« 反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな? | トップページ | 自分の国の歴史を知ろう(2) »

4 19, 2005

日本人は自分の国の歴史を知ろうよ

各テレビ局や新聞社が、恒例の春の世論調査を行ったようだ。
社会に出て、二十年も生きているが、不思議なことにこの手の調査を受けた事が1度もないのだが、各新聞社、テレビ局に、それは年間数回行ったとして、かなりの数になると思うだが・・・(笑)
この手のものは、絶対サンプル数が少なすぎる、と言うことなのか、もしくは、世論調査と言いながらも、実は自分達の都合の良い数値に近づけるために、最初から調査する対象を絞っているのか。(笑)

日本テレビ世論調査

[問10] 中国で発生した反日デモで、暴徒化したデモ隊が、日本大使館の施設を破壊するなどの行動を起こしました。中国の警察は、暴徒の行動を制止しませんでした。あなたは、中国政府の対応をどう思いますか?

(1) 中国当局が黙認したことは受け入れられない 77.2 %
(2) デモ隊の突発的な行動でやむを得ない 10.7 %
(3) わからない、答えない 12.1 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問11] 中国各地で発生した反日デモについて、中国の温家宝首相は、「最大の問題は、日本が歴史を直視する必要があることだ」と述べて、日本政府が歴史認識の問題での対応を改めるべきだとの立場を示しました。あなたは、温家宝首相の考えをどう思いますか?

(1) その通りだ 9.8 %
(2) 一部はそうだと思う 39.3 %
(3) まったく納得できない 40.5 %
(4) わからない、答えない 10.4 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問12] 日本と韓国が領土だと主張している日本海の竹島について、島根県議会が、日本の領土だとして「竹島の日」を制定したことから、韓国で反日運動が起きています。あなたは、こうした動きをどう思いますか?

(1) 竹島は日本固有の領土であり、韓国側の主張は受け入れられない 21.2 %
(2) 竹島は韓国が実質的に支配している以上、日本側が譲るべきだ 2.3 %
(3) 双方の主張が対立している以上、ねばり強く外交交渉で解決すべきだ 68.4 %
(4) わからない、答えない 8.1 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問13] 中国政府は、反日デモが暴徒化したことについて、歴史認識など日本側に問題があると主張しています。このほか、日本と中国との間に、小泉総理の靖国神社参拝、領土問題、海底油田開発などをめぐって争いが発生しています。あなたは、中国に対する政策として、日本政府はどのように対応していくべきだと思いますか?

(1) 日本側の主張をもっと強く打ち出すべきだ 35.5 %
(2) 中国側の主張にも理解を示すべきだ 7.3 %
(3) 双方が折り合って妥協点を見いだすべきだ 51.4 %
(4) わからない、答えない 5.8 %

--------------------------------------------------------------------------------


調査日: 2005年 4月15(金) ~ 4月17日(日)
サンプル数:1000 回答数:605 回答率:60.5%
少数点第2位以下を四捨五入

う~む、何というか、信じられない数値も目立つのだけど。



中国の警察は、暴徒の行動を制止しませんでした。あなたは、中国政府の対応をどう思いますか?
(2) デモ隊の突発的な行動でやむを得ない 10.7 %
(3) わからない、答えない 12.1 %

この場合の「わからない」のニュアンスは全く分からないけど、答えないとは、留学生や中国の友人がいるなど、答えたくない人も多いのだろう。
それにしても、600人のうち、120~130人もの人が、今回の中国政府に対して批判しないというのは、正直驚いた。
ただ「日本人」という理由で襲われたり、大使館や領事館、日本の店などが攻撃されたわけで、それを守ろうともせず、黙認した中国政府に対して、20%もの人が批判できない・・・これが今の日本の現実なんでしょうね。


 


中国の温家宝首相は、「最大の問題は、日本が歴史を直視する必要があることだ」
(1) その通りだ 9.8 %
(2) 一部はそうだと思う 39.3 %

この場合、「わからない」と答えた10%の人の方が、温家宝首相を批判するだけの、歴史知識を知らないと思ったのだろう、まだ正直な態度で評価出来る。

ここでも、「その通りだ」が10%近くいるので、この世論調査には、元々10%共産党、社民党、民主党旧社会派や、中国関係者がいると言うことなんでしょうが、それにしても、「一部はそう思う」が40%とは・・・

具体的に「一部」とは、どの部分か是非とも聞いてみたい。
きちんと答えられる人が、どれだけいるのだろうか。
まさか、中国があれほど怒っているので、全部とは思わないけど、日本の歴史認識(教科書問題など)も間違っている部分があるんだろうな、1部だけはそんな部分もあるんじゃないのかな、と言う程度で回答したのではあるまいか?

デモに参加している中国人は、実際に日本が17回も謝罪した事も知らなければ、国連の分担金が20%もあり、米日だけで国連の分担金は42%以上が負担されている、中国はたったの1.6%ほどしか負担していない、などの事すら知らない。
彼らは、ただ反体制の不満を反日デモで鬱憤を晴らしているだけである。
はっきり言って、日本の歴史認識は、国家が指導して国民を染めている中国や韓国とは違い、かなりまともなのだ、これは私個人の意見だけではなく、4/17日付のニューヨークタイムス紙でも同様の評価がされている。

あまり良く歴史を知らないのなら、最初から「わからない」に入れておけばよいのに、喧嘩両成敗の意識が働くのか、彼らも悪いけど、日本も当然悪いだろうな、悪いところもあるはずだよな、ってな感じは止めて欲しい。

喧嘩や外交は確かに、両成敗の部分もあるが、歴史認識に関しては、愛国主義教育で戦前の日本よりも酷い偏重教育を行う中国や、これまた事大主義の繰り返しで、それを認めたくないため歴史を誇張させ歪曲している韓国を相手に、両成敗などあり得ない。
また、日本は曲がりなりにも、出版の自由に、教科書は民間のものが数社出ているし、自由に読めるのに対し、中国はそれがなく、韓国も教科書は国定の1つだけで、書籍も親日の書籍は有害図書などの指定で、まともな扱いにならない、この両国と日本を比較して、何を況わんやという気がする。

それならまだ、中国や韓国の歴史認識もそれぞれの国においては正しい、日本の歴史認識もまた、日本では正しいと割り切る方が、もの凄くまともだ。


 


島根県議会が、日本の領土だとして「竹島の日」を制定したことから、韓国で反日運動が起きています。
(1) 竹島は日本固有の領土であり、韓国側の主張は受け入れられない 21.2 %
(2) 竹島は韓国が実質的に支配している以上、日本側が譲るべきだ 2.3 %
(3) 双方の主張が対立している以上、ねばり強く外交交渉で解決すべきだ 68.4 %

多少不満だが、何でも噛みついてもしょうがないので、これはパスする事にします。
個人的には、設問には竹島は日本の領土か、韓国のものか、双方の言い分があって分からないのか、その3つの立場を聞いて欲しかったですね。
これで、「日本が譲るべき」は論外ですが、「わからない」が多かったら、嘆くしか無いです。(笑)


 


あなたは、中国に対する政策として、日本政府はどのように対応していくべきだと思いますか?

(1) 日本側の主張をもっと強く打ち出すべきだ 35.5 %
(2) 中国側の主張にも理解を示すべきだ 7.3 %
(3) 双方が折り合って妥協点を見いだすべきだ 51.4 %

これまた、(3)に集まるのは、気持ちは分かるが、その回答がどんな意味を持っているのか、考えていないんだろうな・・・
まず、今回の問題を全て見直してくだされ。


小泉総理の靖国神社参拝、領土問題、海底油田開発などをめぐって争いが発生しています

この3つ、どれでもいいですが、1つでも日本から中国に対して、嫌がらせ、攻撃など仕掛けたものですか?
尖閣諸島は、これは領土問題と言いながらも、戦後しばらくは何の問題もありませんでした。

尖閣諸島は、日本が支配してきましたが、1968年に調査により海底資源がこの近辺にあると判明したその2年後、中国が領有権を主張してきたわけです。
つまり、日本の国だと思っていた島を、海底資源が発見されたとたん、「オレの島だ」と中国が突然主張してきたわけで、これはヤクザの因縁のようなものでしょ。

ヤクザの横暴な要求に妥協をするとは、例えば、ここで商売したかったらワシらに100万円払え→50万円で妥協し足るワ、みたいな事で妥協して、払う必要の無い意お金を支払えと言っているのに等しいのですが、それに気づいているんでしょうかね?
まあ、妥協とは、これを国際司法裁判所に持ち込まれた場合、日本は韓国と違って認めて、法廷で争う、と言うのが妥協の範疇であれば、それは理解しても良いですが、普通は一方的な因縁に対し、妥協とはあり得ません。
妥協して、と言う人は、尖閣諸島の歴史を知らないのでしょうね。

靖国神社参拝にしても、靖国には遺骨など泣く、魂しかない、と言うことすら、デモする若者はほとんど知りません。
もちろん、日本国内で既にA級戦犯も復権している事も知らなければ、A級戦犯だった人が、外務大臣になった事がある事も知りません。
A級戦犯が合祀してある事が問題なら、そもそも、A級戦犯が日本の外務大臣になった時点で、「軍国主義に戻るのか!」と騒ぐはずですし、A級戦犯の赦免する決議が国会で通った時点で、「日本は反省していないのか」と叫ぶはずですが、そんな話しは聞いたことがありませんものね。(まあ、日中国交正常化前の話ですが)

そんな彼らが、靖国神社の参拝に対して、A級戦犯の何が問題なのか、分かっているとは思えません。
彼らが勝手に、愛国主義(反日教育)の影響を受け、靖国=日本の軍国主義だと思い込んで、条件反射のようにあちらが勝手にイチャモンを付けているだけです、それに対し譲歩とはおかしな話しです。


 
ともかく、もちろん勉強している人も多いけど、世論調査の数値を見ていると、どうも本当に今回の反日運動の事を、どこまで理解しているのか、不安でしょうがないですね。
中国や韓国が、日本の事をよく知らない、歴史認識が甘いのは分かりますが、彼らより、日本国民自身が、自分の国の歴史認識が、あまりに低いような気がして、今回の教科書検定にも繋がりますが、日本の歴史を自虐史観とか、捏造・歪曲とか、日本の暗部を隠すとか、そんなレベルではなく、きちんと勉強出来る環境になって欲しいなと、願いますね。


 

|

« 反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな? | トップページ | 自分の国の歴史を知ろう(2) »

コメント

いつも拝読させていただいております。世間知らずでお恥ずかしいですが、今回勇気を持って投稿させていただきます。
私は昭和30年代生まれです。子どもの頃より部落や朝鮮人とか差別とかいう言葉は大人より聞かされてきましたが、自分自身はそういうのは思ってはいけないこととずっと生きてきましたので、詳しく調べることもしなかったのです。

数年前のワールドカップ(でしたっけ?)韓国と日本とのサッカーの試合を見てから、自分の中に韓国・朝鮮の国に対する不信感が芽生えてきて、自分の気持ちの中に矛盾というか、今まで思ってはいけないと思ってた気持ちがどんどん大きくなってきて、韓国・北朝鮮・中国に対する嫌悪感がふくらみ、とうとう今日のような事態になってしまってものすごく嫌ってる自分がいます。
だけど、本当のところはどうなんだろうと、ネットのニュースやブログ等を読みあさっては自分がどういう風に向き合えばいいのか探している途中ともいえます。

私の母親は74歳。あちらの国が今のようになった原因を作った時代?の真っ最中に生きた人ですよね。
ある日、母がヨン様が好きなような事を言うので、「昔、(差別的に)朝鮮、朝鮮といっていたのになんで好きって言えるのか?」と聞いたら、「昔の朝鮮人は(服装も顔も)汚かった」と言う答え。うーーん、見た目が綺麗だといいのか・・?
また、中国の反日運動についても、「日本人は中国人を強姦とかしたんやろ?それに、私らは”シナチャンコロジン”ってバカにして言ってたし・・」と言います。
ということは、母の年代の人からみれば今の中国の行動は当然のことなんだろうか・・それとも、もともと楽天家の人なので今が良ければややこしいことは考えたくないんだろうか・・
私もあまり熱く問いただすのもなんだし。。と、それくらいの会話しかしていないんですけど・・。
私の夫にしても、あまりそういう事には触れません。
ここで聞くのも変ですが、何故なのでしょう。日本が悪ければ悪いで、それはその時代に生きた人がしっかりと伝えるべきではないでしょうか?というか、そういう事実を知りたいと思います。その上で、今起こっている事を受け止めていきたいと思います。
ネットやテレビ等で知るにつけ、私的には、日本はもう形的には罪をつぐなってるし、私達の知らない戦争についてもう終わってるのではないかという気がします。ましてや反日と騒いでる人達が私よりも若い人達、それこそ聞きかじりの知識であそこまでの暴動を起こすというのはちょっと考えられません。
なのに何故日本の戦争を体験した人達が黙ってしまうのか・・。

その世論調査を私もテレビで見て、へー、、と複雑に思いました。
しかし、よく考えてみればネットでは熱いですが、現実の生活の中でこの件について人と話すことってあまりないです。内心は沸々と怒っていても、言葉に出すことにためらいがあるのか、みっともないと思っているのか・・。でも確かに、韓・中国のように、怒りの人が集まるとその感情はもっと増してしまいますよね。私はそういうふうに盛り上がってしまうのも好きにはなれません。

今、こうなって自分もweb等で色々なことを知るにつけ、勉強になりましたし、もっと知っておかなくてはいけないと強く思います。今は日本人のサイトのものしか読んでないので偏りがちな情報だと思っていますが、何も知らないままよりは良かったと思っています。この事態がこれからどう解決していくのかわかりませんが、Akinopapaさんのブログを読ませてもらって自分なりにも考えていきたいと思っています。

ずーっとモンモンとしていたので、こちらで長文書かせてもらって申し訳ありません。ブログデビューということでお許し下さい。
実は勝手にRSSに登録させてもらってます。。これからもよろしくお願い申し上げます。

投稿: machu | 4 19, 2005 03:06

こんばんは。毎度のことながら、書かれていることごもっともで
すが、やはり結局のところ一番問題なのは(下記に引用したよう
に)最後の部分なんだと思います。この点に限っては中国・韓国
とも変わりません。まずは、自分達の現状についての検証と批判
が必要だということ。

>中国や韓国が、日本の事をよく知らない、歴史認識が甘いのは分
>かりますが、
>彼らより、日本国民自身が、自分の国の歴史認識が、あまりに低
>いような気がして、今回の教科書検定にも繋がりますが、日本の
>歴史を自虐史観とか、捏造・歪曲とか、日本の暗部を隠すとか、
>そんなレベルではなく、きちんと勉強出来る環境になって欲しい
>なと、願いますね。

 ・・・残念ですが、その通りです。日本人の多くもロクに自国
の歴史なぞ知りません。アメリカと戦争したことも知らない若者
も少なくないと聞きます。彼らが、その前提とも言える朝鮮半島
や中国大陸での日本の所業(良きにしろ悪しきにしろ、です)の
ことなんて、知らないどころか完璧なアウト・オブ・眼中に決ま
ってますよ。であれば、そのリバウンドとしての各国の感情的な
反発やそれを利用しての反日教育なぞどうやって理解出来るので
しょう?。んで、そこに『歪曲』とか『妄言』とか言われたって
大多数の国民にしてみれば賛同?とか反発?とかいう以前に「何
それ?」ですよね(苦笑)。ちなみに今日、私の職場でも「TV
で観てるけど中国アタマ来るよなぁ」と言ってる(というよりは
呟いている感じの)同僚(先輩)がいましたけど、「何で中国は
怒ってるんでしょうねぇ」等と振ってみたところ、案の定「わか
らない」とのこと。「当時の教科書の内容なんて覚えてないし、
ましてや今の教科書の内容なんて全くわからないし・・」。

私が、ゲストライターとして投稿したなかで中国に対しての対策
ばかりでなく日本国内における教育(学校教育には限らない)に
ついて敢えて触れたのも同様の危惧ゆえです。焦らずにじっくり
確実に取り組むしかありませんね。歴史教育を特効薬にしようと
目論めば、それこそ中国や韓国の二の舞いですから・・。 


あと、政府も「靖国参拝は問題ない」等というだけでは全くダメ
です。政治と言うのは、相手を言葉で納得させることが出来なけ
れば、乱暴な話し全く意味を成しません。中国・韓国を納得させ
ろ!とは言いません。しかし、概して日本に好意的な米英のマス
コミですら「日本の過去の清算が曖昧」とか「靖国は何らかの形
で解決しなければならない」等と主張しているものが散見されま
す。キチンと自己の行動を客観的・理論的でそして普通の日本人
にも理解出来るような説明そして前提となる理論武装が絶対的に
不可欠です。

こんなこと言いたくないけど、靖国にハナから批判的な政党なら
ともかく、自民党なんかはとっくにこんなこと済ましていて本来
は然るべきなのですよ。だから、中韓に攻撃されると最初の威勢
はどこへやら・・状態になって、最後は双方とも消化不良の謝罪
で終わる・・、という悪循環。こっちは「もう十数回も誤ってる
じゃないか!」と思えば、相手は「中途半端な謝罪しかせずに、
その上それとは相反する言動が一向に無くならない!」と思う。


話がやや戻ってしまいますが、日本人すらよく理解してもいない
ことを諸外国に理解させることは絶対無理です。21世紀に入り
小泉政権になって、ようやく“無限謝罪連鎖”の頚木(くびき)
から脱しようと努力しています。その努力は、本来自民党支持で
はない私でさえも大いに認めるところです。がしかし、というか
だからこそ、次はその主張の正当性を担保するだけの理論武装と
説得(取り敢えず中韓は除きます)にいそしんで欲しいのです。
そして、歴史をネタに政争を挑む愚かさを(最終的には)中国や
韓国に分からせて欲しい・・。

そのためにはさぁ・・、この一大事に郵政民営化なんぞで足引っ
ぱってんじゃねぇよ(怒)->郵政族議員。まったくぅ・・

投稿: 雷電 | 4 19, 2005 21:54

machu さん、コメント本当にありがとうございました。

返信をコメントではなく、是非とも、本文記事の方でやりたいと思います。
しかし、今日はごめんなさい、時間がありませんので、明日以降に絶対に書かせて頂きます。

その前に、今日は少しだけ、私の事も紹介しておきます。

私も昭和30年代生まれで、40歳代です。
高校までは、まさに日教組の思惑通りの少年で、何事も熱かったですね。(笑)

母は昭和9年生まれで終戦時は小学生、しかも岡山の海沿いの田舎でしたので、ほとんど戦争を知りません。

それに対し、父は昭和3年生まれで、神戸育ち。
ジブリの「火垂るの墓」で、幼い兄妹が被害に遭った、神戸空襲を子供の頃に経験しており、戦後も、神戸には朝鮮学校、中華学校や、同和地区まであり、その辺の事はかなり話を聞きました。
もちろん、父自身にも、偏見があり、彼らを白い目で見ていたと思います。(残念ながら、父は8年前に他界しました)


悶々とした思い、こんな場所で良ければ、どうぞこれからも、書いてくださいね、よろしくお願いします。
では、また。

投稿: akinopapa | 4 19, 2005 23:46

雷電さん、どうもありがとうございます。

もちろん、私も専門家じゃないので、日本の歴史に詳しい分けじゃありませんけどね。
そんなに他人に自慢出来るほど詳しければ、今頃は大学教授か、評論家になっているでしょうし。(笑)

だけど、machuさんへのコメントでも書きましたが、私も高校生までは、教科書通りの歴史認識で、問題発言を繰り返す政府には、腹を立てていました。
その後の、いろんな経緯で、少しずつ裏の面も見るようになっただけですからね。

日本人は、平和が長く続いていますが、もっと自分の国のこと、歴史や政治、いろんな事に興味持って、知って欲しいですね。


>>そのためにはさぁ・・、この一大事に郵政民営化なんぞで足引っ
ぱってんじゃねぇよ(怒)->郵政族議員。まったくぅ・・

ハマコーが、昨夜飛び入りで夜中に参戦して、1つだけ良いことを言っておりました。
自民党総裁が、郵政民営化を公約として、総裁選になったわけで、それに反対するなら、自民党を抜けるしかないだろ。
解散総選挙はしたくない、郵政は民営化したくない、郵政票が欲しい、そんな我が儘言うなら、出ていけ、と言ったそうな。(笑)

真面目な話し、今、解散総選挙となれば、郵政族の我が儘を許したくないので、反自民に入れたいが、ご存じのように民主党は岡田が代表で、これまた絶対に入れたくない。
じゃ、社民党、共産党に入れるかと言えば、論外。
あ~ん、投票したくても、投票したい政党が無いよ~。
自民党か、民主党が早く分裂してくれなきゃ、益々投票率が下がっちゃう。(笑)

投稿: akinopapa | 4 19, 2005 23:58

このブログを初めて拝見しています。私は1948年生まれのいわゆる団塊の世代ですが、中・高で古代のことはいろいろ習っても、現代史を習った記憶がありません。
何年に何があったというだけでなく、その背景を語らなければ歴史は教えられないわけですから、今にして思えば、イデオロギー的対立が今よりも強かった時代には、先生達も現代史を教えたくなかったのだろうな、という気がします。
しかし、これでは雷電さんの言うように、これからは自国の歴史をきちんと理解し、語れるようにやらなければ国際人として通用しないと思います。
現在憲法改正議論が高まっていますが、あの戦争が何故起こったのか、軍部の独走を何故許したのかという反省がなければならないと思います。
今、あの戦争が必然だったように言う議論が一部にありますが、あの時代は侵略を受けた側だけでなく、日本人も言論の自由が奪われた忌まわしい時代であったことも忘れてはならない視点だと思います。
戦後、一億総懺悔というスローガンのもと、戦争責任を明確にしてこなかったことも問題を残しており、ここで日本人自身が主体的に戦争責任を明確に認識する必要があると思います。

投稿: jupen | 5 14, 2005 23:32

jupen さん、コメントどうもありがとうございます。

結局、教育によって「正しい歴史」を教えるのでは、限界があるので、正しいかどうかではなく、事実としてあった事、起きたことを、どれだけ正確に教えられるか、これが問題なのかも知れません。

あとは、日本国民自身が、受け身で歴史を学ぶのではなく、自ら学ぶ姿勢を持たなければならないのでしょう。

コメントがかなり長文になりましたので、本文の方に書かせて頂きました、本当にどうもありがとうございました。

投稿: akinopapa | 5 15, 2005 01:43

初めまして。
貴ブログにて尖閣諸島の記述を拝見しましたので、トラックバック致したく存じます。

大変興味深い分析を拝見しまして、とても勉強になりました。今、竹島問題が報道等で急浮上しておりますが、貴ブログにておっしゃられているように、国民として自国は勿論、関係諸国との歴史を知ることは本当に重要であると感じている今日この頃です。

もうご存じかもしれませんが、ご参考までに
秘史発掘・竹島編連載開始 SAPIO 4月28日発売
http://www.presscom.jp/bbs.html

投稿: 木曜の女 | 4 22, 2006 22:26

木曜の女さん、コメントありがとうございます。

そうですね、自国の歴史を知ると言うのは、一口で言えば簡単ですが、内容次第では学者や大学教授が一生をかけて勉強するようなものまでありますので、国民としては、表層的な部分でも、まずは客観性を持った歴史学習を考えております。
ご存じのように、中国や北朝鮮は独裁政権ですから対比出来ませんが、韓国の自国の歴史学習は、まさに主観的な観点で、自国の都合の良い解釈でしか国民は知りません。
それでは、日韓関係が悪いとか言いますが、そのご都合主義歴史解釈、認識では、相手が日本でなくとも、まともな外交が築けるはずがありませんから。
まあ、反対に、相手が日本だからこそ、ここまで韓国のワガママが受け容れられているんだと思いますけどね。


竹島問題を含む外交問題に関しては、個人的には中国や韓国と同等に、日本の外務省に対して厳しい意見を持っております。
靖国も竹島も、まともな外交を行っていれば、戦後60年も経過してなお、何もここまで揉める事は無かったと思いますね。
彼らに対する配慮、遠慮が、戦後60年どのような結果を生んだか、その答えが現在の日韓関係です。
私には、そこには、戦後60年の外交の失敗が見えます。

なのに、朝日や毎日を代表する1部の人には、その事実が見えず、さらには、在日関係、朝鮮関連の方の活動や、利権行為が絡む政治家のせいで、日本の国民が未だに目が覚めないでいます。
だからこそ、国民にはもっとフラットで客観性の高い自国の歴史を学習して欲しい、そう考えております。

投稿: akinopapa | 4 23, 2006 22:24

ご丁寧なご返事を頂きましてありがとうございました。拙文を読んで頂いたのですね。嬉しく拝見しました。
「国民にはもっとフラットで客観性の高い自国の歴史を学習して欲しい」のご指摘ごもっとであると感じました。
そして、そこにレセプターたる国民一人一人の“気づき”が必要であり、お互いに議論し合う中で“真の目覚め”が生まれ、“更なる関心”へ繋がるのではないと思います。更なる関心が自国への歴史認識への希求を促し、国民一人一人の意識を向上させることに繋がる。それが結果としてご指摘の「(中国、韓国等の)ご都合主義歴史解釈、認識」を見破る目を持ち、「弱腰外交」など、厳しく政府の対応に目を向けて本当の意味で国民が政治を変えていく原動力と成り得るのだと思います。
その意味から、貴ブログは“気づき”を喚起されていらっしゃる貴重な存在であると思いました。

 以下のフォトジャーナリストの山本皓一氏の問いは、客観的事実を知る上で有効な問いであると感じましたので、引用致しますね。(勿論情報の受け手である私たちは、その問掛けの是非も含めて個々人の判断に委ねられていることは言うまでもないと思いますが、ご参考までに…。)

 山本氏は、「(さて、韓国の子供じみた対応に対して、)韓国に対する“大人の対応”の一手段として有効なのが、『韓国人(朝鮮民族)は竹島で、何らかの生産活動を行なってきた歴史があるのですか?』という問いかけである。日本には『竹島での経済的な営みの歴史』という絶対的な“武器”がある。
「日本の国境問題の根源的な問題は、日本政府と日本人の国境意識の低さにあるのではなかろうか。」

長々と失礼しました。

投稿: 木曜の女 | 4 25, 2006 08:33

ブログを始めたばかりで「心得」などに疎いものですから、私の記事や山本氏の記載等で、もしかしら「宣伝」「押し付け」とお感じになられましたら、ご無礼をお許し下さいませ。
私自身、記事が独断と偏見の内容にならないように注意したいところです。(反省)

またこちらに勉強にお邪魔いたしますね。

投稿: 木曜の女 | 4 25, 2006 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/3761132

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ:

« 反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな? | トップページ | 自分の国の歴史を知ろう(2) »