« 7.リアル指向かバーチャル指向か | トップページ | 9.教育の中立性について »

10月 05, 2005

8.公明党教育介入事件について


真実は、常に意外な結末を用意していたりして・・・(笑)

 

8.公明党教育介入事件について

声明文ねぇ。(笑)

まあ、厳しいことを言わせてもらいますね。

今回の記事の構図が分かりましたよ。
あなたの言っている事を信じましょう、彼が実は偏った採点などしておらず、公平な観点で採点した、それでいいですよ。
でも、結局、それが結果的に記事の内容が正しかった、と言う証明になっているとすれば、話は面白いでしょ。(笑)

 

世の中には、あなたのような価値観を持つ人いますし、あなたが熱心に擁護する教師で、わざわざ中間試験に政治色の強い問題を出すぐらいですから、相当に偏った価値観を持っている教師なのでしょう。
まぁ、あなたがもし教師ならば、今までの議論の経過から、これはあくまでも私の推論ですが、自衛隊を肯定するような内容を書くだけで、間違いなく、文章表現、知識、見解、真摯な姿勢や努力で、否定派よりも全て劣っていると判断するでしょうな、0点を付けるのは間違いないでしょうな、そんな印象はありますね。
ですけど、これは結構当たっていると思いますよ。(主観には主観・・・経験で返します(笑))

ですから、あなた達が、いくら口では「公平な観点に則って」と言っても、某高校関係者さんが全く公平な価値観を持っていないんですから、その彼ら自身の価値観に合わせて採点されるだけで、十分に偏っている結果になるでしょうね。
でも、単にあなた達はそれを素直に認めたくないだけ。
あなたは、この新聞記事は陰謀だと思っている、なぜなら、自分達は公平に採点しているんだと自負しているから。


でも世間一般に見れば、あなた達の公平な価値観が、かなり歪んでいるので、一般社会では問題になっている、記事の内容は誤解でも何でもない、誤解しているのは、教師達だけ、と言うのが真実じゃないのかな。

ねっ、あなたが調査をすればするほど、記事の正当性が証明されていく・・・皮肉ですよね。(笑)

|

« 7.リアル指向かバーチャル指向か | トップページ | 9.教育の中立性について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8.公明党教育介入事件について:

« 7.リアル指向かバーチャル指向か | トップページ | 9.教育の中立性について »