« 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ -3- | トップページ | 民主党は、もはや旧社会党と同じ »

5月 16, 2005

戦後の日本の姿勢

今日のお言葉は、やはり小泉首相のこの答弁でしょう。

「他国が干渉すべきではない」靖国参拝 首相継続

 小泉純一郎首相は十六日午前、衆院予算委員会の集中審議で、靖国神社参拝について「どの国も戦没者に対する追悼の気持ちを持っている。どのような追悼がいいのか他の国が干渉すべきではない」と述べた。仙谷由人氏(民主)への答弁。
 小泉首相は「戦没者を追悼し、二度と戦争を起こさないという、ごく自然の気持ちを実践してきた。一部の外国の言い分を真に受けて私の判断を批判するのはご自由だが、私は何ら問題があるとは思っていない」と述べ、参拝を継続する考えを示した。参拝の時期については「いつ行くかは適切に判断する」と述べた。
 また、小泉首相は中国などが靖国神社に「A級戦犯」が合祀(ごうし)されていることを理由に、首相の参拝を批判していることについて「『罪を憎んで人を憎まず』というのは(中国の)孔子の言葉だ」と述べ、問題はないとの認識を示した。
 一方、小泉首相は郵政民営化関連法案について、「現在、政府が提出した法案を修正する考えはない。現在、私は成立のために全力を尽くしているので廃案は考えていない」と述べた。

(産経新聞) - 5月16日15時56分更新

まあ、私から見れば、当たり前の話を述べただけなんですが、首相が国会の答弁で、ここまではっきり言いきったのは、久しぶりのような気がする。
ここに載っている話し以外にも、
また、首相は「中国側は『戦争の反省』を行動に示せというが、日本は戦後60年間、国際社会と協調し、二度と戦争をしないという、その言葉通りの行動によって、戦争の反省を示してきた」と強調
こう述べたそうですな。


 
これらの答弁とは別に、予算委員会で、何故この答弁になる質問が出たのか、また、その質問をしたのが民主党と言う、こっちの方が気になりますね。(笑)
どうやら、仙谷由人氏の質問は、中韓の反日デモを取り上げ、「個人的に参拝するのは結構だが、首相として参拝するのはお止めになる事が、正しい外交ではないか」と言ったらしい。
民主党は、最近は社民党と変わらない部分も多いですな。
「正しい外交」とは、自国の主張を国際的に訴えることをせず、「靖国は軍国主義の象徴」だと指摘する中韓に対し、遠慮して取りやめる事は、国が確かに靖国は軍国主義の象徴です、と認めようと言うのが、正しい外交なのか?

まさに、菅直人みたいに、「適切に判断するということは、行くんですか? それとも行かないのですか?」と質問しているのと同じ程度で、レベルが低すぎる。
「靖国に行く」という言質を取れば、中国や韓国に反日を煽って、「自民党はアジアを軽視していますよ」とかで批判出来る材料を、「行かない」と言えば、中国に自分の名前を売り込め、国内では公約違反だのと攻撃材料に使う、どっちに転んでも、自分の政治的な材料に使うだけで、実りのある質疑と答弁になるはずもなく、政治が沈滞させている原因になるだけでしょうね。

そもそも、こんな記事も見かけたけど
効率重視の民営化が事故の一因との見方に反論した。菅直人氏(民主)に答えた。

菅直人は、今回のJR西の事故が、JRの民営化による営利追求が原因だと言った見方をどう思うか、質問したってことか?
そんな見方がある事が、論議にもならない、取るに足らない稚拙な考えなのに、取り上げると言うことは、菅はその可能性もあると思っているか、それとも、意味のない質問で、首相を困らせようとしただけなのか?
どのみち、貴重な予算委員会で取り上げるような質問とは思えない。


 

加藤紘一が、衆院を解散したら間違いなく自民党は負け、民主党が勝つと言っているそうだが、そりゃいくら何でも、民主党を買い被りすぎだろ。
今の、迷走する岡田に、お遍路して益々社民思想に磨きを掛けた菅が相手で、どうやって民主党が絶対に勝と思うの(笑)
もっとも、小泉を潰した時点で、昔の派閥政治に逆戻りしそうな自民党が、これまた絶対に勝つとは言えないところが、微妙なんだが。(笑)
もっとも、民主党はその時のために、小沢一郎という切り札を残しているんだろうと思うが。(切り札になれば良いけどね)


 

国外では、また中国と韓国が、何かしら火の手があがるでしょうね、楽しみです。(笑)
国内では、朝鮮日報の日本支部である朝日新聞が、何を出してくるのか、これまた楽しみです。(笑)

ちなみに、私は4月からまた朝日新聞を購読始めましたが、一般市民が投稿する声の欄というものがあるんですが、靖国参拝に関しても、市民の関心は高いようで、かなり投稿が載っております。

朝日の世論調査を見る」にも書きましたが、朝日新聞の世論調査によると、

小泉首相の靖国参拝には賛成ですか?(%)
       日本   韓国   中国
・賛成    54     8     0
・反対    28    92    91

朝日でこの数字なので、7割近くは賛成なんじゃないかと。(笑)
ところが、面白いのは先ほどの声の欄なのですが、頼りない記憶ですが、靖国参拝に関する投書が、4月から少なくとも5本以上は載ったと思いますが、全て参拝中止を求める投書で、参拝に賛成、もしくは内政干渉だとズバッと切り捨てた投書は、1つも見たことがない。(笑)

まあ、毎日きちんと読んだわけじゃないので、見落とした中に、賛成の投書もあったかも知れませんが。
朝日新聞の世論調査で、半分以上の54%の人が賛成で、反対は28%ですよね、約1:2の割合で賛成が多いのですから、反対の投書を1つ読めば、2つぐらい賛成の投書があるはずですが、たまたま見落とした可能性もありますね。(笑)

ちなみに、靖国だけでなく、歴史認識についてや外交姿勢での政府批判、中国(韓国)の言葉に耳を傾けよう、みたいな意見など加えれば、もっとサンプル数は多くなりますね。(サンプル数は増えても、掲載率100%は変わらない(笑))

 

|

« 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ -3- | トップページ | 民主党は、もはや旧社会党と同じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の日本の姿勢:

» 成る程。ならば、8月15日に行くべきだ。 [冒険少年News-Blog]
小泉首相は靖国参拝を止めるのか、と思っていたがそんなことはなかったようだ。靖国神 [続きを読む]

受信: 5月 17, 2005 22:13

» 横丁のオヤジの繰言は聞きたくない--靖国神社参拝問題に関して [BigBang]
「横丁のオヤジ」を軽んじるわけじゃないが、「横丁のオヤジ」が日本国の内閣総理大臣 [続きを読む]

受信: 5月 18, 2005 02:40

« 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ -3- | トップページ | 民主党は、もはや旧社会党と同じ »