張を繰り返していれば、竹島問題とか、東シナ海油田問題とか、中国の反日教育など、議論の余地がない問題に対して、日本に対して否定的な意見など出てくるとは思えない。
靖国に関しても、自分達は戦死した兵を祀る墓地や、慰霊碑があって、自国の首長が訪れる事に何も疑問を持たずに、日本の場合だけ中国の言い分だけを取り上げ、書き直した社説など出てくるとは思えない。


 
筑紫哲也のニュース23で、愛国心特集をやっているが、若い世代で「強い日本」を求める傾向があるらしいが、番組では、無理矢理「自分が強くなりたい」、だから「強い日本」を希望する、みたいな誘導をしていた。
しかし、私から見れば、強い日本というよりも、「NOと言える日本」と言ったのは、ソニーの盛田と石原都知事だが、その両人とも国内では人気があるが、現代ではさらにその世代を越えて、自己主張の出来る日本、多くの人が希望しているのだろうと思う。
それが、小泉首相の支持の1つの意味であり、次期首相として人気の高い安倍氏もまた、同じ理由で支持が高いのだろう。

間違っていけないのは、自己主張を行う=軍国主義復活、右翼だの言いがかりを付ける人がいるが、それはあくまでも中国政府のプロパガンダに洗脳、騙されているだけだ、と言う点でしょうな。

|

« 貧困を訴えて、利益を得る、美味しい商売やのぉ | トップページ | 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 »

コメント

<ネタ国家:韓国>

実は、このネタでアップしようかと思っていたところでした(笑)。


まず、一応言っておきたいのは今回来日した潘基文外交通商相には
その勇気を褒めてやろうということ(爆)。なんたって半年前ぐらい
には某常任理事国の副首相が似たような状況において小泉首相怖さ
にドタキャンしたぐらいですから、(小泉首相に何を)言っても無駄
だからとか聞いて貰えないとか等と本国で泣き言をいうだけでなく
実際に来日したこと“だけ”は褒めてあげますよ。


 で、本題に入ります。

>新たな戦没者追悼施設建設の予算計上を要求した。

 ・・・多分、どの人もだいたいはこれを見て“内政干渉”と批判
的に見ますよね?。私も最初は正直そう思いました。でも、なんか
違うって気が同時にしたんですよねぇ。なにか、こう・・内政干渉
という言葉すら高尚過ぎるような、何かが・・。んで、暫く仕事を
しながら考えていたんですが・・、わかりました。何かに似てるよ
なぁ?と思ったら、一見それらしい理由を言いながら無茶なことを
要求するところが、あの“族議員”と・・。そう、今の小泉内閣で
は“抵抗勢力”そのものであり、なおかつ今や国民には侮蔑の対象
でしかない、あの“族議員”と同じなんですなぁ(爆)。

 仮にも一国の政府が、族議員と同レベルにまで落ちぶれるとは、
全く恐れ入ったものです(笑)。まぁ、族議員ならまだ良いですよ。
“主権者”たる国民の投票で選ばれた人たちなんですからね。でも
彼らは我々で選んだ代表なんかじゃない。とある地方議員が中韓を
「言いがかりをつけるヤクザ」等と言って物議をかもしましたけど
も、今回の場合ヤクザというよりはよくわからん雑誌を会社に法外
な値段で売りつけるチンピラ右翼というほうが、より適切な感じが
しますね->韓国政府。一国の外相が、外国に行ってその国の外相
や首相との貴重な会談の時間をそんなチンケなことに費やして本当
に国益に適うんでしょうか???。あぁ、なんだか韓国がどんどん
小さくなっていく気が・・。な~んかもう全く怒る気も起こらない
っすねぇ(笑)。

 北朝鮮が日本人らを拉致した件が今回の件と何となく重なるよう
な気がしますな。拉致って、そもそも一体なんのためでしょう?。
拉致被害者家族の方々は、これを“テロ”だと言ってます。でも、
(家族の方々の気持ちはわかりますが)私にはこれがテロだとはどう
しても思えないんです。テロ或いはテロリズムというのは、暴力に
よって政治的目的を達成することやこうした考えを是認する主義の
ことを言うはず。でも、拉致って、どこをどう見ても良くも悪くも
そういった政治的目的があるようにはとても見えない。せいぜい、
交通取締月間に点数稼ぎのため駐車違反を片っ端から取り締まって
自己満足にふける警官の如く、北朝鮮の役人(軍人)どもが首領様の
覚えがめでたくなるよう遮二無二なってやってただけでしょう?。
目的は(客観的にみて)あくまで国内的なことであって大したことは
ないのに、影響は悪い意味で遥かに大きくついには国連ですら正式
に取り上げられる始末・・。

 正直、日本もそんな雄大な世界像を描いたダイナミックな外交を
しているとは到底言えませんけど、その日本と比べても朝鮮半島の
国家は北も南も揃いも揃って矮小なことにばかりかまけている、と
しか思えない“体たらく”ぶりですな(爆)。


 これが今回一番言いたいことです(笑)。2ちゃんあたりでは韓国
を“ネタ国家”(笑いのネタを提供するだけのアホ国家の意)などと
一部で呼ぶ向きがありますけど、最近マジメにそうなんじゃないか
と思う次第・・。


長くなったので、続きは別にコメントします。あと、レスは程々で
イイですから、疲れない程度でお願いしますね(笑)。

投稿: 雷電 | 10月 29, 2005 01:11

<反日のまぼろし>

 レス第二弾です。


>そもそも、素朴な疑問として、韓国は何故靖国に反対するのだろう?

 ・・・今週のニューズウィークにタイムリーな記事がありますね。
以下の3つがそうです。

『靖国反日のまぼろし』
『友達のいない孤独な日本』
『本当に悪いのは中国のほうだ』
 
タイトルを見ればわかりますが、1つめと3つめが日本寄りの記事で
2つめが反日的な記事です。例によって、2つめの記事はあの高山氏
(他2名署名)の記事だったりします(笑)。ここでは1つめの記事を主
に取り上げますが、まぁ簡単に言って韓国では・・

・抗議行動に参加した人数、デモを実施した日数、そして“やる気”
 もいつになく盛り下がっていた(爆)。
・いつもなら連日批判記事を掲載するはずのマスコミ各誌も概ね参拝
 の翌日しか関連記事&社説(コラム)を載せなかった。
・そもそも竹島問題や教科書問題と違い韓国一般国民の関心が相対的
 に低く、かつ参拝問題の意味もわかっていない。
・現政権の対日協力者リストアップと関連した政治的な意図をもった
 “日本たたき”として、これを胡散臭く見ている人達が少なからず
 存在する。

 ということのようです(雷電が多少“意訳”してます(笑))。また、
産経新聞ソウル支局の黒田氏の記事(産経ネット)によれば・・

・特に最大の新聞である(保守系の)朝鮮日報は社説で一度も取り上げ
 ていない(WEBでは1度だけ取り上げているが、これも半ば茶化
 した感じで、正面きっての批判とはなっていない)。
・韓国日報では「A級戦犯問題と植民地支配とは直接つながらない」
 「この問題では中国より発言権が落ちる」等と中国と韓国との立場
 の違いをこれまでになく冷静に分析している。
・中央日報では「対韓ビザ免除や自由貿易協定締結などでも政治的決
 断力を」とある種の“開き直り”とも取れる社説を掲げている。
・実際に参拝したところで韓国に実害が出る訳はなく、そうしたこと
 から韓国政府は「国際的孤立を招く」等と、さも“日本のため”に
 忠告してやっているかのようなポーズをとっている。

 とのこと(こちらも、雷電が多少“意訳”してます)。

 両者に共通しているのは、中国も同様ですが“靖国疲れ”している
ということ(爆)。いっそのこと、毎日参拝して疲れ死にさせてしまえ
ば?と思っちゃいますね(笑)。もう、完全に法的或いは理論的に議論
するような問題ではなく、歴史的問題ですらない。要は、振り上げた
拳を以前のように振り下ろすことも出来ず、オロオロしているだけ!
というのが実態ではないでしょうか?。ただ、悲しいかな!中国ほど
の大国ではないから、(見かけはどうあれ)日本のことを中国ほどには
結局のところ邪険には出来ない。だからこそ、今回は中国のようには
ドタキャンせず、町村外相・小泉首相との会談に臨んだのでしょう。

 前にも言いましたけど、韓国は最近日米とは距離を置き中国に接近
しつつありますし、それならば彼らの望み通り“中国の子分”として
扱ってあげれば良いでしょう。つまり、少なくてもこの問題では中国
とだけ必要な話し合いを行い、韓国にはついでに話しておくという形
で中国と韓国を決して同じレベルでは扱わないことを露骨に示すこと
です(笑)。(中国は現に今でも韓国を「自分の言うことを無条件で何
でもいうことを聞く子分」としか思っていないですから(笑)、この件
で日本にそうそう文句は言わないでしょう。)
そうすれば、韓国に残された選択肢は「より中国に擦り寄り、(中韓)
一緒に日本に圧力を掛ける」か「日本への対応をより柔軟にする」の
どちらかしかありません。前者なら、日本もより韓国をシカト!して
中国とだけ歴史認識問題や朝鮮半島問題を話し合うよう外交をシフト
すれば、ある意味単純でわかりやすい構図になってそれはそれで良い
でしょうし、後者なら日本の立場をよりわからせる構図になる訳です
から、それでも良いでしょう(なおかつ、今後もやや突き放した態度
を取り続けるべきでしょう。ちょっとやさしくすると恩を仇で返すが
如く彼らがつけあがることは、それこそ戦後の日韓関係を見れば一目
瞭然ですし・・)。

>何よりも、新たな戦没者追悼施設建設の予算計上を要求

 ・・・前のレスよりマジメに批判するとすれば(笑)、「ことある毎
に“植民地支配”がどうこうと批判するくせに、てめえんとこの閣僚
がその植民地支配の典型的手段である予算権への介入を公の場で口に
してええんかい!」ってことですな。外相にして、植民地支配という
ものの理解が(極めて低く)この程度!ということが、またもや改めて
実証されてしまいました、とさ(爆)。“植民地支配”云々いうのなら
自分達はもっと相手に配慮した、それこそ“世界の模範”となるよう
な言動とか出来ないもんかいな?と最近は毎度のことながら思います
ね(苦笑)。金大中前大統領には、まだそういう部分があったんだけど
なぁ・・。

『靖国参拝はけしからん。でも、戦没者の追悼まで否定はしないよ。
だから、(無宗教の)戦没者追悼施設建設を作ってくれよ!。』という
ぐらいなら、これだって内政干渉ではあるけども(韓国)国民の感情を
思えば言わざるを得ない、という考えはあり得るとは思う。(内容の
是非は別問題)

でもねぇ、予算計上の“要求”となったら、国家が国家に対する要求
のレベルではもはやなく、厳密に言えば他国の国会そして国会議員に
向かって圧力を掛けている訳ですから、外交上の明白なルール違反で
しょうに・・。それとも、予算を決めるのは国会ではなく、政府だと
思ってるのか?(逆に韓国ではそうなのかな?)。まぁ、せめて文句を
言うなら、その国の制度ぐらいちゃんと理解してからにしてよ!って
感じでしょうか(笑)。

>「追悼や不戦の誓いのため」ってのは、もう何度も言っているけど、
>相手が認めないわけでしょ?

 ・・・こっちも相手の言い分を認めてないから、千日手状態(笑)。
小泉首相とすれば、結果的に相手の言いなりにならなければこっちの
勝ち!だと考えているようです。私も同感です。こういう対応でOK
だと思います。それ以上に韓国にエネルギーを割くのは、浪費でしか
ないし・・(爆)。例のニューヨークタイムズの“日本・北朝鮮同一”
記事の後にアメリカの著名な評論家R・ノバック氏のインタビューを
受けそれがワシントン・ポストに載ったようですし、小泉首相は結構
やることはやっていると思います。ターゲットはあくまで中国!だと
いうことがわかっているようでなによりです。

>マチムラも「理解して貰えない事に、日本国民も苛立ちを感じて
>いる」などと切り返して欲しいものだが・・・

 ・・・私も、いい加減この程度のことは言ってみた方が良いと思い
ますね。或いは、「あんたがたが騒いでくれたお陰で、政治に無関心
な若者が靖国に多く参拝してくれるようになったし、新しい歴史教科
書も脚光を浴びて採択率が増えましたよ。今後もそういう傾向である
ことをお望みなら、どうぞ今後も騒いで下さいな。正直、迷惑なこと
ではあるけど、悪いことばかりでもないんでね(爆)!。」とでも皮肉
を言うとかね(笑)。

>あまり気にならなくなっているのはありますね。
>この国は毎度だし、言っていることがムチャクチャだし、付き合い
>きれないと言う感覚に、ガキにまともに付き合っても仕方がない、

 ・・・良くも悪くも、高度な政治的意図を持った発言とかないんで
すよね->韓国。結局は感情オンリー。“歴史的感情”等というイン
チキ造語(歴史を“ネタ”にした感情というだけ。“歴史的な”感情
などあり得ない)を生み出す程に感情をストレートに臆面もなく出す
国家なぞイチイチ相手にすべきではありません。繰り返しますけど、
日本の国益を考えた際、いやでも中国を相手にする必要はあります。
でも、韓国は決してそうではありません。国交断絶したとしてしても
ちょっとした悪影響があるだけ。日本政府は外交のプライオリティを
きちんと見定めた行動をして欲しいものです。


(中国関連でもう1つレスします。)

投稿: 雷電 | 10月 29, 2005 01:18

<中国には“無視”では済まない>

 レス第三弾(笑)

 
 まずは、孔泉スポークスマン。彼が個人的に声明の内容のような思想の
持ち主であるのならば、彼にとってこの仕事は天職だろう。しかし、実際
はそうではなかったとしたら、ある意味中国で一番“気の毒な”人間かも
しれない(笑)。私は、彼のあの憎憎しい話しっぷりを見ては正直ムカつく
んですが、それと同時に「俺は偉大なる中華人民共和国を代表して声明を
話しているんだ。者ども(マスコミ等)、ありがたく拝聴しろっ!」みたい
な、あの自信に満ちた堂々とした態度には、正直なところ怒りを通り越し
てある種の“プロ意識”のようなものを感じ、若干の好感を持っていたり
もします(爆)。

 日本の官房長官も、物言いはともかくせめてもっと胸を張って如何にも
自信ありげに(例えハッタリでも)話して欲しいと思う次第・・。政治には
パフォーマンスが必要不可欠です。


 では、本題に・・

>要するに、国際社会では声を出さない、誠実にしていれば「分かってくれる」
>などの、日本式ではダメなんですよ。

 ・・・韓国の場合は無視でいいのですが、中国の場合はダメですよね。
なにせ、影響力が断然違いますから・・。欧米では、歴史(学)的にグレコ
・ローマン(ギリシャ・ローマ)から続く文明があり、それとは別にもう1
つの流れ、つまり中国文明があるという考え方があるそうです(どこで聞
いたか忘れましたけど)。例えば、単にエンペラーと言えばそれはローマ
皇帝(とそれに続く西ローマ帝国->フランク王国->神聖ローマ帝国-
>フランス帝国[ナポレオン]、東ローマ帝国->ロシア帝国の皇帝含む)
のことを指しますが、そうでない場合は中国の皇帝を指します。こうした
ように、欧米には歴史的というかまぁ観念的に中国を「古代ローマ時代の
頃から存在するもう1つの文明の代表」という一種の憧憬のようなものが
あり、また同時に地政学的に中国からの影響を直接は受けないことが結果
的に中国への無批判な態度に繋がっているのだろうと思います。勿論、私
の想像なのですけど、あれだけ民主主義・人権と念仏のように唱える連中
ですら中国には妙に甘い(特にフランス・ドイツあたり)のは、理屈を越え
たこうした面が影響しているからとしか思えないんですよね。

 ですから、欧米とくに欧州では日本はかなり意識的かつ積極的に自己を
アピールしないと、一方的に「中国○、日本×」みたいな情勢になりかね
ません。なんだかんだ言っても、プラグマティズムなアングロサクソン系
国家(アメリカ・イギリス・カナダ・豪州など)とは概ね良好な関係が構築
されていて問題ない(それでも啓蒙活動は必要でしょうが・・)と思います
が、それ以外の国にはそれなりのアプローチが必要でしょうね。

>ムチャクチャでもいいから、自分達の主張を張り上げること、
>そして批判されたら、堂々と相手に反論すること、
>これが大事であり、相手が言いがかりを付けているので、
>無視するなどするのは、国際社会では何の意味も持たない、

 ・・・これは外国生活の経験がある人に聞くと異口同音に言うことです
けど「議論の際に沈黙しているということは、相手の主張を認めるという
意味でしかない。」ということ。無視は沈黙或いは“逃げ”でしかない。
『ムチャクチャでもいいから、堂々と相手に反論』大事ですね。とにかく
アグレッシブつまり相手に屈しない!というところをみせないと誰も味方
してくれないんですよ、少なくても欧米ではね。大袈裟に言えばそういう
意思を見せないヤツは自立した人間ではない!ということすら言えるので
しょう。まぁ、日本人には自分も含めそういうことが元来苦手という欠点
があるのも事実ですけど、だからといって専門家である外交官がそれでは
困るんですよね。どうもあそこは他の省庁と比較してもお坊ちゃん育ちが
多いのか、語学力はあるけどプレゼン力やディベート力が皆無の人間が多
いらしい。だから、鈴木宗男なんぞに良いように利用されてしまう訳です
わなぁ(苦笑)。ムネオ程度の相手でこのザマですから、ムネオよりはるか
に強力・凶悪な中国(笑)を相手にしては手も足も出ない!というのが実態
なのでしょう。

プレゼン力やディベート力がないのなら、せめて論文ぐらいはバシバシ書
いて欧米の大学や研究所に「もういらないよ!」といわれるぐらいに送り
つけてくれよ(笑)->外交官諸君。かく言う私もプレゼン力やディベート
力については人のことは言えないっす(笑)。何でもいいから、取り敢えず
得意な方法でいいから、中国が自分の赴任している国でバカなことを発言
したら、即時に何らかのアクションを起こすこと。そういう態度だけでも
見せれば、赴任先の政府の人間の信用や理解が少しでも得られるようにな
るはずです。私が知らないだけで、多くの外交官はきっとそうした行動を
常日頃からしているものと信じたい・・。

 あと、特効薬ではないですけど、外交官を採用する際には語学力は当然
としても、上記のプレゼン力やディベート力、そして顔には微笑みを湛え
ながらもテーブルの下では相手の脛を蹴っ飛ばすような図太い神経を持つ
人材をピックアップ出来るような制度にして欲しいものですね。


 では、御免!

投稿: | 10月 29, 2005 01:23

<中国には“無視”では済まない>

をレスしたのは雷電です。名前を入れそこね
ました。すいません。

投稿: 雷電 | 10月 29, 2005 01:41

雷電さん、コメントありがとうございます。

コメントってよりも、さすがに寄稿文みたいなものですね。(笑)

先に私が書いたとしても、私もよく用いているように、コメントを返す形で記事にUPして下さっても結構ですよ。

雷電さんには、そのためにライター権をお渡ししているので、自由に書き込んで下さいな。(笑)

コメントの内容に対する話は、また何れします。
さすがに面白い話しが多いですね。

特に「靖国疲れ」とは的を射た表現ですね。
同じ反応しか出せないのがその証左でしょうが、俺たちにもメンツやプライドがあって、こちらも引けないんだよ、いい加減にお前(日本)が引けよ、と言っている感じですものね。

ただ、外務省が、きちんと日本の靖国の事を海外にアピールしていれば、何があっても問題無いのですが、ここで中国がぶち切れてしまった場合、日本は中国の主張に反論してこなかった、だから中国の言い分が正しい、よって「日本が一方的に悪い」と言われるのが、一番怖いですし、ほんとにそうなるかも知れず、バカバカしい限りです。

投稿: akinopapa | 10月 30, 2005 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民は失望している:

» 国立戦没者追悼施設の予算計上要求は内政干渉だ! [新聞記事・ニュース批評@ブログ]
 やはり日韓外相会談は潘基文韓国外国通商相の不満噴出の捌け口となってしまいました。しかし許せないのは、日本の内政にまで干渉しようとする姿勢です。 [続きを読む]

受信: 10月 28, 2005 06:51

« 貧困を訴えて、利益を得る、美味しい商売やのぉ | トップページ | 「パリーグ、プレーオフ是非論 再燃 3 »