« 日本が補償するべき? | トップページ | 世間はどうなっているの?(笑) »

1 27, 2005

たかがビラ配りだが・・・その5

さて、特に決めているわけじゃないのですが、今回もコメントが5件を越えましたので、こちらに分けてみます。
時間が無いので、さっと書いただけです、すみません。

コメントを頂いた、yamさん、どうもありがとうございました。


コメントの全文は、申し訳ありませんが、「たかがビラ配りだが・・・その4」のコメントを読んでください。

#うーん・・・

> 侵入者の目的が大事である、よって関係者でも
> 無関係者でも立ち入る事が出来る(これは正しい
> 新聞配達などはこれに該当する)
> ↓
> しかし、本当の目的は、他人にはわからないも
> のだ。(これも正しい、同じ住居者でも見たこ
> とのない人も大勢いる事も同じ理屈)
>                ↓
> だから、関係者でも無関係者でも関係ない
> (上の大前提と、小前提からこの結論は導き出
> せない、故におかしい)

この三段展開(?)は変ですよ。
(1段目でいきなり完結している・・・)
私の前回の主張はおおむねなんとなく理解していただけ
ている様な気もしますが、かなり不安です。


> 風に飛ばされた帽子ではないが、以前に、キャッチ
> ボールのボールで話した事がある。
> 他人の家に、無断で入ってボールを取ることは、子
> 供心にも悪いことだと理解すべきです、

いいですか?私の主張の前提は、あくまでも
 (1)マンションの階段など集合住宅の共有区域
    であるところの通路
ですよ。そして今回の事件の舞台です。
戸建の家の庭に入り込むことと根本的に違うことを
ご理解いただきたい。
戸建の家であっても門から玄関までのアプローチに
歩みいることと裏庭に入り込むことは全く違う行為
です。
なぜか?
その行為が一般常識に照らして怪しいからです。
判断基準は行為の見掛けに対する「一般常識」なわけ
です。

ではまた・・・


投稿者: yam (1月 24, 2005 11:52 午後)

話が流れていますが・・・


>>この三段展開(?)は変ですよ。

そうですよ、だからおかしいと言ったでしょ。(笑)
そのおかしな三段論法を持ち出したのは、yamさんなんだから。

yamさんは、まずこう切り出しました。


>>さて、次に持ち出された「「関係者」か「無関係者」か」に
>>ついて考えて見ましょう。

そしてその考察が


>>見た目で誰かの関係者かどうかはわかりませんわね。

となり、帽子の話やピッキングの例が出て、結論として



>>で、「全住人に無関係」な人間の場合はどうか?
>>結局のところ一住民が(1)な場所への知らない人間の立ち
>>入りを拒否するかどうかは、その立ち入りの「目的」次第で
>>ある、ということです。

大まかに言って、それはその通りでしょう。
そしてその次に


>>しかし、本当の「目的」なんて所詮他人には判りっこないので

と話が続き、変質者や身なりの整ったお嬢さんの例が出され、そして


>>だいぶ疲れてきましたが、「「関係者」か「無関係者」か」も
>>実は問題ではなかったことをご理解いただけましたでしょうか?

こう結びつけているじゃないですか。(笑)

(1)無関係者に取って、侵入には目的が大事である(目的が正当ならば問題ない)
(2)でも、目的は他人からは容易に判断出来ない
(3)だから無関係者も関係者も問題ない。
こう言うのを、三段論法と言うのですよ、もちろん間違った使い方のね。


>>いいですか?私の主張の前提は、あくまでも
>> (1)マンションの階段など集合住宅の共有区域
>>    であるところの通路

分かっておりますよ、かなり限定的な話をされている事は。
マンションにおいて、オートロックのあるマンションの、玄関までの通路なども、同じように考えますか?
団地のような、比較的誰でも入りやすい場所だけに限定しているのですか?


共有部分は、住居者が共同で権利を持つ敷地ですが、1戸建ては権利者が限定されている、それだけの違いでしょ。
他人には、その土地に対する権利など持っていないのは同じでしょ。

ただ、自然に無作為に人が多く出入りする環境にあるかどうかの違いはありますが。
そのような環境下においては、確かにある程度の猶予はあるとは思いますが、基本的に、自分に何の権利も無い場所への出入りは、一戸建てだろうが、共用部分だろうが、それほど変わらないと思っております。


ああ、だめだ、もう1時半だ、寝る。(笑)

|

« 日本が補償するべき? | トップページ | 世間はどうなっているの?(笑) »

コメント

#話は流れ流れて・・・(笑)

> >>だいぶ疲れてきましたが、「「関係者」か「無関係者」か」も
> >>実は問題ではなかったことをご理解いただけましたでしょうか?


> こう結びつけているじゃないですか。(笑)
>
> (1)無関係者に取って、侵入には目的が大事である(目的が正当ならば問題ない)
> (2)でも、目的は他人からは容易に判断出来ない
> (3)だから無関係者も関係者も問題ない。
> こう言うのを、三段論法と言うのですよ、もちろん間違った使い方のね。

なるほど・・・。
誤解されない文章を書くというのはなかなか難しいものですね。
 x)『「関係者」か「無関係者」か』も問題ではない。
 y)無関係者も関係者も問題ない。
x)とy)は同じ意味だと思われますか?

>> (1)マンションの階段など集合住宅の共有区域
>>    であるところの通路

に入ってもいいか、あるいは、悪いのか、の判断基準として、
「関係者か、無関係者か」という基準を使うのは変である、と
いうことを説明しているつもりです。
同じ共有区域でも例えば屋上の給水塔の周りを目出し帽をか
ぶってうろうろしていれば即「住居侵入罪」で逮捕でいいと
思いますよ。常識に照らして十分怪しいですから。

戸建の庭の場合、そこの住人が知らない人がそこにいる、ということが既に十分怪しい状況です。たとえボールを拾うためだったとしても鉢植えをひっくり返すかもしれないし花の苗を踏むかも知れませんから断りなく入り込めば住人が怒ることは十分予想できます。つまり、黙って入っちゃダメなんです。
しかし(1)の場合は全く違います。

#ああ、もう寝なきゃ・・・(苦笑)

投稿: yam | 1 30, 2005 23:04

yamさんどうも、お互い忙しいっすね。(笑)

>>#話は流れ流れて・・・(笑)

流れて、また、最初に戻っている気がする。(笑)


>> x)『「関係者」か「無関係者」か』も問題ではない。
>> y)無関係者も関係者も問題ない。
>>x)とy)は同じ意味だと思われますか?

この違いぐらいは分かるけど、私はどちらの意味でも、問題があると思っていますので。

と言うか、この問題を取り上げられる時に、一般に言われている「住居権」説も、「平穏権」説も、誰も住民の権利を無視はしておりません。

関係者と言えば、かなり曖昧な区分けになりますが、要は限定的な対立構造を、住居人かそれ以外でも良いかと思います。
住居人は、その住居に関する「権利」を有しており、それ以外の人は、「権利」を有しておりません。

ですから、青龍さんもそうでしたが、権利を持っているが故に、他人の権利を阻害は出来ない、と言う立場でお考えでした。
つまり、一戸建ては権利が限定されておりますので、特に問題はありませんが、共有する場所では、自分はもちろん拒否する権利は有するが、他の人の「ビラ」を見たい、読む権利を奪うことは出来ない、と言う考えですね。

まあ、これなら仰ることは理解できますよ、共有で権利を有する土地なのですから、当然の話です。
ただし、理解は出来ても、この考えには納得行かないので、賛成も支持もしませんが。


関係者か、無関係者かは関係ない、となってしまう場合は確かに存在します。
ただし、私が気になる「注意しても退去しない」「集合ポストではなく、階段や廊下をわざわざ歩いて侵入して来るのを止めない」この行為に対し、もちろん住居者は、共有区域で「退去しろ」などと、そんな事を言われる筋合いは無いですし、それは同じ住民同士の問題です。
しかし、無関係者に取れば、事が重大に発展すれば、明らかに不法行為に発展するだろう、と言うのが私の考えです。


今回の事も、「たかがビラ配りで」というタイトル通りに、簡単な構図で捉えれば、「ビラを配るだけで逮捕?」となります。
それは良いです、私も、ビラを配っただけで逮捕されるとは、おかしな話しだと思いますから。
ただし、今回の事件を良く読めば、単純な構図では考えきれない問題だと思うからですよ。
まあ、立場を自分に置き換えて想像すれば、多少なりとも分かると思うけど。

投稿: akinopapa | 1 31, 2005 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/2708230

この記事へのトラックバック一覧です: たかがビラ配りだが・・・その5:

« 日本が補償するべき? | トップページ | 世間はどうなっているの?(笑) »