« 韓国なぞ、最初からアウトオブ眼中です | トップページ | 人の命を預かる仕事 »

4月 28, 2005

朝日の世論調査を見る

今朝の朝日新聞の記事で書かれていたので、恐らく、まだweb上にはどこにも結果は無いと思う。

大まかな部分だけ、取り出して見たいと思います。
ただまあ、日本を好きかどうかなど、TVでも報道された分かり切った結果など、見たくもないでしょうから(笑)、ここでは、もうちょっと歴史認識や、靖国に対する事について。


日韓中3カ国世論調査


自分の意見が、政治にどの程度反映されていると思いますか?(%)
                 日本   韓国   中国
・十分に反映されている    1     0     5
・ある程度反映されている  12     9    28
・あまり反映されていない   54    46    48
・全く反映されていない     29    44    17

これなんか、凄く面白いですよね。
共産党の独裁政権で、自由な選挙権、被選挙権などが無い中国で、3割の人は自分の意見が反映されていると考え、自由な選挙権などある日本の方が、8割以上の人が自分の意見が反映されいないと考えていると言うのが、皮肉な結果ですね。

まあ、中国はそれだけ思想教育が達成されており、日本は反対に、自由にいろんな方面で考える土壌がある故に、納得行かない政治も多いと考えるのでしょう。
また、情報制限で、中国はあれほど汚職が多いのにも限らず、恐らく国民にその真の姿は知らされていないのかも知れません。
日本は、さすがに汚職はともかく、各省庁での無駄遣いなどが話題にもなっているように、政治に対する信任が薄いのも、原因の1つでは無いでしょうか。



日本は中国に対し、約3兆円のODAを実施して来たが、知っていますか?(%)
・具体例を含め、知っている                   2
・具体例は分からないが、援助しているのは知っている  32
・援助している事を知らない                  66


日本は中国経済の発展により、ODAを削減していますが、削減には賛成ですか?(%)
        日本   中国
・賛成     63   26
・反対     22   67

要するに、日本が援助しているかどうか知らないけど、援助の削減は反対だ、と言う話しですが、「良く知らないけど、削減は反対」という、脊髄反射に近い反応なのですが、これは中国が国民に伝えていない以上、無理からぬ部分があります。

中国に対しては、日本が、いくら資料をオープンにしていても、中国政府が情報を制限して、国民に伝えない以上、中国国民は物事の本質を理解しないまま、先入観と教え込まれた思想により、直感と雰囲気で判断してしまうのでしょう。
これは何も、ODAだけの話ではなく全般における話で、良い例が、反日を叫ぶ中国人に、靖国参拝が戦犯を祀っているからダメだと14人が言ったが、じゃあA級とB級の違いを聞いても、誰も知らない。
歴史を歪曲するな、捏造をするなと、声を上げて抗議している自分達が、歴史を教えて貰っていない、その不幸がこの調査でも分かります。

実は、この調査結果には、記事本文でこのような事が書いてある

「日本からのODAについて知らない人の割合は、インターネットをよく利用する人ほど少なかった。インターネットを『毎日使っている』人のウチ、援助について知らない人は49%(それでも、半分の人が知らない・・・)、『時々使っている』人で56%、『使っていない』人で72%だった。 多くの情報に接する限られた層でしか、日本のODAが知られていない実態が示された」

インターネットでも、中国政府はかなりフィルターを付けて、情報に関しては制限しているらしいのだが、それでもこの結果が得られたと言うことは、そこには中国政府の思惑が見える。



日本が常任理事国になることに賛成ですか?(%)
       日本   韓国   中国
・賛成    63    13    13
・反対    15    87    84


日本の自衛隊は、災害時の緊急援助や復興支援などで、戦闘以外の分野で海外で活動していますが、こうした海外活動には賛成ですか?(%)
       韓国   中国
・賛成    31     4
・反対    69    93

日本が、常任理事国になりたいのは、国連分担金相応の地位が欲しい、常任理事国ならでは権限と、情報が欲しい、などなどいろんな要素がありますが、その中に自衛隊の海外活動を含め、国際社会への貢献をしたい思いもありますが、中韓には説明してもなかなか通じないでしょうね。
そもそも、中国ってのは国際活動にあまり積極的では無い印象があるんですよね。(悪い意味での干渉はあるけど)

まあ、中韓の本音は、自国よりも強力な軍隊を持つな、でしょうからねぇ、自衛隊の活動云々よりも、自衛隊の存在そのものが問題なのかも知れませんけど。



小泉首相の靖国参拝には賛成ですか?(%)
       日本   韓国   中国
・賛成    54     8     0
・反対    28    92    91


靖国神社はどんな存在だと思いますか?
               日本   韓国   中国
・戦死者を追悼する所  66    18    15
・軍国主義の象徴    10    61    59
・宗教施設の1つ    10     7     7
・特に印象はない    12    13    17

おお、朝日の世論調査でも、賛成が54%と反対の倍近くの数値が出るとは、少し驚いたなぁ、他の新聞社なら70%ぐらいは行くかもね。(笑)
これも、ここ2ヶ月の中韓の異常なまでの反日行動が、ある意味、日本人の心を目覚めさせたのかもね。
それにしても、中国や韓国で15%程度の人が、戦死者を追悼する場所と理解しているとは、意外でした。

ともかく、中韓が靖国が軍国主義の象徴だと思い、だから、首相の参拝には反対だ、と言う結果がはっきりしたのは良かった。
これで、日本がする事は、「中国や韓国の人の心情を考えて、参拝を止めよう」と言った、馬鹿げた考えではなく、日本が軍国主義に戻ることは絶対にあり得ないと言う説得に、戦後60年の外交や国際社会での貢献などを訴え、靖国は決して軍国主義の象徴でも何でもない、この事をきちんと説明して誤解を解いていく事ですね。

相手の気持ちに配慮して止める事は、確かに1つの考えですが、首相が参拝を止めたからと言って、中韓から見れば問題は靖国はやはり軍国主義の象徴であり、日本に対する誤解は、根本的には何ら解決しない事になりますので、きちんと靖国の参拝は内政問題として、国内の論議で決め、対外的には粘り強く説得するしか無いですよね。



植民地時代の被害者に対する日本の賠償の問題は、すでに解決したと思うか?(%)
            日本   韓国
・解決した      30     5
・解決していない  60    95

正直、この数字はショックだな~。
日本人って本当に、自分の国の事も知らないんですね、改めて感じます。

日本は、中韓ほど細かいレベルで、日本の愛国心を煽るような内容、つまり、いちいち日韓基本条約の内容まで吟味する教育など必要は無いと思う。
でも、これほど日韓の間で火花が散った時期は、戦後の条約が結ばれて以降、無かった状態だと思う。
このような状況の中で、1965年に日韓基本条約で何が結ばれて、日本と韓国はどのような戦後の決着を付けたのか、知ろうと思わなかったのだろうか。
ここは中国ではなく日本であり、各人がその気になりさえすれば、自由に情報が得られる幸せな国なのに。


日韓基本条約を知っていれば、「解決していない」という選択肢を選んだ人は、かなり減るはず。
韓国へ、8億ドルの援助に、50億ドル以上の資産を半島に残して、放棄しています。

韓国は、あくまでも賠償金を求めましたが、韓国は第二次世界大戦中は、日本と併合された状態なので、決して戦勝国ではなく、むしろ日本と共に戦ったのであり(戦後、戦勝国としてサンフランシスコ条約に加わりたかった韓国が、連合国に打診したが、米英に同理由により拒否された)、賠償金と言った形では支払わずに、名目は経済協力金として支払ったわけです。

対外的に韓国政府には、賠償金は支払えないけど、植民地にした謝罪として、半島に残した日本の資産(50億ドル以上)の請求権を日本は放棄して、その莫大な資産を韓国に与えて、個人への賠償金として8億ドルを用意した経緯があります。
結局、個人ではなく国にまとめて払ったので、賠償金と言う名目ではなくなりましたが。

また、当時は韓国は半島で唯一の正当な国とした為、北朝鮮の個人補償金までも、韓国政府に支払っている事も付け加えておきますね、北朝鮮が賠償だ、などと言って来たら、既に韓国政府に支払っています、と言うべきなんです。

そして、この8億ドルの価値ですが、韓国が主張する通りに、強制連行労働者70万人、従軍慰安婦20万人の合計90万人の賠償対象者がいるとします。(強制連行、従軍慰安婦など実際はほとんどなかったという議論も当然ありますが、ここでは数値を分かりやすくする為、韓国の主張を100%飲んだ数字で算出します。)

個人補償を無償の3億ドルに限って支払ったとして、

3億ドル × 360円(当時1ドル=360円)=1080億ドル
1080億ドル ÷ 90万人 = 12万円
当時の大卒初任給が約2万円程度なので、現在の価値を単純に10倍して、12万円 × 10 = 120万円

1人辺り、120万円の補償金となります。(これは、韓国の数字をそのまま使った、最低限の数値)

さて、ドイツの戦後補償を見習えという声が、韓国ではよく聞かれますので、ドイツを引き合いに出してみますか。
ドイツがユダヤ人に支払った補償金は、どうやら一人当たり、現代の日本円に直して、30~80万円程度だそうです。
つまり、日韓基本条約を結んだ当時、日本が提示した個人補償の金額は、妥当と言うよりも、韓国が褒めるドイツの80万円よりも高い、120万円を考えていた訳です、何ら足らないものではありません。
この変もきちんと押さえておくべきでしょう。


 

もっとも、韓国政府も、個人賠償金を無駄遣いしたのではなく、経済振興に使い、あの「漢江の奇跡」と呼ばれた経済成長を起こし、現代の韓国の基礎を作ったわけなので、一方的に批判は出来ない。
ただし、個人補償を国の発展に使ったのだから、個人補償に関しては、韓国政府がその責任を負うのは、当然の話です。
ところが、問題が発生した時、現在は日本に対し、韓国国民が訴えて来ました。
本当に訴えるべき相手は、韓国政府だと言うことを、韓国人もそうですが、自分の国の歴史です、日本人も知っておきましょう。


 


日韓基本条約
 第二条

1 両締約国は,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が,千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて,完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。


ここで大事なのは、日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決された」と明記されている事です。
・解決していない  日本60%
これは、本当に情けないです・・・

余談ながら、今回の世論調査には、以下の項目もありました。


インターネットを使っていますか?
             日本   韓国   中国
・毎日使っている    19    40    10
・時々使っている    21    29    24
・使っていない      60    30    65

まあ、毎日使っていても、韓国のようにゲームで使っていたり、せっかく7割の人がインターネットを使っていても、外部の情報を冷静に分析出来ないのは論外ですが、日本という平和な国で、6割の人が使っていない・・・
未だに、ニュースや情報を、新聞やテレビなどのマスコミだけに頼っているのは、少し情けない気もします。
インターネットを活用しようよ。


 
まあ考えてみれば、私のブログを読みに来ている人の多くは、インターネットをよく活用されている方であり、そのような方は、日韓基本条約で、「完全かつ最終的に解決された」程度の事は既にご存じで、その上でさらに思考を巡らせているのですから、ここであまりブーブー書いても、ここを含めて何も読まない人が問題なだけに、確かに意味は無いかもね。(笑)


 

|

« 韓国なぞ、最初からアウトオブ眼中です | トップページ | 人の命を預かる仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の世論調査を見る:

« 韓国なぞ、最初からアウトオブ眼中です | トップページ | 人の命を預かる仕事 »