« 一党独裁の断末魔 | トップページ | 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ »

4月 17, 2005

反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな?

ゲストライターの雷電です。と、まずは挨拶させて頂きます。

しかし、中国の反日運動も盛り上がってますね。ただ、ハッキリしている
ことは日本政府が幾ら今回の件で謝罪や賠償を求めても中国政府がそれを
認める可能性はほぼゼロでしょうし、この問題の解決には時間がそれなり
に時間がかかるだろうと言うことです。

であれば、どうすれば良いのか?。即効性のある対策はないと思いますが
幾つかやってみる価値のあると私自身が思っているものを挙げてみます。


・日本政府の見解(教科書問題や竹島、尖閣諸島の領有権など)について、
 日本語だけでなく、中国語や韓国語で政府各機関(主に外務省)のHPで
 出来るだけ論理的かつ詳細に掲載する。

->既にハッキリしているように、反日デモに参加している人のほぼ全員
  が、日本の主張やその内容を全くと言って良いほど知りません。かと
  いって「インターネットを使ってるんなら、もっとよく調べろ!」等
  と彼らに言ってみたところで、現実問題として日本語は読めないので
  彼らに出来ることといったら、馬鹿の一つ覚えのサイバー攻撃(笑)。
  それでは、折角のHPも存在価値半減でしょう。せめて批判されるの
  なら最低限内容を知ったうえであって欲しいし、そうでなければ実際
  (今後あるであろう)対話もクソもない。なので、彼らが反発している
  であろうトピックについては、原則その内容を中国語や韓国語に翻訳
  して掲載して欲しいと思います。似たようなケースですけど、槍玉に
  あがっている「新しい歴史教科書を作る会」が自分達の作った教科書
  をやはり中国語や韓国語に翻訳してHPに掲載しようとしているよう
  です。個人的には、歓迎すべきことだと思っています。要は、ダメで
  もともとであっても、理解されようとする努力は惜しまないで欲しい
  ということです。少なくても、愛国教育(つまりは反日教育)において
  偏った情報を与え続けなおかつそれを一向に改めようとしない国家と
  は違う!情報は包み隠さずに公開するということは無意味ではないと
  思っています。あと蛇足ですけど、過去に日本の謝罪したことを反日
  デモの参加者はやはり知らないようですので、そのことを年表化して
  みるのも良いかもしれません。正直みっともないことですが、それも
  歴史的事実ですので・・。

・日本の教科書に、竹島や尖閣諸島がわが国の領土であることを記載する
 のは当然だが、同時にその根拠も詳細かつ分かりやすく記述する。

->一番目のものと重複しますが、肝心の日本人(私も含めて)がこれらの
  ことを他人(特に他国の人)にも説明出来るほどには知らない。これは
  問題です。ただし「竹島や尖閣諸島がわが国の領土である」ことだけ
  を知っていても、それだけでは同時に領有権を主張している中国人や
  韓国人とさして程度が変わりません(笑)。なぜ、そうなのかを今後は
  教科書或いはその他の方法で日本人全体に理解・浸透させていく必要
  があります。そうでないと、国家の考え方の押し付けあるいは洗脳と
  大した違いがないと思うからです。主張とその根拠をキチンと知った
  国民がバックについてこそ、政府は真に毅然とした態度が取れるのだ
  と確信しています。

・国連の場で、或いはそれ以外の場で、法治国家であるとは到底言い難い
 中国政府の対応ぶりを(大袈裟に)喧伝し、日本の国連安保理常任理事国
 入りに反対している中国を批判する。それと共にそもそもそういう国家
 が現状において常任理事国である資格が本当にあるのか強く疑問を呈す
 る旨を世界に示し、国連改革における中国の立場を攻勢から守勢に追い
 込む。

->これも当たり前のことですが、歴史認識が違うだの過去を反省&謝罪
  していないだの領土問題(それも無人島)で相反する主張をしてるだの
  ということ、が外国人(この場合は日本人)の生命・財産に対する如何
  なる損壊行為をも正当化できない。こんなことは国際法的に当然、と
  いうか人間の良識からして“決まってるでしょ”という感じ(苦笑)。
  中国政府にも事情があり簡単に日本の謝罪などには応じられないのは
  私も一応は理解してはいますけど、それはそれ、これはこれ、です。
  法治国家(社会主義だって、一応は法治国家・・だよね?(笑))である
  以上はそれ相応の振る舞いが必要のはず。それが出来ないような国家
  に国際機関の最たる存在である国連、しかもその改革に関して良識的
  な大国ぶってあれこれ言う資格などハッキリ言って全くありません。
  そのことを強烈にアピールすべく、各国に駐在する日本の外務省職員
  (外交官)はそれぞれの政府首脳とコンタクトを取ることです。その為
  にこその外務省のはず。公費で絵画を購入することは出来ても、日本
  の国益を担うこうした行動は(中国の反発が怖くて)出来ない!などと
  いうことであれば、第二の田中真紀子が登場したとしても私は決して
  外務省に味方しないことでしょう(爆)。

・今回の反日デモの原因として中国の急速な発展に伴う様々な歪みとそれ
 に伴い潜在的に不満を抱える国民が多く存在していることが挙げられて
 いる。この点を掘り下げた報道を日本のマスコミ各社がもっと積極的に
 行うことにより、反日デモの無意味さやいかがわしさを顕在化させる。

->中国にとっては大きなお世話かもしれませんが(笑)、それを中国自身
  がしない(都合の悪いことは相変わらず全く報道しない)がために日本
  の生命・財産が脅かされているという側面があるのであれば、この際
  日本(主にマスコミ)が徹底的に現代中国の膿を悉く出してあげましょ
  う、ということです。そうすると、短期的には日本への反発は確実に
  高まるでしょう(日本の陰謀!とか喚くでしょう(笑))。しかし、最終
  的には必ず本来怒りをぶつけるべき相手が誰なのか気づくはずです。
  今回の問題は、いずれについてもそれが直接中国人(或いは韓国人)の
  生命・財産に損害を与えるものではないのです。自分達の社会不安や
  不満(失業・年金など)は、たとえ何万回反日デモをやろうとも、日本
  政府が何百回頭を下げようとも、全く良くはならない。その事実に、
  一日でも早く気づかせることです。まぁ、攻撃の矛先を相手が変えて
  くれないのなら、こちらはそれをかわしつつその矛先を変えるように
  仕向けるという考え方です。尤も、朝日あたりには全く期待はしてま
  せんけど・・(爆)。

・韓国については、基本的に無視(笑)。ただし、必要最低限のことだけは
 必ず主張しておく(黙っていると、文字通り“黙認”となるから)。

->少なくてもヒートアップしている国民を一応はコントロールしようと
  している中国政府に比べ、大統領自身が一番エキセントリックになっ
  てしまっている韓国に対しては、基本的に何を言われようが無視!が
  一番でしょう。この大統領は、弁護士出身のクセに半世紀以上も経過
  した今更になって親日狩りを行ったり、事実上の言論統制を敷こうと
  したり、自ら口にした日本との未来志向外交をいきなりかなぐり捨て
  たりと、これまた中国政府とは違った意味でどうしようもない(笑)。
  中国と違って、韓国の反日活動の中心は大統領と同じかやや下の世代
  の“反日教育純粋培養”世代が中心のようです。若い世代は、意外と
  醒めていてヨン様ブームのせいもあってか、政府と国民、政治と文化
  を混同してないのが唯一の救いです。また、公には発言しにくい状況
  ではありつつも、過激すぎる現在の韓国政府の対応に疑問を感じてる
  国民や官僚(外交通商省あたり)は結構いるようです。が、下手に彼ら
  を支援するとこれまた内政干渉とされ攻撃材料にされかねないので、
  少なくても政府レベルで(かつ公式に)は取りあえず何もしないのが、
  良いと思います。いい加減なこと、事実に反することを言ってきたら
  違う旨の反論だけは忘れずに->日本政府。

・日本政府は、決して譲歩しない(爆)。今回の反日テロにおける被害に関
 する謝罪&賠償を執拗に要求する。また、中国政府のいうところの反省
 とは具体的に何のことかを(これもシツコク)問いただす。ただし、その
 内容が何であれ絶対応じない。

->実にバカバカしいことですが、これが一番重要です(笑)。謝罪&賠償
  については、中国政府が直接行った証拠は多分見出せないと思うので
  謝罪はなくても個人的にはしょうがないと考えます。が、賠償は執拗
  に要求すべきです。何故か?。今回の件について言えば、中国や韓国
  からすればと~っても大事な“歴史認識”問題かもしれませんけど、
  一方の日本政府或いは多くの日本人にとっては“単なる”を通り越し
  て“悪質な”嫌がらせでしかありません。その嫌がらせをやめて!と
  頼んでも応じてこない以上、こちらも相応の嫌がらせをしてやること
  で「日本に因縁を吹っかても今までのようにはいかない。却って面倒
  なことになる」という印象を強く与えるためです。国際的な標準から
  しても日本の要求は正当かつ穏当ですから、それに応じないばかりか
  日本のせいにし続けることは、長期的にみれば必ず中国のマイナスに
  なります。当事者能力もない無法国家だということを世界にわざわざ
  アピールする訳ですから(笑)。もっと言えば、日本が帝国主義・軍国
  主義だったころにこんなことが起きた場合、速攻で日本軍が進駐して
  来たという苦い“歴史”的事実を思い出し、真の意味でより自制する
  よう、中国政府に願いたいものです。また、反省反省と言ってるけど
  何を反省すれば良いのか正直わからん(笑)。反省して欲しいのなら、
  具体的に何をどう反省して欲しいのか?を言わせることです。政治と
  いうのは宗教や哲学と違って、現実の問題を対処するのが基本です。
  それが具体的に言えないのなら、そもそもが政治の場で話すべきこと
  ではない(=話しようがない)のですから、門前払いをする。そういう
  原則を日本から堂々と叩きつけること。仮に、韓国のように具体的に
  指摘したとしても、「内政干渉には応じない。外国の政府に日本の教
  科書を検定・意見する権利はない。他国の主権を侵害しようとする国
  に歴史を云々する資格はない」と言えばよいでしょう。


最後に言いたいことは、いい加減中国や韓国にもわかってもらいたいこと
なんですけど、歴史的事実の1つにしても立場によっては見方つまり歴史
観は違うのだ!ということです。彼らは「被害者の立場にたって考えろ」
と事ある毎に言いますけど、じゃあ逆に彼らは我々の立場になって考えた
ことがあるのでしょうか?。多分「加害者の立場で考える必要などない」
と言うのでしょうが、お互いに同じ認識を持とうというのであれば、相互
の立場で考えることは避けられないはずです。侵略は悪いに決まっている
し、そのことを頭から否定する日本人なんて今時いません。でも、だった
らどうして日本はそういう道に突き進んでいったのか?、他に取れる道が
あったのならそれはどういう道だったのか?。それを踏まえた上で今日の
中国や韓国の日本に対する態度が本当に適切なのか?、などは最低限熟慮
したうえで批判なり反省を求めるなりして欲しい。それと歴史的感情など
と“歴史”を冠していても所詮“感情”の一種でしかないので、その感情
を最優先して政治を行うのは勘弁願いたい!というあたりで今回は締めく
くらせて頂きます。


相変わらず、長々と冗長になってしまいました(笑)。Akinopapa
さん、これからも宜しくお願い致します。 

|

« 一党独裁の断末魔 | トップページ | 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ »

コメント

雷電さん、投稿ありがとうございます。

日本が韓国や中国に対し、いろいろ伝えようとしても、時間は掛かるでしょうね、でもやらねばならない。

もっとも、韓国は日韓基本条約に書かれている事でも、日本人が説明すれば「捏造、歪曲」だと騒ぎ、本当にその通りに書かれていたと知った後でも、「不平等だ」などと事実を認めようとはしない国民ですしね。(笑)
中国に至っては、どうやら反政府運動を起こせないので、反日運動で憂さ晴らししている、確信犯の人もいるようで、こちらは早く、「選挙権」を理解して頂くしか無いかなと。(^^;

あと、私も何度も書きましたが、日本も声を上げて抗議する事ですね。
例えば、中国が「日本の歴史が歪曲されている、謝罪せよ」というのであれば、具体的にどの部分がそうなのか、中国政府幹部の口から聞いて、それに対して、日本の認識と違う部分をきちんと、国際社会に向けて反論すべきでしょうね。

欧州のTVでは、まともなニュース番組もややあるようですが、中には、中国の受け売りで、日本が歴史を歪曲して中国でデモが起きていますなど、誤解されたままなので、少しでも日本の主張も聞いてもらいたいですしね。

欧州などは、中国や韓国と違い、歴史認識など当事国によって多様化しているも、その程度は理解しているでしょうから、客観的な目で、一党独裁国家の怖さを知って貰うために、訴えるべきですね。

これからもよろしくお願いします。

投稿: akinopapa | 4月 18, 2005 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな?:

« 一党独裁の断末魔 | トップページ | 日本人は自分の国の歴史を知ろうよ »