« 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) | トップページ | 韓国に竹島を譲ろう (by 朝日新聞論説主幹) »

3 27, 2005

KTXの1年目の結果 韓国と台湾の差とは?

韓国で、フランスと日本が最後まで争った、高速鉄道の入札で、最終的には反日感情でフランスに決定したばかりに、もの凄い苦労をしているKTXなんですが、この1年の決算とも言えるべき数値が発表されたようです。

数字で見た高速列車KTXの「暗雲」


 来月1日に高速列車開通1周年を迎えるが、まだ“ヨチヨチ歩き”の水準だというのが一般的な評価だ。申光淳(シン・クァンスン/56)韓国鉄道公社社長も高速列車について「半分の成功」と述べた。

 最も大きな問題は低調な利用率。最初から目標を高く設定したためでもあるが、1991年、高速列車着工前に推算した予想利用客1日19万1000人を、13万5000人に減らしたにもかかわらず、昨年の利用客はそれの53%水準にとどまっている。

 収入も1日21億6000万ウォンと目標の46%水準にとどまった。京釜(キョンブ)線の平日の利用率は67.8%、週末は85.3%、湖南(ホナム)線は平日31.5%、週末は51.8%と平日は空席がさらに多い。

 その結果、昨年は2000億ウォンの当期純損失を出した。鉄道公社の累積負債が4兆4000億ウォンに達する状況の中、暗鬱な実績だった。

 度重なる故障も問題だ。昨年だけで127件の故障により列車が遅延運行した。今年1月に入ってからは3件と、少なくなっているのがせめてもの救いだ。

 ここに料金は既存のセマウル号よりも20%以上高い。その上、座席の間隔が8~20センチとせまく、進行方向と逆になる座席が多いなど、「不便を加重させている」という不満が持ち上がっている状況の中、鉄道公社が再びKTXの運賃の引き上げを試みていることも国民の反発を買う見通しだ。

 申社長は「現在の運賃は原価の54.5%に過ぎず、経営正常化のため料金の引き上げは避けられない」とし、近く行われる料金の引き上げを示唆した。

 現在、KTXの料金はソウル~大田(テジョン)1万9700ウォン、ソウル~釜山(プサン)4万5000ウォン、龍山(ヨンサン)~木浦(モッポ)4万1400ウォンなどとなっている。

 約束していたソウル~釜山間の所要時間1時間40分到達もまだ先は遠い。現在はこれより1時間以上長くかかっており、大邱~釜山区間の列車速度は130~150キロメートル水準と、事実上“低速列車”に近い。

 しかし、これを改善するために進めている第2段階工事が、千聖(チョンソン)山トンネル区間で市民団体との摩擦により限りなく遅延しており、KTXの未来に暗雲を広げている。


李衛栽(イ・ウィジェ)記者wjlee@chosun.com


広大な平野を、気持ちよく走るフランスのTGVを、韓国に持って来ちゃったわけですが、韓国ってのはトンネルだらけで、いろんな問題が発生したようですね。
ところが、日本の新幹線もトンネルが多く、その技術を当然持っているのですが、韓国ってのは、そう言った危険性を指摘されていたにもかかわらず、TGVに決めて新幹線を落としたのに、いざ指摘されていた問題点が、現実に目の前に来ると、今度はその技術を教えてくれと、厚顔無恥に言って来たそうです。(笑)


韓国って、いろいろ日本との間にはありますよね。
そのほとんどが、非常に日本に対して攻撃的なんですよね。

例えば、韓国は植民地にされた、併合された事を声を上げて噛みついて来ますが、日本が併合したのって韓国だけじゃないんです。
台湾だって日本だったけど、台湾は中国との問題も原因だろうけど、日本に対して摩擦など起きていませんよね。
この違いは、やはり民族の違いなのでしょうか。

 

ちなみにこれは(↓)、日本の新幹線の導入を決めた、台湾でのインタビューの話しなんですが、これを読むと、どうして韓国には「謙虚」という言葉が無いのか、不思議になります。(言葉があるのかどうかは知らないけど、少なくとも、謙虚な韓国人など、あまり見たことがない(笑))

台湾高速鉄道公司の公共事務處(広報部)副総経理の江金山氏インタビュー

私は、1982年に初めて日本に行きました。その後台湾高速鉄道プロジェクトが開始されてから この数年で立て続けに4、5回行っています。
入社後、新幹線に乗る度に受ける印象が変わってきました。
かつては、新しい交通機関だと思い、その速度や列車内でどのようなお弁当が食べられるのか、切符購入が便利か、迷うことがないのかなどに関心がありました。

 しかし現在では新幹線の施設、消費者を惹きつけることができるのか、バリアフリーの有無、乗客案内システム、列車時間の正確性などに注意が向いています。
2年前には台湾の身障者の方と一緒にバリアフリーシステムの調査のため日本へ行ったんですよ。日本の新幹線の歴 史は、すでに40年を超えた成熟したシステムであり、安定した運営と信頼性を保っています。
これは台湾高速鉄道でもぜひとも見習って行きたいところですね。(中略)

そして最も重要なことは、日本側から信頼性を学ぶことだと思っています。
なぜなら新幹線は、自然の影響を除き運行時間の正確性が非常に高く、その誤差は実に18秒のみとなっています。
台湾の交通機関ではとても考えられないことです。
我が社は、今年運転士と運行制御人員をトレーニングのため日本に派遣し、彼らは、日本の鉄道業界人のスピリッツを感じ取ってきました。
新幹線の担当者は、常にストップウオッチを持って駅の到着/出発時間を計算していたとのことでした。
このようなプロフェッショナルなスピリッツと姿勢があったからこそ今の信頼性あるシステムが作り上げられたのだろうと確信しました。
また、これこそが台湾が学び取っていかなければならないことだと思います。


まだ台湾の新幹線は開通しておりませんので、結論は出ないでしょうが、ただ、韓国と台湾の高速鉄道による差が出るとすれば、単にハードの面(新幹線かTGVの選択)ではなく、このような部分でしょうな。

 

半分希望もありますが(笑)、このページに書かれているような態度、言葉、姿勢を、同じように韓国人が持ち合わせていれば、果たして日韓関係はどうなっていたでしょうね。
もちろん、劇的に違うのは当たり前ですが、日本人にも言えることですが、人との付き合いに置いて、ある人はどの人とも攻撃的な付き合いしか出来ずに、周囲から敬遠されてしまう人もいれば、みんなから好かれる、付き合いの輪が広い人はいるものです。
その差を、やはり日本も持ち合わせるべきですが、やはり、人との付き合いは、手鏡を見ているようなもので、一方的にどちらかが悪いってのは、そんなに無いことに気づかないとね。


今回の台湾高速鉄道公司の副総経理のインタビューを読めば、もし彼が困っていたら、相手が言う前に、何か力になりましょうか? こう言えますよね。
でも、相手が、ファビョーンを繰り返し、理論的でなく、感情論だけで絡んでくる人には、困っていても、相手から言ってきても、助けてあげたいと言う気持ちにはなりませんね。(笑)

まあ、韓国や中国から見れば、日本がそうなのかも知れませんが、日本としては、独裁国家やデモクラシーと呼べない言論弾圧をするような、半洗脳国家はあくまでも特別例として、距離を置くにしても、他の諸外国とは仲良く紳士的な対応で付き合うべきですね。
今回の、単なるインタビュー記事ですが、新幹線の話ではなく、非常にタメになるお話のような気がしました。

|

« 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) | トップページ | 韓国に竹島を譲ろう (by 朝日新聞論説主幹) »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGランキング | 3 27, 2005 17:56

2連発してしまったようです。
御手数ですが、削除願いますでしょうか。

今回の話を読むに当たり同じとなりのくにで何故こうも違うのかな、と。
ため息が出ました。

投稿: 安保 仁 | 3 27, 2005 20:59

安保さん、どもども。

2連発の件、了解です、削除します。
中国も基本的に、輸送量を考えると、新幹線が欲しいようですが、中国の本音は、新幹線そのものよりも、「技術」。
例の如く、共同開発しよう→技術をもらえれば、自国だけで開発するので、日本は用済み、このパターンになるのが見えています。

だから、JRは消極的なんだけど、一部の政治家は積極的なんだよね。(笑)

投稿: akinopapa | 3 28, 2005 00:32

江金山氏のような、逸材が台湾にいる事に驚きました。
台湾新幹線が、上手く立ち上がる事を祈っております。

韓国人は何でも強き。
いくら、強気でもこの赤字克服は、簡単ではありません。
鉄道技術どうこうより、需要予測がいい加減だったのでしょうか。

赤字克服にどの様に、動くか何よりも興味ありですね。
他国の事、安心して傍観できるのがいいですね。


投稿: 申又 | 4 24, 2005 15:53

KTXには絶対乗りたくないですね。まだ死にたくない。

投稿: TX | 2 10, 2014 21:43

調べものでここにたどり着きましたが
2015年現在、記事から10年も経っても
韓国という国が、文字通り本当に何一つ進歩してない事実がとてもよくわかる記事ですね。

投稿: | 1 30, 2015 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/3453599

この記事へのトラックバック一覧です: KTXの1年目の結果 韓国と台湾の差とは?:

» あのね、いい加減にしなさいよ。 [冒険少年News-Blog]
Akinopapaのあくび: さんからトラックバック。 韓国の高速鉄道が今一なん [続きを読む]

受信: 3 27, 2005 20:55

« 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) | トップページ | 韓国に竹島を譲ろう (by 朝日新聞論説主幹) »