« 8.公明党教育介入事件について | トップページ | 10.イラク戦争の本質について »

10月 05, 2005

9.教育の中立性について


ちなみに、最初に出ていた問題、意味があるとは思えないんですが、5つの選択肢のうち、4つには明らかな間違いを入れておき、たった1つの正解には、政治色の強いメッセージを刷る込む、これが貴方が目指す教育なんですか? 自分でバカらしいとは思わないんですか?

 

9.教育の中立性について

ともかく、今までの物事の考え方からして、「中立思想」に一番ほど遠い人が、教育の中立性を問う事自体が、どれほど滑稽なものか。



>>何の義理があってこんな答えを5点にしなければならないのでしょうか。

あなたさぁ、いい加減にしなよ、本当に大人なの?
某高校関係者と名乗っているけど、実は高校生か? なるほど、それなら、確かに某高校関係者に間違いないし、書いている内容も、かなり偏っているけど、高校生なら多少の稚拙さは仕方がない、むしろ若い頃は積極的にサヨクに傾倒するものだから、多少は安堵するし、納得もするけどね。


 
前回も書いたけど、どこの誰が、いつそんなことを書いたの?
その後のレポートの話もそうだけど、あなたの話は、試験もレポートも議論も何でもごっちゃ混ぜに考えて、そして出す結論は、「主観として片付けてよいのか?」ですね。

高校生かどうか知らないが、高校生であっても、もう少し 考えましょうよ?

議論するなら、話を整理するべきです。
客観性と主観性の違い、試験問題と研究レポート、現実の世界と、想像の世界、これらはきちんと区別を付けて、整理してから書き込まないと、本当にごちゃごちゃの文章になりますよ。
これまた何度も言いますが、それが証拠に、最初の話題に対して、現在のあなたの書き込みの文章量の多さ、項目の多さ、すべてこの余計な話を、すべてごっちゃにして、1つのテーマで語れないので、多くの分野に話題を分けて書くしかなくなっているから、このような文書の多さになっているのです。
ここまで話題、論点をはぐらかせなければ、自分の主張が書けないわけでもないでしょうに・・・


 
ともかく、あなたが受け容れられない、異常な面は、妄想した世界に自分で入り、そこで自分で展開された仮定の物語を進ませ、その物語で導かれたことに対し、「これっておかしいでしょう?」とっているのです。
言われた方は、誰か何とかしてくれぇ、と泣くだけです、ともかく、その話の展開の滑稽さに気づいてください。

例えれば、明日は晴れて欲しいと、たまには雨が欲しいと言った、二人がいて、そのうち晴れて欲しい側の人間が「雨が降れば、傘を差さなければならないし、外に出られないな・・・→ 明日運動会や遠足がある子供達も多いかも知れない・・・→ 雨が降って欲しいって、運動会や遠足を楽しみに待っている子供を泣かせるのか? そんなバカな話はない、雨が降ったら良いって、おかしいでしょう?」と聞かれたようなもの、誰が運動会や遠足の話をしたんだが。(笑)


 


|

« 8.公明党教育介入事件について | トップページ | 10.イラク戦争の本質について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9.教育の中立性について:

« 8.公明党教育介入事件について | トップページ | 10.イラク戦争の本質について »