« 韓国のトップがいつまでもこれじゃ・・・ | トップページ | ギレンの演説が頭に浮かぶ(笑) »

3 01, 2005

民主党の総括意見なのか?

民主党の中には、旧社会党の議員がいる事は、既にご存じだと思うが、恐らく、彼らが中心となって行っているのだと思うが・・・

<従軍慰安婦法案>「国は謝罪と補償を」野党3党、共同提出

 民主、共産、社民の野党3党は28日、元従軍慰安婦に国が謝罪と補償をすべきだとする「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を参院に共同提出した。内閣府に首相をトップにした問題解決促進のための組織を設けることや、政府が被害者の名誉回復に努力することなどが盛り込まれた。同法案は01年に3党で共同提出して以来今回で6回目の提出となる。

(毎日新聞) - 2月28日18時41分更新

そもそも、従軍慰安婦問題そのものがどうなったのか、そちらの総括が先ではないのか?

確かに、平成5年8月、河野洋平官房長官(当時)が認めて謝罪するような発言を行った事はある。
今からすれば、大臣たるものの素質が欠落していた、軽率な発言だったとしか言うまでも無い内容ではあるが(※1)、それにしても、その後の政府調査などは、大きく認識が変わっている。
例えば、平成9年の予算委員会では、「政府といたしましては、2度にわたりまして調査をいたしました。一部資料、一部証言ということでございますが、先生の今御指摘の強制性の問題でございますが、政府が調査した限りの文書の中には軍や官憲による慰安婦の強制募集を直接示すような記述は見出せませんでした。」という答弁が国会でなされている。


共産党や社民党は、何度も言うが、彼らは現時点では、社会の主流から離れた場所に存在する政党であり、彼らがどんな考えを持っていても、それは1つの考えであり、小さな集団としての意見として見ても良い。
しかし、民主党は政権交代を睨む政党では無かったのか?
事実かどうか、まずそこからはっきりさせないまま、そのような事が合ったに違いない、あっただろう、と言うだけで、そんな法案を6回も提出していたとは、まさに驚くべき事である。

今更だが、従軍慰安婦の発端となった吉田清治となる者が、自分自身でフィクションだと見ている事や、彼自身が(フィクションを)語るまで、従軍慰安婦の言葉すら無かった事、それらの話をまとめてみれば、「従軍慰安婦問題とは何か」を考えざるを得ないし、その前に、法案に出された従軍慰安婦とは誰を指すのか、誰を救済する為の法案なのか、そこをはっきりさせてもらいたい。

いや、それ以前に、民主党は従軍慰安婦は存在したと、党として総括して認めているのか?
調べると、何か面白い場所を見つけたので、紹介しておきます。
元ネタは2チャンネルだそうですけど、2チャンネルはまさに清濁混在状態ですね。

電突隊ウオッチvol,002(^^)v・・民主党に電突!(娘通信♪)

これを読めば、この法案そのものが、従軍慰安婦などの戦争被害者の為でなく、結局は自分達の活動に対する、自己満足の為にやっているとしか思えない、そんなやりとりが続いておりますね。

 

これも、何度も口を酸っぱくして言っていますが、民主党は旧社会党から流れてきている民主党員の扱いを考えるべき。
追い出すまで行かなくとも、彼らの意見も聞くのは良い(むしろ、その方が自民党との区別化を計れる)としても、党としては、もっと政権党にふさわしいものを、きちんと出せるようにして欲しい。
確かに、議員数の戦いにおいて、ただでさえ自民党には及ばないものが、旧社会党が抜ければ、益々差が開くかも知れない。
だから、彼らの意見を尊重し、事実が判明しない従軍慰安婦の問題を取り上げたり、岡崎トミ子氏(この人も、ネットで検索すれば結構面白い人)や、円より子氏、千葉景子氏、川橋幸子氏(何故か女性ばかりだが)などの議員が出てくるのだと思うが、寄せ集めの集団が、過去にどれだけ意見の相違から集合離散を繰り返して来たか、まさか知らないわけでもあるまい。


現政権に反対するのは当然の事として、それは認めるが、何でもかんでもキャンキャンと吠えるだけでは、中身が無いようなもの。
子供が親に噛みつくのは良い、それが正論ならばまさに大人の身勝手な理論を、理論整然と論破すれば、なお良い。
ただ、悲しいかな子供は、自分が中心となり、どうしても世間一般には受け容れられない、わがままな要求、理論を求めてくるケースもある、だからこそ「子供」なのだ。
民主党は、いつまで「子供」のままでいるつもりなのだ?



※1
実は、この河野談話が出たのは、談話発表の直前にソウルで行った元慰安婦十六名の証言によって。
でも、これはあくまでも韓国政府が用意した、「元従軍慰安婦」達であり、政府が自分達で調べた上での、「元従軍慰安婦」の証言ではないことが、重要なポイント。
だから、上にも書いたように、後に政府が調査すれば、強制的な証拠を示す資料など、見つからなかった、と言う内容に繋がる。
しかも、この談話は、彼女達の名誉のために、これを是非とも認めて欲しいという韓国側の強い要請に応えて、納得できる証拠、証言はなかったが強制性を認めた、と言う話しもある。
つまり、河野談話は韓国政府との外交上、安請け合いで気軽に、調査もせずに軽率にも発言した結果、今の日本の正式見解となってしまっている点が、問題なのです。


 

|

« 韓国のトップがいつまでもこれじゃ・・・ | トップページ | ギレンの演説が頭に浮かぶ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/3128939

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の総括意見なのか?:

« 韓国のトップがいつまでもこれじゃ・・・ | トップページ | ギレンの演説が頭に浮かぶ(笑) »