« そう言えば、まだ岡田が代表だったな | トップページ | 一党独裁の断末魔 »

4月 13, 2005

国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ

冒険少年News-Blogより
今後起きる反日デモは確実に政府容認デモであり全ては中国側に責任がある!!


温家宝首相が12日に訪問先のインドで、デモ活動について「日本当局の深い反省を引き起こすに違いない」と反日デモ容認宣言を出した。


日本政府の、「冷静に」という対応には反対しない、確かに日本が中国や韓国のレベルに下げてまで、付き合う事はない。
ただし、言うべき事は言う、主張すべき事はする、これをもっと大事にして欲しい。


小泉首相も、町村外相も、歴代の大臣に比べれば、かなり言葉で発している方だと思うが、公式の場ではオブラードに物を包んだ言い方が多く、物足りない。
日本国内のTV討論、ニュースによるインタビューなどでは、↓このような発言は出る。

中国は譲歩避け原則論強調、日本「暴力に責任」謝罪要求

<--- 前略 --->

 一方、こうした中国政府の対応に、日本政府からは反発する声が出ている。デモ隊によって日本大使館のガラスが割られるなど、中国側の責任は明白だ、との立場からだ。日本側としても、中国側の謝罪がなければ、国内世論の反発を避けられず、関係修復にも動きようがない、という側面もある。

 町村外相は12日夜、TBSの番組で、日本側に責任があるとの中国側の指摘について「(反日デモの参加者が)『中国政府がバックアップしてくれる』と(思い)、(デモが)激しさを増す」と批判した。大使館や日本企業などが受けた被害について、謝罪と補償を求める考えを改めて示した。

 小泉首相の靖国神社参拝の中止要求については「海外の圧力で首相の行動が左右されるのは良いことではない」と述べた。韓国からも歴史認識の批判があることには「批判を受ける理由はまったくない」と語った。

 ただ、歴史認識問題で何もしないですむ、というわけでもない。政府内では、韓国との間で行っている歴史共同研究を中国とも実施する案が浮上している。外相は同日の参院外交防衛委員会で「歴史に着目して日中間にそういうもの(共同研究の機関)をつくるのはありうる」と語った。17日の日中外相会談で提起することを検討している。


asahi.com 2005年04月13日01時37分


言わないよりマシだが、中国や韓国への配慮なのか、国内のテレビ向けのパフォーマンスになってしまっているのが残念。


それに対し、中国や韓国は言いたいことかなり言っている気がする。
日本に取っては、聞くと腹が立つばかりだが、主張とは、相手の国に対する牽制でもあるので、日本もきちんと主張するべきでは?


例えば韓国。

個人補償問題では、日本では一貫して解決済みを主張して来たが、韓国は日本は賠償していない、日本は謝罪していない、賠償しろ!などと日本に抗議していました。

ところが、1月に日韓条約が韓国国内でも公開されると、条約にははっきりと書かれているので、悔しいが日本の主張が正しかった。そうすると、一気に韓国国内で、政府に対する不満が出てきたわけですな。

すると韓国政府は、「当時の」政府が悪い、中途半端な条約を結んだ、その責任を追求していき、同時に日本にも賠償を訴えていく、などと他人事のように語り出し、ついに2月末当たりから、盧武鉉大統領が、それまでの「歴史問題を外交問題化しない」を180度転換し、反日発言を始めたわけです。
まさに、国内の批判の矛先を、政府から日本に向けただけなんですが、それまでの反日(嫌日)教育が功を奏したんでしょうね、オバカな韓国国民は、見事に盧武鉉大統領の戦略に踊らされて、激しい反日行動に出ています。
何でも、ネットアンケートでは、はっきりと日本は敵国であり、中国と連携を深めるべき、と言った声が出るほど、国民は政府に乗せられちゃっています。
もっとも、政府から見れば、お前ら乗せられ過ぎだろ、反日でまとまって政府批判をしない間は良いけど、今の段階で米国と喧嘩出来るわけないだろ、ってなもんでしょうが。(笑)

このように、盧武鉉自身の節操のない変節はともかく、ツッコミどころ満載なわけで、韓国の大臣が「歴史認識を捏造する」「過去を反省しない」などと平気で日本国歌を侮辱しているのだから、「政府は教科書検定に、強制的な関与出来ない」などとお茶を濁す言葉でなく、竹島問題は我が国は国際裁判所に行く用意が出来ている、韓国が両油研を主張し、それほど日本を批判するのであれば、国際裁判所できちんと決着を付けることが、両国に取っても大事なことだ、と国際社会に向かって堂々と言えば良いだろうに。

もっとも、ここでまた河野洋平が、従軍慰安婦を認めてしまった事が、足かせとなって、従軍慰安婦問題に関しては、日本は政府レベルでは、強く否定が出来ないのがイタイ。


中国なんか、訪問先のインドで、わざわざ日本を貶している発言をしますよね。
日本の外交官が、海外で、特定の国に対して何か言ったことは無いですよ。
今までは、これが日本の外交だったけど、これからは、海外に行って発信するれば、それは世界中に記事として流れ、それが日本の考えであり、主張であると強く国際社会に訴える事になるので、日本もこれからは、特定の国を非難するのではなく、自分の主張を発信する場として利用して欲しいですな。


 

|

« そう言えば、まだ岡田が代表だったな | トップページ | 一党独裁の断末魔 »

コメント

ニュース23での町村外相の発言ですが、今まで国内向けですら、あのくらい支那・朝鮮に関して踏み込んだ発言をした外相というのは記憶になかったので、そういう意味では私は一定の評価をしています。

ただ、あれが単なる国内向けのパフォーマンスに過ぎなかったのか、あるいは実践として支那に、朝鮮に、国際社会に同じ主張をぶつけられるかというところが肝心なところです。

そういう意味で、今後の町村外相の発言・行動に注目していきたいと思っています。

投稿: 物欲皇帝閣下 | 4月 14, 2005 00:31

物欲皇帝閣下さん、いつもありがとうございます。

仰る通り、歴代の大臣と比べれば、かなり評価しています。
従軍慰安婦を認めた河野、デタラメだった田中、無難が総てだった川口ときて、今の町村氏ですから、久々に「外務大臣を得た」ってな気分です。(笑)

あとは、大臣個人の資質ではなく、恐らく、この上のレベルで、直接相手にぶつける、全世界に発信するには、外務省の覚悟が必要だと思いますね。
外務省も、変われるのでしょうか。(笑)

投稿: akinopapa | 4月 14, 2005 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国内TV向けでなく、国際社会に主張しろ:

» 町村外相、ちょっと見直したかも。 [閣下の憂鬱]
さっき、ニュース23に町村外相が出演していた。支那・朝鮮での 反日運動を受けての [続きを読む]

受信: 4月 14, 2005 00:25

» 外務大臣、御用心! [旅限無(りょげむ)]
このところ、「何かを言いそうな」安倍・中川コンビに、本当に何かを言わせようとしている動きがマスコミに見えます。「村山談話」で頂点に達した謝罪外交の残滓(ざんし)が漂っている政府内には、今回の中国暴動騒ぎは千載一遇(せんざいいちぐう)の機会と考える人々がいるでしょうなあ。そして、福岡県の「漫才・選挙」の公示日に合わせたように、自民党が妙に張り切っているような気がするのですが……。 ... [続きを読む]

受信: 4月 14, 2005 06:39

» 造反有理! [ニュースに反応!]
中国の反日サイト“反省” 「デモ予想外の暴走」北京デモで中核的役割を果たしていた組織のひとつ「中国918愛国ネット」は十一日、反日デモ参加者に「過激な行動は停止せよ」と訴える声明を発表。 また「中国民間保釣(尖閣諸島防衛)連合会」の掲示板も「反日デモの変質を防ぐための提案」など反省を促す書き込みが相次ぎ、今回のデモ暴徒化は反日活動家内部では予想外だったことがうかがえる。ということらしい。 中国にいったことのない筆者には本当のところはわからないが,中国人の友人から話を聞くかぎり,支那本土の... [続きを読む]

受信: 4月 14, 2005 11:07

» 「暴行事件」を見棄てる話 [旅限無(りょげむ)]
上海市内の飲食店で9日夜、日本人留学生3人が中国人に殴打された事件で、上海の公安当局は12日までに容疑者の男を拘束した。上海の日本総領事館が明らかにした。容疑者の身元など詳細は分かっていない。毎日新聞 2005年4月13日  ■日本人が「日本人であるという理由」だけで暴行を受けましたが、国内はとても静かです。各種のマスコミ報道を通じて、この奇妙な現象を理解できずに困惑している人々が、世界中に沢山いることでしょう�... [続きを読む]

受信: 4月 14, 2005 12:38

» 飽くまでも強欲な中国 [Troubled days 悩み多き日々]
<はじめまして>東シナ海(東支那海)のガス田の開発問題も、自らが先に勝手で強引な開発をしておきながら、日本が本格的な開発に入ろうとすると、この強欲さである。彼等の主張では、沖縄近海まで自国領土(中国領)とノタマウその可笑しな強欲さは、全く自らの姿を見ていないようである。... [続きを読む]

受信: 4月 15, 2005 10:09

« そう言えば、まだ岡田が代表だったな | トップページ | 一党独裁の断末魔 »