« ピンチは最大のチャンス | トップページ | 7.公明党教育介入事件について »

9月 18, 2005

自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? その2

またも、某高校関係者さんから、えっ!! 自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? にかなり長いコメントを頂きました。

かなりいい味が出ていると思いますので、またもや記事として扱いたいと思います。

しかし、ブログでは長文の議論には向いていないので、どこかレンタルの掲示板でも借りようかと思ったりしましたが、まあ今のところ二人だけですし、まだ数回だけですので、このままにしておきます。
もし、他の方も複数で参加される、もしくはこの話題が長く続くようでしたら、広告付きなら無料の掲示板もあるし、どこかで用意しますが、それはとりあえず思案中と言うことで。


 
正直な話し、かなり長いので、1つのテーマ毎に記事も分けたいと思います。
お互いの考え方が、出発点で違うような気がするので、話は平行線を辿るだけかも知れませんが、とりあえず1つずつ行きたいと思いますが、話の論点が飛びまくっていますので、話題をきちんと整理しましょう。

と言うわけで、次の記事から順番に行きます。

でも最初は、今回の元になった報道の話題を扱った、7.公明党教育介入事件についてからです。

 

|

« ピンチは最大のチャンス | トップページ | 7.公明党教育介入事件について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? その2:

« ピンチは最大のチャンス | トップページ | 7.公明党教育介入事件について »