« スケープゴート | トップページ | 国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ »

4月 12, 2005

そう言えば、まだ岡田が代表だったな

中国全土に広がりを見せる、反日デモ。

いよいよ、中国政府そのものの統制が、国民を押さえられなくなって来たと見るべきでしょうねぇ。
もちろん、標的とされているのは日本なので、この点は暴力行為に関しては、大使館に被害があった事も含めて、きちんと中国側に謝罪と反省を求めるとして、そのほかは、この件に関しては、日本政府は冷静に対処すべきだと思う。


中には、大使召還だとか、厳しい意見も見受けられますが、個人的には、いよいよ中国が生まれ変わるきっかけになるかも知れない、そう思っているんですよ。
そんな時に、日本は中国に付き合って、過激な行動を取るべきじゃない、そう考えます。


 

何度も言いますが、デモ自体は、中国政府は黙認、容認事項だと思いますが、大使館や日本の会社への暴動、日本人に対する直接的な暴力は、北京五輪も控えておりますし、絶対に避けたかったし、本意ではない行動の結果だと思う。
今までは、俗に言う国民の不満に対するガス抜きで、日本に対する反日行為を黙認して来たし、実際に反日教育により、国民を洗脳して中国政府は、国民を制御してきたと思い込んでいたでしょう。

確かに、反日教育はかなり成果があったと思いますが、と同時に、昨年のアジアカップ以来、当局はガス抜きをさせて、自分達で制御しているつもりだったのが、群衆の突発的な行動に対し、抑制にも牽制にもならなかった。
今回も、頭から押さえ込むと、国民の不満が違った方面から出てきてしまうので、ガス抜きの為にデモを容認していたが、実際には市民の暴動を抑えきれなかった事もあり、中国政府はかなり困った状態になっているのではないでしょうか。


そんな時に、日本も中国に付き合って、感情的にお互いが行動を起こすと、中国国民のデモ、運動がそのまま反日運動でまとまったままになり、日本に取っては意味がありませんし、それこそ中国の思う壺。

英紙タイムズでも指摘されていおりますが、日本はもはや中国に対して卑屈にならない、それだけで日本は十分に中国政府を困らせるわけですね。


中国政府は、この先、ガス抜きを頭ごなしで止める分けにもいかず、かといって、好きにさせれば暴動化が発生し、国際社会にこれ以上醜態を見せるわけにはいかない、そのバランス面で、日本に対する姿勢も変わるかも知れません。

いやそれ以上に、多くの解説者が言っていますが、現在のデモは、形式上は反日デモだけど、潜在的には社会、政府に対するデモの部分もあると言う見方には賛成ですので、もしかすると天安門事件よりも、もっと大きなうねりが中国を襲う可能性もある気がしますし、これは日本は冷静に、中国を見守るしか無いでしょ。
中国の政治体系が変われば、当然、北朝鮮にも影響はありますし、韓国にだって影響が出るでしょうから。


 


さて、国外の問題は、これはこれで良いでしょう。
問題は、国内の話し。

民主・岡田氏、北京の反日デモで小泉首相を批判

 民主党の岡田克也代表は9日夕、北京で大規模な反日デモが行われたことに関して「中国側に問題があるのは事実だが、日本側にも問題がある。一番の原因は両国の首脳に信頼関係ができず、本当の話ができない状態になっていることだ」との認識を表明した。

 その上で岡田氏は、小泉純一郎首相の対応について「郵政民営化問題にかまけて外交問題にほとんど関心を示しておらず、自分が当事者であるという意識が全くない。首相として自覚が足らず、責任を果たしていない」と、厳しく批判した。福岡市内で記者団の質問に答えた。


日経新聞〔共同〕 (20:18)


この相変わらず、どこの国の政党の党首だか分からない、バカな発言を繰り返して、多くの人から批判されております岡田氏ですが、民主党は、いつまで彼にやらせておくのでしょうね。
もっとも、民主党そのものが、烏合の衆状態なので、誰がやっても同じような結果になりかねませんが、党首だけはもうちょっとマシな人を指名して欲しい気がしますね。


まあ面白いのは、中国は「中国政府には責任はない」と語り、岡田は「日本にも責任がある」と言っているわけで、この2つの発言を並べると、岡田氏は中国共産党の駐日大使か何かと思っちゃうわね。(笑)
まあ、トヨタの日経連会長の奥田氏が、経済の為に中国に新幹線を、としつこく小泉氏に話すように、岡田も、日本よりもオヤジのイオングループの商売の方が、大事なのかな。


 
さて、無意味なシミュレーションだけど、今回の日韓の反日行動に対し、もちろん、小泉氏をはじめとする政府の「冷静な対応」の姿勢を評価する人もいるし、わずかながら日本の態度(教科書検定、戦争犯罪に対する謝罪)に問題があると言う人もいる。
ただ、それ以外に、現在の日本の政府の対応を「生ぬるい」「弱腰過ぎる」「消極的だ」と不満に思っている人もかなりいる。
なのに、野党第一党であるはずの民主党党首は、社民、共産と同じく「日本に責任がある」と言う立場。
もし彼が、まともな感性の持ち主で、西村眞悟まで行かなくとも、ちょっと国民の不満を代弁出来る人で、日本に責任があると言わずに、「政府の対応は生ぬるい!」と言っていれば、民主党の支持率は果たしてどうだったでしょうね。(笑)

日本の責任と言ってしまう点が、彼の限界であり、民主党が与党になれない、最大の原因でしょうな。


日本政府批判の正しい例(笑)

石原東京都知事、日中両政府を批判

 東京都内で陸上自衛隊の記念行事に出席した石原慎太郎知事は中国での反日デモに触れて、中国政府の姿勢と日本政府の対応をそれぞれ批判しました。

 石原都知事は10日午前、陸上自衛隊・練馬駐屯地の創立54周年を祝う記念行事に来賓として出席しました。
 
 石原知事は挨拶の中で反日デモに触れ、「中国政府は国内に満ちつつある不満の対象を自分たちではなく、日本に向けさせている」と反日デモは中国の国策によるものという考えを示した上で、日本政府の対応も厳しく批判しました。
 
 「現にきのう、あの北京でああいう騒ぎが起こる。これに対して、きょうこの時点で、日本の政府は何を言いましたか。ただ『冷静に冷静に話し合い』というだけで、私たちの不満というものは一体誰が中国にはっきり伝えるのか、さっぱりわからない体たらくだ」
 
 石原都知事はまた領土かどうかをめぐって日中間で対立している沖ノ鳥島について、「東京の責任で守る」と述べました。


TBSニュース(10日 16:07)


さて、同じ政府批判しても、岡田氏の批判と随分と違いますね。(笑)
日中関係険悪の、原因を日本に求め批判しているのに対し、この騒ぎで、何も行動を起こさない日本政府を批判している、これは政治家としての資質の差でしょうかね。

 

|

« スケープゴート | トップページ | 国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そう言えば、まだ岡田が代表だったな:

» 民主・岡田氏、北京の反日デモで小泉首相を批判 [冒険少年News-Blog]
馬鹿か、この男は。 もう今となっては前回の選挙で民主党に入れてしまった自分が恥ず [続きを読む]

受信: 4月 12, 2005 22:07

« スケープゴート | トップページ | 国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ »