« もう終わりだね~、キミが小さく見えるぅ~ | トップページ | 小泉さんの変人度は、歴史に名を残すか? »

8月 02, 2005

死者をも道具として利用する亀井派

今日の午後から、ニュースで騒がれていましたが、自民党亀井派の永岡洋治衆院議員が自殺をしました。

この件に対し、警察も家族も地元の後援団体も、「理由は分からない」と言っているのに、亀井や綿貫、平沼は、「執行部の締め付け」とまさに決めつけて批判し、反対はの気勢を上げようと声明を上げている。

もちろん、家族も、後援者も個人的に思うことは多々あるだろうが、亡くなった家族、議員に憚って遠慮しているのに、ボスである彼らは、コレ幸いにと、死人をも冒涜し利用する姿は、まさにこれ以上醜いものはナイと感じる。

綿貫氏「異常な政治情勢」と批判=永岡氏自殺で反対派が会見-自民

郵政民営化法案に反対している自民党郵政事業懇話会長の綿貫民輔前衆院議長は1日午後、永岡洋治衆院議員の自殺を受けて都内のホテルで記者会見し「永岡氏を死に追いやった政治情勢は異常なものがある」と執行部の対応を批判した。
 綿貫氏は永岡氏の自殺について、選挙区事情と郵政民営化法案への賛成を迫る執行部による圧力があったとの見方を示し「法案を通すために手段を選ばない多数派工作がまかり通っている」と強調した。
 記者会見には永岡氏が所属した亀井派の亀井静香元政調会長、平沼赳夫前経済産業相らも同席。「第2、第3の永岡君を出してはならない」(亀井氏)、「(反対から賛成に転じた永岡氏が派内で批判されたと)官邸筋、執行部筋から腹立たしいことが流布されているが聞き捨てならない」(平沼氏)などと語った。 

(時事通信) - 8月1日21時1分更新

平沼は、平然と執行部が締め付けたから悩んで自殺したんだ、と政府を批判するのに、自分達のことは聞き捨てならないとか吐き捨てる。
ま、自分が卑下されるような発言は、聞き捨てならないってのは、当たり前かも知れないが、自殺に追い込んだのは、政府だけだと本当に思っているのか?
仮に、郵政民営化に賛成票を投じて悩んだ、と言う彼らの主張が正しいのなら、当然ながら、裏切った永岡氏に対して自分達の態度はその死を招く一因になったのではないか、と言う反省がこれっぽっちもないのか?


持っていないのなら、それはそれで彼の本質を見た思いがするし、持っていても、彼の死を無駄にしたくないから、それを政局に利用させてもらうとしているのなら、それもやはり彼の人間性の限界を見せているだけで、どちらに転んでも、記者会見までして、怒った時点で、彼はもう自分で自分の首を絞めて見せたようなもので、終わりだろう。


執行部の締め付けもあっただろう、しかし、裏切った事に対する、亀井派の白い目もあっただろうし、報道ステーションでも報道されていたように、地元の特定郵便局長から批判された事も理由にあっただろう。
彼の死はいろんな理由があるだろうが、郵政民営化だけでなく、反小泉に対する政局問題の犠牲者になった事も事実だと思っている。
参議院での投票もあとわずか。
漁夫の利を狙う民主党か、内紛の自民党か。
どちらに転んでも、国民には悲劇になるだけ。


 

|

« もう終わりだね~、キミが小さく見えるぅ~ | トップページ | 小泉さんの変人度は、歴史に名を残すか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死者をも道具として利用する亀井派:

» 永岡議員自殺、与党に波紋 [冒険少年News-Blog]
まずは永岡議員の御冥福をお祈りさせていただきます。 何人かの人がコメントを出して [続きを読む]

受信: 8月 02, 2005 01:48

» 野田聖子、平沼赳夫。終わりの始まり。 [sea_shore]
この二人は郵政民営化反対の広告塔である。野田聖子はジャンヌダルクと持ち上げられ、平沼赳夫は次期首相候補と舞い上がっているようにも見える。しかしここで私はこの二人に、終わりが始まった事を伝えたい。解散総選挙となった場合、もしかすると自民党が分裂し新党が旗揚げされるかも... [続きを読む]

受信: 8月 04, 2005 11:49

« もう終わりだね~、キミが小さく見えるぅ~ | トップページ | 小泉さんの変人度は、歴史に名を残すか? »