« 夢の国の夢の物語で、リアルを求める滑稽さ | トップページ | ふむ、なんだか分かった・・・ような気がする(笑) »

10月 01, 2005

全部読んだけど、1度に書けないなー

さてさて、先ほど帰宅して、食事を済ませましたが、もう12時を回っています。
でも、少しだけでも某高校関係者さんにレスを返しておきます、なんだか宿題をため込んでいるようで、気持ち悪いからね。(笑)


まあ前回も書いたのですが、この話の元々の発端は、ある高校教師の出題内容と、採点についての話でした。
ところが、気づけば話はここまで広がってしまったのは、偏に誰かさんが次々と争点を広げた結果ですな。
まあ、私も前回付き合ってしまったのですが、今回はさすがに反省して、全てには付き合いません、ご了承下さい。


それから、今更ですが、と言うかお互い様でしょうが、書いているウチに言葉遣いが、もしくは表現内容が、非常に失礼なものになっている場合がありますが、この辺もご容赦下さいませ。
私は自分の良心に従って、自分に異を唱える意見の持ち主や対立者に、一方的に退場願うような措置を取る、そんな考えは持っていませんので、表現の不自由な面は、大目に見てくださいませ。


あなたは「お互いの考え方が、出発点で違うような気がするので、話は平行線を辿るだけかも知れません」と述べておられますが、私たちは「平和主義」民主主義」という点では共通すると思います。
<中略>
ただ、その中身にほんの少しズレ、ボタン1個の掛け違いがあるだけのように思います。そこを明らかにして整理することにも意味があると思いました。

そうでしょうか?
どう見ても、某高校関係者さんは、世の中のものを「自己中心」なもののとらえ方で、何事もフィルターを通して見ているような印象を受けますよ。
何度も言っていますが、貴方が仰る事には「客観性」となる視点が非常に少ない。
そのくせ、主観的な見解を「客観的」だと自分では判断している点で、私とは立場が違う、考え方の出発点が違う、そう感じているのですが。
そもそも、貴方が仰った「平和主義」「民主主義」においても、私と貴方の間には、認識の差があるように見受けられますけど。
個人的には、ボタン1つの掛け違いではなく、リバースシャツの表と裏ぐらいな差があるんじゃないですか?


 

では、順番に行きますか。


>>1.民主主義について

正直な話し、あなたがこれを持ち出した真意が分からない。
民主主義とは・・・と大層な見出しですが、書いている内容は、どっかその辺からコピペしてきたようなものばかり。
別に、書いてあるとおりなんですが、これが今までに私と某高校関係者さんの間で、論点になりましたっけ?



>>だから、政府には憲法を守る義務があり、国民には守らせる責任があります。



だから、この辺が私と貴方とでは、認識が違うんでしょ?
あっと誤解しないで、「政府は憲法を守る義務がある」、と言う文章がおかしいと言っているのではなく、私から見れば、国民は政府に憲法を、今のところ守らせているでしょ。
でも、貴方は自衛隊の存在そのものが違法なので、守っていないと言う立場ですね。

だから、私は平行線だと言っているんだし、この論点で前半の「民主主義とは」という文章は、何にも関係ないでしょう。
論点は前から明白でしょ、自衛隊は違憲かどうか・・・で私は違憲ではない、と言う立場で、貴方は違憲だと言う立場。
それはそれでいいじゃないですか、意見が違って何か問題ありますか?
そして、それは民主主義とはに何か関係しているんですか?

これだけ文章が冗長になっているのは、無関係なものを、何でもかんでも、自分が言いたいことを片っ端から引き合いに出すから、そういう認識を持って頂きたいですな。


 


>>2.ヒューマニズムについて

まあこれも一緒ね。
何も、今まで争点にも何もなっていない、ヒューマニズムなど持ち出さなくとも、議論は出来ただろうに、何故持ってくるんでしょうね、反対に持ち出したが為に、どんどん話が広がっちゃう。

あなたが、私と貴方のボタンの掛け違いの決定的な理由があるから、この項目をお書きになったのだと思いますが、その理由がコレですか?

 

ほとんど無条件で政府を信頼し、国民あるいは人間に不信感をもっておられるようです。

ここが個人的には爆笑したんだけど、その思考に至った理由は何?
私の過去のどの発言から、これを導き出したのでしょうか、これが一番聞きたい。
まあ、確かに一部の全体主義や絶対平和主義、念仏平和主義など信奉しているような人には不信感を持っておりますけどね。(笑)
って、某高校関係者さんも同じじゃないの? ファシズムに不信感もっていないの? みんな何かしら持っているでしょ?

あとさ、国家主義者だと言い切られちゃったけど、あなたのその信憑性のない思い込みに対する自信は、どこから来るのか不思議な面は置いておくにしても、民主主義ってのは、国民による政府の監視は良いとしても、常に政府は権力であって悪であるので、信頼してはならないもの、として考えることが民主主義なんですか?
そもそも日本憲法自身が、貴方の考える民主主義憲法なんですかね? 
もちろん、広義において民主主義ってのはいろんな意味にとられるかも知れませんがね。


 
でね、ここに至っても、あなたが何を言わんとするのか、わからんのよ、正直な話し。

某高校関係者さんにとって、選挙って何でしょうね。
自分が選んだ政治家、自分の代表として送り込んだ政治家を、最初から信頼するな、と言うスタンスでは、何の為に投票しているのか、不思議でしょうがありません。
信頼できないのであれば、最初から自分で立候補すれば良いとも思うよ。(笑)

自分の考えで投票し、その結果、次の選挙で国民がどう判断するのか、これも一つの国民による政治家の監視ですよね。
選挙で選んだ政治家に、ある意味、信頼を寄せて政治を任せる、と言う面はあっても良いでしょ。
某高校関係者さんだって、国民の監視って、常に自分が投票した政治家であっても、権力=悪だから、何をするにも注文をつけなきゃ気が済まない、ってなものではないと思いたいんですけど。
監視というかきちんと、次回の選挙では彼の活動を見てどうするか判断する、これも十分に意味があると思うけど。


 

3.国民主権について

個人的には、こっちの方が、お互いの立場の明確な差になっていると思うな。



あなたは、自衛隊が「憲法違反かどうかは最高裁で判断するのでしょう」と述べておられます。とんでもないことです。あなたは最高裁に「最終決定権」があると誤解されています。裁判所はあくまでも「憲法の番人」なのです。最終決定権、すなわち主権は国民にあるのです。国民主権とはそういうことなのです。そして、それが民主主義なのです。

だから、国民一人一人が自分の判断で、行動をしたら、日本国の秩序はどうなるんですか、と聞いているんです。
100人いれば、100の意見があると思って良いでしょう、その中で、いくら国民に主権があるからと、国民が勝手に判断したらどうなるんですか?

だから、国民の代表者たるものを決めて、三権分立として日本国憲法を守っているんでしょ?
貴方の言っている理屈は、机上の学問では正しいのかも知れませんが(何の勉強をしているのか、そこまでは私は知らない)、一般常識が無さ過ぎるでしょ。

某高校関係者さんの主張が正しければ、今回の小泉首相の靖国参拝に対する違憲判断も、裁判を起こす意味が無いですね。
自衛隊は違憲の存在であると言った、裁判も無意味ですよね、国民主権なので、国民自身が違憲だと思うものは、誰が言おうと違憲なのですから。(笑)


 

何というのか、この狭いブログというコミュニティにおいても、自衛隊を貴方は意見だと言うが、私は違憲ではないと思っている、これは考え方の相違である以上、避けられない事実です。
その上で、個人の考えは、お互いに尊重し合うべきでしょうし、さらに国全体の判断という物は、我々の代表者に委ねるしか無いのではありませんか?

もしこれが、国民主権を濫用し、まさに貴方も以前持ち出した、オウムが己の判断で他人をポアしても、オウム信者自身の憲法判断では、自分達を縛る法律は全て違法で、オレ様達の主権を侵害するので、正しいなどと言い出したらキリが無いですよね。


それを踏まえた上で、あなたのその考えに基づいた、国民に主権があるんだから、教師は自由に何でも自分が正しいと思うことを、子供に教育して良い、等と言った考えが、私には理解できない・・・これが、私にとって最大の問題点なんですよ。


 

すでに下級裁判所では自衛隊が違憲であるという判決が出ています

これは雷電さんが答えてくださっているので、わざわざ2度手間はしません。
結局は高裁で覆されて、違憲判決は出ておりません。
自分の望む形で判決が出ていないからと、裁判所の責任にするのはどうでしょうか。


 

「まさか、国民が勝手に判断するの?」「個人が独断で進めることが出来るとは、それはスゴイ話ですな」と茶化しておられます。
どうか主権者としての責任を自覚してください。

ふざけないで欲しいと言うわけですな、では、あなたこそまじめ答えてみて下さい。
100人いれば、100の考えがあります、それを個人が勝手に具現化すれば、日本の秩序はどうなりますか?

そもそも、私が、国民主権の名において、自衛隊は違憲ではありません、そう答えたら、あなたは納得するのですか?


 
あなたの話しを聞いていると、真面目に書いているのがバカらしくなります。

断っておきますが、日本では自由に発言する事も、自由に考えることも許されている、これは私を含め、誰も否定はしていません。
その上で、あなたが「自衛隊が違憲である」と主観に基づく判断をする事も、これまた自由で誰の制約も受けないし、自由です、これも誰も否定はしない。
さらに、そのあなたの主観に基づいて、政府に対して反対運動を起こすのも、自衛隊は違憲であると訴えて行動を起こすことも、これまた自由ですし、これまた誰も否定しない。
そして、あながた最終的に自衛隊は違憲である、と言う立場の政治家や政党に投票しようとも、それまた自由ですし、もちろん誰も否定は出来ない。

まさか、このレベル(主観を持つ自由)の話をされていたのでは無いでしょうね?

口が酸っぱくするほど言いましたが、貴方が自由に考える主観と、公の立場である客観的な判断と混同していないでしょうな。

 
話がまた最初(数週間前の初期の頃)に戻るんですけど、主観はあくまでも主観であり、その主観を他人に押しつけてあなたは良いと思うのか?
この話しに尽きるだけです。


 
あと、今日はもう2時半を回ったので、寝ますので最後にしますが、先ほどの個人の主観を押しつけてはいないか? と言う話しに通じますが、貴方は「最高裁のサボタージュ」と決めつけている文章があったかと思います。
これは如何なる理由で、決めつけられたのですか?

私は、自衛隊に違憲判決を出さないからと言って、裁判所がサポタージュしているとは思っていないんですが、「サポタージュ」を前提に、私の思考を批判されておりましたが、これはあなたの考えを、私に押しつけている事にならないんですか?
この自分の考えと独断で、勝手に判断して、それをさも客観的な事実かのような展開で、批判する行為が、非常に鼻につくと言うか、ムカツクと言うか・・・

是非とも改めて欲しいところなんですけど。

 

|

« 夢の国の夢の物語で、リアルを求める滑稽さ | トップページ | ふむ、なんだか分かった・・・ような気がする(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全部読んだけど、1度に書けないなー:

« 夢の国の夢の物語で、リアルを求める滑稽さ | トップページ | ふむ、なんだか分かった・・・ような気がする(笑) »