« 岡田は相変わらず・・・ | トップページ | ホレホレ、荒井氏だけか? 反対派は新党に行けよ »

8月 16, 2005

戦後60年、今度は中国が日本と戦争を希望する?

日付が変わりましたので、「昨日」になりましたが、8月15日は日本の60回目の、終戦記念日です。

正直な話し、年に一度は、しかも今年は60年目の節目の年、神妙に過ごすべきかと思いましたが、休みが明日までなので、結局は息子をプールに連れて行きました。(^^;)>
ただ、終戦記念日だというのに、プールはものすごい人出で、中学生や高校生らしきグループもいましたが、今日が終戦記念日だと言うことすら、知らない子もいるんだろうな、と思いながらも、「日本は平和」だと痛感しました。

そして、その今の平和は、過去に日本人がいろんな意味で礎をくみ上げて来てくれた上で、存在しているのでしょう。
もちろん、先の戦争の被害者も含めて、日本人全般の先祖様に改めて感謝です。

60%が「日中は再び戦争」 中国誌のネット調査

 中国の週刊誌「中国新聞周刊」の15日付最新号は、同誌が企画したインターネットによる世論調査で、日中関係の将来について中国人の約60%が「日中両国は資源をめぐり再び戦争になる」と回答した、と伝えた。

 ネットの利用者は20代などの若年層が多く、同世代に根強い過激な反日感情を反映しているとみられる。

 今月行われた調査には約7万6000人が回答。日本と聞いた際に「危険な軍国主義国家を連想する」と約80%が回答。約95%は「日本の軍国主義が復活する可能性が高い」と述べ、さらに約55%は「日本政府が正式に謝罪しても永遠に信用しない」と断じた。


(共同) sankei (08/15 18:18)

今日は、終戦記念日。
アジア各国で、日本に対する発言が相次いだので、コピペします。
おっと、アジア各国って、中国と韓国だけってのは内緒だぜ、マスコミはNHKですら、中国+韓国=アジア各国で表現したがるからね、本当の事を言っては中国様や韓国様には都合が悪いんだから。(笑)

http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d80430.html
日本脅威論?進む中国のファシズム化


前駐日中国大使館商務参事官・唐淳風氏は8月10日、香港のメディアに対して、年内に日中の間で軍事衝突が起きる可能性があるとし、日本の脅威に備えるべきであると述べた。・・・

中国は、日本と戦争するつもりのようです。
ロシアからも潜水艦を購入したようですし、ここ数年の中国の軍事費の増大は突出しており、準備万端のようです。
ですから、一層のこと、今から日本を悪者にして、日本とは戦争して当然、そんな空気を国内に作り上げようと、余念がないのです。
この事実を、今日のNHKの「日本のこれから」に出た、反日関係の人にも是非知って欲しいです。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-14/2005081402_02_3.html
“危険な「靖国文化」”遊就館の展示 侵略美化と批判


靖国神社が「日本の歴史わい曲、侵略美化の害毒を流す震源地」となっている実態を告発しました。
同論評は、「八月十五日という特別な日が近づくにつれ、アジア各国の人民は靖国神社に警戒の視線を向けている」と指摘。
特に神社内の博物館、遊就館の展示について、「歴史を気ままに『裁断』し、写真、図表、実物や映像による展示を通じ、
日本の過去の侵略、拡張を正義の行動と美化している」と批判しています。 ・・・

靖国神社をどのように位置づけ、印象づけようと勝手ですが、中国お得意の、
中 国 と 韓 国 だ け = ア ジ ア 各 国
を持ち出すのは、他の国に迷惑だから止めろよな。
今日のNHKの討論会でも、平気でそんな言葉を持ちだしていた中国人がいたが。

あと、自分達は国内に抗日記念館みたいな建物を、どれだけ造っているのかね?
そこの展示内容は、もう捏造のオンパレードで、立場を変えて日本がそれをすれば、今頃中国は、靖国どころじゃないと思うよ。
それが、国内で200を越える(今はもっと増えているかな?)そうですが、日本は遊就館を非難するのはあまりのも厚顔無恥だと思うけど、問題は、中国政府はそれを十分承知の上で、政治的に靖国を利用して批判しているので、もっと質が悪いってのに気づいて欲しいな。


 

先ほども書きましたが、本日、NHKで日本のこれから「アジアの中の日本」と言う特集番組がありました。
一応、討論番組のようです、「徹底討論」と宣伝されていましたから。(笑)

でも実際は、ほとんど討論にはなっておりませんでした、自分の意見の垂れ流しですね。
理由は、
(1)NHKの性格から、徹底的な討論番組は作れず、大人しく司会者に従う番組構成
(2)司会者の三宅さんが、1つのテーマに絞って討論させる事をせず、焦点がぼやけた討論会になった
(3)多くの出場者に、平等に述べさせるため、反論を求める場面でも、出場者が自分の持ってきた意見を中心に議論するので、論点がずれてしまうケースが多かった。

他にも気になった場面はありましたが、徹底討論にならなかったのはこれらが原因でしょうか。

でまあ、やはり多くの面で、韓国や中国の方は、今までの中国や韓国の主張の域を超えない意見も多かったです。
例えば、南京事件も40万人という数字に反論が出れば、1万人なら虐殺じゃないのかと、論点を変えて反論する。
韓国では、35年の植民地支配による搾取、創氏改名や半島の近代化における意見が、一方的なんですな。

そう言った中で、番組の最後で指摘されていましたが、番組の趣旨が「これからの日本」であるのに、ほとんどがこれまでの日本、もしくは日本と中国、韓国の歴史問題、靖国問題などの現代の問題を語り合う番組になっており、目新しいものは何らありませんでした。


ただ、1つ気になったのは、参加者の中に、高校の教員である女性がおりましたが、これがものすごい偏った意見の持ち主で、靖国参拝でも、賛成派の意見を述べた人に対し「そんな考えを持っているから、中国や韓国の人が怒るんです」と批判するんです。
他にも、人の意見に割り込むしね。
そもそも、靖国には軍人しかいない、国民は祀っていないからどうのこうのって、櫻井女史の意見にも口を挟むし、ちとこんな先生に教わるのは、恐ろしいと思ったものです。

ところが、ネットでその後見てみると、この女性教師は安達洋子と言う名前だそうで、その名前で検索かけると・・・出るわ出るわ。(笑)

俗に言う、2チャンネル風のプロ市民と呼ばれる人だったようで。
道理で、まあ絵に描いたような、掲示板でもよく見られる反日系の偏った意見の持ち主でした。
おまけに、朝まで生などの本当の討論番組では、あんな事を垂れ流していたら、すぐに反論が出たりいるんですが、NHKは最後まできちんと喋らせてくれますし、周りはその間静かに聞くような大人しい方達ばかりですから、さぞかし、自己陶酔していたんじゃないかな。


 

それはともかく、中国は「戦争」と言う言葉を持ちだしても、日本を牽制に来ています。
アジア周辺諸国から信頼と理解を得る外交をするべき、と言う幻想は今年も難しいそうですな。
中国は、しっかり日本を敵対国として見ていますし、一方の韓国も、未だに反省と謝罪をするべきなど、60年経ってもこんな程度しか言えない国家ですから、先が思いやられます。

|

« 岡田は相変わらず・・・ | トップページ | ホレホレ、荒井氏だけか? 反対派は新党に行けよ »

コメント

はじめまして。
2CHの他に有名な掲示板サイトと言えば、カフェグローブですかね。
こちらの記事とネタが同じなので紹介しておきます。
http://www.cafeglobe.com/cafe/forum/forum.cfm?room=news&action=contents&ForumID=13959

投稿: 田所 | 8月 19, 2005 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後60年、今度は中国が日本と戦争を希望する?:

» 8・15「日本のこれから」とギバちゃん橋田さんドラマ [D.D.のたわごと]
■NHK「日本の、これから」 桜井さん圧倒的存在感! 終戦記念日ということで, NHKで討論特番 「日本の,これから【アジアの中の日本】」 やってました。 かみさんの影響で途中から見たのですが, 靖国問題・教科書問題と進んで,最後「これからの日本は どうあるべきか」で締めたのですが, 三宅民夫アナの巧みな進行と, 一般の人も含めて出席者の発言が粒ぞろいで 合計3時間半の番組が短く感じられる,本当に充実した放送になってい... [続きを読む]

受信: 8月 16, 2005 04:12

» 資源戦争 [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
>日中関係:6割が「資源めぐり再戦争に」 中国誌が調査  中国の週刊誌「中国新聞周刊」の15日付最新号は、同誌が企画したインターネットによる世論調査で、日中関係の将来について中国人の約60%が「日中両国は資源をめぐり再び戦争になる」と回答した、と伝えた。  ネットの利用者は20代などの若年層が多く、同世代に根強い過激な反日感情を反映しているとみられる。  今月行われた調査には約7万6000人が回答。日本と聞いた際に「危険な軍国主義国家を連想する」と約80%が回答。約95%は「日本の軍国主義が復活... [続きを読む]

受信: 8月 29, 2005 14:46

« 岡田は相変わらず・・・ | トップページ | ホレホレ、荒井氏だけか? 反対派は新党に行けよ »