« 竹島問題は、日本の責任 | トップページ | 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) »

3 21, 2005

韓国にとっては、北よりも日本の方が大問題らしい

ここまで来れば、どうも韓国が哀れに思えて来た・・・
領土問題に、一方から説明受けたからと、首を突っ込むバカな外交がこの世にあるのか・・・

冒険少年News-Blog より
「ライス長官、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の「竹島問題」米の支持要請に無反応(^0^)/キャハハ」

韓国大統領「竹島」で米の支持要請、ライス長官無反応

 【ソウル=浅野好春】盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領は20日、青瓦台(大統領府)でライス米国務長官と会談、竹島や中学歴史教科書問題で日韓関係が悪化している現状について説明した。

 青瓦台報道官によると、盧大統領は、竹島問題などを念頭に、「域内の障害要因が、歴史的状況に対する正しい認識を土台に克服されてこそ、北東アジアの平和と繁栄が実現できる」と述べ、「韓国と米国が、そのために建設的役割を果たさなければならない」と間接的な表現で韓国への支持を促した。しかし、ライス長官は、特別な反応を示さなかったという。

 ライス長官は、この日の記者会見でも、「なぜ(19日の政策演説で)日本の国連安保理常任理事国入りを支持表明したのか。韓国民は疑問を持っている」と韓国人記者から詰め寄られたが、「米国は以前から支持を表明している。米国は韓国と良好な同盟関係をもつが、日本とも同様の関係にある」と質問をかわした。


(2005/3/20/22:56 読売新聞 無断転載禁止)


韓国の盧武鉉大統領は、領土問題が発生しているのは、日韓だけだと思っているのでしょうか。(笑)
どの国の領土問題も、誰も好んで首を突っ込みたくないに決まっているですね。
それが、ライス氏のような、頭が良く、アメリカに対して最大の忠誠を示す、国務長官の役職を持って来ているのにね。
これが、相手が北朝鮮であり、国際的に見ても、イラクのクエート侵攻のように、理不尽なものであれば、また政治上でも片方に肩入れを行う場合もあるでしょうし別ですが、基本的には領土問題ってのは外交上、片方に肩入れすることは、もっとも危険で避けなければならないものでしょう。


まあ、ライス国務長官が語ったとされる「私たちはデモクラシー国家である韓国と良い同盟関係を結んでいるし、同じく日本とも良い同盟関係を持っている」と言った、『デモクラシー国家』と言う単語に、彼女の韓国に対する皮肉が、込められているような気がするのは、私だけでしょうか?(笑)


 

しかしながら、ライス国務長官が明確な回答を避けたのは、真面目な話し、訪問している韓国に配慮して、ダメージを与えない為に無反応でやり過ごした、そう捉えられるかも知れません。

なぜなら、現時点でアメリカに正式なスタンスを求めるとすれば、これは正直な話し、90%以上は答えは見えております。
もっとも、ライス国務長官が、竹島問題における経緯をどこまで知っているかは知りませんが(事前に、調査は済んでいるとは思うが)。


竹島問題に関してはGHQ(マッカーサ)が引いた行政権に、竹島が入って無かった事を韓国は理由にして、一方的に引いたな李承晩ラインが、問題の起点になっていると言っても良いでしょう。
そのマッカーサラインの当事者であるアメリカ政府が、竹島の領有権を最後に国際的に認めたサンフランシスコ条約にも関係していますからね、その判断を支持するのは、当然でしょう。

そもそも行政権と領有権の違いぐらいは誰でも分かりますし(SCAPINによれば、小笠原諸島も行政権から外された)、GHQ自身が行政権分離は日本国領土の最終決定ではないと言っており、さらに、サンフランシスコ平和条約において、竹島が日本に帰属していることが確認されたわけですからね。

日本の戦後処理は、何度も言いますが、アメリカ中心に行われた事ですから、その歴史的な経緯を踏まえると、第二次世界大戦終了後の、竹島領有権に関するアメリカの立場は、サンフランシスコ条約で定められた決定事項を認めざるを得ない、ってな事になるでしょうな。
そうなれば、さらに韓国はファビョーン(火病)の世界でしょう、韓国という同盟国(?)を傷つけたくない、と言うライス国務長官の優しさだと思えますねぇ。(笑)


もちろん、第二次世界大戦が勃発する前に、日韓の両国間のおける竹島を巡る問題があったとしても、そんなものは当事者国同志で話し合えよ、アメリカは関係ない、ってなスタンスでしょうし、それは至極当然の態度であり、それを他国に同意を求める方がどうかしています。
韓国にとっても重要な、ライス国務長官とのわずか50分程度の会談で、こんな話しに20分も割いて説明し、韓国の立場に立って援護して貰おうと考える、韓国政府のその根性、自己中心的な思考には、呆れるを通り越して、哀れにすら感じます。


 

前回は、日本人は毅然とした態度で望むべきだと言いましたが、一部に「竹島はどうでもいいけど、ヨン様が日本に来れないのは困る」などのバカな国民がいるのは、ちょっと悲しいですが、相対的に、韓国が火病で怒って騒動が大きくなっているにつれ、それに反比例するかのように、日本の国内は非常に冷静で、問題にすらしていない、そんな感じで静かですよね。
日本の態度は、かんこくに比べて、非常に良いですね。

結局は、歴史の認識は国よって違う物だ、と言う常識を受け容れられるほど、成熟した国民であるかどうかの違いでしょうね。
もちろん、韓国から見れば、韓国は被害者であり、日本は一方的な加害者だという意識があるので、どうしても冷静で、客観的な視点で日韓関係を見ることが出来ない(子供)のでしょうが、それを乗り越えないと、韓国は、益々国際社会から取り残されるだけです。

 

これからの日韓関係ですが、日本は韓国に対し、1954年に国際司法裁判所に持ち込む提案をした、と聞きましたが、それ以来一度も言っていないのでしょうか?
国際社会に対し、まずは当事者国同士で話し合ったが、まとまらなかったわけですから、第三者を介入させる国際司法裁判所へ提訴する、と言った既成事実をこちらも用意するべきだと思うのですが。
提案は毎年でも良いですし、韓国が竹島に対してファビョーンしちゃった場合には、両国間で揉める(まあ、一方的に韓国国内で爆発しちゃうだけなんだけど)のですから、常に韓国側に、平和に解決する手段として、提案を持ちかけてはどうでしょうかね。

あと、日韓漁業協定が結ばれているのに、それを守らない韓国政府に対し、アメリカではありませんが、当然ながら国を守る意味でも、守られていない事に対する、抗議と制裁をどうするのか、国民に知らせるべきですね。
島根県の今回の条例も、それが発端になっているわけですから、政府は反省すべきでしょう。
いつまでも、なぁなぁでやっているから、韓国の国民も勘違いしているのだし、日本国民も勘違いしているのでしょうから。

友好と外交は、きちんとメリハリを付けて行って欲しいですね。


 

|

« 竹島問題は、日本の責任 | トップページ | 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) »

コメント

韓国政府は何故自分達が「非常任理事国」の選挙で大惨敗したか、ソロソロ気づかないといけないなあ、と思いました。

本当に。

投稿: 安保 仁 | 3 21, 2005 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/3374793

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にとっては、北よりも日本の方が大問題らしい:

» 韓国さん、残念! [ikeday1な日々]
米国にとって日本と韓国を比べたら日本の方が大切だと、ライス氏は言ったようだ。読売新聞の記事だが、竹島問題は韓国にとってみればどうも分が悪い外交戦を仕掛けてしまっ... [続きを読む]

受信: 3 21, 2005 13:08

« 竹島問題は、日本の責任 | トップページ | 国全体で火病になるんだから、応じる義務はあるだろ(笑) »