« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

4 28, 2005

朝日の世論調査を見る

今朝の朝日新聞の記事で書かれていたので、恐らく、まだweb上にはどこにも結果は無いと思う。

大まかな部分だけ、取り出して見たいと思います。
ただまあ、日本を好きかどうかなど、TVでも報道された分かり切った結果など、見たくもないでしょうから(笑)、ここでは、もうちょっと歴史認識や、靖国に対する事について。


日韓中3カ国世論調査


自分の意見が、政治にどの程度反映されていると思いますか?(%)
                 日本   韓国   中国
・十分に反映されている    1     0     5
・ある程度反映されている  12     9    28
・あまり反映されていない   54    46    48
・全く反映されていない     29    44    17

これなんか、凄く面白いですよね。
共産党の独裁政権で、自由な選挙権、被選挙権などが無い中国で、3割の人は自分の意見が反映されていると考え、自由な選挙権などある日本の方が、8割以上の人が自分の意見が反映されいないと考えていると言うのが、皮肉な結果ですね。

まあ、中国はそれだけ思想教育が達成されており、日本は反対に、自由にいろんな方面で考える土壌がある故に、納得行かない政治も多いと考えるのでしょう。
また、情報制限で、中国はあれほど汚職が多いのにも限らず、恐らく国民にその真の姿は知らされていないのかも知れません。
日本は、さすがに汚職はともかく、各省庁での無駄遣いなどが話題にもなっているように、政治に対する信任が薄いのも、原因の1つでは無いでしょうか。



日本は中国に対し、約3兆円のODAを実施して来たが、知っていますか?(%)
・具体例を含め、知っている                   2
・具体例は分からないが、援助しているのは知っている  32
・援助している事を知らない                  66


日本は中国経済の発展により、ODAを削減していますが、削減には賛成ですか?(%)
        日本   中国
・賛成     63   26
・反対     22   67

要するに、日本が援助しているかどうか知らないけど、援助の削減は反対だ、と言う話しですが、「良く知らないけど、削減は反対」という、脊髄反射に近い反応なのですが、これは中国が国民に伝えていない以上、無理からぬ部分があります。

中国に対しては、日本が、いくら資料をオープンにしていても、中国政府が情報を制限して、国民に伝えない以上、中国国民は物事の本質を理解しないまま、先入観と教え込まれた思想により、直感と雰囲気で判断してしまうのでしょう。
これは何も、ODAだけの話ではなく全般における話で、良い例が、反日を叫ぶ中国人に、靖国参拝が戦犯を祀っているからダメだと14人が言ったが、じゃあA級とB級の違いを聞いても、誰も知らない。
歴史を歪曲するな、捏造をするなと、声を上げて抗議している自分達が、歴史を教えて貰っていない、その不幸がこの調査でも分かります。

実は、この調査結果には、記事本文でこのような事が書いてある

「日本からのODAについて知らない人の割合は、インターネットをよく利用する人ほど少なかった。インターネットを『毎日使っている』人のウチ、援助について知らない人は49%(それでも、半分の人が知らない・・・)、『時々使っている』人で56%、『使っていない』人で72%だった。 多くの情報に接する限られた層でしか、日本のODAが知られていない実態が示された」

インターネットでも、中国政府はかなりフィルターを付けて、情報に関しては制限しているらしいのだが、それでもこの結果が得られたと言うことは、そこには中国政府の思惑が見える。



日本が常任理事国になることに賛成ですか?(%)
       日本   韓国   中国
・賛成    63    13    13
・反対    15    87    84


日本の自衛隊は、災害時の緊急援助や復興支援などで、戦闘以外の分野で海外で活動していますが、こうした海外活動には賛成ですか?(%)
       韓国   中国
・賛成    31     4
・反対    69    93

日本が、常任理事国になりたいのは、国連分担金相応の地位が欲しい、常任理事国ならでは権限と、情報が欲しい、などなどいろんな要素がありますが、その中に自衛隊の海外活動を含め、国際社会への貢献をしたい思いもありますが、中韓には説明してもなかなか通じないでしょうね。
そもそも、中国ってのは国際活動にあまり積極的では無い印象があるんですよね。(悪い意味での干渉はあるけど)

まあ、中韓の本音は、自国よりも強力な軍隊を持つな、でしょうからねぇ、自衛隊の活動云々よりも、自衛隊の存在そのものが問題なのかも知れませんけど。



小泉首相の靖国参拝には賛成ですか?(%)
       日本   韓国   中国
・賛成    54     8     0
・反対    28    92    91


靖国神社はどんな存在だと思いますか?
               日本   韓国   中国
・戦死者を追悼する所  66    18    15
・軍国主義の象徴    10    61    59
・宗教施設の1つ    10     7     7
・特に印象はない    12    13    17

おお、朝日の世論調査でも、賛成が54%と反対の倍近くの数値が出るとは、少し驚いたなぁ、他の新聞社なら70%ぐらいは行くかもね。(笑)
これも、ここ2ヶ月の中韓の異常なまでの反日行動が、ある意味、日本人の心を目覚めさせたのかもね。
それにしても、中国や韓国で15%程度の人が、戦死者を追悼する場所と理解しているとは、意外でした。

ともかく、中韓が靖国が軍国主義の象徴だと思い、だから、首相の参拝には反対だ、と言う結果がはっきりしたのは良かった。
これで、日本がする事は、「中国や韓国の人の心情を考えて、参拝を止めよう」と言った、馬鹿げた考えではなく、日本が軍国主義に戻ることは絶対にあり得ないと言う説得に、戦後60年の外交や国際社会での貢献などを訴え、靖国は決して軍国主義の象徴でも何でもない、この事をきちんと説明して誤解を解いていく事ですね。

相手の気持ちに配慮して止める事は、確かに1つの考えですが、首相が参拝を止めたからと言って、中韓から見れば問題は靖国はやはり軍国主義の象徴であり、日本に対する誤解は、根本的には何ら解決しない事になりますので、きちんと靖国の参拝は内政問題として、国内の論議で決め、対外的には粘り強く説得するしか無いですよね。



植民地時代の被害者に対する日本の賠償の問題は、すでに解決したと思うか?(%)
            日本   韓国
・解決した      30     5
・解決していない  60    95

正直、この数字はショックだな~。
日本人って本当に、自分の国の事も知らないんですね、改めて感じます。

日本は、中韓ほど細かいレベルで、日本の愛国心を煽るような内容、つまり、いちいち日韓基本条約の内容まで吟味する教育など必要は無いと思う。
でも、これほど日韓の間で火花が散った時期は、戦後の条約が結ばれて以降、無かった状態だと思う。
このような状況の中で、1965年に日韓基本条約で何が結ばれて、日本と韓国はどのような戦後の決着を付けたのか、知ろうと思わなかったのだろうか。
ここは中国ではなく日本であり、各人がその気になりさえすれば、自由に情報が得られる幸せな国なのに。


日韓基本条約を知っていれば、「解決していない」という選択肢を選んだ人は、かなり減るはず。
韓国へ、8億ドルの援助に、50億ドル以上の資産を半島に残して、放棄しています。

韓国は、あくまでも賠償金を求めましたが、韓国は第二次世界大戦中は、日本と併合された状態なので、決して戦勝国ではなく、むしろ日本と共に戦ったのであり(戦後、戦勝国としてサンフランシスコ条約に加わりたかった韓国が、連合国に打診したが、米英に同理由により拒否された)、賠償金と言った形では支払わずに、名目は経済協力金として支払ったわけです。

対外的に韓国政府には、賠償金は支払えないけど、植民地にした謝罪として、半島に残した日本の資産(50億ドル以上)の請求権を日本は放棄して、その莫大な資産を韓国に与えて、個人への賠償金として8億ドルを用意した経緯があります。
結局、個人ではなく国にまとめて払ったので、賠償金と言う名目ではなくなりましたが。

また、当時は韓国は半島で唯一の正当な国とした為、北朝鮮の個人補償金までも、韓国政府に支払っている事も付け加えておきますね、北朝鮮が賠償だ、などと言って来たら、既に韓国政府に支払っています、と言うべきなんです。

そして、この8億ドルの価値ですが、韓国が主張する通りに、強制連行労働者70万人、従軍慰安婦20万人の合計90万人の賠償対象者がいるとします。(強制連行、従軍慰安婦など実際はほとんどなかったという議論も当然ありますが、ここでは数値を分かりやすくする為、韓国の主張を100%飲んだ数字で算出します。)

個人補償を無償の3億ドルに限って支払ったとして、

3億ドル × 360円(当時1ドル=360円)=1080億ドル
1080億ドル ÷ 90万人 = 12万円
当時の大卒初任給が約2万円程度なので、現在の価値を単純に10倍して、12万円 × 10 = 120万円

1人辺り、120万円の補償金となります。(これは、韓国の数字をそのまま使った、最低限の数値)

さて、ドイツの戦後補償を見習えという声が、韓国ではよく聞かれますので、ドイツを引き合いに出してみますか。
ドイツがユダヤ人に支払った補償金は、どうやら一人当たり、現代の日本円に直して、30~80万円程度だそうです。
つまり、日韓基本条約を結んだ当時、日本が提示した個人補償の金額は、妥当と言うよりも、韓国が褒めるドイツの80万円よりも高い、120万円を考えていた訳です、何ら足らないものではありません。
この変もきちんと押さえておくべきでしょう。


 

もっとも、韓国政府も、個人賠償金を無駄遣いしたのではなく、経済振興に使い、あの「漢江の奇跡」と呼ばれた経済成長を起こし、現代の韓国の基礎を作ったわけなので、一方的に批判は出来ない。
ただし、個人補償を国の発展に使ったのだから、個人補償に関しては、韓国政府がその責任を負うのは、当然の話です。
ところが、問題が発生した時、現在は日本に対し、韓国国民が訴えて来ました。
本当に訴えるべき相手は、韓国政府だと言うことを、韓国人もそうですが、自分の国の歴史です、日本人も知っておきましょう。


 


日韓基本条約
 第二条

1 両締約国は,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が,千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて,完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。


ここで大事なのは、日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決された」と明記されている事です。
・解決していない  日本60%
これは、本当に情けないです・・・

余談ながら、今回の世論調査には、以下の項目もありました。


インターネットを使っていますか?
             日本   韓国   中国
・毎日使っている    19    40    10
・時々使っている    21    29    24
・使っていない      60    30    65

まあ、毎日使っていても、韓国のようにゲームで使っていたり、せっかく7割の人がインターネットを使っていても、外部の情報を冷静に分析出来ないのは論外ですが、日本という平和な国で、6割の人が使っていない・・・
未だに、ニュースや情報を、新聞やテレビなどのマスコミだけに頼っているのは、少し情けない気もします。
インターネットを活用しようよ。


 
まあ考えてみれば、私のブログを読みに来ている人の多くは、インターネットをよく活用されている方であり、そのような方は、日韓基本条約で、「完全かつ最終的に解決された」程度の事は既にご存じで、その上でさらに思考を巡らせているのですから、ここであまりブーブー書いても、ここを含めて何も読まない人が問題なだけに、確かに意味は無いかもね。(笑)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4 26, 2005

韓国なぞ、最初からアウトオブ眼中です

バンドン会議で、小泉首相が95年の村山首相談話を引用し、日本の謝罪や反省を改めて表明しましたね。

それに対し、中国よりも韓国の方が分かりやすい態度です。

■ 小泉演説に冷淡な反応 韓国、世論動向見極め


【ソウル24日共同】ジャカルタでの日中首脳会談について韓国では24日、メディアは淡々とした扱いで伝え、「反省とおわび」を表明した小泉純一郎首相の演説に関しても「特に意味のあるものでない」(韓国政府関係者)と冷淡な反応だ。韓国内では反日感情が小康状態になっているとはいえ、今後の世論の動向や日本側の「具体的な行動」を見守る意向とみられる。


西日本新聞

そりゃ、韓国に取っては意味ある演説では無かったでしょうね、韓国には、何度か伝わっている内容ですから、目新しくも何もないのは当たり前。
今回の小泉氏の演説は、国際会議で、日本は既に村山談話レベルで謝罪、反省を述べている、と言う事実を国際社会に向かって発言した、これが非常に重要な意味があったわけですから、最初から韓国はアウトオブ眼中だったのよん。(笑)
世界の中では、勉強不足や中韓に肩入れするマスメディアや、政府官僚などが、本当に日本はまだ1度も謝罪していない、そう思っているようなので、その認識を改めさせただけで十分ですな。


その上で、やはり彼ら(韓国)はこう言ったようです。

小泉首相: 謝罪演説は「口だけの謝罪で意味がない」韓国


【ソウル堀山明子】小泉純一郎首相が22日のバンドン会議で行った日本の過去の侵略と植民地支配を謝罪した演説について、韓国のメディアや市民団体は、同じ日に日本の国会議員80人が靖国神社を参拝したことを指摘し、「口だけの謝罪で意味がない」とその真意をいぶかる見方が強い。参拝が謝罪演説の効果を帳消しにした格好だ。

 ニュース専門テレビYTNは、首相演説と靖国参拝を二本立てで報じ、演説を「日中首脳会談を成功させるための方策」「国連安保理常任理事国入りに向け、アジア諸国の信頼獲得を意図している」と批判的に伝えた。

 市民団体「太平洋戦争被害者補償推進協議会」の李煕子(イヒジャ)共同代表は「同じ日に政治家が靖国神社を集団参拝したこと自体、過去を反省するとは何か、まったく分かっていない証拠だ」と強く反発している。

 韓国政界では数日前から、小泉首相がバンドン会議で「謝罪演説」をするのではと期待する向きもあったが、靖国神社参拝のニュースを受けて失望に変わった。与党・開かれたウリ党報道官は「(小泉首相)発言が、高まる反日の雰囲気を避けようとする小手先戦術でないことを望む」と慎重な論評を出した。


毎日新聞 2005年4月22日 23時02分

ねっ、分かりやすいでしょ。(笑)
これからが、本当の外交になるのであって、いつまでも自分の都合の良い解釈は、首を絞める結果になるんだけどなぁ。

靖国に参拝したので、謝罪の意味がないと言う。

そんな事は知っています、韓国には、日本は既に謝罪もしたし、賠償金に近いお金も支払った、でも、韓国はまだまだ物足らないので、個人への賠償金を支払え、靖国参拝をやめろ、教科書を韓国の納得するような内容に変えろ、これが謝罪だ、と主張しているんですよね、んなもん、永遠に韓国が望むような謝罪など、あり得ないから。
だから、今回の演説で韓国が感激してくれるとは、日本は誰も思っていないし、どうぞ騒いでくださいってなものかな。

■盧武鉉大統領の「反日・ドイツ詣で」が空振りだった。


・11日、ケーラー独大統領と会談する際には、「韓国側から事前に、『日本が過去に清算しないことについても話したい』と申し出があったが、こちらのリードで 現在の重要なテーマを優 先して進めた」(独大統領府筋)。

・13日にはシュレーダー首相と会談したが、その時も「日本と同時に安保理常任理入りを目指すドイツ首相と、 戦争責任を理由に排日を主張する韓国大統領が対立して、平行線で終わった」(同前)。

・盧大統領は不満だったのか、翌14日、記者団に「日本は過去に対する態度を改めよ」「北は核武装を放棄するつもり」 と、反日・親北路線を強調。 一方で「ドイツの国連安保理常任理事国入りは支持する」と阿った。ところが、ドイツ報道陣から「何故、そこまで過去に固執するのか」と質問攻めに。

同大統領はドイツ訪問で、ナチスドイツと日本を同じ次元で批判しようとの意図もあったようだ。
しかし、独ユダヤ人 中央協議会などは、「ナチスドイツはは人類史上比類の無い悪質・非道極まるもので、他との比較・相対化など絶対に許されない」と突っぱねた。

独韓議連の幹部も呆れた。「日本批判ばかりでウンザリ。EUと韓国との長年の懸案である造船摩擦の解消や、北朝鮮の核武装阻止こそ国際的な緊急課題なのに・・・・・・・・」

『反日大統領』は、韓国が1000年のもの間、中国の「属国」だった過去があり、朝鮮戦争では北朝鮮軍や中国義勇軍 と戦った事を忘れたのか。


雑誌別速報【週刊文春】


週刊文春の記事なので、どこまで信憑性が高いか疑問ですが、ただ、ある部分で絶対に韓国のこの粘着質の対応に、鬱陶しく感じる国はあると思いますね。
先月のアメリカライス国務長官にも、せっかくの首脳会談の機会に、アメリカには関係ない日韓関係の話しを、30%以上に割いたりして、笑い物になっていると思うんですが。


おまけに、韓国の身内から、こんな意見まで出る始末。

■日中対立収拾の場にバランサー韓国の姿は無かった


日本の歴史歪曲と中国の反日デモで1972年の国交回復以来最悪となっていた中日関係が収拾局面に入った。 一昨日に中国の胡錦濤国家主席と日本の小泉総理が会った結果だ。
一触即発という話まで出た衝突状況が沈静化するのを見るにつけ、首脳会談の大切さを今更ながら感じる。

小泉総理の発言に注目する必要がある。彼は「胡主席は、靖国(神社参拝)と歴史問題は討論するつもりがないと言い、私も言及しなかった」と言った。これらの問題は、両国関係悪化の主たる要因だったし、今度の会談の核心争点だった。それなのに胡主席はこれを正面から問題視することはしなかった。小泉総理も反日デモに対して「適切な対応」 だけ要望する線で言葉をとどめた。

両首脳はなぜ「言う言葉」を尽くさなかったのだろうか。 一言で言って、お互いにお互いを無視することができない大国であるのに加えて、お互いを必要とするからだ。中国は成長持続と北京オリンピック成功のためには日本の資本と協助が必要だ。日本も、最大交易国であると同時に国連安保理常任理事国である中国と反目しては暮すことができない。
二人のリーダーはもっと大きい国益のために妥協を選んだのだ。こんな雰囲気は首脳会談の前から感知さ れた。中国は許可を受けない反日デモを徹底的に取り締まり始めた。小泉総理は会談の前に「痛切な反省と謝罪」で中国に配慮した。

苦々しい点は、両国の対立収拾の過程に韓国はいなかったということだ。両首脳は韓国を意識しなかった。韓国は単に「アジア」という言葉の中に入っていただけだ。わが国は大統領が直接出て中国より先に日本の歴史歪曲と独島領有権主張を強く問題視したにもかかわらずだ。
盧武鉉政権は中国と日本の間で「バランサーの役割」をすると言ったが、試験の舞台には上がってみることもできなかった。小泉総理は、胡主席に対して示したような低姿勢を盧大統領に対してはとらない。

韓国を自虐しようというのではない。国力が追いつかないのに一方的に叫ぶのは空虚なものでしかないことをきちんと悟ろうというのだ。


東亜日報

彼らは、日頃、日本をドイツと見立て、自分達をフランスだと見ていた。
しかし、韓国は戦時中は日本と同じ立場に立った国であり、日本がドイツであれば、彼らはオーストリアと同じ立場になる。
(細かく違う部分は省く・・・彼らもドイツの戦後を日本と比較する時点で、その点は承知しているはず)

そして、オーストラリアは、ドイツと同じくユダヤに対しては、戦勝国であるにもかかわらず、謝罪をしている。

自分達が、常に被害者意識を持っていなければ、民族のプライドが持てない国民性もあるのだろう、自分達も加害者の一部だと言う認識を持てず、おこがましくも自分達はフランスだと思い込んでいる。
そのくせ、自分達はオーストリアにも、フランスにもなれないのは、まさしく滑稽そのもの。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4 25, 2005

見事やなぁ、この電凸

今回のバンドン会議での、小泉首相の謝罪(※1)、日中首脳会談(※2)や、福岡と宮城での補欠選挙(※3)など、今週末は話題騒然、ネタだらけで、まさしく自分が書くよりも、他人の意見を読むのに忙しかったような気がします。(笑)



(※1)

マスコミでは謝罪という表現を使っていますが、私は、あれは謝罪と言うよりも、単に村山談話の確認を、国際会議という場で、世界に向かって表明した、そう捉えていますので、小泉首相を非常に評価しております。
「謝罪をしていない」という中韓の主張は、今後出来ませんからね。
今後は、外交問題の焦点は、謝罪をした上で、お互いの歴史認識の差だけに絞れるからですね。


(※2)

まあ、会談の内容は多少不満なんですが、バンドン会議での謝罪で世界的に評価を得た小泉氏ですから、下手に感情面だけで騒ぐよりは、中国よりは日本の首相が、寛容な態度で臨んだ会議ってのも、それはそれなりに、意味があったかと。
トップは常に落ち着いて、ドンと構えるのを日本の立場とするのなら、それは今後は外務大臣や他の閣僚が、国際会議や会談の場で、日本の立場を毅然と説明し、靖国も教科書も、中韓の主張は日本の考えと違う、その事を対立色を強めても、言い切る必要が出てきたので、彼らが大変ですが。


(※3)

こんなのは、言うまでもありません、民主党に岡田代表が居座っていれば、私から見れば当然の結果です。
仮に、福岡選挙区でも、山崎氏自身が人間として、男性として、少しだらしなく、下品な趣味をお持ちで、代表として選ぶには情けない人間であっても、それはあくまでも個人の趣味の範疇で、犯罪でもありませんし、もっと平たく言えば、個人的な好き嫌いはあったとしても、彼の性癖は国政に、何か影響を与えるものでもなく、政治家としての能力には関係ない部分ですからね。
ところが、民主党の代表岡田氏の最近の発言は、まさに国政にモロに影響を及ぶ話で、彼が代表である限り、民主党に投票できない人間は多かったと思いますけどね。
そもそも、岡田氏は海外に出ても、小泉首相の悪口しか言わない。
結局、彼の視線は国内においても、海外においても、常に「自民党vs民主党」(もっと簡単に言えば、「与党vs野党」)の視線でしか判断出来ないんですな。
国内では、ある程度対立するものがあっても、国外に出れば、彼は「日本国」の政治家のはずで、まずは日本の立場、国民の感情を真っ先に考えなければならないはずなのに、何処に行っても首相の批判しか出来ない、器の小さな人間です。


 


 

その中で、2chを読んでいると、非常に面白いブログを紹介しておりましたが、これは是非とも皆さんにも紹介しておきたく、拾って参りました。
本当は、今夜は遅くて、寝なきゃ明日の月曜日の仕事が、精神的にも重くなるので(笑)、何も書かずに寝ようと思っていたのですが、ここだけは是非読んでください。
電話インタビューの部分だけでも、全文引用したら長いけど、カットはしません。

ピースボートの野平晋作氏と電話で激論しました

<前略>

mu ○○です。
野 ピースボートの野平と申します
mu わざわざありがとうございます。デモに関する記事についてなんですが
野 ハイ
mu 「人を殴っておいて、その殴られた人が怒ったとき、もっと冷静になろうよと殴った側が言うのはおかしいと思いませんか?」との一文があります。これは、暴力を容認されるということでしょうか。
野 そういうことではございません。暴力を容認することはできません。但し、その原因についても考えるべきではないか、ということです。
mu そうですか。ここで、http://www.jlp.net/news/021015c.htmlの記事を読みますと、「在日朝鮮人への嫌がらせを許すな」と主張されています。これは、ダブルスタンダードじゃないんですか。
野 違いますね
mu 何故ですか
野 違うと思いますよ
mu だから、何故ですか。この場合だったら、朝鮮総連に対し「嫌がらせが起きた原因を考えてみるべき」というべきだと思いますが。
野 それは違います。今回の中国のデモというのは、あまりにも日本の報道が「中国が悪い」という点に偏っているので、彼らのデモの原因についても探ってみるべきだと主張しているのです。
mu 原因が何であれ、暴力行為は許されないでしょ。
野 私たちもそう思いますよ。
mu ならば、それを主張するべきです。
野 いや、ですから今回はマスメディアの報道が偏っているから、私たちは声を上げたわけです。
mu まとめると、「日本人が加害者の時は日本人が悪い。日本人が被害者のときも日本人が悪い」ということですね。
野 違います。
mu そういうことでしょ。
野 いいえ、違います。
mu 違わないですよ。ダブルスタンダードですよ。「何が何でも日本人が悪い」という点では一貫してますけど。
野 ダブルスタンダートとは思わないですね。
mu それならば、「在日朝鮮人への嫌がらせ」に対して、ピースボートは「朝鮮総連は原因をよく考えろ」と言うべきです。
野 そう思わないですね
mu そう思わないのはピースボートだけです。ネット上では、今、大騒ぎですよ。
野 それは、日本全体が右傾化してきてですね・・・・
mu だから、その「右傾化」の原因を作ってるのは、あなたがたピースボートとか朝日新聞の頓珍漢な主張なんですよ。
野 どこが頓珍漢なんですか。
mu 中国・韓国の歴史捏造に加担して、すべて日本が悪いと主張してるでしょ。ネット登場以前はこれも有効だったんですけど、今は捏造が明らかになってますから。
野 捏造なんか無いでしょ
mu ありまくりですよ。南京大虐殺、従軍慰安婦、創氏改名・・・・
野 事実じゃないですか
mu 事実じゃないですよ
野 私ね、実際に被害者の方にお会いして話を聞いてきたんですよ
mu 何の被害者ですか
野 従軍慰安婦です
mu はい
野 彼女たちは連行されてね・・・
mu その主語は?
野 従軍慰安婦です
mu じゃなくて、連行したのは誰?
野 日本政府です
mu ハ?日本政府が連行したという資料なんかありませんよ。証拠があるなら教えてください。
野 たくさんありますよ。
mu 朝日新聞のヤツだったら、誤報ですよ。「不良キーセン業者を取り締まるように」という通達が出てただけです。
野 ・・・・国際女性法廷のですね・・・
mu あんなの裁判じゃないです
野 いえ、ちゃんとアカミスキュリエというですね・・・
mu それ、弁護人でもなんでもないです。あんなのでいいんだったら、自分が仲間を集めて、弁護人も勝手につけてピースボートの野平氏に死刑判決を下しますよ
野 勝手にやればいいんじゃないんですか
mu だから、国際女性法廷も勝手にやっただけなんです。
野 ・・・実際に私は、慰安婦の方から色々な証言を聞いてるんですよ
mu じゃ、「私mumurは、ピースボートの野平氏に暴行を受けて、精神的・肉体的にダメージを受けました」と主張したら、貴方は甘受しますか?
野 ・・・・彼女たちは、韓国で差別されてなお、勇気を出して名乗り出たんです
mu なんで差別されるか知ってますか?キーセンという職業自体が差別されるのと、儒教社会で女性の地位が低いからです 
野 ・・・・ 
mu 朝鮮には元々、キーセンという職業があったのをご存知ですか?朝鮮は中国の属国で、国内の美女を中国に献上してたんです。そういう文化があったんです
野 知りませんね
mu 完全に勉強不足です。オソンファさんという拓殖大学の教授をご存知ですか?
野 知りません
mu 彼女は、チェジュドという島の出身なんですが、そちらで聞き取り調査を行ったんです
野 ・・・
mu 「若い女性が日本軍に連行されたか?」と現地のご老人に聞いたところ、「そんな事件があったら、村中大騒ぎになって必死で抵抗してる」と返答があったんです。何人ものご老人に確認してます。
野 ・・・
mu 日本軍が若い女性を連行した、なんてのは全く嘘なんですよ。
野 しかしですね、台湾では事実、日本軍が・・・
mu いや、台湾の話なんかしてません。朝鮮半島の話です。
野 ・・・・・
mu 日本の常識で中国朝鮮を考えてはいけません。あの国は物凄い差別国家ですよ。パラリンピックを放映すると、苦情が殺到するのをご存知ですか?「身体障害者を写すな」と抗議が来るんですよ
野 ・・・・
mu デモ隊の最前列に身体障害者を並べて、盾にする国ですよ。日本の常識で判断してはだめです
野 ・・・世界各国には色々な文化があって、それぞれ問題を抱えてるわけです。その中で私は、韓国という国を評価してるんです。
mu (なんか、話がずれてるが・・・・)
野 ああいう独裁軍事政権の歴史の中で、民主的な制度を勝ち取って、凄いパワーがある国なんですよ
mu 全然民主的じゃないですよ。日本の見方をしようものなら、社会的に抹殺されます
野 ・・・そろそろ、次のアポがあるので・・・
mu じゃ、ちょっと最初の話に戻りましょう
野 ええ
mu とにかく今回のピースボートの主張はダブルスタンダードなんです。「日本が加害者のときは日本が悪い。日本が被害者のときも日本が悪い」
野 違いますよ
mu それにね、今回の中国の暴動は、明らかに中国人が行った行為でしょ?それに対して「朝鮮人への嫌がらせ」といのは誰がやったか不明なんです。自作自演の可能性もあるんです。
野 自作自演という証拠はあるんですか?
mu 元朝鮮総連の幹部だった人間が、「わが朝鮮総連の罪と罰」という本で、自作自演を告白しています
野 全部が自作自演といえるんですか?
mu 多くはグレーです。シロともクロとも言えない。そんなグレーの状況で、朝鮮総連は「日本人は嫌がらせをやめろ」と主張してる。ピースボートはそれを応援してる。グレーの状況で、日本人の犯行と断定するのが問題なんです
野 暴行を受けたんだから、アピールするのは当然の権利じゃないですか
mu それと同じことを今回の反日デモ暴動で感じないんですか
野 朝鮮人に対する嫌がらせというのは差別意識に基づくものなんですよ
mu ハア?あなたは、「拉致問題を契機とした嫌がらせ」とはっきり発言してますよ。差別意識じゃなくて、拉致問題が原因なんでしょ
野 だから、それが拉致問題で噴出したんです
mu 「日本人」が「嫌がらせ」をしたのは差別意識に基づくもので、日本人に対する暴行は差別じゃないと。あなた、中華主義とか小中華主義という言葉を知ってますか?
野 知ってますよ
mu 言葉を知ってるだけですね。もっと勉強してください。また、話がそれちゃいましたけど、問題なのはダブルスタンダードだということなんです。
野 あんまり意味がよくわかりませんけどね
mu ・・・(本当に分かってないみたいなので、丁寧に説明することにする)今回の反日デモによる暴動で、ピースボートは「そもそも日本は暴動の原因を考えてみるべき」と主張してるわけですよね。
  一方で、拉致問題を契機として、在日朝鮮人に対してチマチョゴリの切り裂きなどの「嫌がらせ」が起きた場合は、彼らと一緒になって日本を非難してますよね。
  仮に、論理一貫性を考慮した場合、ピースボートは朝鮮総連に対して、「そもそも原因に拉致問題があるのだから、あなた方朝鮮総連はその点を考えなければならない」と主張するべきなんですよ。
野 ・・・・・・・・・・・(やっと、意味が分かった模様。このあたりからトーンダウンしてくる)
mu 若しくは、朝鮮人に対する「嫌がらせ」に機軸を置くなら、今回の反日デモに対して「原因は何であれ、暴力は絶対に許されない」と主張するべきなんです
野 ・・・・・・・
mu 日本人が「加害者」のときは「嫌がらせはよくない」と主張して、日本人が被害者のときは「その原因を考えてみるべき」というのは、完全なダブルスタンダードなんです
野 ・・・・そうは思いません
mu 何でですか
野 ・・・・・違いますね
mu だから、何でですか
野 ・・・・・違うと思いますよ
mu その理由を聞いてるのです。あなたは、今トーンダウンしてますけど、ダブルスタンダードの意味が分かったからですよね。沈黙が多いのは、ご自分の言動の矛盾を自覚したからですよね。
野 ・・・・・・・・そもそもですね、韓国でも同じように拉致事件が起きているわけですが、あそこでは日本ほど騒がしくないわけですよ
mu それは、北朝鮮の工作が成功してるんですよ
野 それは違いますよ
mu いや、北朝鮮の工作なんですよ。しかも、同民族でしょ
野 拉致問題というのは、東西冷戦構造の中で起きたわけです。そして、日本はアメリカに追随してきているわけで、その意味では日本自身にも責任はあるわけです
mu どこまで遡るんですか。そんなこといったら、日本の戦争だって欧米の植民地支配から守るためだったのだから・・・
野 そろそろ、いいですか。次のアポがありますので
mu わかりました。じゃ、最後に。ピースボートには元々何の期待もしてませんでしたが、今回の件は本当に呆れました。
野 じゃ、そういうことで。

<後略>


【ネット街宣車で駅前に繰り出す迷惑極まりないやくざ】mumurブログ April 22, 2005 記事より

このmumurさんは、本当に素晴らしい。
常に、同様の事を感じていても、いざ、電話でも直接でも、相手と話をすれば、こうポンポンと自分の意見を言えるものではありません。
短気と言う話で、8行目以降は、お互いがかなり大声で話していたそうですが、応答の内容を読む限りは、かなり冷静に話している様に見えます。


元々、ピースボードってのは、私から見れば怪しい運動しかしていない気がしますが、彼らは彼らなりに、マジメに活動をしているのだと思いますが・・・何に影響を受けたのでしょうね。

こういった内容を、テレビ討論会でも見たいんですよね。
お互いが、自分の主張を述べ合い、それをきちんと論理的に説明するような。
今回のケースでは、私が疑問に思っていた「ダブルスタンダード」も、納得は出来ませんでしたが、彼らは自分でダブルスタンダードだとは気づいていなかった、疑問にすら思っていなかった、と言うのが分かっただけでも、十分な収穫になりました。


ああ、もう2時を回った・・・今日は勝手ながら、ここまで、引用が長いだけで、本文が少ない事をお詫びします、おやすみなさい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4 22, 2005

自分の国の歴史を知ろう(2)

machuさんから、いつも読んでくださっていると、「日本人は自分の国の歴史を知ろうよに」、長いコメントを頂きました、本当にどうもありがとございます。



子どもの頃より部落や朝鮮人とか差別とかいう言葉は大人より聞かされてきましたが、

他の世代ではどうだが、もちろん知りませんが、私も小学生時代には「道徳」の授業があり、そこで同和問題を扱った授業がありました。
また、machuさんのお生まれはどこか知りませんが、私は神戸出身で、大阪や神戸には同和地区が結構あり、普通の会話にも出ていた記憶があります。
また、神戸には朝鮮学校(初級、中級、高級の3校)があり、中国系(華僑)の中華同文(初等部、中等部)などもありました。
結構、朝鮮学校って怖いってイメージがありましたね。
まあ、私の時代では、公立中学校でもガラの悪い学校はたくさんありましたが、よく喧嘩していると言う噂も聞いていました。(^^;
もっとも、その喧嘩する場面は見たことはありませんが。
ですから、その噂そのものが、まさに差別から出た「根も葉もない噂」なのかも知れませんが、今となっては確認出来ません。


朝鮮学校の人は、初級=初等部から高級=高等部まで、朝鮮学校に行くので、外からほとんど見えず、自分達の世界に籠もってしまう一面もあり、その差別というか、一種の遠巻き状態を、自分達で壁を作ってしまい、助長させている気がしました。

同じ外国学校でも、中華同文は中等部までしかなく、ほとんどの生徒が高校では地元の子供達に混じって、受験して公立高校などに行きますので、中等部までは、祖国の中国の歴史などもきちんと学んでいるでしょうが、その他にも、受験して日本の高校に行くために、日本の教育指導に則った学習も行っているようです。


私の場合、その経験もあって、朝鮮学校にはあまり良いイメージが昔からありませんでした。
反対に、さすがは世界の華僑だな、と言う感じで、対照的に中華同文学校には良い印象がありました。

もっとも、それの結果、韓国が嫌いで中国が好き、と言う話ではありませんよ、ただ、国内に置ける在日の方に対する印象です。


韓国・北朝鮮・中国に対する嫌悪感がふくらみ、とうとう今日のような事態になってしまってものすごく嫌ってる自分がいます。
だけど、本当のところはどうなんだろうと、ネットのニュースやブログ等を読みあさっては自分がどういう風に向き合えばいいのか探している途中ともいえます。

実を言えば、私も韓国を嫌う決定的な原因は、2002年のワールドカップでしたね。
ただ、machuさんはどうでしょう。 自分の中で嫌っている部分があるというのは、「嫌悪感を持つ=差別をしている」という構図になっているからでしょうか?

私は、単純に友達同士の付き合いでもそうですが、自分を思いっきり嫌っている人とは、仲良くは出来ない、自分を差別して見下している人を、絶対に自分が好きにはなれない、そう思っていますが、これは差別とかの話ではなく、単純にお互いがどう付き合うのか、と言う問題だと思うのです。
さらに、初めて会った人でも、相手が謙虚で、丁寧に話しかけてくれれば、こちらも同じように謙虚になれますよね。
朝鮮人とか関係なく、日本人の中にも、傲慢で我が儘な人間はいますが、そんな彼らとはまともに付き合えないです。


 

私の母親は74歳。あちらの国が今のようになった原因を作った時代?の真っ最中に生きた人ですよね。

まあ、現在かの国が、ああなってしまった要因は、1つだけではありません。
私も、昔は熱かったので、政府に対しては、反省すべきは反省するのが当然、10万人殺しても、1万人人しか殺していなくても、虐殺は虐殺だから、潔く罪は認めようってなタイプでした。

ただまあ、今から思えば若かった・・・ってな事ですが、要するに、若い頃は、1つの正面からしか物事を見ていなかった、でも実際は1つの物事には、いろんな側面があり、見る角度や方向では、同じ物を見ていても、全く違う物に見えてしまうもの、と言う当たり前の事に気づけば、楽になりました。(笑)

先ほどの言葉で、あちらの国が今のようになった原因を作った時代?の真っ最中に生きた人は、正しいようでもあり、実は全く正しくなく、気になさることはない、と思っています。


 

ある日、母がヨン様が好きなような事を言うので、「昔、(差別的に)朝鮮、朝鮮といっていたのになんで好きって言えるのか?」と聞いたら、「昔の朝鮮人は(服装も顔も)汚かった」と言う答え。うーーん、見た目が綺麗だといいのか・・?

ですから、これも正しいし、実は間違ってもいる、禅問答のようなものです。(笑)
例えば、個人的な解釈として、汚かったのは、見た目という部分よりも、その精神や性根がやや見窄らしく見せたのかも知れない、と私は思うのです。
先ほどの朝鮮学校の話ではありませんが、彼らは自分達で壁を作って、自分達で「不気味な存在」を演出しておりました。
そうなれば、やはりイメージが悪くもなりますし、蔑視の対象に見てしまう可能性もあります。

しかし、今の韓国は、経済的にはもちろん、文化そのものも、別に他国に卑下する必要はありませんし、特に韓国映画などは世界に誇れる文化ですし、その内部から発せられるオーラとも言うべきものは、汚いとか、見窄らしいとかは、一切無いでしょうね。
同じように、終戦後まもなくの間、敗戦国日本も、国民全体が汚かったはずです。


 


ここで聞くのも変ですが、何故なのでしょう。日本が悪ければ悪いで、それはその時代に生きた人がしっかりと伝えるべきではないでしょうか?というか、そういう事実を知りたいと思います。その上で、今起こっている事を受け止めていきたいと思います。

そうですね、今まで述べてきた事も含めて、伝えるべき事は伝えるのは、正しい事だと思います。

ただ、言葉で何を受け継ごうとも、その言葉の内容が真実かどうかは、私には分かりません。
先ほども言いましたが、物事にいろんな側面があるので、その言葉が語る真実は、あくまでもその一面しか伝えておらず、反対方向から見ている人にとっては、その言葉は180度逆転した真実になってしまう事も多々あります。
だからこそ、歴史は奥深いし、日本が単純に侵略したと言うのでは、それは1方向からしか物事も見ていない、あまりにも短絡的な解釈ですし、かと言って、では侵略ではなく救済、領土防衛だったと言ってしまうのも、どうかと思うわけで、そこには論争が絶えないのです。


私は、戦後の混乱期に、父と母が結婚し、私や姉を生んで育ててくれ、そして徹底的に潰された日本を、高度経済成長というものに支えられながら、子供を育て、日本を復興させ、戦後一度も戦争をして来なかった、この不戦の誓いを守った、これだけで、十分に父や母の思いを伝えられた、そう思っているんですよ。(笑)


 


しかし、よく考えてみればネットでは熱いですが、現実の生活の中でこの件について人と話すことってあまりないです。内心は沸々と怒っていても、言葉に出すことにためらいがあるのか、みっともないと思っているのか・・。でも確かに、韓・中国のように、怒りの人が集まるとその感情はもっと増してしまいますよね。私はそういうふうに盛り上がってしまうのも好きにはなれません。

それだけ日本が成熟した社会になっているからでしょうね。
machuさんならご存じでしょう、日本も昭和40年代は学生運動が盛んでしたね。
ちょっと我々の世代よりも、上の世代の人達ですけど、非常に熱かったようです。
1つの事に集まり、語り合い、そして激しく燃え上がる、まあそんな時代はどの国でもあるようです。

韓国はちょっと民族の病気が入っていますが(笑)、中国は、独裁政権下なので、ある意味当然だと受け止めています。
彼らには選挙権はありませんし、政治を選ぶことも出来ず、本当の意味で中国国家に帰属している存在ではなく、単なる中国共産党のコマの1つでしかありません。
歴史的に見ても、独裁政権が倒れるのは、民衆が蜂起した時ですね、外国からの圧力で独裁政権が倒されるのは、この間のイラク戦争のように、本当に特殊なケースだけです。

ですから、天安門事件もそうですが、ほんのちょっとしたきっかけで、あそこは民衆が爆発する可能性は秘めていますよ。


 


今は日本人のサイトのものしか読んでないので偏りがちな情報だと思っていますが、何も知らないままよりは良かったと思っています。この事態がこれからどう解決していくのかわかりませんが、Akinopapaさんのブログを読ませてもらって自分なりにも考えていきたいと思っています。

そうですね、でも日本で幸せです。
日本では、どんな問題でも賛否両論があり、開かれた論議がそこにはあります。
中国には当然ありませんし、韓国も、親日だと言うだけで、差別を受けてしまう国ですから、自由な意見を述べられる国ではありません。
その点、日本は本当に恵まれていると思いますよ。

えっと、18日付のワシントンポストの記事だったかな、こんな記事が載っていました。

指導権狙い日本「悪者」に 米紙が中国批判評論

18日付の米紙ワシントン・ポストは中国での反日デモに関連し、歴史問題に正面から向き合おうとしていないのは中国であり、中国はアジアの指導権を握ろうとして日本を「悪者に仕立てている」とするフレッド・ハイアット論説委員長(元東京特派員)の署名評論を掲載した。

 評論は「中国の都合のいい物忘れ」との見出しで、日本の教科書における南京大虐殺の扱いが問題なら、「毛沢東の狂気の大躍進」で起きた飢饉(ききん)で3000万人が犠牲になったとされることや、「1979年のベトナム侵攻」などを教科書に記載しない中国に問題はないのかと批判した。

 さらに、日本では歴史認識問題で「延々と開かれた論議」がなされ、靖国問題でも賛否両論があり、教科書も選択可能と指摘。中国では「歴史(叙述)は1種類しか許されず」、それは共産党が決めていると日本を擁護した。


(共同)SankeiWeb(04/19 00:29)

どんな事でも良いです、また何か書いてくだされば、本当に嬉しいです。
今回はどうもありがとうございました、返事が遅れてすみませんでした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4 19, 2005

日本人は自分の国の歴史を知ろうよ

各テレビ局や新聞社が、恒例の春の世論調査を行ったようだ。
社会に出て、二十年も生きているが、不思議なことにこの手の調査を受けた事が1度もないのだが、各新聞社、テレビ局に、それは年間数回行ったとして、かなりの数になると思うだが・・・(笑)
この手のものは、絶対サンプル数が少なすぎる、と言うことなのか、もしくは、世論調査と言いながらも、実は自分達の都合の良い数値に近づけるために、最初から調査する対象を絞っているのか。(笑)

日本テレビ世論調査

[問10] 中国で発生した反日デモで、暴徒化したデモ隊が、日本大使館の施設を破壊するなどの行動を起こしました。中国の警察は、暴徒の行動を制止しませんでした。あなたは、中国政府の対応をどう思いますか?

(1) 中国当局が黙認したことは受け入れられない 77.2 %
(2) デモ隊の突発的な行動でやむを得ない 10.7 %
(3) わからない、答えない 12.1 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問11] 中国各地で発生した反日デモについて、中国の温家宝首相は、「最大の問題は、日本が歴史を直視する必要があることだ」と述べて、日本政府が歴史認識の問題での対応を改めるべきだとの立場を示しました。あなたは、温家宝首相の考えをどう思いますか?

(1) その通りだ 9.8 %
(2) 一部はそうだと思う 39.3 %
(3) まったく納得できない 40.5 %
(4) わからない、答えない 10.4 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問12] 日本と韓国が領土だと主張している日本海の竹島について、島根県議会が、日本の領土だとして「竹島の日」を制定したことから、韓国で反日運動が起きています。あなたは、こうした動きをどう思いますか?

(1) 竹島は日本固有の領土であり、韓国側の主張は受け入れられない 21.2 %
(2) 竹島は韓国が実質的に支配している以上、日本側が譲るべきだ 2.3 %
(3) 双方の主張が対立している以上、ねばり強く外交交渉で解決すべきだ 68.4 %
(4) わからない、答えない 8.1 %

--------------------------------------------------------------------------------

[ 問13] 中国政府は、反日デモが暴徒化したことについて、歴史認識など日本側に問題があると主張しています。このほか、日本と中国との間に、小泉総理の靖国神社参拝、領土問題、海底油田開発などをめぐって争いが発生しています。あなたは、中国に対する政策として、日本政府はどのように対応していくべきだと思いますか?

(1) 日本側の主張をもっと強く打ち出すべきだ 35.5 %
(2) 中国側の主張にも理解を示すべきだ 7.3 %
(3) 双方が折り合って妥協点を見いだすべきだ 51.4 %
(4) わからない、答えない 5.8 %

--------------------------------------------------------------------------------


調査日: 2005年 4月15(金) ~ 4月17日(日)
サンプル数:1000 回答数:605 回答率:60.5%
少数点第2位以下を四捨五入

う~む、何というか、信じられない数値も目立つのだけど。



中国の警察は、暴徒の行動を制止しませんでした。あなたは、中国政府の対応をどう思いますか?
(2) デモ隊の突発的な行動でやむを得ない 10.7 %
(3) わからない、答えない 12.1 %

この場合の「わからない」のニュアンスは全く分からないけど、答えないとは、留学生や中国の友人がいるなど、答えたくない人も多いのだろう。
それにしても、600人のうち、120~130人もの人が、今回の中国政府に対して批判しないというのは、正直驚いた。
ただ「日本人」という理由で襲われたり、大使館や領事館、日本の店などが攻撃されたわけで、それを守ろうともせず、黙認した中国政府に対して、20%もの人が批判できない・・・これが今の日本の現実なんでしょうね。


 


中国の温家宝首相は、「最大の問題は、日本が歴史を直視する必要があることだ」
(1) その通りだ 9.8 %
(2) 一部はそうだと思う 39.3 %

この場合、「わからない」と答えた10%の人の方が、温家宝首相を批判するだけの、歴史知識を知らないと思ったのだろう、まだ正直な態度で評価出来る。

ここでも、「その通りだ」が10%近くいるので、この世論調査には、元々10%共産党、社民党、民主党旧社会派や、中国関係者がいると言うことなんでしょうが、それにしても、「一部はそう思う」が40%とは・・・

具体的に「一部」とは、どの部分か是非とも聞いてみたい。
きちんと答えられる人が、どれだけいるのだろうか。
まさか、中国があれほど怒っているので、全部とは思わないけど、日本の歴史認識(教科書問題など)も間違っている部分があるんだろうな、1部だけはそんな部分もあるんじゃないのかな、と言う程度で回答したのではあるまいか?

デモに参加している中国人は、実際に日本が17回も謝罪した事も知らなければ、国連の分担金が20%もあり、米日だけで国連の分担金は42%以上が負担されている、中国はたったの1.6%ほどしか負担していない、などの事すら知らない。
彼らは、ただ反体制の不満を反日デモで鬱憤を晴らしているだけである。
はっきり言って、日本の歴史認識は、国家が指導して国民を染めている中国や韓国とは違い、かなりまともなのだ、これは私個人の意見だけではなく、4/17日付のニューヨークタイムス紙でも同様の評価がされている。

あまり良く歴史を知らないのなら、最初から「わからない」に入れておけばよいのに、喧嘩両成敗の意識が働くのか、彼らも悪いけど、日本も当然悪いだろうな、悪いところもあるはずだよな、ってな感じは止めて欲しい。

喧嘩や外交は確かに、両成敗の部分もあるが、歴史認識に関しては、愛国主義教育で戦前の日本よりも酷い偏重教育を行う中国や、これまた事大主義の繰り返しで、それを認めたくないため歴史を誇張させ歪曲している韓国を相手に、両成敗などあり得ない。
また、日本は曲がりなりにも、出版の自由に、教科書は民間のものが数社出ているし、自由に読めるのに対し、中国はそれがなく、韓国も教科書は国定の1つだけで、書籍も親日の書籍は有害図書などの指定で、まともな扱いにならない、この両国と日本を比較して、何を況わんやという気がする。

それならまだ、中国や韓国の歴史認識もそれぞれの国においては正しい、日本の歴史認識もまた、日本では正しいと割り切る方が、もの凄くまともだ。


 


島根県議会が、日本の領土だとして「竹島の日」を制定したことから、韓国で反日運動が起きています。
(1) 竹島は日本固有の領土であり、韓国側の主張は受け入れられない 21.2 %
(2) 竹島は韓国が実質的に支配している以上、日本側が譲るべきだ 2.3 %
(3) 双方の主張が対立している以上、ねばり強く外交交渉で解決すべきだ 68.4 %

多少不満だが、何でも噛みついてもしょうがないので、これはパスする事にします。
個人的には、設問には竹島は日本の領土か、韓国のものか、双方の言い分があって分からないのか、その3つの立場を聞いて欲しかったですね。
これで、「日本が譲るべき」は論外ですが、「わからない」が多かったら、嘆くしか無いです。(笑)


 


あなたは、中国に対する政策として、日本政府はどのように対応していくべきだと思いますか?

(1) 日本側の主張をもっと強く打ち出すべきだ 35.5 %
(2) 中国側の主張にも理解を示すべきだ 7.3 %
(3) 双方が折り合って妥協点を見いだすべきだ 51.4 %

これまた、(3)に集まるのは、気持ちは分かるが、その回答がどんな意味を持っているのか、考えていないんだろうな・・・
まず、今回の問題を全て見直してくだされ。


小泉総理の靖国神社参拝、領土問題、海底油田開発などをめぐって争いが発生しています

この3つ、どれでもいいですが、1つでも日本から中国に対して、嫌がらせ、攻撃など仕掛けたものですか?
尖閣諸島は、これは領土問題と言いながらも、戦後しばらくは何の問題もありませんでした。

尖閣諸島は、日本が支配してきましたが、1968年に調査により海底資源がこの近辺にあると判明したその2年後、中国が領有権を主張してきたわけです。
つまり、日本の国だと思っていた島を、海底資源が発見されたとたん、「オレの島だ」と中国が突然主張してきたわけで、これはヤクザの因縁のようなものでしょ。

ヤクザの横暴な要求に妥協をするとは、例えば、ここで商売したかったらワシらに100万円払え→50万円で妥協し足るワ、みたいな事で妥協して、払う必要の無い意お金を支払えと言っているのに等しいのですが、それに気づいているんでしょうかね?
まあ、妥協とは、これを国際司法裁判所に持ち込まれた場合、日本は韓国と違って認めて、法廷で争う、と言うのが妥協の範疇であれば、それは理解しても良いですが、普通は一方的な因縁に対し、妥協とはあり得ません。
妥協して、と言う人は、尖閣諸島の歴史を知らないのでしょうね。

靖国神社参拝にしても、靖国には遺骨など泣く、魂しかない、と言うことすら、デモする若者はほとんど知りません。
もちろん、日本国内で既にA級戦犯も復権している事も知らなければ、A級戦犯だった人が、外務大臣になった事がある事も知りません。
A級戦犯が合祀してある事が問題なら、そもそも、A級戦犯が日本の外務大臣になった時点で、「軍国主義に戻るのか!」と騒ぐはずですし、A級戦犯の赦免する決議が国会で通った時点で、「日本は反省していないのか」と叫ぶはずですが、そんな話しは聞いたことがありませんものね。(まあ、日中国交正常化前の話ですが)

そんな彼らが、靖国神社の参拝に対して、A級戦犯の何が問題なのか、分かっているとは思えません。
彼らが勝手に、愛国主義(反日教育)の影響を受け、靖国=日本の軍国主義だと思い込んで、条件反射のようにあちらが勝手にイチャモンを付けているだけです、それに対し譲歩とはおかしな話しです。


 
ともかく、もちろん勉強している人も多いけど、世論調査の数値を見ていると、どうも本当に今回の反日運動の事を、どこまで理解しているのか、不安でしょうがないですね。
中国や韓国が、日本の事をよく知らない、歴史認識が甘いのは分かりますが、彼らより、日本国民自身が、自分の国の歴史認識が、あまりに低いような気がして、今回の教科書検定にも繋がりますが、日本の歴史を自虐史観とか、捏造・歪曲とか、日本の暗部を隠すとか、そんなレベルではなく、きちんと勉強出来る環境になって欲しいなと、願いますね。


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

4 17, 2005

反日デモ、問題解決の道は遠い・・かな?

ゲストライターの雷電です。と、まずは挨拶させて頂きます。

しかし、中国の反日運動も盛り上がってますね。ただ、ハッキリしている
ことは日本政府が幾ら今回の件で謝罪や賠償を求めても中国政府がそれを
認める可能性はほぼゼロでしょうし、この問題の解決には時間がそれなり
に時間がかかるだろうと言うことです。

であれば、どうすれば良いのか?。即効性のある対策はないと思いますが
幾つかやってみる価値のあると私自身が思っているものを挙げてみます。


・日本政府の見解(教科書問題や竹島、尖閣諸島の領有権など)について、
 日本語だけでなく、中国語や韓国語で政府各機関(主に外務省)のHPで
 出来るだけ論理的かつ詳細に掲載する。

->既にハッキリしているように、反日デモに参加している人のほぼ全員
  が、日本の主張やその内容を全くと言って良いほど知りません。かと
  いって「インターネットを使ってるんなら、もっとよく調べろ!」等
  と彼らに言ってみたところで、現実問題として日本語は読めないので
  彼らに出来ることといったら、馬鹿の一つ覚えのサイバー攻撃(笑)。
  それでは、折角のHPも存在価値半減でしょう。せめて批判されるの
  なら最低限内容を知ったうえであって欲しいし、そうでなければ実際
  (今後あるであろう)対話もクソもない。なので、彼らが反発している
  であろうトピックについては、原則その内容を中国語や韓国語に翻訳
  して掲載して欲しいと思います。似たようなケースですけど、槍玉に
  あがっている「新しい歴史教科書を作る会」が自分達の作った教科書
  をやはり中国語や韓国語に翻訳してHPに掲載しようとしているよう
  です。個人的には、歓迎すべきことだと思っています。要は、ダメで
  もともとであっても、理解されようとする努力は惜しまないで欲しい
  ということです。少なくても、愛国教育(つまりは反日教育)において
  偏った情報を与え続けなおかつそれを一向に改めようとしない国家と
  は違う!情報は包み隠さずに公開するということは無意味ではないと
  思っています。あと蛇足ですけど、過去に日本の謝罪したことを反日
  デモの参加者はやはり知らないようですので、そのことを年表化して
  みるのも良いかもしれません。正直みっともないことですが、それも
  歴史的事実ですので・・。

・日本の教科書に、竹島や尖閣諸島がわが国の領土であることを記載する
 のは当然だが、同時にその根拠も詳細かつ分かりやすく記述する。

->一番目のものと重複しますが、肝心の日本人(私も含めて)がこれらの
  ことを他人(特に他国の人)にも説明出来るほどには知らない。これは
  問題です。ただし「竹島や尖閣諸島がわが国の領土である」ことだけ
  を知っていても、それだけでは同時に領有権を主張している中国人や
  韓国人とさして程度が変わりません(笑)。なぜ、そうなのかを今後は
  教科書或いはその他の方法で日本人全体に理解・浸透させていく必要
  があります。そうでないと、国家の考え方の押し付けあるいは洗脳と
  大した違いがないと思うからです。主張とその根拠をキチンと知った
  国民がバックについてこそ、政府は真に毅然とした態度が取れるのだ
  と確信しています。

・国連の場で、或いはそれ以外の場で、法治国家であるとは到底言い難い
 中国政府の対応ぶりを(大袈裟に)喧伝し、日本の国連安保理常任理事国
 入りに反対している中国を批判する。それと共にそもそもそういう国家
 が現状において常任理事国である資格が本当にあるのか強く疑問を呈す
 る旨を世界に示し、国連改革における中国の立場を攻勢から守勢に追い
 込む。

->これも当たり前のことですが、歴史認識が違うだの過去を反省&謝罪
  していないだの領土問題(それも無人島)で相反する主張をしてるだの
  ということ、が外国人(この場合は日本人)の生命・財産に対する如何
  なる損壊行為をも正当化できない。こんなことは国際法的に当然、と
  いうか人間の良識からして“決まってるでしょ”という感じ(苦笑)。
  中国政府にも事情があり簡単に日本の謝罪などには応じられないのは
  私も一応は理解してはいますけど、それはそれ、これはこれ、です。
  法治国家(社会主義だって、一応は法治国家・・だよね?(笑))である
  以上はそれ相応の振る舞いが必要のはず。それが出来ないような国家
  に国際機関の最たる存在である国連、しかもその改革に関して良識的
  な大国ぶってあれこれ言う資格などハッキリ言って全くありません。
  そのことを強烈にアピールすべく、各国に駐在する日本の外務省職員
  (外交官)はそれぞれの政府首脳とコンタクトを取ることです。その為
  にこその外務省のはず。公費で絵画を購入することは出来ても、日本
  の国益を担うこうした行動は(中国の反発が怖くて)出来ない!などと
  いうことであれば、第二の田中真紀子が登場したとしても私は決して
  外務省に味方しないことでしょう(爆)。

・今回の反日デモの原因として中国の急速な発展に伴う様々な歪みとそれ
 に伴い潜在的に不満を抱える国民が多く存在していることが挙げられて
 いる。この点を掘り下げた報道を日本のマスコミ各社がもっと積極的に
 行うことにより、反日デモの無意味さやいかがわしさを顕在化させる。

->中国にとっては大きなお世話かもしれませんが(笑)、それを中国自身
  がしない(都合の悪いことは相変わらず全く報道しない)がために日本
  の生命・財産が脅かされているという側面があるのであれば、この際
  日本(主にマスコミ)が徹底的に現代中国の膿を悉く出してあげましょ
  う、ということです。そうすると、短期的には日本への反発は確実に
  高まるでしょう(日本の陰謀!とか喚くでしょう(笑))。しかし、最終
  的には必ず本来怒りをぶつけるべき相手が誰なのか気づくはずです。
  今回の問題は、いずれについてもそれが直接中国人(或いは韓国人)の
  生命・財産に損害を与えるものではないのです。自分達の社会不安や
  不満(失業・年金など)は、たとえ何万回反日デモをやろうとも、日本
  政府が何百回頭を下げようとも、全く良くはならない。その事実に、
  一日でも早く気づかせることです。まぁ、攻撃の矛先を相手が変えて
  くれないのなら、こちらはそれをかわしつつその矛先を変えるように
  仕向けるという考え方です。尤も、朝日あたりには全く期待はしてま
  せんけど・・(爆)。

・韓国については、基本的に無視(笑)。ただし、必要最低限のことだけは
 必ず主張しておく(黙っていると、文字通り“黙認”となるから)。

->少なくてもヒートアップしている国民を一応はコントロールしようと
  している中国政府に比べ、大統領自身が一番エキセントリックになっ
  てしまっている韓国に対しては、基本的に何を言われようが無視!が
  一番でしょう。この大統領は、弁護士出身のクセに半世紀以上も経過
  した今更になって親日狩りを行ったり、事実上の言論統制を敷こうと
  したり、自ら口にした日本との未来志向外交をいきなりかなぐり捨て
  たりと、これまた中国政府とは違った意味でどうしようもない(笑)。
  中国と違って、韓国の反日活動の中心は大統領と同じかやや下の世代
  の“反日教育純粋培養”世代が中心のようです。若い世代は、意外と
  醒めていてヨン様ブームのせいもあってか、政府と国民、政治と文化
  を混同してないのが唯一の救いです。また、公には発言しにくい状況
  ではありつつも、過激すぎる現在の韓国政府の対応に疑問を感じてる
  国民や官僚(外交通商省あたり)は結構いるようです。が、下手に彼ら
  を支援するとこれまた内政干渉とされ攻撃材料にされかねないので、
  少なくても政府レベルで(かつ公式に)は取りあえず何もしないのが、
  良いと思います。いい加減なこと、事実に反することを言ってきたら
  違う旨の反論だけは忘れずに->日本政府。

・日本政府は、決して譲歩しない(爆)。今回の反日テロにおける被害に関
 する謝罪&賠償を執拗に要求する。また、中国政府のいうところの反省
 とは具体的に何のことかを(これもシツコク)問いただす。ただし、その
 内容が何であれ絶対応じない。

->実にバカバカしいことですが、これが一番重要です(笑)。謝罪&賠償
  については、中国政府が直接行った証拠は多分見出せないと思うので
  謝罪はなくても個人的にはしょうがないと考えます。が、賠償は執拗
  に要求すべきです。何故か?。今回の件について言えば、中国や韓国
  からすればと~っても大事な“歴史認識”問題かもしれませんけど、
  一方の日本政府或いは多くの日本人にとっては“単なる”を通り越し
  て“悪質な”嫌がらせでしかありません。その嫌がらせをやめて!と
  頼んでも応じてこない以上、こちらも相応の嫌がらせをしてやること
  で「日本に因縁を吹っかても今までのようにはいかない。却って面倒
  なことになる」という印象を強く与えるためです。国際的な標準から
  しても日本の要求は正当かつ穏当ですから、それに応じないばかりか
  日本のせいにし続けることは、長期的にみれば必ず中国のマイナスに
  なります。当事者能力もない無法国家だということを世界にわざわざ
  アピールする訳ですから(笑)。もっと言えば、日本が帝国主義・軍国
  主義だったころにこんなことが起きた場合、速攻で日本軍が進駐して
  来たという苦い“歴史”的事実を思い出し、真の意味でより自制する
  よう、中国政府に願いたいものです。また、反省反省と言ってるけど
  何を反省すれば良いのか正直わからん(笑)。反省して欲しいのなら、
  具体的に何をどう反省して欲しいのか?を言わせることです。政治と
  いうのは宗教や哲学と違って、現実の問題を対処するのが基本です。
  それが具体的に言えないのなら、そもそもが政治の場で話すべきこと
  ではない(=話しようがない)のですから、門前払いをする。そういう
  原則を日本から堂々と叩きつけること。仮に、韓国のように具体的に
  指摘したとしても、「内政干渉には応じない。外国の政府に日本の教
  科書を検定・意見する権利はない。他国の主権を侵害しようとする国
  に歴史を云々する資格はない」と言えばよいでしょう。


最後に言いたいことは、いい加減中国や韓国にもわかってもらいたいこと
なんですけど、歴史的事実の1つにしても立場によっては見方つまり歴史
観は違うのだ!ということです。彼らは「被害者の立場にたって考えろ」
と事ある毎に言いますけど、じゃあ逆に彼らは我々の立場になって考えた
ことがあるのでしょうか?。多分「加害者の立場で考える必要などない」
と言うのでしょうが、お互いに同じ認識を持とうというのであれば、相互
の立場で考えることは避けられないはずです。侵略は悪いに決まっている
し、そのことを頭から否定する日本人なんて今時いません。でも、だった
らどうして日本はそういう道に突き進んでいったのか?、他に取れる道が
あったのならそれはどういう道だったのか?。それを踏まえた上で今日の
中国や韓国の日本に対する態度が本当に適切なのか?、などは最低限熟慮
したうえで批判なり反省を求めるなりして欲しい。それと歴史的感情など
と“歴史”を冠していても所詮“感情”の一種でしかないので、その感情
を最優先して政治を行うのは勘弁願いたい!というあたりで今回は締めく
くらせて頂きます。


相変わらず、長々と冗長になってしまいました(笑)。Akinopapa
さん、これからも宜しくお願い致します。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一党独裁の断末魔

16日中国各地に拡大した反日デモは、もはや中国当局の想定を遙かに越え、当局が市民を制御出来なくなっている現実がそこには見える。
特に上海などでは、領事館が襲われ、日本人も襲われケガをした。


これをどう捉えるか・・・私は、中国の共産党独裁政治の終焉の始まりではないか、そう感じる。
今回のデモは、一種の共産党一党独裁政治の断末魔ではないか、そうとも思っていますね。
これが、反日デモではなく、反体制デモだった場合・・・2万人もデモに、天安門事件のように、戦車で国民を殺して制圧するでしょうか、そんな事をすれば、間違いなく、中国政府は終わりですね。(笑)
あとほんのちょっと、デモの怒りの対象が、日本ではなく、当局側だったら・・・

 

ともかく、厳戒態勢であったにもかかわらず、領事館が襲われ、日本の商店が襲われ、日本人がケガをした。
これはもはや、常識では考えられない事態であり、この時点でなお、中国当局が今回の騒動に対し、自分達の非を認めず、日本側に責任があり、謝罪もしないとは、これは日本国民全体で怒るべき話しでしょう。

上海市が日本批判の談話 反日デモで謝罪せず

 【上海16日共同】上海市政府の報道官は16日夜、同日の反日デモについての談話を発表、「日本が侵略の歴史などの問題について間違った態度を取ったことが、人民の不満を招いた」と、日本側を批判した。中国当局が同日のデモについて談話を発表するのは初めて。日本人の負傷や料理店の破壊行為については、謝罪の意を示さなかった。
 一方「民衆が、冷静に理知的な態度で合法的に自らの気持ちを表明し、愛国の熱情を学習や仕事への努力に変え、無許可のデモに参加しないことを希望する」と呼び掛けた。

(共同通信) - 4月17日1時41分更新


日本には、堪忍袋の緒が切れる、との言葉があるが、まさにその時が近づいていないか。
中国国民に対しては、彼らは単に中国政府に踊らされている、洗脳されている側なので、強く非難はしたくない、腹立たしいほど「愚かな国民だ」と感じるが、江沢民が行った愛国主義は、そこまで過酷なものだたのかと、改めて身が凍る思いである。


しかし、政府に対しては、実際に国民の思想を染め上げ、捏造した歴史の上で自分達の権力を築き上げ、それを正当化、誤魔化すために、日本という国を使ってまで存続を計って来たわけですから、遠慮無くこちらの怒りの思いをぶつけるべきでしょう。

韓国の場合は、政府首脳が感情的になっているが故に、こちらも感情論に付き合えばソンをするだけで、国際的に見てもみっともないだけで、韓国を無視しながらも、堂々と反論などするだけで良いと思うが、中国の場合は、感情というのではなく、自分達の権力維持の為に、国民だろうが周辺国だろうが、巻き添えにして、堂々と居直っている政治的確信犯が相手ですから、こちらは相手の非を直接、そして国際社会に向かって問いかけ、国際社会の協力を得て、中国政府を追いつめても良いと思う。


例えば、具体的な話しを言えば、
(1)IOCだかどこか知らないが、どのような事情があろうとも、暴力を政府が肯定する国で、五輪を開催する事の是非を問いかける。 これは、多少強引であっても良いので、民主主義でない国の恐怖を、改めて強調し、2008年の北京五輪開催を取り消す運動を率先して起こす。

(2)友好条約を結んだ国に対し、大使館や領事館に国民が暴動を起こして危害を加えている状態を、何ら制止しようともせず、容認している国が、常任理事国として相応しいのかどうか、世界に訴える。

(3)また、実際に日本人に危害が加えられ、日本の会社、商店が襲われたにもかかわらず、謝罪もせず、襲われた方が悪いと言い切る傲慢さを、21世紀の現代もで認めて良いのかどうか、重ねて訴える。


ともかく、実際に暴動による被害を受けた、この事実を前にしてなお、自分達の非を認めず、責任を他人に転嫁して、その上、暴動を容認している国が中国なのだ。
これに対し、そろそろ逆ギレじゃない、マジギレを日本人は起こして良いのではないだろうか。
そもそも、「愛国主義なら無罪」という言葉そのものが、もの凄い思想であり、実際にそれを口にすれば警察は許した、などの状態があったと言うのだから驚く。
法よりも愛国精神が上位に来る思想の危険性は、言うまでもなく、これが13億人の国家で行われているのであるから、日本が率先して、国際社会にその危険性を訴えていかなければならないでしょうね。


 

あと、何とかして、反日デモをしている学生を中心とした人達に、本当の抗議先を教える事は出来ないのでしょうか。
彼らは、政治的な思想に関しては、天安門事件以来、かなり厳しく取り締まりが行われており、実際に反日行動だけは当局も認可し、スルーで許されてきた背景があり、今は反日デモで大きなうねりを呼んでいる。

しかし、我々第三者から見れば、彼らが実際に不満に対し、デモや抗議を行う相手は、日本人ではなくもっと別の組織である事に、簡単に気づくのですが、洗脳もあって当人達はなかなか気づいていないようです。
もし、何らかのきっかけで、彼ら市民の抗議、怒り、不満のベクトルが、日本から正しい対象物に移動すれば、これはもう中国での共産党一党独裁は終わりを告げると言う道に進むと思います。


 

それから、日本も、中国がこの状態なら、日本人の生命を日本が守れないのですから、中国への渡航禁止命令の検討ぐらいは当然だと思っています。

そもそも、このような危険な状態だと知りながら、今回ケガした日本人ってのが、未確認情報では、わざわざデモ現場まで状況を見に行ったとか言われており、何を考えているんだ? と言う事ですよね。

おまけに、ニュースでは北京(中国)行きの飛行機ので、キャンセルが相次ぎ、空席が目立つらしいです。
TVでインタビューをしていましたが、まあ仕事や用事で乗り込む場合は、仕方がないので十分に気を付けて行ってらっしゃい、と言えますが、観光目的で飛行機に乗り「危ないと思っているんですが・・・」「デモは一部の人だけだと聞いていますし」と返事する事が驚き。

彼(彼女)らは、一体何を考えているのでしょうね。(^^;
大使館や領事館でも襲われ、日本人がケガをしたという情報の元で、旅行をしに、中国に行くというその精神構造がおかしい。
万が一、デモに取り囲まれて襲われたとしても、最初から危険性が予知できるのに、敢えて無視して行ったわけですから、誰が責任を取るのでしょうね。


 

余談ですが、今回デモをしている人に、いろいろ日本のこと、問題にしている教科書のことなど聞いてみたそうです。
とことが、反日デモでシュプレヒコールをしている多くの人が、日本の平和憲法の話し、戦後60年間の平和、国連負担金とODAの金額など全く知らないで、ただ「教科書は捏造していると聞いている」「歴史を正しく認識していないと聞いている」的な安易な理由で参加している人が多いようですね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4 13, 2005

国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ

冒険少年News-Blogより
今後起きる反日デモは確実に政府容認デモであり全ては中国側に責任がある!!


温家宝首相が12日に訪問先のインドで、デモ活動について「日本当局の深い反省を引き起こすに違いない」と反日デモ容認宣言を出した。


日本政府の、「冷静に」という対応には反対しない、確かに日本が中国や韓国のレベルに下げてまで、付き合う事はない。
ただし、言うべき事は言う、主張すべき事はする、これをもっと大事にして欲しい。


小泉首相も、町村外相も、歴代の大臣に比べれば、かなり言葉で発している方だと思うが、公式の場ではオブラードに物を包んだ言い方が多く、物足りない。
日本国内のTV討論、ニュースによるインタビューなどでは、↓このような発言は出る。

中国は譲歩避け原則論強調、日本「暴力に責任」謝罪要求

<--- 前略 --->

 一方、こうした中国政府の対応に、日本政府からは反発する声が出ている。デモ隊によって日本大使館のガラスが割られるなど、中国側の責任は明白だ、との立場からだ。日本側としても、中国側の謝罪がなければ、国内世論の反発を避けられず、関係修復にも動きようがない、という側面もある。

 町村外相は12日夜、TBSの番組で、日本側に責任があるとの中国側の指摘について「(反日デモの参加者が)『中国政府がバックアップしてくれる』と(思い)、(デモが)激しさを増す」と批判した。大使館や日本企業などが受けた被害について、謝罪と補償を求める考えを改めて示した。

 小泉首相の靖国神社参拝の中止要求については「海外の圧力で首相の行動が左右されるのは良いことではない」と述べた。韓国からも歴史認識の批判があることには「批判を受ける理由はまったくない」と語った。

 ただ、歴史認識問題で何もしないですむ、というわけでもない。政府内では、韓国との間で行っている歴史共同研究を中国とも実施する案が浮上している。外相は同日の参院外交防衛委員会で「歴史に着目して日中間にそういうもの(共同研究の機関)をつくるのはありうる」と語った。17日の日中外相会談で提起することを検討している。


asahi.com 2005年04月13日01時37分


言わないよりマシだが、中国や韓国への配慮なのか、国内のテレビ向けのパフォーマンスになってしまっているのが残念。


それに対し、中国や韓国は言いたいことかなり言っている気がする。
日本に取っては、聞くと腹が立つばかりだが、主張とは、相手の国に対する牽制でもあるので、日本もきちんと主張するべきでは?


例えば韓国。

個人補償問題では、日本では一貫して解決済みを主張して来たが、韓国は日本は賠償していない、日本は謝罪していない、賠償しろ!などと日本に抗議していました。

ところが、1月に日韓条約が韓国国内でも公開されると、条約にははっきりと書かれているので、悔しいが日本の主張が正しかった。そうすると、一気に韓国国内で、政府に対する不満が出てきたわけですな。

すると韓国政府は、「当時の」政府が悪い、中途半端な条約を結んだ、その責任を追求していき、同時に日本にも賠償を訴えていく、などと他人事のように語り出し、ついに2月末当たりから、盧武鉉大統領が、それまでの「歴史問題を外交問題化しない」を180度転換し、反日発言を始めたわけです。
まさに、国内の批判の矛先を、政府から日本に向けただけなんですが、それまでの反日(嫌日)教育が功を奏したんでしょうね、オバカな韓国国民は、見事に盧武鉉大統領の戦略に踊らされて、激しい反日行動に出ています。
何でも、ネットアンケートでは、はっきりと日本は敵国であり、中国と連携を深めるべき、と言った声が出るほど、国民は政府に乗せられちゃっています。
もっとも、政府から見れば、お前ら乗せられ過ぎだろ、反日でまとまって政府批判をしない間は良いけど、今の段階で米国と喧嘩出来るわけないだろ、ってなもんでしょうが。(笑)

このように、盧武鉉自身の節操のない変節はともかく、ツッコミどころ満載なわけで、韓国の大臣が「歴史認識を捏造する」「過去を反省しない」などと平気で日本国歌を侮辱しているのだから、「政府は教科書検定に、強制的な関与出来ない」などとお茶を濁す言葉でなく、竹島問題は我が国は国際裁判所に行く用意が出来ている、韓国が両油研を主張し、それほど日本を批判するのであれば、国際裁判所できちんと決着を付けることが、両国に取っても大事なことだ、と国際社会に向かって堂々と言えば良いだろうに。

もっとも、ここでまた河野洋平が、従軍慰安婦を認めてしまった事が、足かせとなって、従軍慰安婦問題に関しては、日本は政府レベルでは、強く否定が出来ないのがイタイ。


中国なんか、訪問先のインドで、わざわざ日本を貶している発言をしますよね。
日本の外交官が、海外で、特定の国に対して何か言ったことは無いですよ。
今までは、これが日本の外交だったけど、これからは、海外に行って発信するれば、それは世界中に記事として流れ、それが日本の考えであり、主張であると強く国際社会に訴える事になるので、日本もこれからは、特定の国を非難するのではなく、自分の主張を発信する場として利用して欲しいですな。


 

| | コメント (2) | トラックバック (5)

4 12, 2005

そう言えば、まだ岡田が代表だったな

中国全土に広がりを見せる、反日デモ。

いよいよ、中国政府そのものの統制が、国民を押さえられなくなって来たと見るべきでしょうねぇ。
もちろん、標的とされているのは日本なので、この点は暴力行為に関しては、大使館に被害があった事も含めて、きちんと中国側に謝罪と反省を求めるとして、そのほかは、この件に関しては、日本政府は冷静に対処すべきだと思う。


中には、大使召還だとか、厳しい意見も見受けられますが、個人的には、いよいよ中国が生まれ変わるきっかけになるかも知れない、そう思っているんですよ。
そんな時に、日本は中国に付き合って、過激な行動を取るべきじゃない、そう考えます。


 

何度も言いますが、デモ自体は、中国政府は黙認、容認事項だと思いますが、大使館や日本の会社への暴動、日本人に対する直接的な暴力は、北京五輪も控えておりますし、絶対に避けたかったし、本意ではない行動の結果だと思う。
今までは、俗に言う国民の不満に対するガス抜きで、日本に対する反日行為を黙認して来たし、実際に反日教育により、国民を洗脳して中国政府は、国民を制御してきたと思い込んでいたでしょう。

確かに、反日教育はかなり成果があったと思いますが、と同時に、昨年のアジアカップ以来、当局はガス抜きをさせて、自分達で制御しているつもりだったのが、群衆の突発的な行動に対し、抑制にも牽制にもならなかった。
今回も、頭から押さえ込むと、国民の不満が違った方面から出てきてしまうので、ガス抜きの為にデモを容認していたが、実際には市民の暴動を抑えきれなかった事もあり、中国政府はかなり困った状態になっているのではないでしょうか。


そんな時に、日本も中国に付き合って、感情的にお互いが行動を起こすと、中国国民のデモ、運動がそのまま反日運動でまとまったままになり、日本に取っては意味がありませんし、それこそ中国の思う壺。

英紙タイムズでも指摘されていおりますが、日本はもはや中国に対して卑屈にならない、それだけで日本は十分に中国政府を困らせるわけですね。


中国政府は、この先、ガス抜きを頭ごなしで止める分けにもいかず、かといって、好きにさせれば暴動化が発生し、国際社会にこれ以上醜態を見せるわけにはいかない、そのバランス面で、日本に対する姿勢も変わるかも知れません。

いやそれ以上に、多くの解説者が言っていますが、現在のデモは、形式上は反日デモだけど、潜在的には社会、政府に対するデモの部分もあると言う見方には賛成ですので、もしかすると天安門事件よりも、もっと大きなうねりが中国を襲う可能性もある気がしますし、これは日本は冷静に、中国を見守るしか無いでしょ。
中国の政治体系が変われば、当然、北朝鮮にも影響はありますし、韓国にだって影響が出るでしょうから。


 


さて、国外の問題は、これはこれで良いでしょう。
問題は、国内の話し。

民主・岡田氏、北京の反日デモで小泉首相を批判

 民主党の岡田克也代表は9日夕、北京で大規模な反日デモが行われたことに関して「中国側に問題があるのは事実だが、日本側にも問題がある。一番の原因は両国の首脳に信頼関係ができず、本当の話ができない状態になっていることだ」との認識を表明した。

 その上で岡田氏は、小泉純一郎首相の対応について「郵政民営化問題にかまけて外交問題にほとんど関心を示しておらず、自分が当事者であるという意識が全くない。首相として自覚が足らず、責任を果たしていない」と、厳しく批判した。福岡市内で記者団の質問に答えた。


日経新聞〔共同〕 (20:18)


この相変わらず、どこの国の政党の党首だか分からない、バカな発言を繰り返して、多くの人から批判されております岡田氏ですが、民主党は、いつまで彼にやらせておくのでしょうね。
もっとも、民主党そのものが、烏合の衆状態なので、誰がやっても同じような結果になりかねませんが、党首だけはもうちょっとマシな人を指名して欲しい気がしますね。


まあ面白いのは、中国は「中国政府には責任はない」と語り、岡田は「日本にも責任がある」と言っているわけで、この2つの発言を並べると、岡田氏は中国共産党の駐日大使か何かと思っちゃうわね。(笑)
まあ、トヨタの日経連会長の奥田氏が、経済の為に中国に新幹線を、としつこく小泉氏に話すように、岡田も、日本よりもオヤジのイオングループの商売の方が、大事なのかな。


 
さて、無意味なシミュレーションだけど、今回の日韓の反日行動に対し、もちろん、小泉氏をはじめとする政府の「冷静な対応」の姿勢を評価する人もいるし、わずかながら日本の態度(教科書検定、戦争犯罪に対する謝罪)に問題があると言う人もいる。
ただ、それ以外に、現在の日本の政府の対応を「生ぬるい」「弱腰過ぎる」「消極的だ」と不満に思っている人もかなりいる。
なのに、野党第一党であるはずの民主党党首は、社民、共産と同じく「日本に責任がある」と言う立場。
もし彼が、まともな感性の持ち主で、西村眞悟まで行かなくとも、ちょっと国民の不満を代弁出来る人で、日本に責任があると言わずに、「政府の対応は生ぬるい!」と言っていれば、民主党の支持率は果たしてどうだったでしょうね。(笑)

日本の責任と言ってしまう点が、彼の限界であり、民主党が与党になれない、最大の原因でしょうな。


日本政府批判の正しい例(笑)

石原東京都知事、日中両政府を批判

 東京都内で陸上自衛隊の記念行事に出席した石原慎太郎知事は中国での反日デモに触れて、中国政府の姿勢と日本政府の対応をそれぞれ批判しました。

 石原都知事は10日午前、陸上自衛隊・練馬駐屯地の創立54周年を祝う記念行事に来賓として出席しました。
 
 石原知事は挨拶の中で反日デモに触れ、「中国政府は国内に満ちつつある不満の対象を自分たちではなく、日本に向けさせている」と反日デモは中国の国策によるものという考えを示した上で、日本政府の対応も厳しく批判しました。
 
 「現にきのう、あの北京でああいう騒ぎが起こる。これに対して、きょうこの時点で、日本の政府は何を言いましたか。ただ『冷静に冷静に話し合い』というだけで、私たちの不満というものは一体誰が中国にはっきり伝えるのか、さっぱりわからない体たらくだ」
 
 石原都知事はまた領土かどうかをめぐって日中間で対立している沖ノ鳥島について、「東京の責任で守る」と述べました。


TBSニュース(10日 16:07)


さて、同じ政府批判しても、岡田氏の批判と随分と違いますね。(笑)
日中関係険悪の、原因を日本に求め批判しているのに対し、この騒ぎで、何も行動を起こさない日本政府を批判している、これは政治家としての資質の差でしょうかね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4 11, 2005

スケープゴート

何度も言うが、日の丸に反対ならそれで良いし、君が代を歌いたくないなら、それでも良い。
しかし、厳粛な儀式である卒業式を、己の信条を実現させるためのスケープゴートに利用するような事だけは、断固として否定します。

反対なら、どうして自分から行動を起こさないのか、多くの人を巻き添えにしようといするのか。
この世に、憲法のこの部分を変えて貰いたい、そう思っている人はゴマンといるだろう。
みんな、自分の思いを実現したくて、地道に活動している人も多い。 どうしてその当たり前の行動が出来ないのか。

宗教上理由で君が代拒否 欠席扱い撤回を 石狩管内の高校生


 宗教上の理由で三月の卒業式での国歌(君が代)斉唱を拒否し、式に出席しなかった石狩管内の道立定時制高校の在学生(17)が、学校側が「欠席」扱いにしたのは不当だとして、学校に撤回を求めている。「日の丸」「君が代」実施をめぐり、生徒が学校の対応に抗議するケースは異例。生徒に「式に出席しない権利」は認められるのか。また、生徒が「出席できない」と申し出た場合、学校はどんな対応ができるのか。今回のトラブルは、そんな問いを投げ掛けている。

 抗議しているのは、宗教団体「エホバの証人」を信仰する男子生徒。

 同校は式の数日前、在校生に対しホームルームで、国旗・国歌の掲揚、斉唱を実施する方針と同時に憲法で保障された内心の自由を守るため、「歌う、歌わない権利」「立つ、立たない権利」があり、「それによって不利益を被らない権利」があることを説明した。

 生徒は副担任の教師に信仰を打ち明けた上で「出席できない」と申し出た。「君が代の歌詞が教義で禁じている偶像崇拝に当たる。自分で歌わなくても、聴けば音楽が耳に残ってしまうので、その場にいたくなかった」と訴えている。

 副担任が、国歌斉唱終了後に入場できるよう受付係をするなどの方法での参加を提案したが、生徒は「これを受けてしまうと、来年も再来年も同じ事で、何の問題解決にもならない」と拒否、出席を見送った。

 生徒は「学校が式に出席できない状況をつくっているのに、事務的に欠席扱いと処理されるのは、納得できない」として、「欠席」扱いの撤回と同時に、来年以降の配慮ある対応を求めている。

 これについて、校長は「一人のために国歌斉唱をやめることはできない。欠席した生徒は規則上、『欠席』以外には扱えない」と従来の対応を変える考えがない意向を示し、今後については「生徒と話し合い、学校の考えを理解してもらいたい」としている。

 しかし、副担任は「公立学校はどんな考えの生徒も行事に参加できるよう配慮すべきだ」と反発、同調する教員も多い。生徒は札幌弁護士会に人権救済申し立てを行うことも検討しており、学校は対応に揺れている。


北海道新聞


私は何も、この学生に国歌を歌えとは言わない。
強制的に式典に参加しろとも言わない。
ただ、自分が納得する理由で、欠席をしたのであれば、その欠席した行動については、きちんと責任を持って欲しい、ただそれだけです。


今回は、彼が宗教上を理由に、式に参加する事を拒否したわけで、信仰する教義に従う事は、この若さでむしろ立派だと思う。
その、自分も納得した上での行動(欠席)のはずでしょうから、欠席扱いになろうとも、信仰を優先させた事に対して、私は批判する気は毛頭ありませんね。

しかし、信仰上、自分は納得ずくで欠席したにも関わらず、欠席の撤回を要求する・・・つまり出席扱いを要求する事は、これはさすがに全然おかしいし、男らしく無いでしょ。
どう考えても、彼のこの要求の動機は、これは宗教上を理由に参加出来ない、と言う表向きの理由を利用して、単に日の丸・君が代に対する自分の信条を訴えて、変えさせようとしたとしか見えません。


卒業式をスケープゴートにする教職員はよく見かけます、これも私は賛同はしませんが、この学生は卒業式どころが、自分の信仰する宗教すら、スケープゴートに使っているみたいで、どうしようもないですね。


 
何度も書きますが、この世に不満が無い人はいませんし、変えて貰いたい政治、法律、経済などキリがありません。
だから、みんな選挙に行くし、抗議活動に参加したり、署名したり、いろんな地道な努力を続けているのです。
しかし、この手の思想の方達は、ある意味右翼と呼ばれている人よりは、かなり過激で、自分が正しいと思っている事を実現させる為には、周囲への迷惑など省みずに、強引に自分の立場を利用して自己中心的な主張をして来ますよね、これが私には納得行かないし、腹が立ちます。


 
まあ彼は17歳なので、誰かに利用された事は、十分に考えられます。
もしくは、誰かに洗脳されまくったのかも知れません。

ただ、やはり自分の内心の自由を訴えるのに、自分自身の行動ではなく、卒業式や自分が信仰する宗教をスケープゴートにする、その精神構造は、17歳ともなれば卑怯だと理解できる年齢でしょうし、いくら何でも「おかしい」と気づいて欲しかった。

そう言えば、昨年のイラクでの日本人人質事件で、自己責任論論争が巻き起こりましたが、あれも当事者の一人であった今井紀明さんも、北海道の高校を卒業したばかりだったが、北海道の高校生は、このような感じの若者が多いのだろうか。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4 10, 2005

挑発するのはダメだが

私はこのブログで、昨年は、サッカーのアジアカップに端を発した、日中関係について中国側をかなり批判した。
今年は、韓国の批判を続けているが、もうしばらくは経過を見守ることにします。

中国は、江沢民教育の結果で、共産党一党独裁政治から来る、ある種の政治的な要因が大きい反日行動です。
また、潜水艦の領海侵犯も、海底資源問題も、当然日本には受け容れられないが、北朝鮮にしても独裁政権下では、ごり押しによるイチャンモンは付き物ですから、ある程度覚悟しなければならないものですね。


しかし、今回の韓国の一連の反応だけは、もういい加減に疲れるもの。
日本は竹島を自分の領土だと、ずいぶん前から主張している。
これは、海底資源が眠ることを知った後の中国が、尖閣諸島を自分達の領土だと言った背景とは、全く違う。

日本は、少なくとも江戸時代には竹島の記述はあるので、仮に韓国が自分達は6世紀だと主張したとしても、400年以上も前から日韓はこの島を巡って、領有権が問題になっていたわけですから、今更、日本が竹島の領有権を主張したとして、どうして「歴史歪曲だ、右翼化だ」と、あれほど叫ばれなければならないのか、正直、理解に苦しみます。


 

中国と違って、韓国の反応は、もはや感情的な反動そのもので、整然とした理論や理屈、道理が聞き入れられない状態です。
そんな感情的な発作に対し、日本がいちいち対応していては、キリがありませんし、韓国の民族性だからこそ、みっともない感情論が、あれほど爆発的にかつ、持続的に行われているのであって、日本にはマネが出来ないでしょう。
簡単に言えば、癇癪をおこした子供に、何を言ってもムダであるのと同じで、韓国からの反応は無視するのが一番ですな。


ただし、遠慮する、配慮する外交ではなく、韓国に関するコメントを求められれば、辛辣に、遠慮無く日本の立場、考えを言えば良いでしょうし、国際的な意見交換、発表では、遠慮することなく、厳しい意見を日本の解釈、判断として話せばいいのです。

例えば、竹島でも、日本から見れば明らかな韓国の不法占拠ですから、韓国が国際社会の一員だと自分で思っているのなら、サンフランシスコ条約に則って早く返還すべきだし、日韓漁業協定をきちんと守らない限り、竹島を巡って韓国とは話し合うテーブルにも付けないなど、国民が思っている本当の疑問をぶつければいいじゃないですか。
その結果、韓国がファビョーン(火病)になったとしても、気にしない、反応しない、これが肝心。

そもそも、「日本が冷静になれ」と韓国は言っているんでしょ、どちらが冷静でないか、一目瞭然でしょう。
こちらが冷静で、感情的になっているのは「あ・な・た」と、はっきり教えてあげるべきでしょう。


また、盧武鉉がドイツで「侵略を正当化」と話したのであれば、きちんと第三国に行ってまで、他国を批判すると言うことは、韓国は日本と喧嘩したいのかな? 日本は韓国と友好を結びたいし、実際日本では韓流と呼ばれる現象があるんだけど、韓国が一方的に拒否するので、最近の韓国のワガママには、日本は困っているなど、本当の事を言えば良いと思う。

 
 

韓国の質が悪いのは、日韓関係を悪くしようと動いているのが、国民自身ではなく、むしろ扇動しているのが、マスコミであったり、政府だったりする点ですね。
特に、韓国は盧武鉉大統領自身が率先して、反日行動を言葉で伝えてくるんですから、どうしようもない国。
でもって、反日教育(嫌日教育)を続けるのは、韓国政府ですし、日本がどうのと言う資格すら、韓国には無いですね。。


 

外交に関して、弱腰だからと小泉氏批判もあるようだが、「弱腰外交」を否定はしないが、比較問題で、歴代の首相に比べれば、小泉氏は本当によくやっているのは明白だと思う。

そもそも、最近になって中国や韓国が、これほど怒るようになったのは何故か?
小泉首相が、自分の信念を簡単に曲げないからですね、靖国にしても、外務省が真っ青になろうが、参拝したし、北朝鮮にも躊躇うまでもなく、平壌に行くし。
また、謝罪を求める韓国政府にも、まともに受けずに「未来志向で」などと、今までの首相なら前言撤回して、韓国政府に遠慮していた事も、受け流せるので、だから盧武鉉も頭に来たようですが(笑)、そりゃ謝るよかよほどまともな答弁だと思う。

今までは、中国も韓国も、日本に対しては戦争、植民地、従軍慰安婦、強制連行などの単語を並べるだけで、簡単に譲歩して来たのに、小泉首相になってからは、日本が譲歩しないので、中国も韓国も相当にイライラしているんでしょうね。


今、外交問題で小泉氏に対して「辞めろ」と批判しているのは
(1)中韓に譲歩しなくなった小泉氏を辞めさせたい、中国、韓国、朝鮮の関係者
(2)小泉氏が首相に就任する4年前は、中学生以下で、この4年間で政治や外交に興味を持った、知識が足らない若者
(3)共産、社民、旧社会党支持者で、中韓こそが、日本の見習うべき国だと信じ込んでいる人達
(4)ただ、小泉氏が嫌いで、彼のやることは何でも許せない人達(亀井、古賀などの支持者達)

こういった人が多いのではないかと。
もちろん、手放しで小泉首相を評価できない部分は、人によってはあるだろうけど、小泉首相が就任する前と比較して、評価出来ない人は、ちょっと上のような条件が付く人かなと。


 
ですから、中国もそうですが、細かい事にいちいち反応を示さずに、言いたいことだけははっきり言って、後は、よほどのことがなければ無視するのが一番。
従軍慰安婦問題で、河野外務大臣(当時)が謝ったのも、韓国から頼まれ、外交上譲歩して謝ったとか言われているが、もし本当にやったのなら、こんな譲歩なぞ、愚の骨頂ですね。
温情的な理由による、外交上の譲歩などは、やっては行けない、無視するのが一番ですよね。
日韓関係を一時的に損なっても、大局を見れば譲歩するべきではなかったわけですから。

インド大使も、きちんと反論しております。
日本も見習って、きちんと言うべきは言いましょう。

「全加盟国の合意」不可能 インド、安保理拡大で米中批判

 【ニューヨーク9日共同】国連改革をめぐる国連総会の会合で8日、インドのセン国連大使が「安全保障理事会の5常任理事国の間でさえ合意ができないのに、191カ国の合意など期待できようか」と指摘、加盟国の総意による安保理拡大を求めた米国と中国を、名指しは避けながらも痛烈に批判した。
 国連総会で中国は6日、米国は7日にそれぞれ「期限を設けず、合意による安保理拡大」を主張。新たな常任理事国候補を表決で選出する動きを進める日本などをけん制した。日本、ドイツ、ブラジルとの4カ国グループ(G4)で共闘するインドの発言は、両大国への反撃であり、安保理拡大実現に向け強い決意を示したといえる。
 総会会合は8日で3日間の日程を終えたが、自分たちのペースで拡大プロセスを進めようとするG4に対し、中国や米国が具体的にどのような動きに出るかが今後の大きな焦点となってきた。

(共同通信) - 4月9日18時7分更新

日本でも、よく持ち出される言葉に「十分に論議を重ねたとは言えない、早急に決めるのは横暴だ」ってのがありますね。
まあ、全会一致でなければ物事が決まらないとすれば、それは「物事は何も決めるな」と言っているのに等しいですからね。

郵政民営化にしても、どんな法案を持ち出しても、絶対に民営化には反対する議員がいますので、自民党内部会で意見がまとまる、理解されるまで、民営化をやらないと言うのなら、それはイコール、民営化なぞしない、ってなものですからね。(笑)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

4 05, 2005

阿南大使がまともな事を・・・

いや、3年ほど前にあった、中国・瀋陽の総領事館の北朝鮮脱出者の駆け込みに対し、治外法権であるはずの日本総領事館に、中国の警察官が入っても抗議せず、「追い出せ」と言った同一人物とは思えなくて・・・

当時は、こんな事も言っております。
「警備を振り切って大使館に入って来たら不審者であり、中に入れる必要はないだろう。テロのことも忘れないように。人道的問題になれば、私が責任をとる」

これは、実際に事件が発生する前に話した事で、まさか子供連れで、あれほど衝撃的な映像付きで、本当に駆け込んでくるとは思わずに、中国政府に配慮した発言だったんでしょうけどね。

中国、教科書検定で「憤慨」を表明・日本大使に抗議

 【北京=桃井裕理】中国外務省の喬宗淮次官は5日、阿南惟茂駐中国日本大使を同省に呼び、日本の教科書検定問題について抗議した。次官は「侵略を否定し、美化する右翼の歴史教科書が含まれている」とし、「憤慨」を表明した。

 これに対し、阿南大使は「日本の教科書は国定教科書ではなく、日本のように言論・出版の自由が完全に保障されている社会では、様々な思想に基づく教科書が一定の基準を満たせば出版される」と指摘した。


日経新聞 (22:06)

まさにその通りだね、よく言ったよ。
確かに、検定は文部省が行うけど、それはあくまでも、数ある教科書の一定の水準、方向性を定めたもので、特定教科書だけの問題じゃないんですよね。

だいたい、他国がよその国の教科書の内容に対して、大使を呼びつけて怒るとは、どういう事だろうね。
そもそも、靖国神社にしてもそうだけど、中国は未だにお殿様気分で、他国に対して内政干渉行為そのものに、鈍感になっているんではないか、干渉するのは当然だと思っているんでは無いでしょうか。

中国が「強い憤り」表明 阿南大使に

 【北京5日共同】中国外務省の喬宗淮次官は5日、阿南惟茂駐中国日本大使を外務省に呼んだ。中央テレビによると、喬次官は日本の中学校教科書検定について「中国側の再三の申し入れにもかかわらず、歴史をゆがめた教科書を認定した」と述べ、「強い憤り」(同テレビ)を表明した。
 阿南大使は5日、喬次官に検定に関する説明を行った上で「中国の愛国主義教育が、中国の若者に反日感情をもたらしている」と述べた。
 喬次官は「問題の本質は、日本が軍国主義による侵略の歴史に正しく向き合い、若い世代に正確な歴史教育を行えるかどうかだ」と強調。
 その上で、日本の右翼勢力が侵略戦争の「美化」を図っていると指摘し、「人類の正義と良識に対する挑戦だ」と糾弾した。



共同通信

これまた、阿南大使の指摘は正しい。
昨年の、サッカーアジアカップの、重慶をはじめとする、中国国民の日本選手に対する態度は、明らかに異常でした。
アジアカップとは言え、中国が開催する国際競技ですから、中国政府はメンツに掛けても、この大会の運営を無事に終了させ、北京五輪開催へのアピールにしたかったはずです。

たしかに、反日感情である程度市民が抗議するのは、黙認しても致し方がない、そんな予想はしていたかと思いますが、まさか暴動になるほどの抗議活動は、さすがに中国政府も慌てたと思いますね。
実際に、すぐに国民に冷静になるように報道したり、あからさまに反日運動を行っている、WEBサイトも閉鎖させましたし。
それでも、最後まで収まらず、中国政府の国民に対するコントロールが正常に動作しませんでした。


今回も、スーパーを襲ったりする若者は、天安門事件以降の江沢民チルドレン世代で、強烈な反日教育を受けた結果、事もあろう事か、ある特定の民族、国の店を暴動で襲うと言う、国際社会では信じられない事件を引き起こしてしまった。

これも、中国政府が意図する以上の行動結果だろう。
何せ、中国はこの間、国家分裂法と言う強烈な法律を可決したばかり。


これにより、意見が別れていた台湾の国民が、一致団結してしまうという予期せぬ結果を生み、また、せっかくEUが武器輸出を解禁してくれそうな雰囲気だったのが、イギリスなどが、この法案に反対して凍結を表明したりして、国際的にイメージが下がっている最中です。
ただでさえ、北京五輪開催に反対する声もあり、今、外交問題が絡んでいるとは言え、市民が暴動を起こして、無関係の企業や店を襲うなどの事件が、今後もあるようでは、中国としては絶対にダメージが大きすぎるので、避けたいに決まっています。

ですから、阿南大使の指摘は、まさにその通りで、行き過ぎた反日教育は、共産党一党独裁という政治体制においても、住民の統制や制御が上手く働かないと言った、危険性をはらんでしまっているので、早急に対策を立てるべきなんです。
これは日本だけでなく、中国にとても大事な事で、それを阿南大使は指摘しただけです。
そもそも、他国の教科書に文句を言う前に、自国の行きすぎた教育を見直せっての。(笑)


これに対して、中国側からは繰り返して「問題の本質は、日本が軍国主義による侵略の歴史に正しく向き合い、若い世代に正確な歴史教育を行えるかどうかだ」などと返して来るとは、お手上げの部分はありますね。
これに対して、阿南大使も「民主主義国家として、歴史と正しく向き合って、正確な歴史を教育していると信頼している」とでも言い返してやっていれば、最高だったんだけど。

あと、どこの部分が「美化」しているんですか、と聞いてみたいですね。
自国の国民を3千万人も殺した事を、大躍進・文化大革命などと称していますが、これは美化に当てはまらないのかとかね。(笑)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4 03, 2005

朝日新聞はやはり面白い

一時期、止めていたのだが、4月からまた朝日新聞を購読始めた。
相変わらずの部分はあるが、このような朝日新聞の記事を読むことも大事で、やはり偏った(自分が納得する)記事だけ読んでいては、自分の立場を明確に置けないと思い、記事を読んでいます。

その中で、市民の声なのか、ある団体の考えなのか、私には分からないけど、面白いのはオピニオンで掲載されている「声」の欄です、ここは以前から怪しい意見が多く、私のお気に入りの場所でした。(笑)


今日は、久しぶりに購読を始めた記念として(笑)、かなり「朝日新聞の立場(意見)を代弁してくれる市民の声」らしき意見を取り上げているの、この「声」に載せられた投稿を取り上げて見たいと思う。
全ての転載(引用)は出来ないであろうから、一部分だけ抜き取って紹介します。

本当は、朝日には何度も反論を投稿しているんだけど、私の意見が偏っているのか、文章が稚拙なのか、声の意見に反論などは基本的には採用しないのか、朝日新聞様にお気に召さない内容なのか、どの理由か分かりませんが、私の投稿を取り上げてくれる事は全くないので(笑)、こちらで反論しますだ。


4月2日 朝刊 「声」

「都立の卒業式押しつけは誰」

(前略 -----)
戸山高校では壇上で卒業証書を受け取った卒業生がマイクを手にフロアに向き直り、「これ以上先生達をいじめないで欲しい」訴えたそうです。
 校長は後で「ある主張が一方的に流れるのはどうかと思う」と話したとあります。これだけを読むと、確かにこの発言は正しい。でも、卒業式や入学式で日の丸や君が代を「一方的に」押しつけてきたのはどちらなのか。反対する先生を締め付けてきたのは誰なのでしょうか。

(----- 中略 -----)

 信仰や信条は誰も縛ることができません。高校生の心も自由なはずです。勇気を持って問題提起をした都立の後輩達が、未来を明るくしてくれる事を信じたいと思います。


会社員 東京都 44歳

まあ、この高校生には「先生をいじめている」と映ったのであろう、心優しい生徒だと、一応は好意的に受け止めたい。

しかし、これはあくまでも、これから社会に出て、いろんな見識を広め、いろんな立場で物事を考え、物事の多面性を知っていくであろう高校生だからこそ、笑って「これからも頑張れ」と言えるが、この投稿者は44歳と私に近い年齢になってなお、この程度の認識では、ちと心許ない。


ここでは何度か取り上げたので、分かる人も多いだろうが、私は、卒業式や入学式で掲げるのは、あくまでも国旗であって、日の丸と言う物ではないと考える。
また同時に、学校の厳粛なる式で斉唱されるのは、あくまでも日本の国歌であって、君が代というそのものではない。
ここを混同してはならない。

この投稿者は、「卒業式や入学式で日の丸や君が代を「一方的に」押しつけてきたのはどちらなのか」と問いかけているが、これはまさに、日の丸や君が代に反対する先生の主張の受け売りに過ぎず、実際には、厳粛な式には日本の国旗を掲揚し、国歌を斉唱する事には賛成なのか、反対なのかと言う問題であり、国旗掲揚や国歌斉唱を行うような指示が、本当に「押しつけ」なのだろうか。


「国旗が日の丸である事が許せない」と、「国旗を掲揚する事が許せない」とは全く問題の質が違う。

国旗が日の丸である事に反対ならば、そのような運動を起こす、意志を示す、信条を表明する、それらは全て自由であり、制限されるものではないが、果たしてそれらは、卒業式という大事な式典を阻害する形で、訴えても良いのだろうか。
国歌も同じ事である、君が代が国歌である事が許せないのであれば、反対運動を普通にすればよいが、国歌を斉唱する式典で、君が代問題にすり替えて、問題を訴えるのはおかしいであろう。


国旗や国歌は、国のアイデンティティーであり、自国はもちろん、他国の国旗や国歌に対しても、敬意を持って接する事は、国際的な礼儀であろう。
しかし、日本は戦後、国旗・国歌問題が日の丸、君が代問題にすり替えられ、腫れ物に触るが如く扱われてきた故に、国旗や国歌に対し、国民の認識は、世界的には非常に低いように思える。
日の丸、君が代問題とは別に、いやその前に、きちんと国旗・国歌について考えてみるべきだと思うのだが。



そのほかにも、「公式の謝罪表明にもかかわらず植民地支配を肯定する発言を政治家が繰り返す日本の不誠実さが、まずは問われるべきだろう。」とか、マジメに書いてある大学生もいる。

具体的に、どんな発言があったのか書かずに、韓国側の主張をそのまま思い込んでいるのだ。
この大学生、具体的な今後の日韓関係の打開策を書かずに、人の絆で賢き解決を図ろうなど、抽象的な表現で夢を語っているかのような書き方しかしておりませんので、現実に対して避けて見てしまうのかも知れません。

韓国民が、なぜ感情的な過激行為に走るのか、マスコミや国民の一部が騒ぐのならまだしも、一国の大統領が、名指しで批判するなど、まさに国交断絶状態かのような過激発言を繰り返すのも、普通はあり得ない。
それを正すには、どうしたら良いのか・・・大学生ともあれば、具体的な話しを聞きたかった。

まあ当然、まずは韓国側は「冷静」になること、特に大統領や閣僚達が、自分達の支持率を上げるために、そのパフォーマンスの1つとして、反日を利用しているとすれば、それは大変愚かな選択と言わざるを得ない。
そして、教育関係で、もっと正しい歴史を自由に、子供達に学ばせるべきで、日本に対し、反日教育で色眼鏡を掛けた状態で、何を話し合っても、無駄な部分が多いですから。

1年、2年で効果の出る特効薬はありませんが、韓国側の教育を改善するだけでも、10年から20年で、日韓関係は劇的に変化すると、私は思いますね。


とまあ、朝日新聞の声には、このような面白い話が満載。(笑)
是非とも、お薦めします。(爆)


| | コメント (1) | トラックバック (4)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »