« 民主党は、もはや旧社会党と同じ | トップページ | これが社説? 朝日も落ちぶれたな »

5月 27, 2005

A級戦犯の分祀だってさ(笑)

私も、神道についてはもちろん、自分の家の祖先が供養されている仏教の宗派でさえ、意識は非常に薄いので、偉そうな事は言えないが、少なくともトヨタの奥田会長のこの発言は、笑えると思うぞ。

奥田経団連会長「A級戦犯の分祀検討を」

 日本経団連の奥田碩会長は26日、経団連の定時総会後の記者会見で、小泉首相の靖国神社参拝について、「小泉首相は、A級戦犯を参るために靖国神社に行っているわけではない。A級戦犯が入っているか、いないかは、改めて日本として考える必要がある」と述べ、A級戦犯の分祀(ぶんし)を検討すべきだとする考えを示唆した。


(2005年5月26日22時14分 読売新聞)

この人(奥田)は、日頃から中国で商売がやりにくいから、小泉首相に靖国参拝は止めるように言っている人の一人だ。
と言うことは、今回のこの発言の意図は、「A級戦犯の分祀」をすれば、靖国からA級戦犯の神霊がいなくなり、首相が靖国に参拝を続けても、中国も怒らないだろう、と言う考えがあっての発言なんだろうね。


1兆円の利益を上げる会社の会長に言うのもなんだけど・・・バカ? (笑)


分祀ってのは、その神社がお祀りしている神霊を、余所に分ける・・・つまり、同じ神霊をお祀りする神社が増えるだけで、1つの神霊を真っ二つに分けるような意味ではない。

日本には、ある神社から分祀されて出来たと言う神社が、かなりある。
分祀された神社は、本社に比べて、分けられなかった神霊の部分だけ、功徳が薄いとか、反対に分祀した分だけ、本社からある神霊がいなくなり、今まであった功徳が無くなったとか、そんな話は聞いたことがない。
京都の有名な伏見稲荷から、東京の東伏見に分祀して出来た神社があるが、そのように各地に分祀していけば、本社はどんどん神霊が減っていく話しになるが、そんな話は聞いたことがない。

日本にも、楠木正成の楠公、菅原道真の天満宮があるが、こちらは分祀かどうか分からないが、もし、太宰府天満宮が分祀をしたら、太宰府から菅原道真公の神霊がいなくなってしまう、そう言っているのと同じなんだけど。

そう言う意味で、単に分祀しただけでは、靖国にはもちろんA級戦犯の神霊は残るし、分祀した先でもA級戦犯の神霊が入った神社が増えるだけで、それで中国様が喜ぶと思っているのでしょうか。(笑)
まあ中国が、分祀で良いと言っているのなら、大いにやってみるべきですが、考えたら、中国は靖国参拝の中止は求めているけど、A級戦犯の分祀に関しては、聞いたことがない気がするね。
もし、正式に言った事がないとすれば、分祀には意味がないって事を、日本人よりも知っている事になるね。(笑)

 

さらに、神霊について、ろうそくの炎のようなものだ、と言う説明を、どこかで読んだ。
つまり、1本1本のろうそくの炎を集めて、1つのろうそくの炎にして祀る事は出来る。(合祀)
ところが、一端、1つの炎になったものを、さっき移したろうそくの炎だけ取り出して、返してと言われても、そんな事が出来るわけがない。(分祀)


A級戦犯の分祀を検討すべきだ、と語ったとされるが、その宗教上、特定の神霊だけを分けるのはムリである、と言う考えを、政治的、経済的な圧力で、変えさせようと考えているのだろうか。
神社の分祀とは、文字の通り、ある神社の神霊を分けて、分祀先の神社でも神霊を祀ると言う意味なのだが、これを、どのような解釈に変えようとしているのか。

まあ、政治的な圧力で、分祀させる事は、それこそ政治の宗教介入であり、政教分離違反は間違いないだろうけどね。


 
ともかく、靖国について、A級戦犯について、そして神社について、真剣に物事を見ずに考え、経団連の会長という肩書き、立場だけで物事を判断し、身勝手に発言しちゃったわけで、まあ笑い者になっただけでしたね。



|

« 民主党は、もはや旧社会党と同じ | トップページ | これが社説? 朝日も落ちぶれたな »

コメント

 現在の中国大陸を、日本から見たときに、どんな魅力をもった国かといえば、これはもう、チープ.レイバーの魅力、劣悪な労働条件に耐えた低賃金労働に尽きます。将来の魅力には、購買力をつけた中国人が市場を形成してくれる期待がかかります。で、、それだけです。それにプラスするものは、なにもありません。政治や文化や生産技術や資源の供給地としての期待などは、まったくありません。中国の観光資源や古代文明などは、すでに吸収しつくした日本人は、魅力はありません。むしろ、今年の春以来の現代中国が見せた醜悪な部分が、その魅力を帳消しにしています。商売人にとって、チャイナリスクは増大こそすれ、減る期待はありません。
 政治的にも、学術文化の分野でも、金融や産業技術の分野でも、関係を軽くしていくなかで、労働集約的な産業・企業だけが共産中国のなかで孤立した関係を維持していかなければなりません。トヨタの奥田会長の発言は、そういう環境になかでの発言でしょう。前掛けをかけた“こあきんど”は、商売に専念していればいいのですが、国権の庇護が受けられなくなった状況での商売の難しさがあげさせた悲鳴なんでしょうな。
 可愛想ですが、見棄てるしかありません。中国は、ますます商売のやりにくい地域になるだろうと予想します。

投稿: 罵愚 | 5月 27, 2005 10:25

トラックバックさせていただきました。

大トヨタの会長ともあろう人が「分祠」の意味を知らないとは恐れ入りました。

おじさん、情けない・・・・。

投稿: 安保 仁 | 5月 28, 2005 20:20

りゅうちゃんミストラルさん、TBどうもありがとうございました。

靖国問題に関しては、残念ながら考え方は違いますが、意見の交換と言うことで、お返しTBさせて頂こうかと思いましたが、りゅうちゃんミストラルさんの日記には、現在コメントが付けられない様子。

いろんな理由があろうかと思いますが、とりあえず、個人的な考え方で、コメントを拒否されている方には、しばらく様子をみさせて頂きます。(自分の意見は一方的に主張するのに、他人の意見を拒むのは、どうも好きではありませんので)

コメントが出来るようになりましたら、またご連絡下さい、遊びに行かせて頂きます。

投稿: akinopapa | 6月 07, 2005 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A級戦犯の分祀だってさ(笑):

» 辞書を引きましょ? [冒険少年News-Blog]
Akinopapaのあくびさんからトラックバック。 日本経団連の奥田碩会長が、「 [続きを読む]

受信: 5月 28, 2005 20:15

» 敵意剥き出しの朝日新聞(靖国神社) [映画]
朝日新聞が森岡外務次官の発言で敵意剥き出しの社説を掲載した。 【社説】2005年 [続きを読む]

受信: 5月 29, 2005 01:20

» 靖国参拝問題は分祀で解決しない [りゅうちゃんミストラル]
私は靖国参拝について、5月26日の日記、5月29日の日記で書いてきた。そんな中、「A級戦犯の分祀」でこの問題を解決しようとする考えが今でもあるようだ。私はこの考えに賛成できない。なぜなら誰を合祀するか否かは靖国神社の判断であって、国が圧力をかける筋合い...... [続きを読む]

受信: 6月 06, 2005 13:27

« 民主党は、もはや旧社会党と同じ | トップページ | これが社説? 朝日も落ちぶれたな »