« 連日のステーション | トップページ | 自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? その2 »

9月 14, 2005

ピンチは最大のチャンス

また選挙関連の話しです、続いて申し訳ないです。
でも、それだけ国民の今回の選挙に対する意識が高かった、と言うことで。

民主党に原口一博衆議院議員がいる。
TVタックルでもお馴染みなので、よくご存じの方も多いだろう。

彼も、今回の選挙では佐賀1区で、小選挙では自民党に僅差で敗れ、比例ブロックの1位で復活当選した。

そんな彼が、TVでこんな事を言っていた。

  

  困難に出会った時がチャンスなんだ。
  参院で郵政民営化法案が否決された時は、
  多くの人が小泉首相はピンチになったと思った。
  だけど、彼はそれを最大のチャンスに変えてしまった

同じく、宮城5区に民主党の安住淳衆議院議員がいる、彼は逆風の中、何とか小選挙区で勝ち残った。
その安住氏もまた、こんな事を言っている。

  

  民主党は大敗したが、票は1.3倍負けただけだ。
  票は1.3倍だが、議席では200近く負ける。
  これを考えれば、逆もまた真なりと捉えるべきだ。
  小選挙区の戦いを、本当の意味で国民は知った、良い勉強をした


彼らがいるうちは、民主党はまだ将来は明るいと思う。

問題は、何度も言うが負けたあとの民主党の改革、それが大事だと思う。
負けたから大変だ、危機だ、ピンチだと叫んで、気持ちでシュンとするのではなく、ポジティブに考えて前進する力が欲しい。

これまた何度も書いてきたが、現時点での民主党の考えには、人権擁護法案、外国人参政権、靖国問題、対中韓外交姿勢などで、個人的には賛同出来ないし、五分五分の選挙であれば、民主党には私は入れない。

でも、自民党も完璧だとは全く思わず、まだまだ古い体質が残っている側面もあれば、肥大化した政治政党は、利権が絡んで小泉さんのような人間が出てこない限り、なかなか改革そのものが進められないと言った問題点もある事は事実。

そう言った場合に、自民党に代わって、国政を任せられる政党が、日本には絶対に必要な事は間違いない。
昔の社会党を始めとした、政権を握るだけの力がないのに、反対だけは一人前の政党は、もはやいらない。

民主党には、今回の惨敗を、是非ともチャンスだと捉えて、どうせ小泉さんがいる間は、足掻いても仕方がないので、じっくりと党内の改革を行い、育ってください、ただそれだけを祈りますし、それが国の為、国民の為だと個人的には信じております・・・


|

« 連日のステーション | トップページ | 自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? その2 »

コメント

彼らのようにちゃんと「敗北」を「認識」し「分析」出来る人がいるのならまだまだ民主党も大丈夫なのかな、と思います。

開票後の菅氏の発言には頭が痛かったですから。

投稿: 安保 仁 | 9月 19, 2005 10:30

安保さん、コメントありがとうございます。

個人的には、改革者は嫌われる、憎まれると言う事で、最初は小沢氏に指揮を執ってもらい、きちんと改革をした上で、前原、野田、河村などの若手に任せられればいいかなと。

ところが、小沢氏は菅氏を支持したのにもかかわらず、負けたと言う話しで、小沢氏の求心力も、予想以上に党内では影響力が無くなっているのでしょうね。
肝心の小沢氏にその影響力が無くなっているのであれば、私の当初の案も大した物じゃないですな。(笑)

まあ、前原党首と若手に期待しております。>民主党

投稿: akinopapa | 9月 19, 2005 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンチは最大のチャンス:

« 連日のステーション | トップページ | 自衛隊の存在は違憲なので、教育では否定は当然? その2 »