« 選挙まであと5日 | トップページ | 連日のステーション »

9月 12, 2005

予想外の結果は、予想外の結果への布石

もはや私がここで言うまでもなく、2005年9月11日の衆議院総選挙は、空前絶後の結末となりつつある。

小泉首相は自民党を変えようとした、その点は評価できるし、改革を推進するブレない姿勢には賛同したもので、それが私個人だけの感情ではなく、多くの国民もどうような事を感じていたのだと思う。

ただ、自民党は半分は壊せたが、綿貫、亀井と言った理論的な政策より、人情、ドブ板選挙を地元民が支持した点で、国民の方がまだ時代の流れに着いて来られない人もいるのが現実でしょう。
また、執行猶予中である辻元氏にも、多くの票が入った事は、「浪花節」感情で国政議員を選ぶ人が多いと言う印象を、個人的には受けた。

さらに、ニュースを見ていて感じたのですが、刺客候補という立場はともかく、新たに余所から来て立候補した人に、地元の人が「地元のこと知っているんか?」とか「地元のために立候補しているのか?」とヤジを飛ばしていた人が居た。
10年ぐらいに前に書かれた政治マンガ「加治隆介の議」(安保さんブログ)と言うものがあるが、国会議員とは誰のために選ぶのか、そのマンガが書かれた時代から、国会議員は田中角栄、竹下登みたいに、地元に還元してくれるヤツ=大先生という意識が変わっていないんですね。
地元還元政治家志向が、抜けられない地域が、まだまだあるということでしょうね。


 

今回の選挙結果を受けて、敗戦の弁を語るべき野党の党首が相変わらず、自民への批判、小泉批判、郵政批判をしていたのが印象的ですね、「往生際が悪い」というか、「負け犬の遠吠えでみっともない」というか。
きちんと現状を見据え、敗戦、反省の弁が欲しかったですな。

ともかく、この結果であっても、まだまだ考えなきゃいけないことも多いし、でも、一歩前進したのかな、という印象を持っています。


 


さて私は、自民党が圧勝し、民主党が惨敗すれば良いと考えていたが、結果は予想以上の数値を示しています。
私の選挙区は、民主党が強い地盤で、TVでお馴染みの末松議員であり、今年になって市長選でも民主が自公を圧倒していた。
それに対して、自民党候補は31歳の若造で、普通なら問題なく結果が出ていたはずで、私も前回の得票差5万票が、どこまで迫れるのか、そこがポイントだと見ていたが、小選挙区では、激戦だったが驚くことに、末松氏が敗れた。
それだけでなく、隣の東京18区では、あの菅氏でさえ苦戦し、党の幹部や主要議員が小選挙区で次々に敗れた。


 
自民は公明との連立で、過半数どころか、単独で過半数に早々と達し、その後は252の安定数、269の絶対安定多数を、繰り返すが単独で達成してしまった。
現時点で、自民+公明で憲法改正に必要な国会議員数の2/3の320議席すら確保してしまった。


 
民主党は、これ以上のない惨敗である。
政権交代への二大政党の1つどころか、片方に320議席と言う、憲法改正すら野党では止められない数値を与えてしまった事は、屈辱以外の何者でもないでしょう。

それに、都市部で強いと言われた民主党が、東京で前回は自民党vs民主党は、12勝12敗で五分の戦いをしたのに、今回は自民党の23勝1敗であり、その1勝も代表も務めた、党は重鎮である菅直人氏が、やっとこさ勝てただけで、これ以上の惨めな負け方は無いだろうと思う。
仮に、選挙結果が出る前に、今回の選挙にシナリオを誰かが書いたとしても、ここまで一方的に民主党が惨敗する姿勢を書くことは出来なかったと思う、その意味では、まさに事実は小説より奇なり、と言う感じ。


 
ただ、私はこれで今回の自民大勝は、次の民主党の復活への十分な布石になったと思っている。
これほどの惨敗を経て、民主党自身が改革の必要性を強く感じた、そう信じたい。

私は、「政権交代可能な二大政党化」には賛成するもので、今回惨敗した民主党には是非とも党内改革を期待したい。


今回、自民党は勝ちすぎた。これが民主党にとっては反対にチャンスだと私は思う。
党首が岡田さんである間は、どう考えても民主党は強くならないことは明白だったし、相手が小泉さんであれば、もうどうあがいても不利は否めなかったはず。
これが、負けたとしても、前々回の衆議院選挙、前回の参議院選挙のように、民主党が健闘して良い勝負で終わっていれば、岡田さんが勘違いしたように、民主党はまた懲りずに、何も変わらない可能性があったが、これだけの惨敗なら、民主党は自覚し、危機感をもてたでしょうから、これだけ大敗した事は、むしろラッキーとして、ポジティブに捉えるべきでしょう。

 

自民党は、今回勝ちすぎたために、国民の期待はピークに達している。
憲法改正だって可能な数の議席をもらい、政治改革に必要な体制は整い、必要とあらば、官僚を規制するような法案だって問題なく通せるようになったはずで、これで次回の選挙までに「改革が進んでない」状況ならば、多くの国民が自民党に批判を行うはず。
ならば、冷静に考えて、改革は進むと思うか・・・
国民が期待するほどの改革なぞ、出来るはずがない。
現状でも、「総論賛成、各論反対」で収拾がつかず、小泉さんであってもこれだけ苦労したわけで、1年後、小泉さんが首相を退いた後、大胆な改革など出来るはずがないと私は見ております。

となれば、当然ながら民主党はチャンスなのです。

次回の選挙が4年後なら、4年の間にきちんと党内改革を済ませ、そのことで多少規模が小さな党に変わっても、4年後は今回の自民圧勝の反動を受けて、自民がこける可能性が高く、筋を通し、ブレない政策ときとんと数値や具体的な政策を示せる政党に変わっていれば、反対に大躍進が約束されているようなもの。

 
勝負とは、片方が大勝したら、その後も大勝するとは限らず、その反動で大敗することもあるのは、歴史上何度もあったこと。
大敗したことにめげず、これを反対にチャンスと思い、利用できるか、これが大事だと思う。

自民党が小泉さんの下で改革したのに、改革を望む民主党自身が、何も改革できなかったのが、今回の大敗の理由の1つでしょう。
先ほども言いましたが、次回がチャンスなんです、自民党は国民が期待するほど(300近い議席を単独与えるほど)の改革は、絶対に出来ないはずなんですから、民主党がここはチャンスだと気付いてくれれば、次回の選挙こそ、本当の意味で日本の政治が改革出来る、私はそう感じています。

もし、民主党が少なくなった議席数に拘り、党内で改革が進まず4年後の選挙を向かえたならば・・・日本の政治は真っ暗でしょうな。

 

|

« 選挙まであと5日 | トップページ | 連日のステーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想外の結果は、予想外の結果への布石:

« 選挙まであと5日 | トップページ | 連日のステーション »