« 3.自衛隊の発展的解消 | トップページ | 5.イラク戦争とは何か »

9月 19, 2005

4.軍国主義の本質

軍国主義の本質ですか・・・凄そう。(笑)

4.軍国主義の本質

あなたは防衛費の増大と軍国主義の復活は違う次元の話であるといわれました。
確かにそうかもしれません。
卵と鶏は違う次元の存在でしょう。
卵にコケコッコーと鳴かせることはできません。
しかし卵と鶏の本質は同じです。
アリストテレス風にいうならば、同じイデアが内在して成長していくということになるのでしょうか。

ならばその本質とは何でしょう。
これは難しい問題ですが、それは他国への、さらには人間への不信感でしょう。
そこから不安が起こり、武力しか信じられなくなり果てしない軍拡競争が始まるのです。
そして、ますます緊張は強まり、被害妄想が高まり、ついに些細なことで引火して戦争となるのです。
だから吉田首相が指摘したように全ての戦争は「自衛のため」に行われているのです。
正当化の理由は後からどうにでもつけられます。


戦争は狂気の暴発です。
理性は麻痺して殺戮が自己目的化します。
南京大虐殺、従軍慰安婦、731部隊の人体実験、広島・長崎への原爆投下、アウシュビッツの虐殺、アブグレイブやグアンタナモの捕虜虐待へとサディズムはますますエスカレートします。
暴虐は敵に対してだけ行われるものではありません。

自国の国民にも熾烈を極めます。
自由主義者や平和主義者にはスパイや非国民のレッテルが貼られて血の弾圧が加えられます。
沖縄の住民の多くは日本軍によって殺されました。
これが一番おぞましいことです。

だからこそ憲法は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」(前文)のです。
そして第9条で戦争と武力の行使を「永久に」放棄したのです。

名前: 某高校関係者 | 2005年9月17日 午後 01時33分


ここは、一部を除いて、ほとんどの部分で賛同する意見内容なんですけよね。
それだけに、特に反論も無いけど、一部分だけにレス。


しかし卵と鶏の本質は同じです。

もちろん、全くの関連性が無いとは言いません。
北朝鮮など、国家収入に対する軍事費など常識を越えております。

ただそれは、軍国主義ならば軍事費の増大、国家予算における重要性が高い、というのは命題として真になると思います。
もっともこれは、歴史を振り返っても、多くが成立すると言っても良いと思う、と言うレベルですが。(統計を詳しく知った上での意見ではありません)

しかし、反対に逆命題の、軍事費が増大するならば、それは軍国主義である、は必ずしも真にはならなですよね。


ただどのみち、日本の場合に限って言えば、防衛費はほとんどが人件費で占められており、GDPに対する割合も低く、多少の動向があったとしても、軍国主義の話は全く無縁だと思って良いでしょうな。
まあ、アジア諸国(例の東アジア3カ国の別呼称)は、すぐに軍国主義だの騒ぎ立てるかも知れませんが。


 

あとは、中段辺りの、防衛費の増大に対する周囲国の感情は何か、と言う辺りから、戦争は狂気だ、と言う意見には大いに同感です。
まさに、戦争とは狂気の世界で、一般常識が通用しない世界でもありますし、どんな人出も理性が吹っ飛ぶものだと、私も理解しております。
もっとも、だからこそ、現代の軍隊の規律は、非常に厳しいものだと言うことも、理解しておりますが。


あとは、南京大虐殺の規模、従軍慰安婦の軍隊の関与、アウシュビッツ、731部隊、沖縄の住民は日本軍に殺された等々、事実認識で私とは多少異なるとは思いますが、まあここではその意識の差は、大きな意味を持たないと思うので、流しておきますが。


 

ただ、この項目の結論が、どうして「だから第9条で戦争と武力の行使を「永久に」放棄したのです」になるのか、繋がっているように思えないので、よく分からないのですね。(笑)

そもそも、日本が永久に放棄しているのは、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段として」ですからね。
誰も自衛の為の武力行使を、永久に放棄したとは思っていないでしょう。


 

|

« 3.自衛隊の発展的解消 | トップページ | 5.イラク戦争とは何か »

コメント

くだらないブログだ。
南京大虐殺とか従軍慰安婦とか何も疑うわずに信じてる時点で良識を疑う。

投稿: | 9月 19, 2005 13:27


すまんが、批判するのであれば、最低限、名前だけでも書けよな。
他人の良識を疑う前に、自分の良識をまずは疑うべきでしょうな。

また、本文を良く読んでからコメントを返してください。
私は、南京大虐殺とか従軍慰安婦の強制連行については、事実認識が異なると書いてあるでしょ。

あのさ、私も南京大虐殺や、従軍慰安婦に対するスタンスは、どちらかと言えば、貴方に近いと思うが、こんな書き捨てをしているようじゃ、貴方に近い考えをしている人全般が、また左翼の題材の与えるだけど、こっちは迷惑なんだけどね。

反論するなら、きちんとやろう、名前も書かずに書き捨てだけは、やっては行けないと思うぞ。

投稿: akinopapa | 9月 19, 2005 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4.軍国主義の本質:

« 3.自衛隊の発展的解消 | トップページ | 5.イラク戦争とは何か »